ココナッツオイルを使う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 20 出典

この記事には:ココナッツオイルを摂取する顔を保湿する髪をトリートメントするココナッツオイルで掃除する

ココナッツオイルは、スーパーフードとして、また何にでも役立つ万能オイルとして話題になっています。料理に加えたり、顔の保湿剤やヘアコンディショナーとして使ったり、掃除に使ったりとその使用方法は様々です。健康効果を裏付ける科学的研究はあまり多くはありませんが、ココナッツオイルは使ってみる価値はあります![1]

1
ココナッツオイルを摂取する

  1. 1
    炒め物やローストにココナッツオイルを使う ココナッツオイルは煙点が高く、香りが強くないため、様々な調理に使うことができます。炒める場合、レシピに記載されている油(バター、オリーブオイル、植物油など)の量と同じ量のココナッツオイルを使います。[2]
    • ココナッツオイルで野菜をローストする場合、大さじ1~2杯(15~30mL)またはレシピに記載されている量のココナッツオイルを小鍋に入れ、弱火で加熱して溶かします。次に、ロースト用鉄板に乗せた野菜に溶かしたココナッツオイルを回しかけます。レシピに従って野菜を味付け、ローストします。
  2. 2
    ココナッツオイルをコーヒー、紅茶、ホットチョコレートに加える いつも飲んでいる温かい飲み物に小さじ1杯(5mL)のココナッツオイルを加えた後、クリームや甘味料を加えます。固形状のココナッツオイルは、熱い液体に混ぜると素速く溶けます。[3]
    • ココナッツオイルを加えると、飲み物にオイルのコクある口当たり(飲み物の表面に)と穏やかな風味が加わります。出来上がりの風味などに多少違いがありますが、ココナッツオイルと無塩バターを半量ずつ加えても良いでしょう(または、バターやオイルは加えずココナッツオイルの量だけを減らます)。
    • いつものモーニングコーヒーにココナッツオイルで少しコクを加えてみては?試す価値はあります。ココナッツオイルには、数ある作用の中でも特にコレステロール値の低下、脂肪の燃焼、有害細菌の殺菌、脳機能の向上に効果があると考えられていますが、はっきりとしたことは分かっていません。[4]
  3. 3
    お気に入りのスムージーレシピにココナッツオイルを混ぜる スムージーの材料に大さじ1~2杯のココナッツオイル(15~30mL)をスプーンですくって混ぜ合わせます。固形状のココナッツオイルを使うとスムージーの中で小さい塊が残る可能性があります。気になる場合は、ココナッツオイルを弱火にかけて溶かします。その後、スムージーの材料に少しずつ加えてからブレンダーにかけます。[5]
    • ココナッツオイルは、バナナなどのトロピカルフルーツを使ったスムージーとよく合います。
  4. 4
    パンやケーキを焼く時にバターや油の代わりにココナッツオイルを使う レシピの材料にキャノーラ油や植物油と記載されている場合、その油の代わりに同量の溶かしたココナッツオイルを使います。香りや食感の違いにほとんど気付かないでしょう。[6]
    • ショートニング、バター、マーガリンなどの固体油脂の代わりにココナッツオイルを使う場合は、ココナッツオイルと固形油脂を1:1の割合にします。ただし、その量はレシピで必要な量の75%にします。例えば、レシピでは大さじ4杯(60mL)のバターと記載されている場合は、ココナッツオイルとバターの量は合わせて大さじ3杯(45mL)にします。つまり、それぞれ大さじ1.5杯(~23mL)です。
  5. 5
    トーストやパンケーキのバターをココナッツオイルで代用する ココナッツオイルは25℃に近づくにつれて柔らかくなり、均一に塗り広げられるようになります。このため、温かいマフィンや焼きトウモロコシにはココナッツオイルを簡単に塗ることができます。気分を変えたい時にバターの代わりに使うと良いでしょう![7]
    • そのほか、ココナッツオイル大さじ1~2杯(15~30mL)を溶かして、ポップコーンにかけてみましょう!

2
顔を保湿する

  1. 1
    未加工のオーガニックエキストラバージンココナッツオイルを買う できるだけ他の成分が混じっていない天然のココナッツオイルを使います。「漂白」、「水素添加」、「精製」、「脱臭」などの用語が瓶に記載されているものは避けます。一方、自然な製法でオイルを抽出したココナッツオイルにはラベルに「コールドプレス」という用語が記載されているため、このような商品を選ぶと良いでしょう。[8]
    • こうしたココナッツオイルは自然食品や健康製品を販売する店で入手可能です。通常、ココナッツオイルはガラス容器に入っており、白っぽいジェルやペーストのように見えます。
  2. 2
    顔洗後に小さじ1杯(5mL)のココナッツオイルでマッサージをする 肌に優しい洗顔料で顔を洗い、ぬるま湯ですすいだら乾いたタオルで水気を拭きとります。ゼラチン状のココナッツオイル小さじ1杯(5mL)を人さし指と中指ですくい、円を描くようにマッサージしながら肌になじませます。毎日このマッサージを繰り返し行います。[9]
    • 体温でオイルが溶け、肌に浸透します。
    • ココナッツオイルは乾燥肌や普通肌によく作用します。油性肌の場合は、別の天然オイル(アルガンオイルやヒマワリオイルなど)を使います。[10]
  3. 3
    溶かしたココナッツオイルを保湿フェイスマスクに使う 大さじ1杯(15mL)のココナッツオイルを鍋に入れて弱火で溶かし、つぶしたバナナ半分とターメリックひとつまみを加えて混ぜ合わせます。指を使って顔に塗り、15分おいてから冷たい水で洗い流し、タオルで水気を拭きとります。必要に応じて毎日繰り返し行います。[11]
    • このマスクは、肌に潤いを与えるだけでなくニキビの発生を減らすことができます。バナナには肌に潤いを与える作用、ターメリックには抗炎症性特性があります。

3
髪をトリートメントする

  1. 1
    大さじ1杯(15mL)程度の固形のココナッツオイルを指ですくう 髪が短い人は半量にします。髪のケアに使う未加工のオーガニックエキストラバージンココナッツオイルは健康食品販売店などで入手可能です。[12]
    • ガラス容器の中でココナッツオイルを25℃以下で保存し、固形の状態で保存します。
  2. 2
    弱火で加熱するか手の中でココナッツオイルを溶かす 小鍋にココナッツオイルを入れ、弱火にかけます。適度に扱える温度までオイルを冷まします。[13]
    • または、固形のココナッツオイルを少量ずつ手に取り、髪にマッサージしながら溶かします。
  3. 3
    ココナッツオイルを部分ごとに髪にもみ込む 髪が長い場合は、くしやヘアクリップなどで何カ所にか分けます。次に、指に溶かしたオイルをつけて、1か所ずつ根元から髪の先まで指先を使ってマッサージします。[14]
    • 固形のココナッツオイルを使う場合は、1カ所に使う分のオイルを指ですくって、オイルが溶けるまで15~30秒ほど指ですり合わせながら、指先でマッサージします。
  4. 4
    30分以上おいてからココナッツオイルをシャンプーで洗い流す 可能なら2時間以上おいてから洗い流します。長く置くほど髪にオイルが浸透しやすくなります。洗い流す時間になったら、いつも使っているシャンプーでいつも通りに髪を洗い、すすぎ、乾かします。[15]
    • ココナッツオイルを塗って一晩おいてもよいでしょう。オイルで枕が汚れないよう、必ず枕にタオルを敷いて寝ましょう。シャワーキャップをかぶって寝るのも良いでしょう。

4
ココナッツオイルで掃除する

  1. 1
    ココナッツオイルと重曹を使って汚れを落とす 同量のココナッツオイルと重曹をよく混ぜます(例:それぞれ1カップ(200mL)ずつ)。カーペット、壁、布製品の表面など汚れのある部分に塗り、5~10分ほど置いてから、湿らせた布巾で拭きとります。[16]
    • 他のシミ取り剤と同様に、塗った表面にダメージや変色が起こる可能性があります。目立たない部分(サイドテーブルの下のカーペットの角部分など)で試してから塗りましょう。
  2. 2
    ココナッツオイルで家具用艶出し剤を作る 大さじ4杯(60g)のココナッツオイルを小鍋に入れ、弱火にかけて溶かします。そこへ大さじ4杯(60mL)の酢と小さじ2杯(10mL)のレモン果汁を混ぜ合わせ、スプレーボトルに詰めます。スプレーボトルをよく振って、木製家具に軽く吹き付けます。その後、柔らかい清潔な布で磨きます。[17]
    • 最初に家具の目立たない所にスプレー液を吹き付けてみて、反応がないかどうか、または、シミになったり変色したりしないかを確認します。
    • ココナッツオイルは25℃以下になると凝固するため、素早くスプレー液を使います。
  3. 3
    ココナッツオイルをそのまま革製品の汚れ落としや保革に使う きれいな布に指先大のココナッツオイルをつけます。円を描くように動かしながら皮製品にココナッツオイルをなじませます。艶のある薄い膜が覆ったような仕上がりになります。汚れがある部分には必要に応じてココナッツオイルをさらに塗り込みます。[18]
    • 最初に目立たない所で試してからココナッツオイルを使いましょう。気に入りの革のジャケットやソファーが変色する可能性がないとは限りません!
  4. 4
    ココナッツオイルで落ちにくい汚れをこすって落とす 布に少量のココナッツオイルをつけ、シミ汚れに塗り込みます。オイルは落ちにくいシミ汚れを浮かして取り除く作用があります。必要に応じて湿らせた布巾で拭きとります。[19]
    • カーペットの汚れ(値札やシールなどによるネバネバ汚れ)にもこの方法を試してみましょう。
    • 同様に、最初に目立たない所で試してからココナッツオイルを使いましょう。

ポイント

  • ココナッツの香りが強くなりすぎるのが心配な人は、ココナッツオイルに同量のごま油とオリーブオイルを(1:1:1の割合で)混ぜ合わせるとココナッツの香りを和らげることができます。この割合ならば、ココナッツオイルとほぼ同じ効果を得ることができます。
  • ココナッツオイルの摂取による健康効果については、明確な医学的根拠はあまり多くはありません。しかし、ココナッツオイルによる脳機能の向上、コレステロール値の低下、有害細菌の殺菌、脂肪燃焼などの効果がある可能性があります。[20]
  • 手元にメイク落としがない時は、少量のココナッツオイルを塗り、コットンでメイクを拭きとります。

必要なもの

  • 未精製のオーガニックエキストラバージンココナッツオイル
  • ココナッツオイルを溶かす小鍋(必要な場合)

出典

  1. http://www.berkeleywellness.com/healthy-eating/diet-weight-loss/food/nutrition/article/coconut-oil-all-its-cracked-be
  2. https://wellnessmama.com/8858/eat-more-coconut-oil/
  3. https://wellnessmama.com/5673/healthy-coffee/
  4. https://www.healthline.com/nutrition/top-10-evidence-based-health-benefits-of-coconut-oil
  5. https://wellnessmama.com/8858/eat-more-coconut-oil/
  6. http://www.coconutoil-online.com/Recipes_and_Tips_for_Using_Coconut_Oil.html
  7. https://www.md-health.com/Substitute-Coconut-Oil-For-Butter.html
  8. https://blog.paleohacks.com/coconut-oil-for-skin/#
  9. https://www.prevention.com/beauty/a20428276/coconut-oil-cures-for-your-skin-and-hair/
続きを 表示する… (11)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 調理法

他言語版:

English: Use Coconut Oil, Italiano: Usare l'Olio di Cocco, Español: utilizar el aceite de coco, Português: Usar Óleo de Coco, Deutsch: Kokosöl verwenden, 中文: 使用椰子油, Русский: использовать кокосовое масло, Français: utiliser de l'huile de noix de coco, Bahasa Indonesia: Menggunakan Minyak Kelapa

このページは 19 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?