PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

緑茶に抗酸化物質が含まれていることは有名ですが、グリーンコーヒーにも同様に抗酸化物質が含まれていることを知っていましたか?焙煎されていない緑色のコーヒー豆には、抗酸化物質や減量と関係のあるクロロゲン酸が含まれています。これらの効果を感じるには、生豆を抽出した自家製のグリーンコーヒーを作る、またはグリーンコーヒーの粉が入ったサプリメントを摂取しましょう。グリーンコーヒーを食生活に取り入れる前は、忘れずに医師に相談をしましょう。常用薬のある人は特に注意が必要です。

方法 1 の 2:
自家製グリーンコーヒーを作る

  1. 1
    生のコーヒー豆を購入する 水洗式で精製された高品質の豆を探しましょう。精製の際に果肉を残して乾燥させるとカビの原因となりますが、水洗式ではその心配が要りません。可能であれば、脱穀機にかけて殻を取り除いた豆を購入しましょう。[1]
    • 生のコーヒー豆を手に入れるには、オンラインで購入するか、地元のコーヒー豆販売店で焙煎前の生豆の購入が可能か尋ねてみましょう。
  2. 2
    生のコーヒー豆1カップ分を水ですすぎ洗いして鍋に入れる 1カップ分の生豆を目の細かいざるにいれて水道水をかけます。軽く水ですすいだら、コンロに置いた鍋に入れます。[2]
    • 豆をこすり合わせ過ぎないようにしましょう。薄皮の中に含まれている抗酸化物質が失われてしまいます。
  3. 3
    水を3カップ加えて沸騰させる ろ過した水または天然水を鍋に入れ、蓋をします。コンロを強火に設定し、沸騰させて豆に火を通します。[3]
  4. 4
    豆を中火で12分ゆでる 鍋の蓋を取り、お湯の泡が落ち着くように火加減を中火に弱めます。豆を12分間ゆで、時々かき混ぜましょう。[4]
    • 豆から薄皮がはがれないように優しく混ぜましょう。
  5. 5
    火を止めて抽出液を容器に入れる 目の細かいざるを、ボウルか水差しのような保存容器の上に置きます。抽出液をざるで濾しながらゆっくり容器に注ぎましょう。[5]
    • 豆や大きな皮のかけらはざるで濾されます。
    • もう一度抽出するために豆を残しておくこともできます。冷めたら密閉できる袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。1週間以内に再度抽出したら、その後豆を廃棄します。
  6. 6
    抽出したグリーンコーヒーを飲む 溶かして飲むタイプの市販のパウダーとは異なり、グリーンコーヒーの抽出液はそのまますぐに飲むことができます。強い風味が苦手な場合は、水やジュースを少し加えて薄めましょう。[6]
    • 蓋をして冷蔵庫に入れれば3~4日は保存することができます。
    広告

方法 2 の 2:
健康のためにグリーンコーヒーを飲む

  1. 1
    減量のためにグリーンコーヒーを飲む いくつかの小規模な研究調査では、グリーンコーヒーを飲むことで体重増加を防ぐ可能性が示されています。これは、グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸に、摂取した炭水化物の吸収を制限する働きがあるためです。[7]
    • より多くの研究が必要な段階ではありますが、グリーンコーヒーには血圧や血糖値を下げる効果もあるかもしれません。
  2. 2
    週あたりの摂取量を記録する グリーンコーヒーのパウダーを購入してお湯に混ぜる場合は、商品に記載されている推奨量に従いましょう。残念ながら、クロロゲン酸の1食あたりの推奨摂取量は決められていないため、毎日どのくらいグリーンコーヒーを飲んでいるのかを自分で記録しておく必要があります。副作用が出てきたら、毎日の摂取量を減らしましょう。[8]
    • クロロゲン酸を120~300mg(抽出したグリーンコーヒー240~3000 mg分)摂取することを推奨している研究もありますが、実際、自家製グリーンコーヒーにどのくらいのクロロゲン酸が含まれているかは分かりません。
  3. 3
    頭痛、下痢、不安などの副作用に気をつける グリーンコーヒーは通常の焙煎されたコーヒーよりもカフェインを多く含んでいるため、カフェインによる副作用を経験する可能性が高まります。不安や震え、心拍数の上昇などが認められる場合があります。副作用を経験したら、グリーンコーヒーの摂取量を減らし、医師に相談しましょう。[9]
    • 他にも下痢や頭痛、尿路感染症などが副作用として挙げられます。
  4. 4
    食事の30分前にグリーンコーヒーを飲む 自家製のグリーンコーヒーか、市販のパウダーを混ぜたグリーンコーヒーかに関係なく、空腹時に飲みましょう。飲んだ後は30分たってから、食事やおやつをとりましょう。[10]
    • コーヒー豆業者の指示に従い、1日に摂取可能なグリーンコーヒーの量を確認しましょう。1日に2杯までを推奨している業者もあります。
    広告

ポイント

  • 食生活にサプリメントを加える際は、必ず事前に医師に相談しましょう。常用薬がある場合は特に気をつける必要があります。
広告

注意事項

  • 妊娠・授乳中の場合はグリーンコーヒーを飲んではいけません。通常の焙煎されたコーヒーよりもカフェイン含有量が多くなります。子供にも飲ませないようにしましょう。
広告

必要なもの

  • 計量カップ
  • 蓋のある鍋
  • 目の細かいざる
  • 保存容器
  • スプーン

関連記事

ワインオープナーを使わずにワインを開ける
栓抜きを使わずにボトルを開ける栓抜きを使わずにボトルを開ける
牛乳を冷凍保存する
腐った牛乳を見分ける腐った牛乳を見分ける
ミントティーをいれるミントティーをいれる
ビールを一気飲みする
ミルクシェイクを作る
ペットボトルを開ける
折れたコルクを抜く折れたコルクを抜く
透明な氷を作る透明な氷を作る
スイカウォッカを作るスイカウォッカを作る
アマルーラリキュールを楽しむアマルーラリキュールを楽しむ
バナナスムージーを作るバナナスムージーを作る
牛乳を温める牛乳を温める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 飲み物
このページは 496 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告