クレープを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

クレープとは、パンケーキの「羽根のように軽いフランス人のいとこ」です。そのままでもおいしくお召し上がりいただけますが、バター、砂糖、ジャム、チョコレートなど、風味ある食品を塗ると、さらにおいしくなります。クレープ生地の作り方、クレープの焼き方、そしてクレープの中に包むのに最適な食べ物をご紹介します。

材料

  • 全乳1カップ
  • 卵4個
  • 小麦粉1カップ
  • 砂糖小さじ1と1/2
  • 塩小さじ1/8
  • 溶かしバター大さじ2

パート 1 の 4:
クレープ生地を作る方法

  1. 1
    卵と塩を一緒に泡立てます。卵をボウルに割り入れたら、泡立て器で黄身を割りほぐし、黄身と白身を混ぜましょう。塩を加え、すべてがしっかり混ざるまで泡立てます。
  2. 2
    小麦粉と牛乳を交互に加えて混ぜます。 小麦粉1/2カップを卵液に加え、泡が数個出るまで泡立て器で混ぜます。ここで牛乳1/2カップを加え、泡立て器で混ぜます。最後まで小麦粉と牛乳を交互に加え、泡立て器で混ぜましょう。
    • 少しずつ牛乳と小麦粉を混ぜて泡立てることで、材料がきれいに混ざります。ダマのある生地にならないよう、しっかりと泡立て器で混ぜて仕上げましょう。
    • 生地がなめらかな仕上がりになるまで、牛乳と小麦粉を混ぜます。
    • 低脂肪牛乳をご使用になる方は、全乳と置き換えてください。
  3. 3
    砂糖とバターを加えます。最初に砂糖を加え、その後バターを加えたら生地は完成です。薄い黄色の、ダマのない滑らかな生地になるまで、泡立て器で混ぜ続けてください。完成した生地は牛乳のようにさらっとしています。パンケーキの生地のように硬くなってしまったら、さらに牛乳1/2カップを加えます。
    広告

パート 2 の 4:
クレープを焼く方法

  1. 1
    フライパンを熱します。ノンスティックフライパンを使うか、クレープ専用のフライパンもしくは一般的なフライパンをご使用下さい。直径20センチのフライパンを選びましょう。フライパンをコンロにかけ、中火で熱します。フライパンにクレープがくっついてしまうの防止するため、必ずクッキングスプレーをご使用ください。[1]
  2. 2
    生地を流し込みます。約1/4カップの生地をフライパンの真ん中に流し込みます。クレープ生地は薄くなくてはいけません。ここで生地を流し込みすぎると、生地が厚く仕上ります。計量用カップで1/4カップ分を測るか、ティーカップなどを使って必ず正しい分量を焼いてください。
  3. 3
    生地を広げます。フライパンを持ち上げて手で円を描くようにフライパンを回し、生地をフライパンの中心から端まで行き渡らせます。フライパンの全面を覆うように薄くて丸い一枚の生地が出来上がります。 フライパンに隙間がある場合、またその隙間を生地で埋めたい時は、もう少し生地を足しましょう。[2]
  4. 4
    クレープの生地を仕上げます。 フライパンをコンロに戻し、生地の中心がまだ水っぽく残るくらいまで火にかけます。フライ返しでクレープの端を持ち上げ、丁寧に裏返します。クレープの端が簡単に持ち上がり、裏側がレース状の模様になっていたら、裏返す準備ができたサインです。
    • クレープの中心部分が生焼けなら、裏返すのはしばらく待ちましょう。
    • 焼きすぎにご注意下さい。焼きすぎは、生地がゴムのような仕上りになる原因となります。クレープはすぐに焼き上がります。約45秒ほど焼いたら、裏返しましょう。
  5. 5
    クレープを裏返します。フライ返しをクレープ生地の下、クレープの真ん中に入れます。クレープのほとんどの重さをフライ返しが支えている状態です。丁寧に、反対側に裏返します。しわなどが寄らないように真っすぐ均等に焼き上げるように心がけましょう。反対側は20−30秒で焼き上がります。
    • クレープを上手に裏返す方法は「習うより慣れろ」で、ひたすら練習あるのみです。クレープ生地が破けたら、それは味見用にして、次の生地に挑戦しましょう。
    • 熟練のシェフはフライ返しを使わずにクレープを裏返します。ぜひお試しください!
  6. 6
    フライパンからクレープを取り出しましょう。注意を払いながら、クレープ生地をフライパンから皿に移します。フライ返しを添えて滑らせるように移動させると簡単です。生地がなくなるまで、生地を焼く行程を繰り返します。
    広告

パート 3 の 4:
クレープを食卓に出す時の盛りつけ方法

  1. 1
    定番の「バターと砂糖」のクレープを作りましょう。これはフランスで最も人気の高いクレープです。シンプルなバターと砂糖の組み合わせが生地の味を引き立てます。 フライパンにバターを溶かし、バターがジュージューと音を立てたら、クレープ生地を加えます。45秒ほどでひっくり返し反対側も焼きます。砂糖小さじ1をクレープに振りかけます。半分に折ってさらに半分に折ります。クレープを皿に盛りつけたら出来上がりです。
    • レモン果汁を振りかけたシンプルなクレープも大変おいしいです。
    • 色々な砂糖をお試し下さい。黒糖、粉砂糖などはグラニュー糖の代替えとして最適です。
  2. 2
    中身がチョコレートのクレープを作りましょう。風味豊かなチョコレートが入っているクレープは素晴らしいデザートに仕上がります。こうした種類のクレープを作るのはとても簡単です。フライパンにバターを溶かし、クレープを入れたら片側45秒ほど焼いて裏返します。チョコレートチップもしくは砕いたダークチョコレートを振りかけます。半分に折り、さらに半分に折ったらお皿にのせて出来上がりです。
  3. 3
    果物のクレープを作りましょう。イチゴ、桃、リンゴ、プラムなどの中身に粉砂糖をふりかけたら、おいしいクレープの出来上がりです。クレープの中身には、ジャムもしくは新鮮な果物をご使用ください。
  4. 4
    風味あるおいしいクレープを作りましょう。サンドイッチの代りに、クレープがおいしい昼食となります。クレープの上でチーズを溶かし、角切りにしたハム、アスパラガス、ほうれん草などの野菜を載せます。半分に折り、さらに半分に折ったら完成です。
    広告

パート 4 の 4:
色々な中身を試す方法

  1. 1
    バナナフランベクレープを作りましょう。人気のデザートであるバナナフランペは、クレープの中身として使うと、甘くて軽い美味しいクレープに仕上がります。材料はバナナ、黒糖、バター、ブランデーのみです。バターをフライパンで溶かし、そこにスライスしたバナナを加えます。スプーン数さじ分の黒糖を振りかけたら、キャラメル状にしましょう。バナナが茶色くなってカリッとしたらスプーンですくい、クレープにのせます。温めたブランデーを上からかけ、マッチかライターで火をつけてキャラメリゼの行程を仕上げます。
    • 中身が温かいクレープに冷たい生クリームを添えて召し上がるのも美味しく、お薦めの方法です。
    • シナモンとナツメグを加えると温かくスパイシーな味になります。
  2. 2
    ヘーゼルナッツクリーム、ナッツそして果物をクレープの中身に使いましょう。チョコレート風味のヘーゼルナッツクリームは、フランスやその他の国でも人気の高いクレープです。このクリームはクレープの軽い風味を際立たせます。
    • お好みで、ヘーゼルナッツクリームの上にトーストしたナッツを加えてカリカリとした食感をお楽しみ下さい。
    • 風味を出すために、溶かしバターを塗ってからヘーゼルナッツクリームを塗りましょう。
    • ヘーゼルナッツクリームをピーナッツバターに置き換えてもおいしくお召し上がりいただけます
  3. 3
    風味のあるサラダクレープを作りましょう。おいしいサラダをクレープの中に入れるのも人気の食べ方です。昼食や軽めの夕食としてお召し上がりください。様々なバリエーションが楽しめます。
    • チキンサラダクレープ。角切りにした鶏肉、マヨネーズ、ぶどうのみじん切り、塩こしょうを混ぜます。クレープの上にバターとレタスをのせ、チキンサラダをスプーンですくってレタスの上にのせます。クレープを巻いたら出来上がりです。
    • レンズ豆サラダクレープ。調理したレンズ豆とみじん切りにしたセロリ、オリーブオイル、バルサミコ酢を混ぜます。サラダをスプーンですくってクレープの上にのせ、パセリなどを添えて巻いたら出来上がりです。
  4. 4
    季節の野菜クレープを作りましょう。どのような種類の野菜でも、クレープをお皿代わりに使いましょう。季節の野菜をお好みのハーブや調味料と調理し、チーズを添えて食卓に出しましょう。
    • 春は、クレープの上に調理したアーティチョークかアスパラガスをのせてゴート(羊乳)チーズを振りかけます。
    • 夏はトマトとズッキーニに、モッツァレラチーズとバジルを加えたクレープをお試しください。
    • 秋は調理したかぼちゃや(ドングリの形をした)冬カボチャを、溶かしたグルュイエールチーズと一緒にクレープで包んでお召し上がりください。
    • 冬はソテーしたケールか芽キャベツ、乾燥クランベリーや削ったチェダーチーズなどをクレープで包んでお楽しみ下さい。
    広告

ポイント

  • 甘いクレープにお薦めの中身です。
    • 刻んだチョコレート
    • ハチミツ
    • ヌテラ
    • ピーナッツバター
    • 甘いクリームチーズ
  • 大量のクレープを作る時は、クレープをのせたお皿を温かい(93度)オーブンの上に置くと、包む作業を始めるまでクレープを温かいまま保存できます。
  • クレープを作る時にクレープ専用のフライパンは必要ありません。お洒落なフライパンや電気プレートを購入する方法もありますが、小さいノンスティックフライパンがあればクレープを作ることが可能です。
  • 果物の上に自家製ホイップクリームをのせ、コーン(円錐)の形にクレープを巻くのが最もよいクレープの食べ方です。
  • 急いでいる時はフライパンを二つ使ってクレープを作りましょう。20センチのフライパンに生地を流し入れ、裏返す時に大きめのフライパンに移します。その後、次のクレープを20センチのフライパンに流し込みます。調理速度が上がりますので、最後の生地までこの手順を繰り返しましょう。
  • 生地にシナモンとバニラエクストラクトを加えましょう。フランス風の食事に甘い風味が加わります。

広告

必要なもの

  • 泡立て器、木製スプーン、フォーク、電動ミキサーもしくは卵混ぜ器
  • クレープ生地を混ぜる時に使用するボウル
  • プラスチック製フライ返し
  • ノンスティック加工のフライパン(約20cm)

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 4,368 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告