ギリシャといえば、憧れの旅行先です。他のヨーロッパ諸国と同じく、英語を話せるギリシャ人は比較的多くいますが、ほんの少しギリシャ語のフレーズを覚えておくだけで、旅行が何倍も楽しくなるはずです。ギリシャ語で「こんにちは」と言う程度の簡単な挨拶でも、それを使うだけで、現地の人々により良い印象を与えることができます。ギリシャ語で挨拶をする時のコツをここで学びましょう。

方法 1 の 2:
基本的な挨拶

  1. 1
    ギリシャ人の挨拶の仕方を知る ギリシャの人々は大概、オープンでカジュアルに挨拶をします。そのため、フォーマルな挨拶とカジュアルな挨拶の仕方にも大きな差がありません。ボディランゲージを活用して、大らかな雰囲気でコミュニケーションを取りましょう。友達にだけでなく、通りすがりの人にもアイコンタクトを取って微笑んでみましょう。
    • お辞儀や頬へのキスはしないようにしましょう。お辞儀はかしこまり過ぎと取られ、また頬へのキスは厚かましい印象になります。
    • 相手が手を差し出すまで、握手は求めないようにしましょう。ギリシャでは握手はあまり一般的ではありません。もちろん、友達同士や現地の人々同士でもあまりしません。
  2. 2
    「ヤースー(Yassou)」と言ってみる カジュアルに「やあ!」と言いたいときに使えるフレーズです。にっこりと笑顔でフレンドリーに言いましょう!「Yassou」は、ギリシャ語を英語のアルファベット表記に書き起こしたもので、発音は完全に再現できないので注意が必要です。「giasou」や「ya su」と表記されることもあります。また、これを略した「Ya(ヤー)」も同じくカジュアルな場面で使えます。[1]
    • 「Yassas(ヤーサス)」と言う表現もあります。[2]目上・年上の人や複数の人に対して使う丁寧な言い回しです。[3]
    • 親しい人や年下の人には、少しカジュアルな「Yassou(ヤースー)」が無難です。しかし、どちらの表現も耳にすることがあり、一概にどれが正しいとも言えないようなので、あまり気にしすぎる必要はありません。
  3. 3
    「ヘレテ(Herete)」を使ってみる フォーマルな場面、カジュアルな場面、どちらにも使える表現です。一般的に午前10時から午後2時までの挨拶に使います。[4]
  4. 4
    時間帯に応じた挨拶 多くの国の文化と同様に、ギリシャでも、朝、昼、晩、で挨拶を使い分けています。「ヤースー」や「ヤー」はほぼどんな時間帯でも使えますが、時間帯によっては以下のフレーズの方がしっくりくるかもしれません。
    • カリメーラ(καλημέρα):「おはよう」。出会ったときや別れるときの挨拶として使います。[5]
    • カリスペラ(καλησπέρα):「こんばんは」。夕方または夜のみ、どこかへ来たときまたは人に会ったときに使います。
    • カリニヒタ(καληνύχτα):「おやすみなさい」。夕方または夜に、別れの挨拶としてのみ使います。
    広告

方法 2 の 2:
その他の便利フレーズ

  1. 1
    ギリシャ語の「さようなら」 会話の最後や一日の終わりに、自分がふさわしいと思う表現を使いましょう。
    • アディオ(antio):「ディ」にアクセントを置いて発音します。一般的に別れの場面で使われるカジュアルな表現です。
    • ギャー(geia)またはヤー(ya):「こんにちは」と「さようなら」、両方の意味を持つ表現です。
  2. 2
    他の言語を話せるか聞いてみる 「ミラテ?(Mila'te)(...…を話せますか)」と聞いてみましょう。「...…」の部分に、相手が話せるか聞きたい言語(ギリシャ語名)を入れて伝えます。もしかしたら、英語や他のヨーロッパ言語(あるいは日本語)でコミュニケーションを図った方が楽な場合もあるかもしれません。
    • 英語:「ミラテ アグリカ?」
    • フランス語:「ミラテ ガリカ?」
    • ドイツ語:「ミラテ ゲルマニカ?」
    • スペイン語:「ミラテ イスパニカ?」
    • 日本語:「ミラテ ヤポネジカ?」
  3. 3
    質問をする 質問の仕方を知っておくと便利です。「こんにちは」程度の基礎レベルでもコミュニケーションを図ることができます。ただし、応用レベルの表現で返答を受けることもあるので、注意してください。
    • ポス イセ?(Pos Ise?):「お元気ですか」。「ス」を短めに発音します。
    • ティカニス(ti kaneis):「調子はどうですか」[6]
    • ウムィドゥ ポス イセ ヴェレーマ?(Umidl pos ise vrexima?):「どこへ行くのですか」
    • エスィ?(esi?):「あなたは?」と聞き返す時に使います。
  4. 4
    自分について話す 相手に「お元気ですか」と聞かれた場合に使える「元気です」、「あまり良くありません」、「まあまあです」など基本的な受け答えのパターンを知っておきましょう。「私」は「エゴー(egO)」、「あなた」は「エスィ(esi)」です。
    • 元気です:「カラ(kalA)」
    • あまり調子が良くありません:「デン エイマイ カラ(den eimai kala)」
    • 調子がよくありません:オーヒ カラ(Oxi (O-hi) kalA)」
    • はい:「ネー」
    • いいえ:「オーヒ」
    広告

ポイント

  • 自分の言いたいことが相手に伝えられない場合にピリピリしたり苛立ったりせず、まずは落ち着きましょう。ギリシャの人々は非常に親切なので、あなたの意思が伝われば、おそらく助けてくれるはずです。
  • できる限りメモは使わず、自分が覚えている言葉やフレーズを駆使してコミュニケーションを図りましょう。ガイドブックをいちいち見ながら話すよりも、自然に会話を進めることができます。

広告

関連記事

How to

フランス語で「お元気ですか?」と言う

How to

フランス語で「おはよう」と言う

How to

イタリア語で「お誕生日おめでとう」と言う

How to

英語の動詞を名詞にする

How to

ウルドゥー語でよく使われる言葉を学ぶ

How to

イタリア語で挨拶する

How to

ヒンディー語でありがとうと言う

How to

新しい言語を作る

How to

聞き上手になる

How to

句読法に従って正しく英語を書く

How to

様々な言語で「さよなら」と言う

How to

英語のコミュニケーション能力を高める

How to

英語で正式な招待状を書く

How to

ヒンディー語を話す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む20人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,065回アクセスされました。
カテゴリ: 言語
このページは 1,065 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告