PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

iPadを持っているなら、ケースで本体を保護しつつ、おしゃれさもプラスしたいですよね。現在iPadには、iPad mini 1からiPad Pro 9.7というようにいくつも世代があるため、自分のデバイスに合ったケースがどれかを判断するのは難しい場合があります。正しいサイズのケースを買うためには、iPadのサイズを自分で測るか、iPadのモデル番号を使ってオンラインで寸法を検索しましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
iPadのモデルからサイズを探す

  1. 1
    背面カバーにあるモデル番号を探す iPadのモデル番号を検索すれば、簡単にモデルが分かります。iPadを裏返して背面カバーを確認すると、モデル番号が小さく記載されています。モデル番号は、アルファベットの「A」に4桁の数字が続く番号です。[1]
  2. 2
    「設定」から製品番号を確認する iPadの背面にあるモデル番号が読みにくい場合は、製品番号とも呼ばれるもう一つのモデル番号を確認することができます。iPadの「設定」アプリで「一般」をタップし、次に「情報」をタップします。「モデル番号」という表記の横に、「M」から始まる数字とアルファベットの組み合わせがあるはずです。Googleでモデル番号を検索して、自分のiPadのモデルを確認しましょう。[2]
  3. 3
    モデル番号もしくは製品番号をネットで検索する モデル番号もしくは製品番号が分かったら、Googleで検索してiPadのモデルを識別することができます。
    • 「A」から始まるモデル番号が手元にある場合は、Appleのウェブサイト https://support.apple.com/ja-jp/HT201471 にあるリストから、iPadのモデルを識別することも可能です。
  4. 4
    AppleのウェブサイトからiPadの寸法を確認する 自分のiPadのモデルが分かったら、Appleウェブサイトの「iPad のモデルを比較する」というページ https://www.apple.com/jp/ipad/compare/ を開きましょう。それぞれのiPadモデルの下を見ると、「サイズと重量」の下に寸法が、「ディスプレイ」の下にスクリーンサイズが記載されています。これらのサイズ表記を参考にして、自分のiPadに合った正しいサイズのケースを購入しましょう。
    • iPadのモデルが古く、ウェブページに表示されていない場合は、方法2に進んで自分でiPadの寸法を測りましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
iPadの寸法を自分で測る

  1. 1
    iPadを垂直の向きにして平らな場所に置く iPadの短辺が自分の体と並行になるように、スクリーンを上に向けた状態にします。定規やメジャーで正確に寸法を測れるよう、iPadには何もアクセサリーが付いていないことを確認しましょう。
  2. 2
    iPadの左端から右端を測る 正確な寸法を測るために、定規の「0」をiPadの外側の端と合わせます。Appleの寸法では、この長さがiPadの幅に当たります。[3]
    • Appleのウェブサイトでは寸法がmm表記されているので、mm単位でメモを取ると分かりやすいでしょう。[4]
  3. 3
    iPadの下端から上端までの長さを測る 正確に測るために、定規がiPadの長辺と平行になるようにします。Appleの寸法では、この長さがiPadの高さに当たります。[5]
  4. 4
    定規を垂直に立ててiPadの厚さを測る iPadの寸法を全て測るためには、その厚さも必要です。[6] iPadを平らな場所に置くと、その場所と触れている部分を定規の「0」に合わせられるので、簡単に測れます。その部分から表面までの長さを測ります。
  5. 5
    スクリーンの左下の角から右上の角までの長さを測る iPadの外側の角ではなく、スクリーンの角同士の距離を測ることに注意しましょう。定規はスクリーン上に対角線を結ぶように置きます。Appleのウェブサイトでは、スクリーンサイズが「インチ」で測られているので、インチ単位でメモを取っておくといいでしょう。[7]
    • スクリーンの周りの枠は寸法に含めないようにしましょう。スマートフォン、コンピューター、テレビなど機器に関わらず全てのスクリーンはこのように測られています。[8]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
iPadのケースを購入する

  1. 1
    iPadを持ち歩く場合はスリーブケースを手に入れる スリーブケースは、旅行時や通勤時のiPadの保護に適しており、重さもそれほどありません。しかし、スリーブケースでiPadを保護できるのは、iPadを使用していない時のみとなります。[9]
  2. 2
    よりしっかりと保護したいのであれば厚めのケースを買う iPadの背面カバーや角、側面などを保護することのできる、厚い、または硬いケースを選びましょう。厚いケースを使うと、iPad全体が重くなる可能性があります。
    • これらのケースには、iPadを使用していない時にスクリーンを覆うカバーが付いた製品もあります。[10]
  3. 3
    必要なアクセサリーが付いたケースを購入する ペンホルダーやキーボードなど、iPadを使う時に便利なアクセサリーが付属したケースもあります。[11]
  4. 4
    Apple Storeに行くか、Appleのオンラインストアで購入する iPadはAppleの製品なので、自分のデバイスに合ったケースを見つけたければ、Appleのウェブサイト https://www.apple.com/jp/shop/ipad/ipad-accessories を確認するか、Apple Storeに出向けば、一番楽に見つけることができます。他のメーカーの製品など多くの種類の中から選びたいのであれば、オンラインでメーカーのサイトを探すか、家電量販店などを見てみましょう。
    • オンラインでケースを購入する場合は、顧客レビューを読み、自分のニーズに合った製品か確認しましょう。
    • オンラインではなく実際に店に出向く場合は、自分のiPadを持参し、店員にケース選びを手伝ってもらうことができます。
  5. 5
    ケースのラベルや説明書を読む 自分のiPadモデルやスクリーンサイズに合っているかどうか確認しましょう。モデルやスクリーンサイズが書かれていない場合は、ケースに収まる寸法かを確認します。
    • 自分のiPadのサイズに合わなかった、または自分のニーズに合わなかった場合に返品できるよう、返品条件を確認しておきましょう。
    広告

関連記事

Macをテレビに接続するMacをテレビに接続する
EXEファイルを開くEXEファイルを開く
ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
Mac製品の電源を入れるMac製品の電源を入れる
EXEファイルをMacで開くEXEファイルをMacで開く
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
iMacを外部ディスプレイとして使用するiMacを外部ディスプレイとして使用する
スマートTVにアプリを追加するスマートTVにアプリを追加する
MacからCDを取り出すMacからCDを取り出す
Macで画面を拡大するMacで画面を拡大する
13歳未満の子供をファミリー共有グループから削除する13歳未満の子供をファミリー共有グループから削除する
MacBook Airをモニターに接続するMacBook Airをモニターに接続する
Macで画面をズームアウト(縮小)するMacで画面をズームアウト(縮小)する
Apple Musicでコラボプレイリストを作成・共有するApple Musicでコラボプレイリストを作成・共有する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は11,958回アクセスされました。
このページは 11,958 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告