クラスで一番良い生徒になる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:学びを最大限に生かす人間性を高める先生に好印象を持ってもらう出典

先生に気に入られたい、最高の学校生活を送りたいなど、理由はいろいろですが、クラスで一番良い生徒になるには、自分自身に磨きをかけることが大切です。クラスで一番良い生徒になることは、単に良い成績をとるだけではなく、人として立派であることや、授業を真剣に受ける態度を先生に見せることでもあります。

1
学びを最大限に生かす

  1. 1
    脳と体を学ぶ状態にする 体の準備ができていると、効率的に学ぶことが可能になり学校生活が楽になります。様々な方法で体を準備することができます。以下のことを試してみましょう。
    • 十分な睡眠をとりましょう。脳に最大限の能力を発揮させるには、適切な睡眠時間が必要です。一日を通して、頭の回転を良くしておく必要があります。昼食時間前に眠気が襲ってくる場合は、十分な睡眠がとれていない証拠です。通常は、8時間の睡眠が必要といわれています。
    • フライドポテト、ハンバーガー、甘い物などのジャンクフードばかりを食べていると体がしっかりと働きません。一番良い生徒になりたいのであれば、ブロッコリーなどの野菜、果物、鶏肉や魚などのたんぱく質をとりましょう。
    • 水をたくさん飲みましょう。脳の働きをよくするには、水が必要です。体全体も同様です。毎日、数杯の水を飲みましょう。個人差があるので、もっと多くの水分が必要な場合もあります。
  2. 2
    自分に適した学び方をする 学び方は人それぞれに違います。これを学習法と呼びます。[1] 自分に一番適した方法を模索し、その学習法を実践しましょう。自宅で実践すると効果を発揮しやすいですが、異なる学習法を使う生徒に授業をする際の工夫について先生に聞いてみましょう。
    • 例えば、図表や画像を記憶することが得意な人は視覚型学習者の可能性が高く、学ぶ際には写真や画像をたくさん使うと効果的です。例としては、スピーチを記憶する時に図表を描いて学ぶことが挙げられます。
    • 静かに音楽を聴きながら勉強する方が楽に感じたり、先生がボードに何を書いたか覚えていなくても、先生が何を話していたかを今でもはっきり覚えている場合があります。これは、聴覚型学習者と言われ、聴覚に優れています。例えば、授業中に先生の声を録音し、宿題や勉強をする時に聞いたりするとよいでしょう。
    • 授業に集中したいにもかかわらず、立って動き回りたい衝動にかられる人もいます。勉強中に歩き回るタイプの人です。これは、運動感覚型学習者と言われ、体が動いている方が効率的に勉強することができます。先生が話している時に、片手で粘土をこねながら勉強するのもいいでしょう。
  3. 3
    集中する クラスで一番良い生徒になるための最適な方法は、先生が話している時に集中することです。注意散漫だと大事なことを聞き逃してしまい、あとで勉強する際に理解するのが困難になります。
    • 先生の話に集中できない時は、前の方の席で積極的に授業に参加してみましょう。理解できない時や、先生の話に興味があり更に深く知りたい場合には、手を挙げて質問をしてみましょう。
  4. 4
    ノートの書き方を学ぶ 上手にノートを書くことは難しいですが、書けば勉強がもっと楽になります。その結果、成績も試験の点数も上がり、クラスで一番になれるかもしれません。先生が話すことを全てノートに書く必要はありません。一番重要な部分と覚えるのが苦手な部分だけを書きとりましょう。
  5. 5
    宿題はきちんとした内容で、期限までに終わらせる 宿題の評価が良くない場合でも、期限内に提出するだけでも成績を維持することができます。クラスで一番になりたければ、宿題の評価がトップになるように努力しましょう。その努力を怠るようであれば、一番にはなれません。また、宿題が最高の出来になるように努力しましょう。宿題の内容が理解できない場合は、誰かに聞きましょう。先生に直接教えてもらえるかもしれません。
    • 宿題を期限内に終わらせるために十分な時間を確保して計画を立てましょう。テレビを見る時間や友達と会う時間を削ることになりますが、最終的には満足する結果につながります。
    • 宿題をしやすい環境で勉強すると作業がはかどります。気が散らないように静かな場所で勉強しましょう。図書館も最適です。自宅から離れられない状況で同居人が騒がしい場合は、自分の部屋で勉強しましょう。
  6. 6
    いろいろな学習法を模索しましょう。授業内容とは違うことを学ぶと、授業で学ぶ内容をより効率的に学ぶことができる上に、先生からも高評価をもらえます。自分に興味のある分野を学ぶことで、授業にも集中できます。全ての教科について様々な学習法を模索すると、学校が楽しくなると同時に、さらに良い結果につながるでしょう。
    • アメリカの歴史を学ぶ場合、ネットの動画でドキュメンタリーを見ると、現在勉強している時代について更に学ぶことができます。
    • 図書館の本で勉強したり、ネット上でもたくさん学ぶことができます。ウィキペディアは情報が確実でない場合もありますが、大抵の場合は正しい内容が書かれています。また、YouTubeでも集中講座やTED日本語(様々なプレゼンテーションの視聴ができる動画サイト)などのドキュメンタリーや教育的動画を探してみましょう。このような動画を使うと、先生や教授が説明する以上の内容を学ぶことができます。
    • 学校が休みの時も勉強し続けましょう。夏休みや週末でも勉強を続け、次学年の学習内容を先取りしましょう。春休みであれば、過去の勉強内容を3~4回、各数時間復習をして、新しい学年に備えましょう。
  7. 7
    早めに準備する 試験前に問題の量を見て心配になることがあります。試験で高得点を取りたい場合は、できるだけ早く勉強に取り掛かって準備をすることが大切です。一夜漬けは避けましょう。
    • 試験の予想問題を書きだし、ポイントを整理しましょう。試験当日は少し早起きをし、ノートに書いたことを復習します。試験直前でノートを見直すと、細かい内容も把握できます。難易度が高い試験の場合ほど、早めに勉強を始めましょう。数週間前に始めるとよいでしょう。

2
人間性を高める

  1. 1
    周りの人が幸せな気分になるように心がける クラスで一番になるためには、成績が全てではありません。人間性を高めることも大切です。いじめっ子やお調子者では、クラスで一番の存在にはなれません。周りの人を褒めたり、頑張っていることを伝え、人が喜ぶような発言や行動を心がけましょう。人をいじめたりからかったり、傷つけるような発言は控えましょう。
  2. 2
    周りの人を助ける できるだけ周りの人を助けて人間性を高めましょう。何かをする時に、より良い方法や簡単な方法を知っていれば、教えましょう。自慢するのではなく、優しく親切にしましょう。人のためにドアを開けてあげたり、重い荷物を持ってあげたり、小さな親切も実践しましょう。
    • 誰かが数日休んだ時は、ノートを見せてあげたり勉強が追いつくように手助けしましょう。
  3. 3
    誰かに嫌なことをされても、丁寧に振る舞う 誰かに意地悪をされても、丁寧に振る舞いましょう。相手に怒鳴ったり、危害を加えたりしてはいけません。相手に悪口を言ったり、嫌がらせで列に割り込んだりしないようにしましょう。意地悪は気にしないようにして、他の皆と同じように接しましょう。
    • 人を見下すような話し方は避け、相手に話す機会を与えて礼儀正しく接しましょう。相手の意見が自分と異なる場合も相手を尊重しましょう。相手が普通とは少し違う場合でも、そのまま受け入れて気分を害さないように気を配りましょう。
  4. 4
    落ち着いて行動する クラスでは、できるだけ平静を保ちましょう。走り回ったりせず、人の邪魔にならないようにします。学校生活が大変な時も、イライラしないようにしましょう。イライラが募ると、人に対して激しく非難しがちになります。
    • ゆっくりと呼吸をして落ち着きましょう。ゆっくりと呼吸すると落ち着きます。全て上手くいくと自分に言い聞かせましょう。人間は案外強いものです。
    • トップの成績をとることばかりを考えないようにしましょう。良い成績が必要になるのは、高校生活の最後の1年半と大学です。当面は、教材を学ぶことに集中し、先生がつける点数や評価などに関して気にしすぎないようにしましょう。点数を取るよりも、学習内容を把握することの方が重要です。
  5. 5
    周りの人を楽しませる 周りの人が楽しくなるような行動をしましょう。クラスでは積極的、そして前向きに振る舞いましょう。あなたが学ぶことを楽しんでいれば、周りの人が安心できます。こうした結果、普段はあまり感情を出さない人も、楽しさを表すようになることもあります。
    • 例えば、科学のクラスで惑星について学ぶとします。自分が一番好きな惑星の素敵な写真を探して周りの人に見せ、彼らの好きな惑星の写真も見せてもらいましょう。
  6. 6
    ありのままの自分でいる 自分らしくあることは最も重要です。他の人のように振る舞っている限り、素晴らしい人間にはなれません。自分が幸せになるようなことをして、自分の好きなことを人と分かち合いましょう。自分自身でいさせてくれる人と友達になりましょう。他人の自分への評価を気にしないようにしましょう。もしあなたのことをよく思わない人がいたとしても、5~6年経てば全く気にならなくなるでしょう。今後も記憶に残るのは、自分が幸せになるためのことを実践してこなかった事実を悔しがることのはずです。

3
先生に好印象を持ってもらう

  1. 1
    丁寧に振る舞う  先生から良く思われたいのであれば、まずは丁寧に振る舞いましょう。特に、他の生徒の態度が失礼な場合は、あなたが際立つ存在となり、すぐに先生のお気に入りになるでしょう。以下のようなことを試してみましょう。
    • 邪魔になる行動をしてはいけません。先生が話している間は、ノートを回す、友達と喋る、冗談を言う、動き回るなどすることは避けましょう。冗談が好きな先生もいますが、先生がイライラしない程度に抑えましょう。
    • 授業は絶対にサボらず、時間を守るか時間より早く教室で待機しましょう。
    • 先生と話す時は、丁寧に接しましょう。「 お願いします。」や「ありがとうございます。」などの丁寧な言葉を使いましょう。言葉の選び方に注意し、先生が不快な思いをしないように気をつけましょう。先生が気に入らないようであれば、すぐにやめましょう。
  2. 2
    質問をする 先生は生徒から質問を受けることが好きです。これにはいくつかの理由がありますが、まず第一に、生徒が質問をするということは授業に集中しているということだからです。二つ目の理由は、先生の話が興味深いことを意味し、生徒が授業を楽しんでいること(実際はそうでなくても)を把握できるからです。三つ目の理由は、質問を受けることで先生自身が知性的で、貢献していると感じられるからです。どんどん質問をする度に、先生にもっと気に入られるはずです。
    • 例えば、先生が科学とアボガドロ定数の話をしている時に、定数の暗記法について質問してみましょう。
    • ただし、意味のない質問は控えましょう。質問があるということを見せるためだけに質問することはやめましょう。この行為は、後に先生をイライラさせ、あなたが注目されるためだけに質問をしていると思われてしまいます。
    • 個人的なことや、自分にだけ意味がある質問は避けましょう。宿題や抜き打ちテストの予定、周りの人にも関すること、理解できない内容などの質問は問題ないでしょう。適切な質問の仕方は、「明日までに何ページを読んだらいいでしょうか?」「先生、これを暗記するのにもっと良い方法はありますか?」などです。絶対に聞いてはいけない質問は、「どうしてD評価なんですか?」「先生の好きな男性グループアーティストは誰ですか?」などです。また、先生の個人的人間関係を探るような「先生は、彼氏がいますか?」というような質問も、絶対に避けましょう。このような質問により先生が気分を害し、怒られる可能性もあります。
  3. 3
    助けを求める 助けを求めることは自分が頭の悪い生徒に見えるため、先生を怒らせてしまうのではないかと思いがちですが、実際は違います。逆に、助けを求めることは、あなたを賢く見せ、先生にも好印象を与えます。先生は、質問をすることで生徒が更に勉強し、より深く内容を理解するとわかっています。自分が必要としている助けを求める決意をしたあなたのことを先生は誇りに思うでしょう。
    • 例えば、数週間後に数学の試験が迫っていて、あなたが分数の割り算を完全に理解していなかったとします。その場合には、先生にもう一度説明してもらい、完全に理解できるように、いくつか問題を一緒に解いてもらうようにお願いしましょう。
    • 先生への接し方の例には、次のようなものがあります。「先生、宿題に行き詰っているんです。『所有格』が完全に理解できないんです。放課後かお昼休みにもう一回説明してもらえないでしょうか?」
  4. 4
    親切な生徒になる 問題を起こさない生徒でいるだけでなく、クラスが思いやりのある場所になるように心がけましょう。親切な生徒になるため、単に自分が喧嘩や口論を始めなければ良いということではありません(もちろん、喧嘩や口論はしない方が良いのですが)。問題が生じた時に対処できるような人間になることが大事です。以下のような場合が考えられます。
    • 威張ったり失礼にならないように、クラスの規則を周りの生徒に再認識してもらいましょう。
    • 喧嘩が始まってしまった場合は、近くにいる先生を呼びに行くか喧嘩を止めるなど、その場の状況に適した行動をとりましょう。
    • 紙などの配布、コピーをする、生徒の質問に対応するなど、状況に応じて先生の手伝いをしましょう。
    • 同級生が問題を抱えている時は助けましょう。明らかに同級生が困っていたら助けましょう。先生が重いカートを押しているような場合は、ドアを開けてあげましょう。面白そうな噂話を聞いたとしても、悪い噂を流さないようにしましょう。
  5. 5
    勉強を上手くこなす 期限内に宿題を終わらせましょう。参考書を準備し、試験の直前ではなく最低2週間前までに 分からない箇所は質問しましょう。ノートをとるようにしましょう。成績も試験の結果も一番でなくても、一生懸命でさえあれば、先生はあなたが一番良い生徒だと感じるでしょう。

ポイント

  • 自信を持ちましょう。先生から質問されたら、答えがはっきりとわからなくても自信をもって答えましょう。先生はあなたが自信を持っていることに気づき、先生のお気に入りになるでしょう。
  • 試験中は冷静になりましょう。緊張すると復習した内容を忘れがちになります。試験前には休みをとり、朝食もとるようにしましょう。
  • 試験で回答がわからない場合でも、勉強してきたことをできるだけ思い出し、書いてみましょう。他の問題を見ていて回答につながることもあります。
  • 友好的な競争はいいことです。他にも一番を狙っている生徒がいる場合は、やる気を分けてもらいましょう。競争と無作法を混同しないように気をつけましょう。
  • 試験で高得点をとった、などの目標を達成できた時は、努力をしてきた自分を褒めてあげましょう。
  • あなたをからかう人がいても、気にしないようにしましょう。学校で良い生徒になろうと努力することは立派なことです。
  • 真摯であることは大事です。真摯であれば、評価表にも反映されるはずです。この心構えを勉強する限り持ち続けましょう。最後にはきっと良い結果が待っています。
  • 良いアイデアを思いついた時は、周りの生徒と共有しましょう。
  • 絶対に先生と口論しないようにしましょう。先生にも周りの生徒にも印象が悪くなります。
  • 恐れていることに注意を向けるのではなく、自分の目的が何かということに集中しましょう。
  • ストレスをためないようにしましょう。ストレスがたまっていると、ミスをしやすくなります。自分の最善を尽くすことが大切です。

注意事項

  • 勉強のし過ぎに気をつけましょう。人生で大事なことは学校の勉強だけではありません。自分は人間であることを心に留めておきましょう。
  • 純粋に親切な生徒と、先生の評価を気にして優等生ぶって度が過ぎている生徒との違いは紙一重です。他の生徒にも先生の手助けをしてもらいましょう。
  • 自慢するのは控えましょう。成績が良い生徒は自慢しがちです。自分の成績を人に見せる時も、自慢することは控えましょう。
  • カンニングをすると先生に見つかる可能性が高く、先生からの評価も下がります。

必要なもの

  • ペンと鉛筆
  • 定規
  • バインダー
  • ノート
  • 蛍光ペン
  • クレヨン、マーカー
  • 消しゴム
  • 筆箱
  • 計画表
  • バレットジャーナル(箇条書き手帳)
  • 時計(時間を守るため)
  • 笑顔

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 学校・大学

他言語版:

English: Be the Best Student in Your Class, Italiano: Diventare il Primo della Classe, Español: ser el mejor estudiante de tu clase, Deutsch: Werde der beste Schüler in deiner Klasse, Português: Ser o Melhor Aluno da Turma, Русский: быть лучшим учеником в классе, 中文: 成为班里最优秀的学生, Français: être le meilleur élève de votre classe, Bahasa Indonesia: Menjadi Siswa Terbaik di Kelas, Nederlands: De beste van de klas worden, Čeština: Jak být nejlepším studentem ve třídě, العربية: أن تكون الطالب الأفضل في الصف, ไทย: เป็นนักเรียนดีเด่นที่สุดในห้องเรียน, हिन्दी: अपनी कक्षा के सर्वश्रेष्ठ छात्र बनें, 한국어: 반에서 가장 우수한 학생이 되는 법, Tiếng Việt: Trở thành học sinh giỏi nhất lớp

このページは 276 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?