PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

クロックスは軽量かつ快適なため、日常的に履ける靴として人気があります。庭仕事や自然の中での散歩、雨の中で遊んでいる時などにクロックスを履いていたのであれば、手入れをする必要があります。主に石けん水を用いた材料を使用すれば、クロックスはあっという間に新品のようにピカピカになるでしょう。

方法 1 の 3:
ゴム製のクロックスを洗う

  1. 1
    普通の水でクロックスを洗い流す ゴム製のクロックスは、念入りに手入れする前に普通の水で洗い流します。こうすると一番外側の汚れが落ちるため、こすって洗う箇所を減らせるでしょう。[1]
  2. 2
    バケツの中で低刺激の石けんとぬるま湯を混ぜる 低刺激の石けんか食器用洗剤を用意し、ぬるま湯の入ったバケツに少量注ぎます。シンクに栓をして、クロックスをシンク内で洗ってもよいでしょう。石けんとぬるま湯をよく混ぜ合わせます。[2]
    • ぬるま湯の効果で汚れが落ちやすくなり、低刺激の石けんには強力な化学物質が含まれていないため、クロックスが劣化する心配もありません。
    • クロックスの汚れがひどい場合は、ぬるま湯に漂白剤を加えることも可能です。漂白剤の蓋に漂白剤を注ぎ、ぬるま湯に入れて混ぜ合わせましょう。
  3. 3
    シンクかバケツの中にクロックスを浸したままクロックスをこすって洗う 石けん水を用意したら、クロックスをバケツかシンクに入れて浸します。手入れ前の浸け置き時間に決まりはありませんが、こすって洗う間もずっと石けん水に浸しておきましょう。[3]
  4. 4
    スクラブブラシか布で汚れをこする クロックスを浸したままで、スクラブブラシか布で汚れをこすり落とします。靴の汚れ具合により、数分かかるかもしれません。[4]
    • 通気穴の中やその他の届きにくい場所は歯ブラシを使用します。この歯ブラシは家庭内の掃除だけに使用しましょう。
  5. 5
    頑固な汚れには一般的な市販のメラミンスポンジを使用する クロックスに残っている汚れなどが落ちない場合は、メラミンスポンジを試しましょう。このような製品は頑固な汚れを落とすために作られており、水を使用するだけで効果があります。ノーブランドの市販品でも汚れがよく落ち、一般的に価格も安めです。汚れが消えるまでメラミンスポンジで汚れをこすりましょう。
    • メーカー品またはノーブランドのメラミンスポンジは、ほとんどの薬局や地元のスーパー、大型スーパーなどで購入できます。店で見つからない場合は、オンラインで購入しましょう。
  6. 6
    靴を洗い流し、完全に乾かす クロックスの汚れを全て落としたら、普通の冷水で洗い流します。クロックスはタオルで拭くか、自然乾燥させてもよいでしょう。[5]
    • クロックスを自然乾燥させる場合は、日光の下に数時間以上置いたままにするのは避けましょう。熱により劣化する恐れがあります。
    広告

方法 2 の 3:
冬用の中敷きの手入れをする

  1. 1
    粉状の吸収材を用意し、汚れを落とす シープスキンの中敷きに付着している軽い汚れや臭いを落とすのであれば、クロックスの中敷きの色に近い粉状の吸収材を用意します。粉状の吸収材の効果によって中敷きについている汚れや油分が落ちやすくなり、強い臭いも消えるでしょう。[6]
    • コーンミール、乾燥オートミール、小麦胚芽などは全て吸収材として効果的であると同時に中間色であるため、ほとんどの中敷きの色と合います。
    • クロックスの中敷きが色付きの場合は、塩か重曹を吸収材として使用するとよいでしょう。 
  2. 2
    吸収材を冬用の中敷きに振りかける 様々な角度から粉がかかるように手でクロックスを回し、中敷き全体を均等に覆います。[7]
    • 塩は他の粉のように簡単に中敷きには付着しにくいため、塩の場合は量を多めにかけて効果が出るようにしましょう。
  3. 3
    吸収材を3時間そのまま置いてから粉を振り落とす 約3時間後に靴から粉を徐々に落としましょう。この作業はゴミ箱かシンクの上で行うか、外で降り落とします。それでも落ちない粉の粒子が残っている場合は、ハンドクリーナーか掃除機ノズルを使って吸い取りましょう。[8]
    • 中敷きをフワフワに戻すには、ワイヤーウールブラシを使うとよいでしょう。シープスキンが絡まらないように1つの方向だけにブラシをかけるようにします。
  4. 4
    必要に応じてシープスキンの中敷きをドライクリーニングする シープスキンは洗うと元の状態には戻らないため、できる限り長い間水で洗うのを避けるべきです。中敷きの汚れがひどい場合は専門店でドライクリーニングを依頼し、元の質感を保ちましょう。[9]
  5. 5
    中敷きのドライクリーニングを避けたい場合は手洗いする シープスキンの中敷きの汚れがひどくてもドライクリーニング店に持ち込みたくない場合は、手洗いも可能です。ただし、中敷きを手洗いした後は元の状態には戻らないことを覚えておきましょう。シープスキン用のシャンプーとぬるま湯の中に中敷きを浸してから普通の水を入れたバケツ内で中敷きをすすぎ、その後自然乾燥させます。[10]
    • シープスキンが乾燥するまでには1~2日間かかります。
    • シープスキンをシャンプーとぬるま湯に浸している間に動かすようにして、汚れを落としましょう。
    広告

方法 3 の 3:
クロックスのキャンバスシューズをこすって洗う

  1. 1
    必要に応じて靴の紐を外して石けん水に浸す クロックスのキャンバスシューズに靴紐がついている場合は外し、石けん水で満杯にしたバケツかシンクに入れます。石けん水の中で靴ひもを動かし、石けん水を染み込ませて洗います。きれいになったら清潔な水で洗い流し、干して乾かします。[11]
    • 普通の洗剤や食器用洗剤、ハンドソープなどの低刺激の石けんであればどんな種類でも使用できます。低刺激の石けんを使用すれば、キャンバスシューズが強力な化学物質で劣化することもありません。
    • 冷水、温水のどちらを使用しても構いませんが、熱湯を使用するとキャンバスシューズが劣化する可能性があるため、熱湯だけは控えましょう。
  2. 2
    キャンバスシューズに歯ブラシで優しく泡をすり込む 家庭内での掃除用の歯ブラシ、または小さいスクラブブラシを石けん水に入れ、泡をすくってブラシにのせます。靴全体をこする前にキャンバス地の一部分でテストし、布地に傷がつかないことを確認しましょう。靴がきれいになるまで歯ブラシでキャンバス地を軽くこすります。[12]
    • 靴のラベルやプリント模様などの上をこすると剥がれる恐れがあるため、注意しましょう。
  3. 3
    頑固な汚れには洗濯用のシミ抜きを使用する 歯ブラシを使用する方法でクロックスのキャンバスシューズのシミが落ちない場合は、衣服に使用するシミ抜き剤で汚れている部分の手入れをしましょう。シミ抜き剤の説明書に従い、約10分そのまま置いてからシミ抜き剤を洗い流しましょう。[13]
  4. 4
    スポンジに清潔な水をつけてキャンバス地を拭き、石けんを取り除く 布かスポンジを用意し、清潔な水に浸します。布かスポンジを絞って水が垂れないようにしてから優しく靴にスポンジをあてます。こうすると、泡を全て落とせるでしょう。[14]
    • 靴をきれいにした後に靴がびしょぬれになるのを避けたいのであれば、布かスポンジを絞ることは重要です。
    • 必要に応じて、布かスポンジを使ってゴム製の靴底の汚れを拭き取りましょう。
  5. 5
    タオルで靴の余分な水分を拭き取ってから自然乾燥させる タオルで靴を軽く叩いて余分な水分を拭き取ります。靴がきれいになったらサンルームやベランダなどの暖かい場所で自然乾燥させましょう。[15]
    • 靴を日光にあてたまま放置してはいけません。色付きの布地が色あせする原因となります。
    広告

ポイント

  • クロックスは熱や日光に長時間さらされると歪んでしまいます。暑い車内にクロックスを放置したり、食器洗浄機や洗濯機に入れてはいけません。
  • 中敷き付きの冬用クロックスを部分的にきれいにするには、布を石けん水に浸してクロックスの外側の汚れをこすって落としましょう。
  • クロックスについている臭いがきつい場合は、猫のトイレ(猫砂)に埋めるかゴムでも安全に使用できる酸素溶液に浸しましょう。
  • クロックスバターはクロックス用に作られたメンテナンスクリームで、元の輝きを取り戻すことができます。
  • 革、スエード、メッシュなど特別な素材のクロックスの場合は、その特殊素材に合った製品を使いましょう。
広告

必要なもの

  • 低刺激の石けん
  • バケツかシンク
  • スクラブブラシ
  • 布またはぼろきれ
  • タオル
  • 粉状の吸収材(冬用のクロックス)
  • ハンドクリーナー(冬用のクロックス)
  • 歯ブラシ(キャンバススニーカーのクロックス)
  • スポンジ(必要に応じて)

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
スニーカーのサイズを広げるスニーカーのサイズを広げる
VANSスニーカーをきれいにする
ドクターマーチンを履き慣らすドクターマーチンを履き慣らす
靴を滑りにくくする
靴ひもを隠す靴ひもを隠す
NIKEのニセモノを見抜くNIKEのニセモノを見抜く
靴に塗料を塗る靴に塗料を塗る
コンバースの偽物を見分けるコンバースの偽物を見分ける
偽物のVANSのスニーカーを見極める偽物のVANSのスニーカーを見極める
革靴を柔らかくする
ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認するナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する
ティンバーランドブーツを手入れするティンバーランドブーツを手入れする
靴の穴を補修する靴の穴を補修する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,163回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 1,163 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告