PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヒトリガの幼虫であるクマケムシは日本全土に生息し、夏に孵化します。フワフワした可愛い毛虫で、子供の教育的目的や鑑賞目的で、家で成虫まで育てることができます。毛虫を飼うには、安全な住処や餌を与え、蛾になったら自然に帰してあげる必要があります。

パート 1
パート 1 の 3:
住処を用意する

  1. 1
    適切な容器を使います。クマケムシはメイソンジャー等、透明なプラスチック容器で飼育できます。逃げないよう、蓋つきのものを使いましょう。段ボール箱を使っても構いません。[1]
    • 蓋には小さな穴を開けましょう。網目の蓋を使う方法もあります。容器の通気性が重要です。
  2. 2
    小枝を入れます。毛虫が繭を作るのに小枝が必要です。毛虫の容器に小枝を加えます。枝を斜めに立てかけるように置いておくと、繭を作る時期になったら毛虫が登っていきます。[2]
  3. 3
    定期的に容器の掃除をします。毎日毛虫の排泄物が容器内に増えていきます。これを定期的に掃除しましょう。毛虫を容器から出し、ティッシュで排泄物を拭き取ります。[3]
  4. 4
    容器を室外に置いておきます。クマケムシの生育には寒い環境が必要です。容器を室外の安全な場所に置きましょう。車庫や家の近くの物置など、安心してクマケムシを置いておける場所を選びましょう。[4]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
毛虫に餌を与える

  1. 1
    毛虫を見つけた場所付近の植物を与えます。毛虫にとって、もともと住んでいた植物が一番の餌になります。毛虫を見つけた場所付近の葉や草を持ち帰り、飼育容器の中に入れましょう。[5]
    • 例えば、庭の木で毛虫を見つけた場合、その木の葉を与えます。
  2. 2
    餌として落ち葉を与えます。毛虫は落ち葉を食べて成長します。落ち葉を見つけたら持って帰って毛虫の飼育容器の底に敷きましょう。緑色の葉でも枯れ葉でも構いません。落ち葉は毎日あげる必要があります。[6]
  3. 3
    草花を加えます。毛虫は草花も食べるので、それらも外から採ってきましょう。毛虫はタンポポ、芝、オオバコ、ゴボウなどを好んで食べます。毎日新鮮な花を与えましょう。[7]
  4. 4
    定期的に容器に湿気を加えます。クマケムシには水入れを用意する必要はありません。水があると溺れる危険もあります。しかし、湿気を保つことは重要です。毎日、スプレーで容器の底を湿らせましょう。クマケムシは小滴の水で水分補給できます。[8]
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
クマケムシを放す

  1. 1
    冬の間は、枯れ葉を容器の中に入れます。冬が来たら、枯れ葉を毛虫の飼育容器に加えましょう。こうすることで、寒い季節の間、冬眠するための暖かい場所ができます。やがて毛虫は繭を作りますが、春になってからです。冬の間、毛虫が暖かく過ごせるようにすることが大事です。[9]
  2. 2
    毛虫が繭を作ったら、容器を室内に移します。春になると毛虫が動かなくなり、枝に登ります。そして繭を作ります。繭を作ったら、室内に移しても問題ありません。中にいる蛾をより観察しやすくなります。[10]
  3. 3
    蛾が外に出てきたら餌をあげます。蛾が出てくる前に、小枝をさらに加えましょう。また、新鮮な花も加えます。数日してから蛾を放すので、これらの植物を餌として加えておくのです。[11]
  4. 4
    2日経ったら蛾を放します。羽化してから数日間は蛾を飼うことができます。容器の中の蛾を観察し、葉や草を食べるのを眺めましょう。子供がいる場合、素晴らしい学習機会になります。しかし、数日経ったら最初に見つけた場所の近くで放してあげましょう。蛾は毛虫と同じように小さな容器の中で飼うことはできません。[12]
    広告

注意事項

  • 生まれたばかりの蛾に触ってはいけません。羽を傷つける恐れがあります。羽が傷つくと、簡単に死んでしまったり自由に動けなくなったりします。
広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
猫が妊娠しているか調べる猫が妊娠しているか調べる
鶏の性別を見分ける鶏の性別を見分ける
野良猫を捕まえる野良猫を捕まえる
マイクロチップを使って行方不明のペットを探すマイクロチップを使って行方不明のペットを探す
ベタの性別を見分けるベタの性別を見分ける
犬と猫を仲良く同居させる犬と猫を仲良く同居させる
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
水槽のアンモニア濃度を下げる水槽のアンモニア濃度を下げる
猫の性別を見分ける猫の性別を見分ける
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
モルモットを楽しませるモルモットを楽しませる
モルモットの妊娠を見分けるモルモットの妊娠を見分ける
猫を飼えるよう両親を説得する猫を飼えるよう両親を説得する
広告

このwikiHow記事について

Samuel Ramsey, PhD
共著者 ::
昆虫学者
この記事の共著者 : Samuel Ramsey, PhD. 昆虫学者のサミュエル・ラムゼイ博士は、米国農務省の研究員です。共生に関して広範囲に渡る知識を有し、昆虫病蔓延、寄生行動、相利共生の発達、生物的制御、外来種の生態、花粉媒介昆虫の健全性、害虫駆除などの研究を専門としています。コーネル大学にて昆虫学学士号を、メリーランド大学にて昆虫学修士号を取得。博士のミツバチの研究のおかげで、世界中のミツバチの群数復活に向けて、研究者たちによるターゲット制御技術の発展が可能になりました。また、YouTubeにて「Dr. Buggs」チャンネルを開設中。 この記事は1,259回アクセスされました。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 1,259 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告