クッキーが上手に焼けた時は嬉しいものです。クッキーの焼き加減は、ものの数分で変わります。このため、キッチンタイマーは推奨焼き時間の少し短めに設定するとよいでしょう。タイマーの音が鳴ったら、オーブンの戸を開けてクッキーの固さを確認します。また、クッキーは焦げないように、色が少し濃くなった頃を見極める必要があります。焼き上がったクッキーを取り出したら冷まし、上手に焼けたクッキーを楽しみます。

方法 1 の 4:
見た目で判断する

  1. 1
    縁がきつね色になっているかを確認する 薄い色の生地のクッキーは焼くと色が変わってきます。クッキーの中心の色はあまり変わりませんが、縁の部分は濃いめのきつね色か薄い茶色に変わります。縁の部分が焦げ茶色になる前に取り出さなければ焦げてしまいます。[1]
    • 例えは、ピーナッツバタークッキー、オートミールクッキーなどのドロップクッキーを焼く場合は、この色の変化を目安に判断します。
  2. 2
    クッキーのトッピングの色の変化に注意する ブラウンシュガーやシュトロイゼルなどをトッピングに使った場合は、このトッピングの色の変化に注目します。トッピングがきつね色に変わってきます。取り出すのが遅くなると、トッピングが焦げて濃い茶色になります。
    • 焼く工程の最後にトッピングをのせるレシピでは、オーブンの中の様子を見ながら、トッピングが焦げないように注意しなければいけません。この時点では通常、クッキーは中まで火が通っています。[2]
  3. 3
    クッキーの表面にひびが入る 小麦粉を少量使ったクッキーでは(アメリカンカントリースタイルのクッキーなど)、焼き上がるとクッキーの中心や縁に沿ってひびが入ります。レシピの写真で確認してから焼くと、実際にどんな風な焼き上がりになるのかを予め知ることができます。こうした種類のクッキーの焼き上がりは、固くてくすんだ色になります。[3]
  4. 4
    クッキーがまだ少し膨らんでいる間に取り出す クッキーが薄い色に焼き上がるころには、形はまとまっているはずですが、中心が少し膨らみ柔らかそうな状態になります。このような状態になるのが正解です。すなわち、クッキーをオーブンから取り出した後も天板や網の上で加熱されている状態です。[4]
    • この時点でクッキーを取り出せば、柔らかく弾力のあるクッキーになります。しかし、焼きすぎると割れやすいクッキーになります。[5]
  5. 5
    濃い色の生地のクッキーを焼く時は見た目で判断しない 濃い色の生地のクッキーの場合、色がはっきりと濃くなったと気付いた時には焼きすぎてしまっていることがよくあります。こうしたことにならないように、焼き上がりは見た目で判断するのではなく、物理的な方法で確認します。
    広告

方法 2 の 4:
物理的な確認方法

  1. 1
    縁の部分を指で押す オーブンの戸を開けて網を少し引き出します。ヘラか指を使ってクッキーの縁の部分を軽く押します。押しても縁の部分が内側にへこまないほどの固さになっている場合は、クッキーは焼き上がっています。生地が簡単にへこんでしまう場合は、さらに数分焼く必要があります。[6]
    • この方法は、チョコレートクッキー、ジンジャーブレッドクッキーなど色が濃いクッキーを焼く際に、焼き上がりの色を見た目で判断するのが難しい場合に特に有効です。[7]
    • 指を使って確認する場合は、天板に指が触れて火傷しないように十分注意しましょう。
    • ショートブレッドクッキーなど割れやすいクッキーの場合は、縁の部分ではなくクッキーの中心を軽く押して確認します。中心を押せば、接触によってクッキーが崩れる可能性を低くすることができます。
  2. 2
    クッキーを持ち上げて底を確認する オーブンの戸を手前に引いて開け、金属製のヘラをクッキー下に半分まで滑り込ませます。少し持ち上げて、クッキーの底の色を確認します。焼き上がっていれば、色は薄い茶色かきつね色になり、固い感触になります。[8]
    • クッキーを持ち上げる際はクッキーが半分に割れないよう十分注意しましょう。
    • この方法は、ホロホロした食感のクッキー、絞り出しクッキー、色の薄いクッキーを作る時に有効です。
  3. 3
    バークッキーはようじを刺して確認する バークッキーは密度が高く、生地の色が濃いものが多いため、焼き上がりの判断が難しいことがあります。木製のようじか串を使って、バークッキーに刺します。クッキーの中心部まで刺したら抜きます。クッキーのくずや生地がようじに付いていれば、クッキーはまだ焼けていません。[9]
    • ようじや串は木製のものを使うのがポイントです。金属製のものは、クッキーのくずや生地がくっつきにくく、とれてしまいます。
    広告

方法 3 の 4:
時間をはかる

  1. 1
    レシピの指示に従う レシピをよく読んでから、材料を混ぜたり焼いたりします。クッキーによって網棚の位置を変えたり、焼いている途中で温度を変えたりしなければならないこともあります。材料を少し変える場合は、焼き時間や温度が変わる可能性があることを考慮しなければいけません。[10]
  2. 2
    タイマーを最短時間に設定する オーブンにクッキーを入れたら、キッチンタイマーまたはオーブンに内蔵されているタイマーの時間を設定します。そうすればクッキーを焦がすことなく、焼き上がりを注意深く観察することができます。[11]
    • タイマーのブザーは家のどこにいても聞こえるような音量に設定しておきましょう。
  3. 3
    時間になったら1分ごとにクッキーを確認する レシピの表示時間の最も短い時間で焼いてもまだ焼けていなかった場合は、オーブンの中の様子を注意深く見ながらもう少し焼きます。1分ごとにオーブンの窓から中をのぞいたり、オーブンの戸を開けて再び焼き上がりを確認したりします。[12]
    • クッキーを焼いている間に何度もオーブンの戸を開けるのは避け、焼き加減を確認するのは最後の段階になってからにしましょう。オーブンの戸の開閉によって庫内の温度が変動します。
    広告

方法 4 の 4:
きれいに焼く条件を整える

  1. 1
    オーブンの温度を確認する オーブン用の温度計を使ってオーブン庫内が正しい温度に達しているかどうかを確認します。この温度計は安く購入できます。また、クッキーや他の料理を焦がして食材を無駄にせずにすみます。
  2. 2
    天板の種類に応じて焼き時間と温度を調整する 暗い色の天板は熱がこもりやすいため、焼き時間を短めにします。光沢のある天板は熱を外に反射するため、焼き時間を長めに設定します。どのクッキーも底の部分が焦げている場合は、10℃ほど温度を下げます。
  3. 3
    使いやすい縁のない天板を選ぶ 縁のない天板を使えば、焼きあがった時にクッキーをスライドさせやすいため便利です。縁がないため置くクッキーの数を増やすこができます。オーブンの中で天板が歪まないように、しっかりした厚みのあるものを使いましょう。[13]
  4. 4
    天板に油を塗って焼く ペーパータオルにショートニングかバターを染み込ませて、天板に塗ります。薄く塗ることがポイントです。クッキングスプレーを使ってもよいでしょう。または、天板にクッキングシートを敷きます。[14]
  5. 5
    天板1枚分ずつ焼く 天板は1枚だけ中段に置きます。一度に天板2枚以上焼く場合は、オーブンの中が過密になるため、焼き時間が変わる可能性があります。一度に2枚焼く場合は、均等に火が通るようそれぞれの天板を置く位置を入れ換えながら焼きます。[15]
  6. 6
    天板の上でクッキーを冷ます クッキーをオーブンから取り出したら、天板に置いたままクッキーを3~5分休ませます。その後、ヘラを使ってクッキーを1つずつそっと持ち上げ、網棚の上に移します。クッキーの底が湿るのを防ぐため、網棚は作業台から10cm程度離して置きましょう。[16]
  7. 7
    標高に合わせる 標高の高い所でクッキーを焼く場合は、材料を少し変えたり、さらにこまめに様子を見ながら焼いたりすることが必要になる場合があります。クッキーの仕上がりがだれて広がったり焦げたりした場合は、まずバター、ショートニング、砂糖の量を減らします。焼き時間も変わる可能性があります。[17]
    広告

ポイント

  • クッキー生地を天板に並べる時は、焼いた時に生地が広がることを考慮してそれぞれ5cm以上の間隔を空けます。[18]
  • クッキ-の材料を準備するときは、きちんと計量しましょう。

広告

注意事項

  • 食中毒防止のため、小麦粉など生の材料を扱う際は手を洗いましょう。
  • オーブンを開閉するときはオーブンミトンをはめるかシリコンの鍋つかみを使用します。キッチンペーパーは充分な厚さがないため熱から手を保護できません。[19]
広告

関連記事

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ケーキを冷ます

How to

チョコチップを溶かす

How to

パン生地の発酵を早める

How to

ロックキャンディを作る

How to

チョコレートを溶かす

How to

スモアを作る

How to

手作りキットカットを作る

How to

ホワイトチョコレートに色を付ける

How to

ケーキクーラーを家にある物で代用する

How to

イーストを予備発酵させる

How to

溶き卵を作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 942 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告