クラミジアの症状を見分ける(女性用)方法

共同執筆者 Lacy Windham, MD

クラミジアは慢性的な骨盤痛や不妊の原因となる可能性がある危険な性感染症(STI)ですが、多くの人がかかる病気であり、治療可能です。残念ながら、クラミジアに感染している女性の75%では、合併症が起こるまで症状がありません。したがって、手遅れになることなく治療を受けるためには、症状が出たらすぐに治療を受けられるよう、クラミジアの症状を理解し見分けられるようにしておくことが大切です。

方法 1 の 3:
性器のクラミジアの症状を見分ける

  1. 1
    帯下に注目しましょう。いつもと違う帯下があった場合、クラミジアや他の性感染症が原因かもしれません。[1]
    • 異常な帯下の特徴として、いつもと異なる、あるいは不快な匂い、濃い色、今までに経験したことのない性状などがある可能性があります。
    • 帯下が異常かもしれないと思ったら、かかりつけ医や産婦人科などの専門家に相談して検査や治療を受けましょう。
    • 月経ではない期間の血性の帯下も、クラミジアが原因の可能性があります。
  2. 2
    痛みに注意しましょう。排尿時や性交渉時の痛みはクラミジア感染が原因の可能性があります。
    • セックスの時に痛みや異常な不快感がある場合、専門家に検査してもらうまで性交渉は控えましょう。クラミジア感染が原因で膣性交で痛みを感じることもあります。
    • 排尿時の燃えるような痛みがある場合、通常カンジダや性感染症など何らかの感染症が疑われます。すぐに治療を受けましょう。
  3. 3
    性交渉の後の出血がないか確認しましょう。膣交渉の後に少量の出血があることがありますが、この症状がクラミジアの感染に関係している場合があります。
  4. 4
    直腸の痛みや出血、分泌物について医師に相談しましょう。直腸からの出血や痛み、分泌物はクラミジアの症状です。膣内にクラミジアがいれば、感染は肛門まで広がる可能性があります。アナルセックスをしている場合は、直腸から感染した可能性があります。[2]
    広告

方法 2 の 3:
クラミジアの他の身体症状を知る

  1. 1
    ゆっくりと進行する腰部、腹部、骨盤部の鈍痛に注意しましょう。腎臓の叩打痛に似た、上背部の痛みがある場合があります。このような痛みがあると、クラミジアの感染が子宮の頸部から卵管へと広がっている可能性が疑われます。[3]
    • クラミジアの感染が進行するにつれ、下腹部を軽く押されただけで圧痛を感じる可能性があります。
  2. 2
    喉の痛みについて相談しましょう。喉に痛みがあり、最近オーラルセックスをした場合には、たとえパートナーに症状がなくても、パートナーからオーラルセックスでクラミジアにかかった可能性があります。
    • ペニスから口への感染は、クラミジア感染症の感染経路の1つです。
  3. 3
    吐き気と発熱を観察しましょう。クラミジア感染が卵管まで広がっている場合は特に、頻繁に発熱があり、吐き気をもよおします。[4]
    • 37.3度以上の場合は発熱があると考えましょう。
    広告

方法 3 の 3:
クラミジアについて理解する

  1. 1
    クラミジアにかかる危険性について知りましょう。オーラルセックスや膣性交、アナルセックスをしていて、複数のパートナーがいたり、避妊具を使わずにセックスしている場合、クラミジアにかかる危険性があります。クラミジアは「クラミジア・トリコマティス」という細菌が粘膜から侵入する事で感染します。性交経験があれば、年に一度クラミジアを含む性感染症検査を受けるとよいでしょう。[5]また、新しいパートナーができた時にも検査を受けるとよいでしょう。
    • パートナーがクラミジアや他の性感染症にかかっている可能性があるので、避妊具なしでセックスしている場合、クラミジアにかかる危険性は高くなります。これらの感染症は、コンドームやデンタルダムを使うことで防ぐことができます。
    • 他の性感染症の診断を受けたことがある場合、クラミジアにかかる危険性は高くなります。
    • 年齢が低いほどクラミジアにかかる危険性が高くなります。
    • 男性と性交渉をする男性はクラミジアに感染する危険性がさらに高まるので、パートナーと性感染症について話し、他の人とセックスしていないかを確認しましょう。
    • 口から膣、口から肛門への感染は知られていません。オーラルセックスを介した感染は膣性交やアナルセックスよりも頻度は低いですが、口からペニス、ペニスから口への感染は十分にありえます。
  2. 2
    症状が出る前に検査を受けましょう。クラミジアに感染している女性の75%は症状が現れません。何の症状もなかったとしても、クラミジアはあなたの体を蝕んでいる可能性があるのです。治療しなければ骨盤内炎症性疾患を起こす可能性があり、最終的には瘢痕化して不妊になるかもしれません。[6]
    • 症状が起こる場合、通常、感染から1~3週間で生じます。
    • パートナーにクラミジアの感染を告白されたら、直ちに検査を受けましょう。
  3. 3
    2種類の検査のうち1つを受けましょう。感染している性器をこすって検体をとり、検査が行われます。女性では子宮の頸部や膣、直腸をこすられ、男性では尿道の先や直腸に綿棒を入れてこすられます。尿の検体が採取されることもあります。[7]
  4. 4
    すぐに治療を受けましょう。クラミジアと診断されたら、抗生剤の内服薬、具体的にはアジスロマイシンやドキシサイクリンなどが処方されます。指示通りにきちんと内服すれば、1、2週間で感染は良くなります。進行したクラミジアの場合には、注射による抗生剤治療が必要な場合もあります。
    • クラミジアに感染している場合、パートナーも検査と治療を受ける事で、互いにうつしあってしまう事が避けられます。治療が完了するまでセックスは控えましょう。
    • クラミジアに感染している人は淋菌にも感染している事が多いため、淋菌の検査も同時に行われる場合があります。感染していればこちらの治療も行われます。[9]
    広告

ポイント

  • クラミジアの身体症状は女性の約30%にしか現れないため、性交渉の経験があればクラミジアの検査を受ける事が大切です。女性がクラミジアの感染に気づかずにいると生殖器の、生命を脅かしかねない合併症にかかってしまう可能性がありますが、診断を受け抗生剤で治療したり避妊具を正しく使ったりすれば簡単に防ぐことができます。
  • 長い間パートナーが同じだとしても、クラミジア感染の心配はないと決めつけるのはやめましょう。クラミジア感染の症状が現れないことはよくあり、何ヶ月も、時には何年にもわたって気付かれずに体内にひそんでいることが証明されています。 確実に感染の有無を確認できるのは検査だけです。また、稀ですが、偽陽性の場合もありえます。

広告

このwikiHow記事について

学会認定産婦人科医
この記事はLacy Windham, MDが共著しています。 ウィンダム医師はテネシー州在住の認定産婦人科医です。メンフィスにあるテネシー大学医学部に学び、2010年にイースタン・バージニア大学医学部にて臨床研修を修了。同大学より最優秀母体胎児医学科研修医賞、最優秀研修医賞、最優秀腫瘍学科研修医賞を受賞しました。
カテゴリ: 健康
このページは 104 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告