トランプゲームの多くは大勢で集まって楽しむものですが、1人で遊べるのがクロンダイク(ソリティア)です。何時間でも楽しめる、暇つぶしにぴったりのゲームです。カードの並べ方とルールさえわかれば、1分もかからずに準備を終えて、ほとんど場所を選ばず遊べます。

パート 1 の 3:
カードを並べる

  1. 1
    デッキをシャッフルする クロンダイクに必要なのは、ごく標準的な52枚一組のトランプセットです。パッケージを空けたら、説明書やジョーカーは使わないのでよけておきましょう。デッキを何度かシャッフルしてカードをよく混ぜてから、並べていきます。
  2. 2
    カードを7枚、横1列に並べる 1枚目のカードを表向きにして、左端に置きます。さらに6枚のカードを裏向きのまま、右に向かって重ならないように1列に並べていきましょう。
    • これで場には計7枚のカードが並び、左端の1枚は表面(数字や絵柄の描かれた面)が上に、残りの6枚は裏面が上になっているはずです。
    • 今並べているカードは「場札(タブロー)」と呼びます。クロンダイクを遊ぶうえで、中心的な役割を持つカードです。[1] 以下に続くステップに従って並べ終えると、場札は上下逆さまの階段のような形になります。
  3. 3
    左端を除く6枚に、1枚ずつカードを重ねる さらに6枚のカードを場札に加えます。1枚目は表向きにして、左から2番目のカードに少し手前にずらして重ねましょう。残りの5枚は裏向きのまま、左から3番目のカードから始めて右へと1枚ずつ、前のステップで置いたカードの上に少し手前にずらして重ねていきます。[2]
  4. 4
    3列目以降に計5枚のカードを重ねる 左から3番目以降の山に、カードを重ねていきます。1枚目は表向きにし、残りの4枚は裏向きのまま、左から右へと1枚ずつ、前のステップで置いたカードに重ねていきます。[3]
  5. 5
    4列目から計4枚のカードを置く 左から4番目以降の山に、カードを重ねていきます。1枚目は表向きにし、残りの3枚は裏向きのままです。左から右へと1枚ずつ、前のステップで置いたカードに重ねましょう。[4]
  6. 6
    右の3列に1枚ずつカードを置く 7列の山のうち、左から5番目の山から順にカードを置いていきます。1枚目は表向きにし、残りの2枚は裏向きのまま、左から右へと1枚ずつ、前のステップで置いたカードに重ねましょう。[5]
  7. 7
    6列目と7列目にカードを置く 続いて左から6番目の山に1枚、表向きにしたカードを重ねます。その右隣の列、つまり、7列の場札のうち一番右の列には、裏向きのカードを1枚重ねましょう。[6]
  8. 8
    最後に1枚を表向きに置く 表向きのカードがない山は残り1つです。場札の右端の山では、すべてのカードか裏向きになっていますが、この山に表向きのカードを1枚重ねます。これで、右端の列には裏向きのカードが6枚並び、一番手前の1枚だけが表向きという状態になっているはずです。[7]
    • 最後の1枚を置いたら、場札の準備は完了です! クロンダイクの準備で一番面倒なのは場札を並べるところで、次の手順はもっと簡単です。
    広告

パート 2 の 3:
残りのカードを置く

  1. 1
    残りのカードを裏向きのまま置く 場札が並べられたら、置かずに残ったカードを場札のすぐ向こう側の左手に山にして置いておきます。これが「山札(ストック、ハンド)」です。ゲーム中はこの山札からカードを引いていきます。[8]
    • カードをさらにきちんと混ぜておきたいならば、ここでもう一度山札をシャッフルしてもよいですが、この手順は必須ではありません。
  2. 2
    捨て札を置く場所を確認する 捨て札の山(ウェイストパイル)は、山札から引いたけれど、使えなかったカードを置く場所です。[9] ゲームのスタート時には何も置かれていないはずです。山札のかたわらに、捨て札を置ける場所を空けておきましょう。
    • 通常、山札のすぐ右隣を捨て札の山とします。
    • 山札を使い切ったら、捨て札を裏返しにして(裏向きにして)山札のあった場所に置き、ゲームを継続します。
  3. 3
    組札用のスペースを空けておく ゲームを進めるなかで、場札から外すことのできたカードは組札の山へ置いていきます。ゲームの開始時には組札はありませんので、場札のすぐ奥に組札を置けるスペースを空けておきます。プレイ中に、4つのカードの山を作れる空間を用意しておきましょう。[10]
    広告

パート 3 の 3:
クロンダイクをプレイする

  1. 1
    ゲームのゴール クロンダイクを遊ぶのが初めてという人は、まずは簡単に遊び方を覚えましょう。クロンダイクでは、山札と場札に含まれるカードをすべて、組札の山に移動させることを目指します。[11] ゲーム開始時には組札の山には何も置かれていませんが、ここへスート(ハート、ダイヤ、クラブ、スペードのマーク)ごとに、エースからキングまで順にカードを重ねていきます。[12]
    • たとえば、組札の山の1つにスペードのエースが置かれていれば、そこに重ねられるのはスペードの2のみです。スペードの2が置かれるまで、スペードの3を組札の山に置くことはできません。
  2. 2
    山札からカードを引き、場に置く ゲームを進めるには、山札のカードを引いて場に置きます。1度に1枚ずつ山札からカードを引き、場札か組札の山に置くか、置ける場所がなければ捨て札とします。カードの数字とスートの色が適切であれば、場札の山にカードを重ねて置けます。[13] 場札でカードを重ねるには、赤(ハートまたはダイヤ)と黒(スペードまたはクラブ)が交互になり、数字は1ずつ小さくなっていくようにしなければなりません。
    • たとえば、表向きになっている場札のなかにハートの5がある際に、山札からクラブの4を引いたならば、重ねて置くことができます。
  3. 3
    移動させてカードを表に返す 場のカードを移動させ、伏せて置かれたカードが一番手前になったら、そのカードを表に返して使用することができます。
    • たとえば、場にハートの5があり、別の山の一番上にスペードの6があれば、ハートの5のカードをスペードの6の上へ移動できます。この移動で、ハートの5の下にあった裏向きのカードが列の一番手前になれば、表向きにします。表向きにしたカードはそのままにしておくことも、可能ならば別の山へ移動することもできます。
  4. 4
    捨て札を再度使用する 山札を最後までめくったら、捨て札を裏返し、山札として再びめくっていきます。引き続き、カードを1枚ずつ引き、最後までめくったらまた山を裏返しましょう。
  5. 5
    場のカードを組札の山へ移動させて取り除く 裏向きのカードを表にしたり、カードを表に返したりしていくうちに、組札の山へ順にカードを移動させていくことができます。組札の山は4つとも、スートごとにエースから順に重ねていかねばなりません。[14]
    • 組札の山がすべて、エースからキングまで順に重ねられれば勝利です。
    広告

必要なもの

  • トランプのカード1セット(数セットのカードを使い、複数人で遊ぶルールもあります)
  • テーブルなど、カードを並べられる場所

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: カジノ
このページは 288 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告