ケーキを作る方法

この記事には:バニラパウンドケーキを作るチョコレートケーキを作るアップルケーキを作るレシピ通りに作る

自家製ケーキの味は格別です。材料を計って正確な順番で混ぜ、こげる前にオーブンから出しさえすればケーキは簡単に焼けます。以下に基本のケーキ3つ( チョコレートケーキ、アップルケーキ、バニラパウンドケーキ)の作り方を紹介します。ケーキ作りのポイントやレシピ通りに作る方法も載っています。

1
バニラパウンドケーキを作る

  1. 1
    材料を用意する パウンドケーキは一番シンプルなケーキと言えるでしょう。下記の材料を用意します。
    • 室温に戻した無塩バター 1 カップ
    • 砂糖 1 カップ
    • 塩 ひとつまみ
    • バニラエッセンス 小さじ2
    • 卵 5個
    • ケーキ用小麦粉 2 カップ
  2. 2
    オーブンを約160℃に予熱する
  3. 3
    型に油を塗る パウンドケーキは深めの型(パウンドケーキ用またはバントケーキ用)を使うときれいに焼き上がります。
  4. 4
    バターと砂糖を混ぜる ボウルにバターと砂糖を入れ、手応えがなくなってふんわりとしたクリーム状になるまで混ぜ合わせます。
  5. 5
    卵とバニラエッセンスを混ぜる 卵が完全に混ざり合うまでしっかりと混ぜましょう。
  6. 6
    ケーキ用小麦粉を入れる 小麦粉を少しずつ加えながら、ハンドミキサーの低速設定または木のスプーンを使って程よく混ぜ合わせます。あまり混ぜ過ぎないように気をつけましょう。
  7. 7
    型に流し入れる ヘラを使って、ボウルの内側に付いた生地もしっかりとこすり取りましょう。
  8. 8
    オーブンで1時間15分間焼く ケーキの中央に楊枝を刺してみて、抜いた時に生地が付着していなかったら出来上がりです。

2
チョコレートケーキを作る

  1. 1
    材料を用意する
    • 室温に戻した無塩バター 3/4 カップ
    • 無糖のココアパウダー 3/4 カップ
    • 小麦粉 3/4 カップ
    • 塩 小さじ 1/4
    • ベーキングパウダー 小さじ 1/2
    • 砂糖 1 カップ
    • 卵 3個
    • バニラエッセンス 小さじ1 杯
    • バターミルクもしくはサワークリーム 1/2 カップ
  2. 2
    オーブンを約175℃に予熱する
  3. 3
    ケーキ型に油を敷く 通常の丸いケーキ型や四角いベーキング皿、パウンドケーキ型、バントケーキ型、その他の手持ちの型等どのような型でも使えます。バターかクッキングスプレーでしっかりと型をコーティングしましょう。こうしておくと焼き上がったケーキが型にこびりつきません。
  4. 4
    水分を含む材料を大きなボウルに入れて混ぜる ボウルにバター、卵、バニラエッセンス、砂糖、バターミルクを入れます。泡立て器かハンドミキサーでしっかりと混ぜ合わせましょう。
    • ケーキのレシピに出てくる「水分を含む材料」とは、一般に湿り気のある材料のことを指します。砂糖は乾燥していますが、水物の材料に含まれるのが一般的です。
    • 通常は、最初に水物の材料を大きなボウルに入れて混ぜ合わせます。粉物の材料はいったん別のボウルで混ぜ合わせてから、後で加え入れます。
    • ケーキを作る時には、バターの硬さに気をつけましょう。レシピに「やわらかくしたバター」と書いてあるにもかかわらず溶かしバターを使うと、ケーキは台無しになってしまいます。この場合は、「室温に戻したバター」という意味です。前もってバターを冷蔵庫から出しておけば、他の材料を用意している間にバターが室温に戻ります。
  5. 5
    別のボウルに粉物の材料を混ぜる 小麦粉、塩、ココアパウダー、ベーキングパウダーを小さなボウルに入れて、全ての材料をしっかりと混ぜ合わせます。
  6. 6
    水物の材料に粉物を加える ハンドミキサーを低速に設定して、ダマがなくなるまで小麦粉をしっかりと混ぜましょう。
  7. 7
    型に流し入れる ボウルの内側に付いた生地も全てスプーンまたはヘラでこすり取り、型に流し入れます。
  8. 8
    オーブンに入れて30分間焼く ケーキが焦げていないかどうかを時々チェックしましょう。中央に楊枝を刺してみて、抜いた時に生地が付着していなかったら出来上がりです。
  9. 9
    ケーキをオーブンから取り出して冷ます 型から出す前に、カウンターの上で5分程冷まします。
  10. 10
    皿の上にケーキをひっくり返す 好みの皿にケーキをのせましょう。
  11. 11
    ケーキが完全に冷めてから飾り付ける ケーキの熱が取れないうちに飾り付けを行うと、塗ったものが全て溶けて脇へ流れてしまいます。バタークリームアイシングなどのさまざまなフロスティングを作って楽しみましょう。
  12. 12
    出来上がり

3
アップルケーキを作る

  1. 1
    材料を用意する アップルケーキには下記の材料を使います。
    • 小麦粉 3/4 カップ
    • ベーキングパウダー 小さじ 3/4
    • リンゴ 4個
    • 卵 2個
    • 砂糖 3/4 カップ
    • 塩 ひとつまみ
    • バニラエッセンス 小さじ 1/2
    • 溶かしバター(無塩) 1/2 カップ
  2. 2
    オーブンを約175℃に予熱する
  3. 3
    型に油を塗る このケーキには通常のケーキ型もしくは外枠を取り外せるケーキ型(スプリングフォーム)使います。パーティー等ではスプリングフォームのケーキ型が便利です。
  4. 4
    バターを溶かして冷ます 他の材料と混ぜる前に室温に戻しておきましょう。
  5. 5
    粉物の材料を小さなボウルに混ぜる 小麦粉、塩、ベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜ合わせます。
  6. 6
    リンゴを切る ナイフかピーラーでリンゴの皮をむき、芯を取り除きます。一口サイズに薄く切りましょう。
  7. 7
    水物の材料を混ぜる 砂糖、卵、バターとバニラエッセンスを混ぜます。
  8. 8
    水物の材料に粉物を加える 生地が滑らかなクリーム状になるまで混ぜます。
  9. 9
    リンゴを加える ヘラを使って、生地にリンゴを優しく混ぜ込みます。あまり混ぜ過ぎると重く硬いケーキに仕上がるため、気をつけましょう。
  10. 10
    型に流し入れる ヘラを使って、表面を平らにします。
  11. 11
    オーブンで約50分間焼く 表面がきつね色になって、楊枝を刺しても生地が付着しなければ出来上がりです。
  12. 12
    ホイップクリームを添えて召し上がれ。

4
レシピ通りに作る

  1. 1
    まず最初に材料と作り方の説明を読んでおく 使う材料をあらかじめ全て揃えておくことが重要です。作っている最中にスーパーに走らなくても済むようにしておきましょう。材料がひとつでも欠けていると、仕上がりに大きな差が生じます。
  2. 2
    ケーキ型を準備する ケーキ型のサイズや形は適切なものを用意しましょう。どんな型を使っても作れるケーキがありますが、バントケーキにはバント型が必要です。こびりつきを防ぐために、型には油を塗りましょう。大さじ半分程のバターか植物性ショートニングをキッチンペーパーで型の内側に塗り、その上に小麦粉大さじ1、2杯をふりかけます。焼いている間にケーキが型の側面に密着するように、側面にも小麦粉をふりましょう。こうしておくと、ケーキの表面が平らに仕上がります(これは層になったケーキを作る際に特に重要です)。型は揺すって余分な小麦粉を払い落とした後に、脇へ置いておきます。
  3. 3
    レシピ通りの温度にオーブンを予熱しておく
  4. 4
    材料はできるだけ正確に計り、レシピの順番通りに加える 大抵のレシピでは、まず粉物の材料(小麦粉、ベーキングパウダー、ココアパウダー等)を混ぜた後に、水物の材料(卵、油、牛乳等)を加えていきます。ボウルに入れる前に、ふるう、泡立てる、混ぜる、押し固める等の特別な下準備が必要な場合は、必ずその指示に従いましょう。
  5. 5
    レシピ通りに混ぜる 固定ミキサーやハンドミキサーを使うレシピもあります。レシピによっては、ゴムベラを使って小麦粉等の材料を下からすくうように混ぜる場合もあるため、気をつけましょう。混ぜる時には、ボウルの内側に付いた生地を時々こすり落としながら、全ての材料をしっかりと混ぜ合わせます。
  6. 6
    型に均等に流し込む ケーキは焼いた時に膨らむので、型の2/3まで入れます。型をカウンターに優しく叩き付け、生地から空気を抜きます。
  7. 7
    予熱したオーブンの中段に型を入れる 型と型を密着させて置いたり、オーブンの内壁に接触させたりしないように気をつけましょう。
  8. 8
    オーブンを閉め、レシピに従ってすぐにタイマーをセットする 記載された時間に幅がある場合は、その中間を取って(34分から36分とある場合は35分、50分から55分とある場合は53分)セットします。平均値を取ることで生焼けや焼き過ぎを防ぐことができます。オーブンの扉を何度も開けると、熱が外へ逃げてケーキが均等に焼けなくなってしまうので注意しましょう。オーブン内部に照明がある場合は、照明を点けて中の様子を窓から確認します。
  9. 9
    ケーキの焼け具合をみる。ケーキの中央に楊枝か木串をそっと刺します。ケーキのかけらが少量付いてくる、もしくは何も付いてこなければ完成です。そうでない時は、オーブンに戻してさらに3、4分焼きます。焼き上がるまで、同じことを繰り返し行いましょう。
  10. 10
    型をケーキクーラー(ラック)にのせて15分から30分間冷ます バターナイフを型の内側に沿って差し込んで、ケーキを取り出しやすくします。型の上にケーキクーラーを置いてひっくり返し、型の底を優しく叩いてケーキを取り出します。
    • ケーキが完全に冷めてから飾り付ける ケーキが温かいうちに飾り付けをすると、熱でフロスティングやアイシングが溶けてしまいます。好みに応じて飾り付けましょう。

ポイント

  • 別のレシピでケーキを作る時は、その指示に従いましょう。
  • 塩を使う場合は、加える量に注意しましょう。小さじ1/4杯多く入れただけで、思った以上に塩味が強くなってしまいます。
  • デコレーションは必ずケーキが冷めてから行います。そうしないと、フロスティングが溶けて脇へ流れ落ちてしまいます。
  • 材料をボウルに入れて混ぜる前に、必ず量を再確認しましょう。小麦粉大さじ数杯の量の違いで、焼き上がりに大きな差が生じます。
  • 丈夫で上質なアルミ型を使うと熱伝導がよくなり、焼き上がりのよいケーキができます。
  • しっとりしたケーキが好みの方は、オイルの代わりにヨーグルトを使うとよいでしょう。
  • バターやクリームチーズ等の冷たい材料を室温に戻すようにと記されている時には、包みから出してボウルに移し、室温で数時間置きます。柔らかさを確認するには、フォークを刺してみるとよいでしょう。
  • ベジタリアンケーキを作るには、バターの代わりに植物油、卵の代わりにアクアファバ(豆のゆで汁)やアップルソース(1/4カップ=卵1個分)を使用しましょう。
  • ケーキが熱いうちに型から取り出そうとすると、ケーキが割れたり崩れたりすることがあります。
  • 生地の混ぜ過ぎには注意しましょう。

注意事項

  • オーブンの温度は機種によって異なります。焼き過ぎには注意しましょう。
  • ケーキをオーブンから出す時は、火傷しないように、必ず鍋つかみ等を使いましょう。
  • 熱いオーブンを開ける時には、小さいお子様やペットを近づけないように注意しましょう。

必要なもの

  • 計量器具
  • ミキサー
  • 焼き型
  • 楊枝(もしくは木串)
  • バターナイフ
  • オーブン
  • オーブンミット、もしくは鍋つかみ
  • ケーキクーラー

記事の情報

カテゴリ: デザート | お菓子・パン・甘味 | 食・おもてなし

他言語版:

English: Bake a Cake, Français: cuire un gâteau, Italiano: Preparare una Torta, Deutsch: Kuchen backen, Português: Assar um Bolo, Español: hacer un pastel, Nederlands: Een cake bakken, Русский: приготовить торт, 中文: 烘焙蛋糕, Čeština: Jak upéct koláč, العربية: خبز الكيك, हिन्दी: केक बेक करें, ไทย: อบขนมเค้ก, Tiếng Việt: Nướng Bánh bông lan, 한국어: 케이크 굽는 방법, Türkçe: Kek Nasıl Pişirilir

このページは 3,895 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?