カカオ豆を加工して自分で一からチョコレートを作るのは、専門家や時間のたくさんある人にしかできません。しかし実際は、チョコレートが食べたくなったらすぐにでも欲しいと思うでしょう。心配は不要です。(大体の)家庭の棚や冷蔵庫にある材料からチョコレートを作ることができます。

材料

  • ココアパウダー 220g
  • バター     170g、室温で柔らかくなったもの
  • 砂糖      100g、できれば粉砂糖
  • 牛乳      150ml
  • 塩       小さじ4分の1 (任意)
  • 水       235ml

ステップ

  1. 1
    ココアパウダーとバターを混ぜ合わせます。ボウルの中で、ココアパウダーと柔らかくなったバターをペースト状になるまでしっかりと混ぜ合わせます。
    • チョコレートのペーストをボウル(または二重鍋)に移します。
  2. 2
    片手鍋の4分の1まで水(1カップ)を入れます。水を弱火で熱し、その上にチョコレートペーストが入った片手鍋か二重鍋を設置します。
    • 頻繁に混ぜながら、熱くなるまで加熱します。鍋の側面についたチョコレートを定期的にゴムベラではがして焦げ付きを防ぎます。ペーストが熱くなったら(沸騰はさせない)、フードプロセッサーに移してなめらかになるまで混ぜ合わせます。
  3. 3
    牛乳と砂糖を加えましょう。ペーストを混ぜながら、徐々に牛乳と砂糖を加えます。ペーストがなめらかでクリーミーになるまで混ぜ合わせましょう。味見をして、甘さを足したければ砂糖を加えます。お好みで塩を加えてもよいでしょう。
  4. 4
    型か製氷皿に注ぎます。チョコレートが固まるまで、冷蔵庫で冷やしましょう。
  5. 5
    取り出したら粉砂糖を振りかけます。楽しんで味わいましょう。
    広告

ポイント

  • 水を加えすぎるとチョコレートが硬くなってしまいます(塊ができてくっつき合ってしまいます)。
  • 古典的な形にするには、製氷皿を使いましょう。
  • 型は工芸品店で購入できるでしょう。
  • 木製のスプーンで底にたまった濃い部分を上に持ってきて混ぜ合わせ、よりクリーミーにしましょう。
  • 牛乳を加えすぎると、液が薄くなりすぎてしまいます。万が一そうなってしまったら、ココアパウダーを足しましょう。
  • ナッツやベリー類など、好きなものを加えてみましょう。

広告

注意事項

  • 凍らせるには10時間以上かかる可能性があります。
広告

必要なもの

  • 2リットル容量ほどの片手鍋
  • フードプロセッサー
  • 製氷皿または型

関連記事

How to

クーラーボックスに詰めたアイスクリームが溶けないようにする

How to

フロスティングを作る

How to

アイスクリームを作る

How to

パイナップルを切る

How to

キングダムハーツのシーソルトアイスを作る

How to

茶色の食用色素を作る

How to

コンデンスミルク缶でキャラメルを作る

How to

チョコレートをテンパリングする

How to

ケーキを作る

How to

Jello(ゼリー)にフルーツを入れてデザートを作る

How to

チョコレートケーキを作る

How to

ブルーハワイジェロショットを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,213回アクセスされました。
カテゴリ: デザート
このページは 1,213 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告