ココナッツオイルを犬のノミ対策と皮膚の手入れに使う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 10 出典

この記事には:犬にココナッツオイルを与える犬の皮膚にココナッツオイルを使う

肌の問題を改善するとして、ココナッツオイルの人気が高まっています。ココナッツオイルには抗菌および抗カビ作用があり、しかも簡単に手に入れることができます。[1]ココナッツオイルの効用(効果があれば)については研究の余地がありますが、ココナッツオイルは安心して犬に与えることができます。犬にココナッツオイルを食べさせたり、被毛や皮膚にすり込むと、皮膚の問題や被毛の状態が改善されると信じる飼い主もいます。

1
犬にココナッツオイルを与える

  1. 1
    エキストラバージンココナッツオイルを購入しましょう。犬が口にするココナッツオイルは、できるだけ高品質の物を選びます。可能であればオーガニックオイルを購入しましょう。精製、漂白、脱臭処理(RBD)がされたオイルは、処理の過程で栄養価が損なわれるため、購入は避けましょう。[2]
    • 高品質のココナッツオイルは、食料品店、薬局、または自然食品店で購入できます。
  2. 2
    スプーンを使うか、餌に混ぜて与えます。体重4.5 kgごとに小さじ1 杯(4 g)のココナッツオイルを与えますが、少量から始め徐々に量を増やしていきます。まずは1/4の量を数日間与え、その後増量していきましょう。スプーンで直接与えるか、または餌に混ぜて与えます。[3]
    • 最初から多量のココナッツオイルを与えると、下痢や消化不良を起こす場合があります。
    • 体重が9 kgの犬であれば、小さじ1/2杯(2 g)のココナッツオイルを数日間与え、最終的に小さじ2杯(8 g)にします。
  3. 3
    犬の食事に含まれるオメガ3オイルとのバランスを考えます。犬に与えている食事内容を考慮し、ココナッツオイルにも含まれている必須脂肪酸(オメガ3)を与えすぎないように注意しましょう。犬がオメガ3オイルを含むサプリメントを摂取している場合は、サプリメントとココナッツオイルを交互に与えます。オメガ3の過剰摂取は、消化器官の問題を引き起こしたり、血液凝固を阻害したり、インシュリン感受性に影響を及ぼす場合があります。[4]
    • オメガ3オイルを週に3日与えている場合は、残りの4日間にココナッツオイルを与えましょう。
  4. 4
    ココナッツオイルの長期摂取について、獣医師に問い合わせましょう。ココナッツオイルの犬の皮膚への効果に、疑問を抱く獣医師もいます。ココナッツオイルの日常的な摂取について、獣医師に相談しましょう。大さじ1杯(12 g)のココナッツオイルは120キロカロリーになるため、飼い犬が肥満気味であれば、獣医師は短期的な摂取を勧めるかもしれません。[5]

2
犬の皮膚にココナッツオイルを使う

  1. 1
    高品質のココナッツオイルを購入しましょう。精製されたオイルより栄養価が高い、無精製のエキストラバージンココナッツオイルを選びましょう。精製、漂白、脱臭処理(RBD)がされたオイルは避けましょう。ココナッツオイルは室温が高いと液化しますが、室温が下がるにしたがって凝固します。[6]
    • 高品質のココナッツオイルを食料品店、薬局、または自然食品店で購入しましょう。
  2. 2
    ココナッツオイルを手の中で温めます。ココナッツオイルが液状であれば、小さじ1/2 杯(2 g)を片手のひらにのせます。両手をこすり合わせてオイルを全体に広げます。固形のココナッツオイルを使う場合は、手のひらにスプーンで少量すくい、1分ほど両手をこすり合わせます。ココナッツオイルはやがて柔らかくなり液化します。[7]
  3. 3
    犬の皮膚にココナッツオイルをすり込みます。オイルをつけた手で犬の背中、足の下部、お腹をこすりましょう。また、乾燥、痒み、赤みのある皮膚や、ノミに噛まれた部分にもオイルを塗りましょう。皮膚の問題が改善されるまで、オイルを日に1~2回塗布します。[8]
    • 必要に応じて手にオイルを補充しましょう。
  4. 4
    被毛にココナッツオイルを塗ります。飼い犬にノミがついている場合は、被毛のケアも必要です。両手にココナッツオイルをつけ、指を被毛の間に走らせます。お腹の毛にもオイルを忘れずに塗りましょう。ノミがいなくなるまで、オイルを日に1~2回塗ります。[9]
    • ココナッツオイルは数回でも、または数週間にわたって使っても構いません。ノミがいなくなるまで続けましょう。
  5. 5
    犬にセーターを着せましょう。ココナッツオイルは食べても安全なため、犬が被毛や皮膚についたオイルを舐めても問題はありません。それでも、ココナッツオイルの効果が薄れることが心配であれば、犬にセーターを着せてもよいでしょう。犬がオイルを舐めてしまうのをセーターで防ぐことができます。

ポイント

  • 飼い犬がココナッツオイルの匂いを嫌うようであれば、数滴のラベンダーやレモンのエッセンシャルオイルを混ぜる手もあります。エッセンシャルオイルを使って、酵母菌が引き起こす皮膚の問題を治療する飼い主もいます。[10]
  • 長い被毛を持つ飼い犬の、皮膚の痒みを解消したい場合は、毛を剃ってココナッツオイルを塗り、2~3時間おいてからお湯で洗い流しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ペット・動物

他言語版:

English: Use Coconut Oil for Flea and Skin Treatment on Dogs, Español: usar aceite de coco para tratar las pulgas y la piel de los perros, Italiano: Usare sui Cani l'Olio di Cocco per le Pulci e i Trattamenti Cutanei, Português: Usar Óleo de Coco para Tratar as Pulgas e a Pele dos Cães, Русский: использовать кокосовое масло, чтобы избавиться от блох и вылечить кожу у собак, Deutsch: Kokosöl bei Flöhen und zur Hautbehandlung bei Hunden verwenden, Français: utiliser de l'huile d'olive comme traitement antipuces ou pour soigner la peau d'un chien, Nederlands: Kokosolie gebruiken tegen vlooien of huidproblemen bij je hond, Bahasa Indonesia: Menggunakan Minyak Kelapa untuk Membasmi Kutu dan Merawat Kulit Anjing, Tiếng Việt: Dùng dầu dừa trị bọ chét và vấn đề về da cho chó, العربية: استخدام زيت جوز الهند للقضاء على البراغيث ومعالجة المشاكل الجلدية عند الكلاب, ไทย: กำจัดหมัดและโรคผิวหนังของหมาด้วยน้ำมันมะพร้าว, 中文: 使用椰子油给狗狗驱除跳蚤以及护理皮肤, 한국어: 코코넛 기름을 이용한 애견의 피부 및 벼룩 치료법

このページは 655 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?