ゲイと出会うのは困難です。まず初めに、興味のある男性がゲイなのかを見極めなければなりません。その次に、相手に話しかけるのですが、魅力的な見知らぬ人に声をかけられるだけの自信がなければなりません。時間をかけて自信をつけましょう。そうすればいつの間にか、バーで可愛い男性に声をかけることに何の問題も感じなくなっているでしょう。

パート 1 の 3:
自信をつける

  1. 1
    ポーズを決める 出かける前に鏡の前に立ち、スーパーマンやワンダーウーマンのように腰に手を当て大股開きになりましょう。研究によれば、この"パワースタンス"と呼ばれているポーズには自信を高める効果があるとされています。ポーズを決めることは、精神面に大きな影響を与えるのです。[1]
    • ヴィクトリーポーズを試してみましょう。「V」の形になるよう、腕を上に伸ばします。[2]
    • 椅子に座りながら、身体を思いっきり伸ばすか、足を組みながら手を頭の後ろにまわしてみましょう。[3]
    • バーに出かける前に、上記で紹介したポーズを2分間試してみましょう(または何かしら身体に負荷を与えることをしましょう)。[4]
  2. 2
    見た目に気を配る ここで言いたいことは、見た目が良ければ相手を惹きつけられるという話ではありません。見た目に気をつかえば、気分は「高揚します」。そして、気分が高揚すると、自信も高まるのです。
    • 自分の好みの服装を心がけましょう。常にスーツを着ていたいのであれば、スーツで出かけましょう。自信と力を与えてくれる服を選ぶことが大切です。[5]
  3. 3
    プレッシャーをはねのける バーにいる男性全てを惹きつける必要はないのです。目的は、あなたを惹きつける男性を探すことです。アプローチしたい男性を探すことに神経を集中させましょう。[6]
  4. 4
    自信を鍛える 自信を持つまでには時間がかかります。一晩で何とかなると考えるべきではありません。しかし、自信を持つことに固執すればするほど、自信のある人間に変わることができるでしょう。[7]
    • 自信を持つことは第一関門に過ぎません。自信を持って「行動する」ことが必要なのです。通常、自信に満ちた人間は魅力的に映るものです。
    広告

パート 2 の 3:
行動に移す

  1. 1
    ゲイの集まる場所へ行く 古めのバーでもゲイに出会えるかもしれませんが、ゲイバーに行けば出会いのチャンスはより広がります。その場にいる全ての男性がゲイというわけではありませんが、それでも十分な数がいるでしょう。[8]
    • ゲイバーに行くことは義務ではありません。夜に色々なクラブへ出かけたいというのであれば、そのようにします。ただし、ゲイに対しての世間の偏見は減りつつありますが、中には性的指向を聞かれることに抵抗を覚える男性もいるという事実は覚えておきましょう。[9]
  2. 2
    魅力的な男性にアプローチする 反応を得るまでに、たくさんの男性に声をかける必要があるでしょう。成功するためには、失敗や恥を恐れず行動しなくてはなりません。
    • 出かける度に男性にアプローチする必要はありません。誰かといちゃいちゃしたいという気分の時にのみ行いましょう。
    • 魅力的な男性に片っ端から声をかけるのは避けましょう。不誠実な人間という印象を与え、結果的に出会いのチャンスを失ってしまうかもしれません。
  3. 3
    典型的なナンパの台詞を使わない 最初は簡単に「こんばんは」と挨拶するか、笑顔で会釈しましょう。典型的なナンパの台詞を使うと避けられるばかりか、最悪の場合は笑いものにされます。
    • これはギャグや洒落の利いた台詞を言ってはいけない、ということではありません。むしろ逆で、その台詞があなたのオリジナルで本心であれば、遠慮せずに言うと良いでしょう。[10]
  4. 4
    フレンドリーに接する 気になる相手に声をかけたら、先ずは会話をしましょう。シンプルな会話を流れに乗って進めます。相手を落とそうと頑張りすぎないようにしましょう。
    • 駆け引きをしない 話している相手を気に入ったのであれば、その気持ちを素直に伝えましょう。[11]
  5. 5
    共有していることについて話す クラブでダンスをしているのであれば、踊りに行きたい別の場所について話し、相手を誘ってみるのも悪くありません。楽しくて気楽な会話を続けましょう。相手に質問をするのは良いですが、尋問にならないように注意します。あくまでも自然な会話を心がけましょう。[12]
    広告

パート 3 の 3:
番号を聞く

  1. 1
    相手に好意があるか確かめる 告白をする必要はありません。相手のボディーランゲージに注目しましょう。相手があなたの動きに合わせて踊り、見つめてくるのであれば、彼の好意は明らかです。[13]
    • 会話がはずんでいる場合も良い兆候と言えます。相手が上の空ではなく、会話を切り上げようとする仕草も見られないのであれば、好意を持ってくれていると考えて良いでしょう。[14]
  2. 2
    番号を聞く 単刀直入に聞きましょう。遠まわしに聞く必要も、大ごとのように考える必要もありません。お茶に誘ってみたり、踊りに行く約束をしたりすると良いでしょう。また、番号を聞いた後も会話は続けましょう。番号を得た瞬間に会話を切り上げると、間違った印象を持たれるかもしれません。[15]
    • 最終的に拒否される可能性も覚悟しておきましょう。弾む会話ができたとしても、相手はそれ以上を望んでいないこともあります。拒絶を経験したことが無い人はいません。一度の拒絶で意気消沈しないようにしましょう。[16]
  3. 3
    後で電話を掛ける 声をかけた男性全員の番号を聞く必要はありません。しかし、番号は聞けたが、その日のアプローチが何らかの要因で上手くできなかった場合などは、電話を掛けてみましょう。お茶や、友達との集まりに誘ってみると良いでしょう。良い返事をくれるかもしれません。
    • 相手が電話に出ない可能性もあります。その場合、お互い共通する部分があまりなかったか、あなたへの興味がなくなったのかもしれません。いずれにせよ、相手の判断を尊重しましょう。
    広告

ポイント

  • 何をする時も、自分らしくありましょう。自分を偽らず、良い印象を与えようと無理をしすぎないことです。[17]
  • ボディーランゲージは、相手の好意を測る最良の手段の1つです。熱い視線を交わしてくる、自分の顔や顎を触り始める、または袖を捲り上げ始める場合、相手には好意があると考えて問題ないでしょう。[18]
  • あちらこちらを少し触れるくらいは問題ありませんが、みだらに触らないように気をつけましょう。人は触られることを好むとはいえ、限度はあります。腕や肩に触れて、相手に好意を伝えるのが良い手段です。[19]
  • 出会いはどこにでも転がっています。バーである必要はありません。美術館やアートショー、またはコンサートなどに出かけ、自分の運を試してみましょう。
  • 相手は遊びの関係を求めているかもしれませんし、あなた自身もそうかもしれません。いずれにせよ、本気の関係を求めているのであれば、忍耐強くありましょう。[20]

広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

げっぷする

How to

キスが上手になる

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

男性からの好意に気付く

How to

女性をその気にさせる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

泣いている人を慰める

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む78人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は5,403回アクセスされました。
カテゴリ: 誘惑・女装 | 人間関係
このページは 5,403 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告