PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

クリスタルガラスとガラスを確実に見分けるには、専門家の目が必要です。しかし、ガラスとクリスタルガラスの間には誰でも見つけられる大きな違いがあります。持ち上げてよく見てみましょう。クリスタルガラスは、同じ大きさのガラスよりも重く感じます。また、クリスタルガラスは向こう側がはっきりと見え、虹色が見えることもあります。また、クリスタルガラスは他の物体とぶつかると綺麗な音が鳴り響きます。

方法 1
方法 1 の 2:
視覚でガラスを観察する

  1. 1
    ガラスの厚さを確認しましょう。クリスタルガラスは、ガラスよりも低い温度で、長い時間をかけて切削されます。このため、クリスタルガラスに含まれる鉛は、より薄く複雑な形状に成型することができます。クリスタルガラスの隣にガラスを置いて素材の厚さを比較しましょう。
    • クリスタルガラス製のワイングラスであれば、唇に軽くしか触れないような縁が薄いものを選びましょう。[1]
  2. 2
    ガラス製品の透明度を調べましょう。液体を注ぐか、持ち上げて透かしてみましょう。一般的なガラスはクリスタルガラスよりも透明度が低く、鉛の含有量が多いクリスタルガラスは中や後ろにあるものがより鮮明に見えます。[2]
    • 例えば、一般的なガラス製のグラスでは、入っている液体が濁って見えます。一方、クリスタルガラス製のグラスの場合は液体がはっきりと見えます。
  3. 3
    ガラス製品を光にかざしてみましょう。ガラスを光にかざしても何も起こりません。しかし、鉛の含有量が高いクリスタルガラスではきらきらと輝きます。また、普通のクリスタルガラスはプリズムの働きをするため、透かして見ると虹が見えます。[3]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
触角と聴覚で調べる

  1. 1
    ガラス製品の重さを確認しましょう。クリスタルガラスは鉛から出来ていることが多いため、ガラスよりも重く感じられます。持ち上げた時に、頑丈で多少の重さがあることに気づくでしょう。同じくらいの大きさのガラスを持ち上げると、ほとんどの場合軽く感じるはずです。[4]
    • 鉛の含まれていないクリスタルガラスは軽く耐久性にも優れていますが、光にかざすとやはり輝きます。[5]
  2. 2
    ガラス製品の鋭さを確かめましょう。クリスタルガラスは切削する過程で滑らかで丸みを帯びた手触りになります。切子面を触ったり、表面を手で撫でたりしてみましょう。実際はクリスタルガラスの方が砕けやすいですが、ガラスの方がもろく感じられます。また、ガラスの切断面はより鋭く感じられるでしょう。[6]
  3. 3
    叩いて音を確かめましょう。指ではじいたり硬いもので軽く叩いたりした時に、クリスタルガラスであれば音が響きます。一方、ガラスの場合は鈍い音が鳴ります。[7]
    • 可能であれば、指を濡らして縁をこすってみましょう。クリスタルガラスであれば綺麗な音が鳴り響きますが、ガラスの場合はそうではありません。
    広告

ポイント

  • 日本では、鉛の含有率30%以上のものをフルレッドクリスタルガラス、24%以上のものをレッドクリスタルガラス、24%以下のものをセミレッドクリスタルガラスと呼んでいます。ただし、鉛の含まれていないものもクリスタルガラスとして販売されており、これは酸化亜鉛、酸化バリウム、酸化カリウムなどで出来ています。
  • ガラス製のグラスは多孔質でないため食器洗浄機で洗うことができますが、クリスタルガラスのグラスは洗うことができません。
広告

注意事項

  • 子どもや妊娠中の女性は、鉛が含まれるクリスタルガラス製グラスを絶対に使用してはいけません。
  • 鉛が溶け出す恐れがあるため、鉛を含むクリスタルガラス製の容器に食べ物や液体を入れて保管しないようにしましょう。
広告

関連記事

ギア比を計算するギア比を計算する
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
簡易的な発電機を自作する簡易的な発電機を自作する
自然の中でジオード(晶洞石)を見分ける自然の中でジオード(晶洞石)を見分ける
バイオプラスチックを作るバイオプラスチックを作る
予報に頼らず天気を予測する予報に頼らず天気を予測する
地球の石と隕石を見分ける地球の石と隕石を見分ける
ロックキャンディを作る
本物の金を見分ける本物の金を見分ける
隠しカメラや盗聴器を見つける隠しカメラや盗聴器を見つける
金かどうかを確かめる金かどうかを確かめる
霧を作る霧を作る
氷を長持ちさせる氷を長持ちさせる
電池の液漏れを処理する電池の液漏れを処理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は9,339回アクセスされました。
カテゴリ: 科学・技術
このページは 9,339 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告