クローゼットを整理することは、整った部屋ときちんとした人生への第一歩です。まず、すべての衣服や持ち物に目を通し、本当に必要なものを選別し、それらを整理する適切な方法を見出す必要があります。クローゼットの整理は、以下のステップに従って行いましょう。

パート 1 の 3:
クローゼットの中のものを選別する

  1. 1
    クローゼット内のすべてのものを出す すべての衣服をハンガーから外し、収納箱や引き出しに入っているものも取り出します。衣服を畳んで床やベッドの上に置きます。靴、ベルト、スカーフ、バッグ、ネクタイなどのアクセサリー類もすべて出しましょう。[1]
    専門家情報

    「クローゼットをできるだけ頻繁に整理しましょう。頻繁にすればするほど、片づけが重荷になりません」

    Joanne Gruber

    Joanne Gruber

    スタイリスト
    ジョアン・グルーバーはワードローブ(衣類、アクセサリー、靴などのファッションアイテム)のアドバイスとクローゼットの整理整頓サービスを同時に提供する会社、「The Closet Stylist」の経営者です。ジョアンは10年以上にわたりファッション業界に携わってきました。
    Joanne Gruber
    Joanne Gruber
    スタイリスト
  2. 2
    手元に残す服を見極める すべての服を残したいと思うかもしれません。あるいは、すべて捨ててしまいたくなるかもしれません。しかし、服を体系的に一着ずつ丹念に選別しましょう。日常的に着ている、体型に合った機能的な服を残します。また、クローゼットに収まる枚数であることも重要です。
    • その服は体に合っていますか?ゆるすぎず、きつすぎない、体にフィットする服を残します。つまり、着心地が良く、体を締めつけず、ボタンが容易にとまり、きつすぎて肌が赤くならない服です。また、職場には着ていけないようなピッタリとしたタイトスカートなど、流行遅れの服も手放しましょう。
      • いつかまた着られることを願ってとってあるジーンズなど、「心を奮い立たせる」ためのアイテムも手放したほうがよいでしょう。痩せて着られるようになっても、もう時代遅れになっているかもしれません。ただし、ダイエットに成功した証の大きなサイズのパンツは、残しておいてもよいかもしれません。
    • 体重の増減が激しい場合(成長期の若者、妊婦、ダイエット中の人など)は、判断が難しいかもしれません。それでも、体に合わない服は手放すか、他の場所に保管しましょう。
    • その服はまた着用しますか?その服を過去1年の間に着ましたか?どのくらいの頻度でその服を着ますか?週に1度、それとも年に1度ですか?長い間着用していなかったら、その服を手放す時かもしれません。
      • 特別な日に着る服であれば、たまに着るものであっても残して構いません。クリスマスセーターや面接用の服、またはフォーマルドレスなど、頻繁には着用しなくても必要な服は残しておきましょう。
    • それはお気に入りの服ですか?好みに合わなければ、手放しましょう。罪悪感で何かをとっておくのはやめましょう。たとえ父親からのプレゼントのシャツでも、気に入っていなければ手放しましょう。
    • 何着も同じ服を持っていませんか?職場や学校の制服は例外ですが、似たような黒いTシャツを7枚も持っていたら、何枚かは手放した方がよいでしょう。
    • 日常的に着る「手元に残す」服をまとめておきましょう。
  3. 3
    保管する服を選別する 季節外れの服など、しばらく着ない服は別の場所にしまいましょう。真夏には冬物のセーターやマフラーなど、真冬にはタンクトップやサマードレスをしまいます。
    • おばあちゃんが編んでくれたセーターや、高校のテニス部のもう着られない古いTシャツなど、思い出の服はしまっておきましょう。それでも、数は制限しましょう。服は着てこそ価値があります。
      • お気に入りの服を、クローゼットに入れる代わりに飾ってみましょう。貴重なコンサートのTシャツを額に入れたり、ボーイスカウトのユニフォームとメダルをシャドウボックスに入れて飾ったり、マラソン用の古いTシャツでキルトを作ったりしてもよいでしょう。
    • 保管する服を選別したら、プラスチック製の収納ボックスまたは透明なバッグに入れ、「保管」と記入しておきましょう。それらの服はクローゼットの奥やベッドの下にしまい込むか、レンタル倉庫または余裕があれば家の中の別の場所に保管しましょう。
    専門家情報
    Joanne Gruber

    Joanne Gruber

    スタイリスト
    ジョアン・グルーバーはワードローブ(衣類、アクセサリー、靴などのファッションアイテム)のアドバイスとクローゼットの整理整頓サービスを同時に提供する会社、「The Closet Stylist」の経営者です。ジョアンは10年以上にわたりファッション業界に携わってきました。
    Joanne Gruber
    Joanne Gruber
    スタイリスト

    専門家のアドバイス: 「季節ごとに服を入れ替える場所や時間がない場合は、クローゼット内で服を移動しましょう。例えば、夏の間は夏服を取り出しやすい場所に置き、冬服をクローゼットの奥に置きます」とスタイリストのジョアン・グルーバーさんは助言しています。

  4. 4
    寄付する服と捨てる服を分類する これは最も難しくしかも重要なステップです。きちんと整理整頓されたクローゼットを目指すなら、できるだけ多くのアイテムを手放すのが最終的な目標です。お気に入りのものをすべて捨てるということではありませんが、本当に必要な服がどれかを真剣に考える必要があります。[2]
    • 1年以上着ていない、何の思い入れもない服であれば、その服は寄付しましょう。
    • 着古していたり、虫食い穴があったり、色あせていたりしてもう誰も着ないような服であれば、捨ててしまいましょう。
    • 小さくて着られない服がある場合は、いつか着られる日を待つのでなく、寄付してしまいましょう。
    • 状態は良いけれど必要のない服は、すべて寄付するか、兄弟姉妹または友人に譲りましょう。
  5. 5
    クローゼットの中を掃除する クローゼットに服を戻す前に、中を掃除します。クローゼットの床を掃くか掃除機をかけ、壁を多目的クリーナーで拭き、クモの巣があれば取り除きましょう。
    • クローゼットの内側に違う色のペンキを塗ったり、棚を取り付けたり外したりするなど、変化をつけたい場合は、この段階で行いましょう。
    広告

パート 2 の 3:
クローゼット内の服を整理する

  1. 1
    服を掛けて整理する 服はできる限りハンガーに掛けて整理します。こうすると、服が探しやすくなるとともに、中のスペースも節約できます。服をただ掛けるだけではなく、必要なときにすぐ取り出せるように、服を体系的に整理しましょう。以下でその方法をご紹介します。[3]
    • 季節ごとに分類する 季節はずれの服を他の場所にしまっている場合は、半年分の服をクローゼットに入れてそれを季節ごとに分けます。夏の間は、夏服を始めに掛け、次に秋服を掛けます。
    • 種類別に分類する タンクトップ、シャツ、パンツ、スカート、ドレスなど、種類別に分けて収納します。[4]
    • 仕事着と普段着を分ける 朝に仕事着をすぐ着用できるように、普段着とは分けて収納します。
    • 着る頻度で分類する 分類の仕方は自由ですが、普段よく着るお気に入りのパーカーやジーンズなどの定番アイテムは、最も取り出しやすい場所に掛けておきます。
    • さらに踏み込んで整理するなら、色違いのハンガーを使って服を種類別に掛けてもよいでしょう。例えば、トップスはピンクのハンガー、仕事着はグリーンのハンガーといった具合です。
    • 服を虹のように色分けしてみましょう。
    • さらに多くの服を掛けられるように、クローゼットに新たなハンガーパイプを取り付けてもよいでしょう。
  2. 2
    クローゼットの他の場所に残りの服を収納する ハンガーパイプに可能な限り服を掛けたら、残りの服をクローゼットの別の場所に収納します。収納ボックスには、ハンガーに掛けた服より出番が少ない服や、ワークアウトウエアなどの掛ける必要のない服を入れます。以下にいくつかのアイデアをご紹介します。
    • ハンガーの下のスペースを無駄にしない ハンガーに掛けた服の下にプラスチックの収納ボックスを置きましょう。
    • スペースがあれば、クローゼットチェストを置く 時間とスペースの節約になります。
    • クローゼットの収納システムを設置する 残りの衣類を効率的に収納できます。
    • 頭上にスペースがあれば、有効活用する 厚くてかさばるセーターやスエットなどを頭上の棚に収納すると、すぐに取り出せます。
  3. 3
    靴を整理する クローゼット内のスペースを靴が占領してしまうことがよくあります。手元に残す靴を選んだら、それらを効率的に収納することが重要です。次にクローゼット内の靴を整理する方法をご紹介します。
    • 靴の種類別に分類する ドレスシューズ、サンダル、ブーツなど、種類別に分けましょう。
    • 履く頻度で分類する お気に入りのブーツ、ビーチサンダル、スニーカーなどは、取り出しやすい場所に収納しましょう。
    • クローゼットの床にシューズラックを置く 履きたい靴をすぐに取り出すことができます。
    • 頭上の棚に靴を置く クローゼットのスペースを節約できます。
    • クローゼットのドアがスライド式ではなく開閉式の場合は、ドアに吊り下げるタイプのシューズラックを使ってもよいでしょう。
    • 廊下にクローゼットがある場合は、普段履く靴を部屋のクローゼットではなく、廊下のクローゼットに収納するのも一案です。
    広告

パート 3 の 3:
クローゼットの残りのスペースを整理する

  1. 1
    クローゼットの中の箱を整理する 大きなクローゼットであれば、10年間見ていない思い出の品や古いフォトアルバム、CDなどが入った大きな箱など、服以外のものが入っているかもしれません。最後に、箱の中を整理して残すものと捨てるものに分類しましょう。以下の要領で選別しましょう。
    • 1年以上保管している、特に思い入れのない紙類や物品は捨てましょう。
    • 箱の中のものを集約してスペースを節約する クローゼットの中が混み合っていたら、高校の卒業アルバムを本棚などの別の場所に移しましょう。
    • 段ボール箱を使っている場合は、プラスチックボックスに替える プラスチックボックスは長持ちするうえに、見た目も改善されます。
    • 次回の移動や整理がしやすいように、箱に内容物を表示しましょう。
  2. 2
    その他のものを整理する 上記以外のものがクローゼットに入っていれば、それらが必要であるか、またそこに置く必要があるかを判断します。以下のようなものを整理しましょう。
    • タオル、シーツ、毛布などは、リネン用のクローゼットに入れましょう。
    • 古いガーデンチェアーなどの使わなくなった家具は捨てましょう。
    • 15秒間考えてもそれが何であるか判別できないものや、なぜそれが必要かが分からないものは捨てましょう。
    • 他の場所ではなくクローゼットに入れるべきものだけを残す 例えば、箱に入った電球、コミック本、またはチョコレートなどがあれば、より適切な保管場所がないかを考えてみましょう。
  3. 3
    魅力的なクローゼットにする 創造力を働かせ、身支度をしたりクローゼットからものを取り出したりする毎日のルーティンが楽しくなるように工夫しましょう。美しいクローゼット作りに時間をかけるほど、散らかることも少なくなるでしょう。
    • クローゼットにきれいな淡い色を塗ってもよいでしょう。
    • 鏡を取り付けて明るさを添えてみましょう。
    • 邪魔にならずよく見える場所に、ジュエリーやスカーフを掛けましょう。
    • クローゼットを開ける度に幸せな気分になるような、小さなポスターや絵画を飾ってみましょう。
  4. 4
    整理整頓されたクローゼットを楽しむ 後ろに下がって作業の成果を満喫しましょう!クローゼットが整理され、必要なものが見つけやすく、見た目も美しくなっているはずです。気に入らない点があれば、若干の手直しをしましょう。
    • これから先は、新しいものを追加したり、今あるものを取り出したり戻したりする際に、整理整頓を心掛けましょう。そうすると、後でまた大がかりな整理をする必要がなくなります。
    広告

ポイント

  • 音楽をかけたり、ゲーム感覚でクローゼットの整理をすると、作業を楽しむことができます。
  • 金属製のワイヤーハンガーは避けたほうがよいでしょう。プラスチック、木、または布で覆われたハンガーは、変形などの問題があまり生じません。
  • 服を掛ける際、ハンガーのフックの先端を手前に向けて掛けましょう。着た服を元に戻すときは、通常通り先端を奥に向けて掛けます。4~6カ月後にクローゼットをチェックし、フックの先端がまだ手前を向いているハンガーについて、その服を手元に残すか、寄付するかを判断します。
  • 服の色やデザインで分類してもよいでしょう。
  • 季節ごとに衣類を見直し、次のシーズンも着られるかを判断しましょう。そうでなければ、その服は寄付して、翌年に整理する時間を節約しましょう。
  • ドアに吊るすタイプのシューズラックは、床に置くタイプよりスペースを節約できます。
  • トップスは袖の長さごとに分類してもよいでしょう。
  • パンティーとブラジャーを分けて収納ボックスに入れましょう。
  • プラスチック製のミルククレート(牛乳瓶輸送用コンテナ)は、当座の整理整頓に役立ちます。積み上げることができるため、セーターやスエットなどのかさばるアイテムや、靴などの収納に最適です。
  • 飲料缶のプルタブをハンガーのフックに通すと、そこにもうひとつハンガーを掛けることができるため、ハンガーパイプにより多くの服を掛けられます。[5]

広告

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

紙に付着した染みを取り除く

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

家庭でのノミ駆除

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

クモの駆除

How to

カーペットの臭いを消す

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

時間が経った犬のおしっこのシミを落とす

How to

自分の部屋を掃除する

How to

冷凍庫の霜取り

How to

薬剤を使わずにアリを駆除する
広告

このwikiHow記事について

Joanne Gruber
共著者
スタイリスト
この記事の共著者 Joanne Gruber. ジョアン・グルーバーはワードローブ(衣類、アクセサリー、靴などのファッションアイテム)のアドバイスとクローゼットの整理整頓サービスを同時に提供する会社、「The Closet Stylist」の経営者です。ジョアンは10年以上にわたりファッション業界に携わってきました。
カテゴリ: 掃除
このページは 308 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告