グァバを食べる方法

グァバは美味しい果物で、時にグァバの果汁は「神々の飲み物」と呼ばれることがあります。しかしグァバは果汁だけが美味しいのではありません。果実自体も甘く、おやつにもなります。例え狭い部屋で過ごしていたとしても、グァバを食べればパラダイスにいるような感覚になることでしょう。この記事では、グァバの選び方、切り方、食べ方について紹介します。

パート 1 の 3:
完璧なグァバを選ぶ

  1. 1
    一番柔らかいグァバを見つけましょう。グァバは柔らかければ柔らかいほど、甘く美味しくなっています。グァバの食べ頃は非常に柔らかくなった時ですが、同時に腐りやすくもあることを覚えておきましょう。グァバを購入、またはもぎ取ったら、その時点での熟成度にもよりますが、2日くらいで腐ってしまいます。[1]
  2. 2
    グァバに傷がないか探してみましょう。傷がないグァバを選ぶ方がよいでしょう。傷や変色があるのは、果実自体が悪くなっている、あるいは美味しくないという印かもしれません。
  3. 3
    グァバの色をチェックしましょう。明るい緑色から薄い黄緑色へ変化したグァバは熟しています。また、ピンク色の部分が見られたら、一番の熟成期です。黄色いグァバが見つからない場合は、緑色のものを買って熟すまで待ちましょう。[2]
  4. 4
    香りを嗅いで選びましょう。完全に熟したグァバは、鼻に近づけなくてもいい香りがします。甘く、ほのかにムスクの香りがします。グァバを食べたことがあるなら、その時の味と同じ香りがするグァバを探しましょう。[3]
    広告

パート 2 の 3:
洗って切る

  1. 1
    グァバを洗いましょう。グァバは皮も食べられるので全体的に洗います。細菌の繁殖を抑えるために冷水で洗い流します。キッチンペーパーでグァバの水分を取りましょう。
  2. 2
    グァバをまな板に乗せましょう。ナイフを使ってグァバを半分に切ります。グァバを切る時は、ギザギザのあるナイフを使うとよく切れます。果肉がピンクのものもあれば、白いものもあります。
  3. 3
    グァバを食べましょう。皮も一緒に食べることも、あるいは中身をすくって食べることもできます。どちらにしても、美味しいご褒美が待っています。中にはグァバに醤油や塩、砂糖、酢などをかけるのを好む人もいるようです。
  4. 4
    食べないグァバを保存しましょう。切ったグァバが残った場合、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておけば4日間は保存できます。4日以内には食べないと思ったら冷凍しましょう。冷凍庫では8カ月間保存が可能です。[5]
    広告

パート 3 の 3:
グァバを使ったその他のアイデア

  1. 1
    次回のバーベキューにトロピカルな味を加えましょう。グァバのバーベキューソースを作ります。パラダイスでごちそうを食べているかのような、甘さと塩味が組み合わさった美味しいソースです。
  2. 2
    グァバで菓子を作りましょう。昔からのベリーデニッシュに飽きているなら、グァバを使って朝食に変化を取り入れてみませんか。
  3. 3
    グァバゼリーを作りましょう。ゼリーをいつもの味にせず、少しトロピカルなものにしてみましょう。小さく切った果実を使ってゼリーを作ることもできます。
  4. 4
    いつものミモザをグァバの果汁で作りましょう。オレンジジュースをスパークリングワインと混ぜる代わりに、グァバの果汁をミモザに入れてみましょう。スパークリングワインに少量のグァバの果汁を注ぎ、マラスキーノチェリーを2~3個添えればできあがりです。
    広告

ポイント

  • 通常グァバは熟すと黄色、えび茶色、あるいは緑色になり、食べ頃が分かります。
  • グァバには種があるため、食べる時には気をつけましょう。種も食べることはできますが硬いので、子どもにグァバを与える時は注意が必要です。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 野菜と果物
他言語版
このページは 744 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告