グラフィックスドライバーを初期化(リセット)する方法を知りたくありませんか?画面がフリーズする、クラッシュする、ちらつく、エラーメッセージが表示される、またはグラフィックスの品質が低い場合は、グラフィックスドライバーを初期化することで問題が解決するかもしれません。グラフィックスドライバーの設定を変更した後に問題が発生するようになった場合は、グラフィックスドライバーを既定の設定に戻しましょう。この記事では、画面がおかしくなったら試すべき、グラフィックスカードドライバーのショートカットや再起動、再インストールを含むグラフィックスカードドライバーの初期化方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 11:
キーボードショートカットを使用する

  1. 1
    Win+Ctrl+ Shift+Bキーを押す これは、グラフィックスドライバーを初期化する最も簡単な方法です。WindowsキーとShiftキー、Ctrlキー、Bキーの3つを同時に押しましょう。ビープ音が鳴り、画面がすばやく点滅します。これは、グラフィックスドライバーが初期化されたことを示しています。[1]
    広告

方法 2
方法 2 の 11:
Custom Resolution Utility(カスタム解像度ユーティリティー)を使用する

  1. 1
    Custom Resolution Utilityをダウンロードする Custom Resolution Utility(以下、CRU)は、モニターの解像度を独自に設定するための無料のアプリケーションです。また、グラフィックスドライバーを初期化するためのアプリケーションも付属しています。以下の手順でCRUの.zipファイルをダウンロードしましょう。
  2. 2
    CRUの.zipファイルを展開する ブラウザまたはダウンロードフォルダ内で、ダウンロードしたCRUの.zipファイルをダブルクリックします。覚えやすい場所に.zipファイルの内容を展開しましょう
  3. 3
    「restart64.exe」ファイルを実行する CRUの.zipファイルから展開されたファイルの1つです。ファイルを実行すると、画面が数回点滅した後、映像が戻ります。その後、グラフィックスドライバーが初期化されたことを知らせるポップアップが表示されます。
    • PCが危険にさらされる可能性があるとして、Windows Defenderが認識されないアプリの起動を停止したことを知らせるメッセージが表示された場合は、詳細情報をクリックし、実行をクリックしましょう。
  4. 4
    Exit(終了)をクリックする アプリケーションを実行すると、グラフィックスドライバーが再起動されたことを知らせるポップアップが表示されます。Exit(終了)をクリックしてアプリケーションを終了しましょう。
    • また、Restart again(もう一度再起動)をクリックすると、グラフィックスドライバーをもう一度初期化できます。
    広告

方法 3
方法 3 の 11:
Powershellを使用する

  1. 1
    Powershellを管理者として開く Powershellは、テキストコマンドを入力するためのコマンドラインインタフェースです。以下の手順でPowershellを開きましょう。
    • Windows+Xキーを押します。
    • Windows Powershell(管理者)をクリックします。
  2. 2
    コマンドを入力してグラフィックスドライバーの情報を表示する 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押すと、グラフィックスドライバーの情報が表示されます。
    • pnputil /enum-devices /class Display
  3. 3
    インスタンスIDをコピーする 「Instance ID(インスタンスID)」の後に長い英数字の文字列が表示されているはずです。その文字列全体を選択し、Ctrl+Cキーを押してコピーしましょう。
  4. 4
    コマンドを入力してグラフィックスドライバーを再起動する 画面が一瞬黒くなり、その後表示が戻ります。これは、グラフィックスドライバーが初期化されたことを示しています。以下の手順でグラフィックスドライバーを初期化しましょう。
    • pnputil /restart-deviceと入力します。
    • インスタンスIDを引用符で囲んで貼り付けます。
      • 例:pnputil /restart-device "PCI\VEN_8086&DEV_3EA0&SUBSYS_14311043&REV_00\3&11583659&1&10"
    • Enterキーを押します。
    広告

方法 4
方法 4 の 11:
タスクマネージャーを使用する

  1. 1
    Shift+Ctrl+Escキーを押す これは、タスクマネージャーを開くためのキーボードショートカットです。
  2. 2
    プロセスタブをクリックする タスクマネージャーの上部にある最初のタブのことです。
  3. 3
    「バックグラウンドプロセス」まで下にスクロールする 「アプリ」の下にある2番目の見出しのことです。
  4. 4
    AMDまたはNVIDIAのプロセスを探す AMDのグラフィックスカードを使用している場合はAMDに関連するプロセス、NVIDIAのグラフィックスカードを使用している場合はNVIDIAに関連するプロセスが表示されます。プロセスはアルファベット順、五十音順に一覧表示されます。
  5. 5
    プロセスを選択し、タスクの終了をクリックする AMDまたはNVIDIAのプロセスが表示されたら、それをクリックして選択し、右下のタスクの終了をクリックしましょう。これをAMDまたはNVIDIAのすべてのタスクに対して繰り返します。これにより、グラフィックスドライバーが初期化されます。ドライバーが初期化されるとき、画面が点滅したりちらついたりするかもしれません。
    広告

方法 5
方法 5 の 11:
グラフィックスドライバーを無効にして有効にする

  1. 1
    デバイスマネージャーを開く 以下の手順でデバイスマネージャーを開きましょう。
    • Windows+Xキーを押します。
    • デバイスマネージャーをクリックします。
  2. 2
    「ディスプレイアダプター」を展開する 「ディスプレイアダプター」の横にある括弧をクリックすると、すべてのグラフィックスドライバーが表示されます。
  3. 3
    グラフィックスドライバーを右クリックし、デバイスを無効にするをクリックする クリックすると、グラフィックスドライバーが無効になります。このとき、画面がちらついたり、システムが再起動したりするかもしれません。
    • 複数のグラフィックスドライバーを使用している場合は、無効になったドライバーの代わりに他のドライバーが使用されます。
  4. 4
    PCを再起動する 既定の設定を適用したら、PCを再起動して設定を有効にしましょう。PCを再起動するには、Windowsのスタートメニューをクリックし、電源アイコンをクリックし、再起動をクリックします。
  5. 5
    もう一度デバイスマネージャーを開く PCを再起動したら、もう一度デバイスマネージャーを開きましょう。
  6. 6
    「ディスプレイアダプター」を展開する 「ディスプレイアダプター」の横にある括弧をクリックすると、すべてのグラフィックスドライバーが表示されます。
  7. 7
    グラフィックスドライバーを右クリックし、デバイスを有効にするをクリックする クリックすると、グラフィックスドライバーが再起動し、強制的に初期化されます。
    • 複数のグラフィックスドライバーを使用している場合は、すべてのドライバーでこれらの手順を繰り返す必要があるかもしれません。
    広告

方法 6
方法 6 の 11:
ドライバーをアンインストールして再インストールする

  1. 1
    デバイスマネージャーを開く グラフィックスドライバーにまだ問題がある場合は、ドライバーをアンインストールして再インストールしてみましょう。また、Windowsを更新してみるのもよいでしょう。Windowsを更新すると、グラフィックスドライバーを含むすべてのドライバーが更新されます。ドライバーをアンインストールするには、デバイスマネージャーを使用します。以下の手順でデバイスマネージャーを開きましょう。
    • Windows+Xキーを押す。
    • デバイスマネージャーをクリックします。
  2. 2
    「ディスプレイアダプター」を展開する 「ディスプレイアダプター」の横にある括弧をクリックすると、すべてのグラフィックスドライバーが表示されます。
  3. 3
    グラフィックスドライバーを右クリックする グラフィックスドライバーは、「ディスプレイアダプター」の下に一覧表示されます。グラフィックスドライバーを右クリックすると、ポップアップメニューが表示されます。
  4. 4
    デバイスのアンインストールをクリックする クリックすると、ダイアログボックスが表示されます。
  5. 5
    「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れ、アンインストールをクリックする ダイアログボックスのチェックボックスをクリックしましょう。クリックすると、ドライバーソフトウェアがドライバーストアから削除されます。削除されたら、右下のアンインストールをクリックしましょう。このとき、PCの画面がちらついたり、勝手に再起動したりするかもしれません。
    • 複数のグラフィックスドライバーを使用している場合は、アンインストールしたグラフィックスドライバーの代わりに他のグラフィックスドライバーがインストールされます。
  6. 6
    PCを再起動する PCを再起動すると、Windowsが自動的にグラフィックスドライバーを再インストールします。ただし、最新のグラフィックスドライバーがインストールされるとは限りません。[2]
    • または、PCやグラフィックスカードの製造元のウェブサイトから最新のグラフィックスドライバーをダウンロードしましょう。製造元のウェブサイトからダウンロードするには、使用しているWindowsのバージョン、PCの製造元とモデル名または番号(場合によってはシリアル番号)、もしくはグラフィックスカードの製造元とモデル名または番号を確認しておく必要があります。
    • また、Driver Easy(ドライバーイージー)やAdvanced Driver Updater(アドバンスドライバーアップデーター)などのサードパーティ製アプリケーションでドライバーをスキャンしてインストールもできます。[3]
    広告

方法 7
方法 7 の 11:
インテルグラフィックスドライバーを既定の設定に戻す

  1. 1
    インテルHDグラフィックス・コントロール・パネルを開く インテルHDグラフィックス・コントロール・パネルを開くには、デスクトップを右クリックし、グラフィックス・プロパティをクリックします。または、Windowsのスタートメニューをクリックし、「インテル」と入力し、「インテルHDグラフィックス・コントロール・パネル」をクリックしましょう。
  2. 2
    3Dをクリックする 2番目のオプションのことです。ルービックキューブのようなアイコンになっています。
  3. 3
    デフォルトの復元をクリックする アプリの一番下の左側にあります。左向き矢印のようなアイコンになっています。
  4. 4
    適用をクリックする ポップアップで表示されます。クリックすると、インテルグラフィックスドライバーが既定の設定に戻ります。
  5. 5
    PCを再起動する 既定の設定を適用したら、PCを再起動して設定を有効にしましょう。PCを再起動するには、Windowsのスタートメニューをクリックし、電源アイコンをクリックし、再起動をクリックします。
    広告

方法 8
方法 8 の 11:
NVIDIAグラフィックスドライバーを既定の設定に戻す

  1. 1
    NVIDIAコントロールパネルを開く NVIDIAコントロールパネルを開くには、デスクトップを右クリックし、NVIDIAコントロールパネルをクリックします。または、Windowsのスタートメニューをクリックし、「nvidia」と入力し、NVIDIAコントロールパネルアプリをクリックしましょう。
  2. 2
    3D設定の管理をクリックする 左側のパネルの「3D設定」の下にある2番目のオプションのことです。
  3. 3
    復元をクリックする 設定ウィンドウの右下にあります。クリックすると、NVIDIAグラフィックスドライバーが既定の設定に戻ります。
  4. 4
    PCを再起動する 既定の設定を適用したら、PCを再起動して設定を有効にしましょう。PCを再起動するには、Windowsのスタートメニューをクリックし、電源アイコンをクリックし、再起動をクリックします。
    広告

方法 9
方法 9 の 11:
AMDグラフィックスドライバーを既定の設定に戻す

  1. 1
    AMD Radeon設定アプリを開く AMD Radeon設定アプリを開くには、デスクトップを右クリックし、Radeon設定をクリックします。または、Windowsのスタートメニューをクリックし、「amd」と入力し、AMD Radeon設定アプリをクリックしましょう。
  2. 2
    設定タブをクリックする 画面の一番下にある2番目のタブのことです。
  3. 3
    出荷時のデフォルト設定に戻すをクリックする クリックすると、グラフィックスドライバーが既定の設定に戻ります。
  4. 4
    PCを再起動する 既定の設定を適用したら、PCを再起動して設定を有効にしましょう。PCを再起動するには、Windowsのスタートメニューをクリックし、電源アイコンをクリックし、再起動をクリックします。
    広告

方法 10
方法 10 の 11:
Macの場合

  1. 1
    Macを再起動する グラフィックスドライバーは、macOSのシステムには含まれていません。グラフィックスドライバーに問題がある場合は、システムを再起動する必要があります。以下の手順でMacを再起動しましょう。
    • 左上のアップルアイコンをクリックします。
    • 再起動をクリックします。
    • ポップアップで再起動をクリックします。
  2. 2
    PRAMまたはNVRAMをリセットする PRAMまたはNVRAMは、Macでシステム設定を保存してすばやくアクセスできるようにするために使用される少量のメモリです。これには、グラフィックスドライバーの情報も含まれます。PRAMまたはNVRAMをリセットすることで問題が解決する場合があります。ただし、PRAMまたはNVRAMをリセットしたら、システム設定を調整する必要があるかもしれません。[4] 以下の手順でPRAMまたはNVRAMをリセットしましょう。[5]
    • Macの電源を切ります。
    • Macの電源を入れ、すぐにCommand+Control+P+Rキーを長押しします。
    • 起動音が2回鳴るか、Appleロゴが2回表示され、消えるのを確認したら、キーを放しましょう。
    広告

方法 11
方法 11 の 11:
Linuxの場合

  1. 1
    Ctrl+Alt+Tキーを押してターミナルを開く DebianベースのLinuxでは、ターミナルは黒い画面に白いカーソルのようなアイコンになっています。ターミナルは、アプリメニューから開くか、キーボードショートカットで開くことができます。
  2. 2
    設定のバックアップコピーを作成する 何か問題が発生したときに、これで設定を復元できます。以下のコマンドを入力し、Enterキーを押すと、設定のバックアップコピーが作成されます。
    • sudo cp /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.bk
  3. 3
    ソフトウェアリポジトリを更新する DebianベースのLinuxでは、以下のコマンドでソフトウェアリポジトリを更新できます。
    • sudo apt-get update
  4. 4
    グラフィックスパッケージを一覧表示する 以下のコマンドでグラフィックスドライバーに関連するすべてのパッケージを一覧表示します。使用しているグラフィックスカードに応じて、「[グラフィックスカード]」を「intel」、「amd」、または「nvidia」に置き換えましょう。
    • apt-cache pkgnames [グラフィックスカード]
  5. 5
    グラフィックスパッケージを再インストールする 使用しているグラフィックスパッケージを特定したら、以下のコマンドで再インストールしましょう。「[グラフィックスパッケージ]」は、再インストールしたいパッケージ名に置き換えます。
    • sudo apt install [グラフィックスパッケージ]
    広告

ポイント

  • グラフィックスドライバーの初期化は定期的に行わず、緊急時のみ行いましょう。
  • グラフィックスドライバーをアンインストールして再インストールしても問題が解決しない場合は、グラフィックスカードを修理または交換する必要があるかもしれません。
広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
充電器なしでノートパソコンのバッテリーを充電する充電器を忘れたときに代用してノートパソコンを充電する方法4選
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
2台のモニターを設定する2台のモニターを設定する
iPhoneでApple IDの主電話番号を変更するiPhoneでApple IDの主電話番号を変更する
パソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧するパソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧する
7 Zipでファイルを高圧縮する7 Zipでファイルを高圧縮する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 360 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告