クリスマスイブはなかなかな眠れないですか?きっとみんな同じです。願いが叶うかどうかワクワクして、誰もが眠れない夜です。サンタがやってくるのですから、朝が来るのが待ち切れないでしょう。ここでは大切な日の前日に、興奮を鎮めて少しでも眠れるいくつかの方法をご紹介します。

パート 1 の 4:
クリスマスイブには気をまぎらわして体を疲れさせる

  1. 1
    クリスマスイブの朝はいつも以上に早起きをしましょう。こうすれば眠りにつきたい時間には普段より疲れているはずです。
    • クリスマスイブの前夜はできるだけ夜更かしをしてみましょう。目覚まし時計は、朝6時などの早朝にセットします。起床時にはとても眠くて、もう少し眠りたい衝動に駆られるでしょうが我慢をします。そうすれば、絶対に寝なければいけないクリスマスイブの夜には、とても疲れていて簡単に眠りに落ちるはずです。
      • 携帯電話を目覚まし時計として使用するのであれば、どうしても消したくなる嫌いな音にセットしましょう。起き上がって止めに行かなければならない遠い場所に置きます。布団から出た後はそのまま夜まで起きておきます。
    • 寝る部屋にカレンダーがあれば、違う月にページを戻して、本当に今はその月なんだと自分に言い聞かせます。より雰囲気を出すために、iPodなどにその頃によく聞いていたプレイリストを作ってみましょう。
  2. 2
    一日中体を動かすようにします。 ジャンピングジャックや散歩、サイクリングなどをしてみましょう。[1] 雪が降っているなど、天候が外での運動に適していない場合は、Wiiフィットのような室内でできるエクササイズゲームも良いかもしれません。
  3. 3
    長い歌を作って覚えることに挑戦します。これは脳を使うので疲れるはずです。
  4. 4
    家族や友達、近所のクリスマスの準備を手伝ってみましょう。忙しく手伝いをすることで、ひとりでワクワクしていたことは忘れて、みんなと一緒に楽しめます。
  5. 5
    サンタを追跡してみましょう。 クリスマスイブに、サンタが世界のどこまでプレゼントを配ったのかを見るのはとても楽しいものです!「 NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)サンタ追跡」や「Googleサンタを追いかけよう」などのウェブサイトを利用してみましょう。
    • ただしサンタの追跡は逆効果の場合もあります。より興奮してしまって眠れなくなるかもしれません。パソコンのブルーライトも目が冴えてしまう原因になります。
    広告

パート 2 の 4:
就寝の準備をする

  1. 1
    いつもと同じ夜だと思うようにします。 クリスマスイブじゃないと自分に言い聞かせるのです。 寝る前の準備をいつも通りにします。歯磨き、読書、友達と話すなどです。
    • 自分自身に話しかけてみます。「明日は何をしようか?」「そうだ、明日は______と一緒に遊ぼう」のように普段と同じように言ってみましょう。
  2. 2
    誰かとゲームをしてみます。不思議に思えるかもしれませんが、マッドリブ(英単語ゲーム)のような、布団の上で静かに一人で(あるいは同じようにワクワクして眠れないれない友達や兄弟と)できるようなものが効果的です。 エネルギーを消耗して早く眠りにつくのに役立つでしょう。[2] サンタは思いのほか早くやってきますよ!
  3. 3
    エクササイズをしてみます。 矛盾しているようですが、運動は心を落ち着かせるのです。布団に入る数時間前に[3]部屋の中で腕立て伏せやクランチ、ジャンピングジャックが何回できるか試してみましょう。 ただし行うのは30分以内にしましょう。夜更かしはしないようにします。 運動は体を疲れさせて眠りにつきやすくする効果的な方法です。さらによいことに、その少しの間はクリスマスのことが頭から離れるでしょう。
  4. 4
    暖かいお風呂に入ります。 筋肉がリラックスして眠りにつきやすくなります。[4] お風呂用のおもちゃで遊んだり、入浴剤を入れたりしてみましょう。 香りのある泡のお風呂もよいかもしれません。
  5. 5
    クリスマスツリーを見ないようにします。 楽しみがなくなってしまう可能性があるうえに、より興奮して眠れなくなります!サンタクロースはあなたが寝ているのか起きているのかを知っていることを忘れてはいけません。のぞいていたりしたらサンタは来ないでしょう。
  6. 6
    温かい牛乳を飲んでみます。 カルシウム、マグネシウム、L-トリプトファンなどの栄養もとれるうえに、心を落ち着かせて眠りへと導いてくれます。[5] 温かいハーブティーも試しましょう。 飲むととてもリラックスできます。カフェインが入っていない事だけは必ず確認しましょう!
    • サンタへのクッキーを用意する時に飲むのが良いかもしれません。
    • あるいはパジャマに着替えた後にココアを飲むのも良いでしょう。リラックスできて温まります! コーヒーは飲まないようにしましょう。カフェインが含まれるものを飲むと目が冴えてしまいます。
  7. 7
    興奮が収まらずに飛んだり跳ねたりしているのであれば、まずは落ち着きましょう。そのままでは、よりワクワク感が助長されて眠れなくなってしまいます。 読書をしたり、音楽を聴くなど心が落ち着くことをしてリラックスしましょう。[6]
    • 本を読んでみます。 クリスマス関連の話でもそうでなくても構いません。一番苦手で退屈な授業の教科書を試してもよいでしょう。眠くなるような退屈な本か、あるいはクリスマスのことを忘れてしまうくらい楽しい本を選びます。クリスマスの話ではない面白い本には、「ハリーポッター」「トワイライト」「School of Fear(スクール・オブ・フィアー)」「グレッグのダメ日記」などがあります。これらの本はかなり長いので、しばらくはそれに集中することができます。
    • 部屋の安全な場所で甘い香りのキャンドルをつけてみましょう。ラベンダーやジャスミンの香りは特にリラックスできます。 ただし眠る前に必ず火を消すことだけは忘れないようにしましょう!
    広告

パート 3 の 4:
クリスマスイブに眠りにつく

  1. 1
    リラックスしたほうが眠たくなることを覚えておきましょう。すぐに眠ればより早くクリスマスがやってくるのですから!
  2. 2
    布団の中で眠りやすい体勢を見つけましょう。 体を丸めて全身に力を入れます。 30秒間その体勢を保ち、その後力を抜き、じっと動かないようにします。 だんだん体が重くだるくなってきます。これが眠りにつく時にいつでも重要なポイントになります。リラックスして目を閉じましょう。
    • その他の眠る為のアイディアが紹介されている、wikiHowの関連記事、あるいは「睡眠と夢」カテゴリーを検索して参考にしてみましょう。
    • 枕を膨らませましょう。 枕がフワフワだと頭の置き心地がよく、眠りやすくなります。
  3. 3
    ペットと一緒に寝てみます。 ベッドや布団に一緒に入れるくらいの大きさのペットならば試してみましょう。 部屋に誰かがいるほうが眠れるかもしれません。寝つきはよくなるかもしれませんが、ハムスターのような小さいペットは潰してしまうかもしれないので気をつけましょう。
  4. 4
    暑いか寒いかは住む場所によって異なりますが、快適な温度を保つようにします。 寒い所であれば、暖房をつけ、温かく心地よい服を着るか毛布を多めにかけましょう。ただし暖め過ぎにも気をつけないと、寒い時と同じように眠りづらくなります。 暑い場所なら冷房をつけるか窓を開け、薄い掛け布団にしましょう。
  5. 5
    羊やトナカイの数を数えてみましょう。 このような心を落ち着かせる方法を行うと、興奮状態からだんだん平静さを取り戻し眠くなってきます。フェンス(あるいは類似した障害物)を飛び越える羊に集中してみましょう。どのような外見ですか? どんな障害物を飛び越えていますか? どの位高くジャンプしていますか? 詳細にも集中することで、次第にクリスマスの興奮が消えて眠りに落ちやすくなるでしょう。
  6. 6
    布団に横たわり、次のように心の中で言ってみましょう。「つま先の力を抜いて」(少しつま先をまわします)。 「土踏まずの力を抜いて、足首の力を抜いて」(足首をほぐします)。ばかばかしく聞こえるかもしれませんが、この自己暗示がとても効果的なのです。[7] こうして頭の先まで続けてほぐしていきます。 これを行うことに集中しようとするだけでも興奮を鎮めるのに役立つでしょう。 頭まで到達する前に眠りに落ちてしまうかもしれません。
  7. 7
    静かなクリスマスの曲を聴きながら、クリスマスの本当の意味を考えてみましょう。
    • 「眠りにつく曲」のプレイリストを作ってみましょう。心を落ち着かせる音楽は、サンタの事を忘れさせ確実に眠りへと導いてくれるはずです。
  8. 8
    夜遅くに眠れない時にパソコンやiPadなどを使わないようにします。これらはかえって目を覚まさせてしまいます。スクリーンのライトのせいで体がまだ寝る時間ではないと勘違いしてしまいます。[8]
    • 寝る前にテレビを観るのであれば、電気を消して部屋を暗くしてみます。そうすれば体が就寝時間だとわかるでしょう。
  9. 9
    映画を観ましょう。 どの方法も効果がなければ映画鑑賞を試してみます。 この時期に見かけるたくさんの良いクリスマス映画があります。「ア・クリスマス・ストーリー」「ポーラーエクスプレス」「エルフ~サンタの国からやってきた~」「ホームアローン1~4」「グリンチ」「スヌーピーのメリークリスマス」 「クリスマスキャロル」「素晴らしき哉、人生!」「三十四丁目の奇跡」「サンタクローズ1~3」「フロスティー・ザ・スノーマン」「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」などです。
    広告

パート 4 の 4:
クリスマスの朝に目覚める

  1. 1
    起きる時間を決めます。 家族全員が了承していることを確認しましょう。 そうすれば(例えば朝の7時になったら)みんなで起きることができます。 決めた時間より早く起きるのであれば、朝食を食べ、洗面所で顔を洗って身なりを整えておけばカメラうつりもよくなるかもしれません。
    • ビデオを撮ることがわかっているのなら、一番お気に入りのパジャマを着ておきましょう。ボロボロの古いシャツとズボンを着ているビデオを思い出として残したくはないはずです。颯爽と登場する前に髪を整えることも忘れないようにします!
  2. 2
    それでは素敵なクリスマスと新年を過ごしましょう!
    広告

ポイント

  • クリスマスの靴下が目に見えるところにあるのなら、ベッドの下に置きます。それが無理なら、大きなクッションや物を布団の足元に置いて、その後ろに靴下を置きましょう。あるいは部屋の外で、自分が寝ているところからは見えない、でもそこを通る人はプレゼントを入れることができる位置に置いてみましょう!こうすればサンタが靴下を見つけられるか心配しなくてすみます!
  • サンタのことを考えないようにしないと、ワクワクして寝付くのにいつもの2倍の時間がかかってしまいます。
  • どうしても我慢ができない時は、みんなが起きる30分前にクリスマスツリーを確認しに行きましょう。意外かもしれませんが、少し落ち着くのに役立つはずです。決してプレゼントの中はのぞかないよにしましょう!それをしてしまうとせっかくのクリスマスが台無しです 。
  • つま先や指をほぐし、肩をすくめて動かします。数秒続けてから動きを止めると体がほぐれ、リラックスして眠りにつくことができるでしょう!
  • お風呂の後に布団の準備をしたりパジャマを着る動作をゆっくりと行ってみます。退屈すると同時にリラックスしてきて眠りやすくなるでしょう。
  • 就寝の2時間前くらいには運動をやめるようにします。
  • 明かりをつけて寝たい場合は暗めのライトにしたほうが眠りやすいでしょう。
  • 全ての電気を消せばより眠りにつきやすくなります。
  • クリスマスの靴下は、なるべく離れた見えないところに置いて部屋の扉の鍵をしめれば、のぞき見たい衝動を抑えられるでしょう。
  • 部屋の扉を閉めるようにします。そうすれば安心して眠りやすく、部屋に光が入って眩しいということもないでしょう。
  • 早く眠りにつけば早くクリスマスがやってきます。眠れないと永遠に時間が過ぎないように感じてしまいます。
  • 眠れないのではないかと不安ならば、時計を見るのをやめましょう。深呼吸をして、人間は18時間以上起きているのは難しく、無理をしなくてもいずれは眠ってしまうということを思い出しましょう。心配しなくても、クリスマスが終った後に早めの就寝を心掛ければ数日で睡眠時間を取り戻せます。
  • クリスマスイブの前日に夜更かしをして、イブの日は夜まで寝ないようにすれば、疲れて眠くなるはずです。
  • どんな楽しい日が待っているかを想像していると、いつの間にか眠りに落ちて夢の中に入っていくでしょう。
  • 寝る前に掃除をすると、散らかった部屋の心配をせずにぐっすり眠れます。
  • 眠る1、2時間前は水分を控えましょう。 ほんの少し水を口に含む程度にして膀胱を空にしておきましょう。 そうすれば夜中にトイレに起きなくてすみます。

広告

注意事項

  • いつもと同じ時間に寝ましょう。 普段は10時に布団に入るのに、クリスマスイブは11時になってしまうと違和感を感じてしまいます。
  • 寝る前にトイレを済ませましょう。我慢している状態だとなかなか眠れないですし、例え眠れたとしても夜中に起きてトイレに行くのは面倒くさいはずです。
  • 本を読むときは時間に注意しましょう。 夜中の12時までには眠ったほうがよいので、10時か11時には本を置いて目を閉じるようにします。
  • 寝る前の少なくとも6時間前からはカフェインを摂取しないようにしましょう。 10時に寝るのであれば4時以降は避けましょう。
  • 一度布団に入ったらトイレに行く以外は出ないようにして、トイレの後も元通りの位置に戻るようにしましょう。
  • クリスマスイブが永遠に終わらないように感じるので、時計は見ないようにしましょう。
  • プレゼントは開けないようにします。 みんなと一緒に開ける楽しみをとっておきましょう。
  • 好奇心が抑えられなくならないために、自分の部屋からは出ないようにしましょう。
  • 運動は30分以内にし、少なくとも寝る1時間前には終わらせます。運動するとエンドルフィンが出て興奮気味になり目が冴えてしまうので、落ち着く時間が必要です。色々な方法を試して、就寝前にリラックスするようにしましょう!
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む195人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 139 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告