コスプレをする方法

コスプレをするのは大変な作業です。しかし、準備に時間と労力をかければかけた分だけ、完成した衣装をイベントや街中で着たときの喜びは大きなものになります。一般的にコスプレは、イベントでアニメや漫画のキャラクターになりきるためだけの行為であると思っている人が多くいるでしょう。しかし実際は、コスプレはもっと奥が深く、自分にぴったりの衣装を選ぶことに意味があるのです!

ステップ

  1. 1
    まずは、誰のコスプレをするのかを決めましょう。また、何のためにコスプレをするのかも考えましょう。街中で楽しむためなのか、あるいはアニメコンベンションなどの大きなイベントに参加するためなのか、目的をはっきりとさせましょう。初めてのコスプレをするときは、シンプルな格好をしているキャラクターを選びましょう。しかし、周りから白い目で見られたり、嫌がらせをされたりする可能性を気にしないのであれば、大胆に好きな格好をしましょう。その場合は、どんな衣装を選んでも問題はありませんが、個性的な衣装を選んだ方が目立つことができます。
  2. 2
    衣装をどのように調達するのかを決めましょう。予算と準備時間を考えましょう。時間がなければ、一から衣装を手作りする余裕はないでしょう。メイクや髪型(地毛・かつらを問わず)の準備にも時間がかかることを忘れてはいけません。
  3. 3
    コスプレをするキャラクターも決まり、衣装を手作りすると決めたら、必要なものをリストアップしましょう。何をどのように作るのか、そのために何を購入すべきか、全て書き出しましょう。例えば、コスプレをするキャラクターがジャケットとズボンを着用している場合、それらは何色でしょうか?どのような生地で作れるでしょうか?緩めの服装でしょうか?それともタイトな服装でしょうか?
  4. 4
    衣装は買って準備ができたとしても、それ以外に、髪型やメイク、カラーコンタクトなどの準備にもお金と時間をかける必要があでしょう。まずは、そのキャラクターの髪型、目の色、顔の形を研究しましょう。かつらは必要でしょうか?どのようにして髪型を作りますか?どのようなメイクをすれば、そのキャラクターに近付けるでしょうか? カラーコンタクトは必要でしょうか?顔の形を変えるメイク術についても調べてみましょう。衣装に合わせる小道具の準備も忘れてはいけません。
  5. 5
    キャラクターのスケッチをあらゆる角度から描いてみましょう。そうすれば、そのキャラクターの細部や全体像を把握できます。それをもとに、衣装の採寸を考え、スケッチに書き込んでいきましょう。キャラクターが道具や武器、あるいは袋などを手にしていれば、それらも全てスケッチに描き込みましょう。
  6. 6
    衣装作りにどのくらいの時間(と費用)が掛かるのかを考えましょう。細部にこだわった複雑な衣装ほど、制作に時間が掛かります。自分が想像しているよりも長めに準備時間を設定し、現実的な見積もりをしましょう。また、作業のやり残しや不具合を最終確認するために、予備の時間も計算に入れておきましょう。早めに準備が終わる分には何の問題もありません。しかし、未完成な衣装を着る羽目になってはいけません。衣装を作る際には、何をどの順番で作るのかも考えましょう。
  7. 7
    メイクの仕方や、コンタクトの取り外し方、髪やかつらのセットの練習をしましょう。完成度の高いコスプレには時間が掛かります。焦らず様々な方法や商品を試してみましょう。
  8. 8
    準備が整ったら、鏡の前で完成したコスプレをチェックしてみましょう。対象のキャラクターに似ていますか?似ていなければ、どこに問題があるかを調べて調整を加えましょう。友達や信頼できる人にも、キャラクターに似ているか、どこを変えるべきかなどについて意見を聞いてみましょう。その際には、必ず正直に答えてもらいましょう。
  9. 9
    自信を持ってコスプレをしましょう。必要であれば、家でキャラクターのポーズを練習しましょう。また、そのキャラクターの歩き方や動きなども研究し、真似をしてみましょう。しかし、無理に真似をする必要はありません。楽しめる範囲で練習しみましょう。
  10. 10
    コスプレデビューをしましょう!街中を歩くにしても、パーティーやコンベンションに行くにしても、コスプレを存分に楽しみましょう!
  11. 11
    コスプレを楽しみましょう!楽しくなければ、それは正しいコスプレではありません!
    広告

ポイント

  • 自分が好きなキャラクターのコスプレをしましょう。衣装を準備している最中に後悔があってはいけません。
  • 小道具は長時間持ち歩くことになるので、例え軽くても、時には邪魔になることを覚悟しましょう。
  • 特徴的な髪型をしているキャラクターのコスプレをするときは、きっちりと髪型を固定し、イベントの最中に崩れないように注意しましょう。
  • 対象のキャラクターにそっくりでなくても問題はありません。コスプレは完璧でなくても良いのです。
  • 例えば、そのキャラクターがスーツに赤いネクタイなど、比較的普通の格好をしている場合は、スーツとネクタイは手作りせず、購入しましょう。デパートやファストファッション店にて、3千円ほどですぐに手に入ります。手作りするものはできるだけ減らしましょう。
  • 求めている生地がない場合は、別のもので代用しましょう!様々なアイディアを楽しみましょう。ただ、一点注意すべきなのは、本来の衣装が綿素材であれば、サテン生地やシルクでの代用は控えましょう。あまりにも印象が変わってしまいます。
  • コスプレ衣装をオーダーメイドする、つまり別の人に作ってもらうのも一案です。その場合は、業者に製作費を払う必要があります。注文方法は業者によって異なります。参考資料となる画像と採寸を提出するだけで、どんな衣装でも作る業者もいます。しかし、中には数種類の衣装しか作らない業者もいます。また、制服や着物など、特定の衣装だけを作成している業者もいます。
  • 気に入らないキャラクターを選んではいけません。
  • キャラクターに似せることにとらわれ過ぎてはいけません。衣装の出来栄えを笑われても、気にせず堂々としましょう。手間暇とお金をかけて一生懸命に準備をした衣装に自信を持ちましょう。
  • どこで衣装を買えばいいのか分からない場合は、リサイクルショップや古着屋に行ってみましょう。古い家具や時代遅れの服ばかり置いてあると思われがちですが、都心部の古着屋には、最近の服が売られていることもあります。その中で最も安いものを探してみましょう。また、手芸用品売り場に行ってみましょう。キラキラとした生地やスパンコールがあしらわれた素材がたくさんあるはずです。衣装や小道具の手作りに失敗したら、フリーマーケットに行ってみましょう。そうすれば、お金や時間を気にせず、必要なものだけを調達して作業をやり直すことができます。
  • あるキャラクターをモチーフにしつつ、オリジナルの衣装をデザインするのも一つの楽しみ方です。元の衣装に忠実でなくても、熱心なファンが見れば、どのキャラクターの衣装をアレンジしたのかすぐに気付くはずです。恐れずに挑戦しましょう。
  • コスプレにあまりお金をかけられないのであれば、衣装に必要なものは前もって発注し、早めに手元に届くようにしましょう。無料配送は時間がかかることもあり、イベントの次の日に到着するような段取りでは、全てが台無しになります。時間に余裕を持って準備しましょう。
  • お気に入りのキャラクターをインターネットで検索してみましょう。ひょっとすると、小道具が売りに出されているかもしれません。優れたコスプレイヤーとは、アクセントの効いた衣装を身にまとっている人たちのことです。
  • 周りにどう思われているかを気にしてはいけません!女性が男性キャラクターの衣装を着る、あるいは男性が女性キャラクターの衣装を着ることに何の問題もありません!
  • 全てを購入する必要はありません!クローゼットの中に使えるものがあれば、使わない手はありません。
  • コスプレが完成したら、それを人に見せられる場所を探してみましょう。公園や空き地や森など、コスプレが映える場所を探してみましょう。求めていた雰囲気を演出できるかもしれません。

広告

注意事項

  • 対象のキャラクターのことはきちんと知っておきましょう!コスプレをしている最中、そのキャラクターについて誰かから聞かれたときに、何も分からなかったとしたら、とても恥ずかしい思いをします。
  • きちんと準備をせずにコスプレをしてはいけません。ただでさえアニメのイベントは疲れるものです。徹夜で衣装の準備をするような真似をしてはいけません。
  • かわいいキャラクターや動物キャラクターのコスプレをする場合は、きっと子供連れの人達から一緒に写真を撮ることを求められるでしょう。内気な人にとっては緊張する場面ですが、仮面を付けたり、顔が隠れる衣装を着ることによって、少しは気持ちが楽になります。いずれにしても、注目を浴びるのは覚悟しましょう。自分の衣装のお気に入りのポイントくらいは説明できるようにしておきましょう。写真を撮られたくない場合は、きちんとその旨を伝えましょう。
  • 真剣にコスプレをする場合、それなりに時間とお金をかけなければ、自信作は生まれません。ファンの中には、完成度の低いコスプレを見ると、キャラクターに対して失礼だと感じる人もいます。きちんとキャラクターの下調べをして、裁縫の練習もしましょう。
  • イベントに小道具を持参する場合は、そのイベントの安全規則にきちんと従いましょう。ほとんどのコスプレイベントでは、金属製の剣やモデルガンなど、人に危害を与える可能性のあるものは、持ち込みが禁止されています。念のため、事前にイベントの主催者に小道具の画像を送って確認を取りましょう。イベントには許可された小道具だけを持参し、心置きなくコスプレを楽しみましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む75人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: アート・エンタメ
他言語版
このページは 1,025 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告