クマバチは花粉を運ぶ有用な昆虫ですが、木造建築物に大きなダメージを与える可能性があります。家の周りにクマバチがいると、駆除剤や殺虫剤を使わずに駆除したいと思うかもしれません。幸いにも、自然な方法でクマバチを駆除して、翌年戻ってこないようにすることができます。

1
大きな音で追い払う

  1. クマバチは音に敏感です。ラジオやスピーカーを巣のほうへ向けて、できるだけ大きな音で音楽をかけましょう。少なくとも1日続けます。こうすると、クマバチのほとんどは逃げていき、別の場所に巣を作ります。クマバチが戻ってこないように、いなくなってからも数日間続けましょう。
    • クマバチを追い払うために、硬い物で木材を繰り返し叩いて大きな音を立てても良いでしょう。
    広告

2
アーモンドオイルを使う

  1. クマバチは、アーモンドオイルのにおいを嫌います。 スポイトを使って、クマバチの巣の中や周りにアーモンドエッセンシャルオイルを塗りましょう。木材全体に塗る場合は、スプレーボトルに水を入れてアーモンドエッセンシャルオイルを10滴ほど加え、全体に行き渡るように吹き付けます。[1]
    • エッセンシャルオイルは一般的に安全ですが、直接触れると炎症が起こるかもしれません。使用前に必ず希釈して、素肌につけないように注意しましょう。

3
別のすみかを用意する

  1. クマバチを殺さずに追い払う良い方法です。クマバチは花粉を運ぶ昆虫として有用なので、別の場所にすみかを用意してあげましょう。こうすれば、自分の周りから追い払うことができ、クマバチは新しい場所で自由に飛び回ることができます。 日当たりが良く、雨が降りかからない場所を探し、針葉樹材を束にして積み重ねましょう。クマバチがここへ移り住むように、各木材の端に直径1.3㎝の穴を開けます。
    • 針葉樹は、松、モミ、トウヒなどです。
    • 木材のダメージや腐敗を防ぐために、乾燥した状態に保ちましょう。
    • この方法は、アーモンドオイルなどの天然の忌避剤を使う方法と組み合わせて行いましょう。アーモンドオイルでクマバチを追い払い、用意した木材に移動させます。
    広告

4
掃除機で吸い取る

  1. クマバチはそれほど強くないので、自分で物理的に取り除くことができます。掃除機のホースの先を木材の穴(クマバチの巣)にあて、スイッチを入れて吸い取りましょう。できるだけ多くのクマバチを吸い取り、掃除機の中のクマバチをバケツに溜めた水に入れて溺れさせます。クマバチを殺したくなければ離れた場所へ連れていき、積み重ねた木材の近くに放しても良いでしょう。
    • できれば、クマバチがおとなしくなる夕方から夜にかけて行いましょう。
    • この方法はできたばかりの巣に効果的ですが、本格的な大きい巣にはあまり効果がありません。

5
クマバチの巣にガソリンや軽油を流し込む

  1. ガソリンや軽油は、クマバチの駆除に効果的です。ただし、ガソリンは燃えやすいので、この方法を行う場合はクマバチの巣の近くに裸火がないことを確認しましょう。ガソリンや軽油の容器の口を巣の入り口にあてて注ぎます。注ぎ続けると、死んだクマバチが穴から流れ出てくるでしょう。
    • 安全のため、マスクと手袋、安全ゴーグルを着用しましょう。
    • 駆除が終わったら、巣の周りと地面を水ですすいでガソリンを薄め、火がつかないようにしましょう。
    広告

6
天然成分の珪藻土でクマバチを駆除する

  1. 珪藻土は、クマバチの駆除に効果的な珪藻の殻の化石を含む粉末状の物質です。珪藻には昆虫を自然に乾燥させる効果があるため、殺虫剤を使わずにクマバチを駆除することができます。ホームセンターなどで珪藻土を購入しましょう。手袋を着用して、注意しながらクマバチの巣に振りかけます。クマバチは、珪藻土に接触すると死んでしまいます。[2]
    • 大量のクマバチが住み着いている場合は、繰り返し行う必要があるかもしれません。すべてのクマバチが死滅するまで1日1回行いましょう。

7
スチールウールと金属製のメッシュシートで穴を塞ぐ

  1. クマバチは、スチールウールや金属製のメッシュシートに穴をあけることができません。建物に使われている木材にクマバチが穴を開けて巣を作った場合は、各穴に丸めたスチールウールを詰めましょう。さらに、釘やネジで金属製のメッシュシートを取り付けて、クマバチが出入りできないようにします。巣の出入り口を塞ぐと、クマバチは中で死ぬか別の場所へ移動するでしょう。[3]
    • クマバチの侵入を防ぐために、煙突の上に大きいごみ袋をかぶせてテープで留めましょう。
    • この方法は、夏の終わりにクマバチが巣から出ていった後にも適しています。スチールウールと金属製のメッシュシートで穴を塞いでおくと、翌年戻ってきても同じ場所に巣を作ることができなくなります。
    広告

8
穴にホウ砂を振りかける

  1. ホウ砂は、クマバチの駆除に効果的な天然の鉱物です。取り扱う際は、マスクと手袋、安全ゴーグルを着用しましょう。クマバチが開けた穴にホウ砂を振りかけます。クマバチは、ホウ砂に接触すると死んでしまいます。クマバチがいなくなるまで1日1回行いましょう。
    • ホウ砂は、食卓塩に似たホウ酸塩鉱物の一種です。
    • ホウ砂は、ペットや子供に害となる可能性があるので、近くで使わないようにしましょう。

9
捕獲器を仕掛ける

  1. 捕獲器を手作りするか、ホームセンターなどで販売されている捕獲器を使いましょう。巣の近くに捕獲器を仕掛けてしばらく待ちます。クマバチが捕獲器に入ると、水や餌がないので死んでしまうでしょう。捕獲器がいっぱいになったら、死んだクマバチをゴミ箱に捨てましょう。[4]
    • 捕獲器は、クマバチの数が少なければ効果的ですが、大量のクマバチが住み着いている場合はあまり効果がありません。
    広告

10
むき出しの木材にペンキを塗る

  1. ペンキを塗ると、クマバチが穴を開けにくくなります。ステインは、クマバチにそれほど効果的ではありませんが、ペンキは分厚い保護膜となり、クマバチが穴を開けにくくなるでしょう。建物にむき出しの木材が使われている場合は、初夏にクマバチが侵入しないようにペンキを塗っておきましょう。

11
大きい建物には加圧注入処理された木材を使う

  1. 加圧注入処理された木材を使うと、クマバチが穴を開けにくくなります。敷地に建物を建てる予定があり木材を選べる場合は、高い圧力をかけながら水と防腐剤を内部に深く浸透させる方法で処理された木材を選びましょう。白アリとクマバチの被害を予防する効果があります。
    • 加圧注入処理された木材は、ホームセンターなどで販売されています。
    広告

12
木材の穴を埋めて密封する

  1. 建物の周囲に小さい穴や亀裂がないか確認しましょう。クマバチがまだ巣を作っていない場合は、コーキング材やパテで穴を埋めて密封することができます。ただし、穴の中にクマバチが住み着いている場合は注意が必要です。パテやコーキング材は、クマバチの出入りを妨げるほど強くありません。[5]
    • 穴の中にクマバチが住み着いている場合は、パテやコーキング材ではなくスチールウールで穴を塞ぎましょう。

ポイント

  • クマバチを自然に駆除する方法をいくつか試しても効果がなければ、害虫駆除業者に依頼しましょう。
広告

関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
リベットを外すリベットを外す
ヘアピンで錠を開ける
ドライバーを使わずにネジを外す
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
プラスチックのひび割れを補修する
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
大きすぎるセーターを縮める大きすぎるセーターを縮める
コオロギを駆除するコオロギを駆除する
戦争を生き延びる戦争を生き延びる
カエルを駆除するカエルを駆除する
広告

このwikiHow記事について

Steve Downs
共著者 ::
蜂駆除専門家
この記事の共著者 : Steve Downs. ミツバチの駆除と保護の専門家スティーブ・ドウンズは、蜂駆除と蜂の転送会社「Beecasso Live Bee Removal Inc.」を経営しています。カリフォルニア州ロサンゼルスの都市圏にある一般住宅や商業店舗を対象に、20年以上にわたり人道的な方法を使った蜂の捕獲と駆除サービスを提供してきました。また、プロや趣味の養蜂家、そして農業家と提携し、ロサンゼルス全域に巣箱を設置することで、蜂の保護に取り組んでいます。特にミツバチの生態系を守ることに情熱を燃やしており、救出した巣箱は自身で作り上げた蜂の聖域「Beecasso Sanctuary」に移動し保護しています。
このページは 440 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告