車のグローブボックスがどうしてそのような名前になったかご存じですか? 馬なし馬車、つまり自動車が発明された当時、グローブボックスはドライブ用の手袋(ドライビンググローブ)を収納するために使われていたからです。[1] 現在では、主に車検証やオーナーズマニュアル、サングラスなどの保管に使われていますが、それでも便利な収納スペースです。しかし、グローブボックスが壊れて開かなくなったり鍵をかけられなくなったりすることもあります。幸いにも、いくつか方法があるので自分で修理できるか試してみましょう。修理の手順がわかるように、ここでは一般的な疑問とその回答を紹介します。

方法 1 の 5:
ロックを解除できないグローブボックスを開ける方法は?

  1. 1
    鍵にモーターオイルを塗って開けてみる ロックの内部が詰まったり錆びたりすると鍵で解除できなくなることもあります。普通のモーターオイルを鍵に数滴垂らし、表面全体に塗り広げましょう。鍵を差し込み、ロックを解除できるか試します。
    • 鍵が折れて使えなくなる可能性があるので、力まかせに回すのはやめましょう。
  2. 2
    オイルを塗ってもうまくいかない場合は、ロックにブレーキクリーナーをスプレーする モーターオイルでロックを潤滑しても開かない場合は、ロックの内部に詰まった汚れや錆を吹き飛ばしてみましょう。スプレータイプのブレーキクリーナーを使います。ノズルを鍵穴にあて、クリーナーを吹き付けましょう。その後、鍵を差し込んでグローブボックスを開けてみます。
    • ブレーキクリーナーはカー用品店などで販売されています。
  3. 3
    何をしても開かなければ、車の鍵にも対応している鍵の修理業者に依頼する 色々と試してもロックを解除できない場合は、専門業者に依頼したほうが良いかもしれません。車の鍵にも対応している鍵の修理業者に連絡して、グローブボックスのロックを確認してもらいましょう。専門業者が問題を突き止めて、修理が必要な部分を特定してくれるでしょう。[2]
    • ロックが壊れるリスクを回避したければ、鍵の修理業者に依頼するのが最善です。
    広告

方法 2 の 5:
壊れたグローブボックスのロックを修理する方法は?

  1. 1
    車種に応じた交換用のキーシリンダーを用意する グローブボックスのロックが壊れた場合は、新しいものと交換する必要があります。車種に応じた交換用のキーシリンダーをカー用品店で購入するかインターネットで取り寄せましょう。添付の説明書に従ってロックから古いキーシリンダーを外し、その部分に新しいキーシリンダーを取り付けます。[3]
    • ロックの種類によって交換方法は異なりますが、適切な工具があれば自分で交換できるかもしれません。
    • たとえば、一部のロックは、コンパートメント内の取り付けプレートを外して交換する必要があるかもしれません。また、ほとんどのロックの内部にはピンがあり、千枚通しや針金ハンガーなどの細いものでピンを押して古いロックを外します。

方法 3 の 5:
グローブボックスのノブを修理する方法は?

  1. 1
    新しい純正のノブを取り付ける 車種に応じた純正のノブをカー用品店で購入するかインターネットで取り寄せましょう。古いノブを外し(通常は、下部のネジを外す)、新しいものを取り付けます。外したネジを元に戻してノブを固定し、グローブボックスを数回開閉してノブが機能するか確認しましょう。[4]
    広告

方法 4 の 5:
鍵を使わずにグローブボックスのロックを解除する方法は?

  1. 1
    グローブボックスの破損を防ぐために、鍵の修理業者に連絡する グローブボックスの鍵がない場合、ロックやグローブボックスを壊さずにロックを解除する唯一の方法は、専門業者に依頼することです。自動車の鍵にも対応している鍵修理業者に連絡して、グローブボックスのロックを見てもらいましょう。専門業者がロックを解除し、鍵を使ってロックをかけたり解除したりすることができるように新しいロックに交換してくれるでしょう。[5]
  2. 2
    最後の手段として、ドライバーでこじ開ける 鍵修理業者に依頼するのが面倒でグローブボックスが破損しても構わない場合は、マイナスドライバーでこじ開けるという方法もあります。車のダッシュボードとグローブボックスの境目にドライバーを差し込んでこじ開けます。グローブボックスが少し開いたら、そこを引っ張って開けましょう。
    • ただし、グローブボックスをこじ開けるのは非常に難しいかもしれません。また、ロックが破損する可能性が高いので注意が必要です。
    広告

方法 5 の 5:
グローブボックスの修理にかかる費用は?

  1. 1
    車種によって異なる グローブボックスの蓋全体を交換する場合は、部品代として五千円くらいかかることもあります。[6] ただし、ノブなどの小さい部品だけを交換する場合は、蓋全体を交換するより安いでしょう。また、ディーラーに修理を依頼すると、工賃として三千円くらいかかります。[7] 簡単な修理なら1時間程度で終わるかもしれませんが、全体を交換すると数時間かかるかもしれません。
    • ディーラーでグローブボックスを交換すると、グローブボックスの部品代五千円と工賃三千円を足した金額を支払うことになるので、合計で八千円になります。

ポイント

  • グローブボックスのロックを解除できない場合は、自動車の鍵にも対応している鍵修理業者に連絡しましょう。
広告

注意事項

  • グローブボックスをこじ開けると、修理できないほど破損するかもしれません。また、ダッシュボードも破損する可能性があり、その場合は修理費用が高額になる可能性があります。
広告

関連記事

オートマチック車の運転オートマチック車の運転
車内にインロックした鍵を取り出す
クロムめっきを剥がすクロムめっきを剥がす
バッテリー液の量を確認する
カーフィルムを剥がすカーフィルムを剥がす
バッテリーの腐食汚れを落とすバッテリーの腐食汚れを落とす
プラグコードの点検
タイミングベルトの交換タイミングベルトの交換
ホイールナットを緩める
車の直結車の直結
燃料ポンプの点検燃料ポンプの点検
ワイパー用ウォッシャー液を作るワイパー用ウォッシャー液を作る
運転恐怖症を克服する運転恐怖症を克服する
インロックした車の鍵を開けるインロックした車の鍵を開ける
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 自動車
このページは 177 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告