PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

コスプレの衣装は手作り、購入、制作委託などで用意できますが、いずれの場合でも準備は大変です。下調べやコスチュームを決めるのに時間がかかるうえ、ヘアスタイルやメイクなどの細かい部分も考える必要があります。キャラクターに近付くために、ポーズをいくつか覚えておくと良いでしょう。準備は大変かもしれませんが、実際にコスプレを披露するときの喜びは大きいので、時間と労力を費やすだけの価値はあるでしょう。

パート 1 の 4:
コスプレの準備をする

  1. 1
    誰のコスプレをするのかを決めましょう。自分に似たキャラクターや親近感を覚えるキャラクターを選びます。人種や体型、性別が同じでなくてもかまいません。キャラクターを自由に選びましょう。コスプレの対象となるキャラクターは、日本発祥のものやアニメに限定されるわけではありません。映画やテレビ番組のほか、ディズニーなどの海外アニメのキャラクターのコスプレをしても良いでしょう。[1]
    • 初めてコスプレをする場合には、できるだけシンプルな格好のキャラクターを選ぶほうが取り組みやすいでしょう。
  2. 2
    参考にする画像を入手しましょう。入手する画像は適当に選ぶのではなく、コスプレをしようとする特定のコスチュームを身に着けたキャラクターの画像を探しましょう。複数のコスチュームを持つキャラクターが多く、シリーズでコスチュームが少し変化するキャラクターもいます。たとえば、アイアンマンのパワードスーツは、アベンジャーズやアイアンマンの映画シリーズごとに少しずつ異なります。バットマンのコスチュームも、映画ごとにデザインが変更されています。[2]
    • ファンアート(二次創作)では、このような画像を見つけるのが難しいかもしれませんが、コスプレをするキャラクターの画像の中でもできるだけ高画質のファンアートを入手しましょう。
  3. 3
    コスプレにどれだけの労力とお金を費やすのかを決めましょう。見栄えの良いコスプレをするために大金をかける必要はありません。しかし、お金をかけずに完成度の高いコスプレを準備するには、その分多くの時間をかける覚悟が必要です。コスチュームによっては、裁縫だけでなくレジンキャストでパーツを制作したり、発泡スチロールで武器を作ったりする必要があります。
    • イベント前の準備に時間をかけるほど、コスプレの完成度が高くなります。この週末にイベントがあるのなら、何かシンプルなものを考えましょう。
  4. 4
    オリジナリティーを出したければ、独自のデザインを取り入れましょう。画像のキャラクターを忠実に再現するのが一般的ですが、独自の工夫を凝らしてもかまいません。たとえば、ディズニープリンセスのコスチュームに歴史を反映させたり、コスチュームをスチームパンク風にアレンジしても良いでしょう。また、セーラームーン風のポケモンキャラクターなど、二つのキャラクターを組み合わせることもできます。
    • 他の人のコスプレ写真やファンアートを参考にしてアイデアを練りましょう。
    • 誰かのファンアートに基づいてコスプレをする場合は、マナーを守ってその人の許可を取りましょう。
  5. 5
    イベントの前に準備が終わるように、早めに計画を立てましょう。コスチュームの制作を委託する場合は、制作にかかる時間を考慮する必要があります。また、購入する場合でも届くまでには時間がかかるでしょう。コスチュームを自分で作る場合は、手直しにかかる時間を余分にとっておきましょう。[3]
    • デザインが細かく複雑なコスチュームほど、制作に時間がかかります。
    広告

パート 2 の 4:
コスチュームを制作または購入する

  1. 1
    必要なものをすべてリストアップしましょう。コスチュームやベルト、手袋、靴など、コスプレに必要な一つ一つのアイテムを書き出します。また、必要に応じてウィッグやメイク、下着なども書いておきましょう。自分で作る場合は、それぞれに必要な材料も書き足します。[4] 具体的な例は次の通りです。
    • 白のブラウス:白のコットン生地、白い糸、白いボタン
    • 緑のスカート:濃い緑のツイルまたはウール生地、同色の糸、ファスナー、カギホック
    • 茶色のローファー、白のハイソックス、ベージュのブラジャー
  2. 2
    コスチュームを縫う場合は、型紙を使いましょう。生地店で市販の型紙を購入するか自分で型紙を作ります。市販の型紙を使う場合は、自分の体形やキャラクターに合わせて修正する必要があります。市販の型紙の多くには、適した生地の種類が記載されているのでそれも参考にしましょう。
    • 市販の型紙を使う場合は、裾や袖の形を変える必要があるかもしれません。
    • 型紙の形が同じでも丈が異なる場合は、長くまたは短く直しましょう。
    • 作りたいコスチュームに合わせて襟の形も変えましょう。
  3. 3
    コスチュームを購入することを恥ずかしく感じたりためらったりする必要はありません。コスプレに必要なものをすべて一から作るのは大変です。日用品を使う場合は、買ったほうが簡単でしょう。[5] たとえば、犬夜叉のかごめのコスプレをする場合はハイソックスが必要になりますが、これは作るより買ったほうが安く、速く、簡単に用意できます。
  4. 4
    既製品を直してコスチュームに仕上げる方法もあります。形が同じでも色だけが異なる、または色が同じでも丈が長すぎるなど、少し直せばコスチュームに使えそうなアイテムが見つかることもあります。一から作る代わりに似たようなものを探して、手を加えましょう。[6] 具体的な方法は次の通りです。
    • 形が同じで色が異なる場合は染めましょう。
    • 長すぎる裾や不要な袖は切り落としましょう。必要に応じて切った端を始末します。
    • コスプレでブーツを履く場合は、色を塗り替えるかブーツカバーを作りましょう。
  5. 5
    コスチュームを購入または制作を委託する場合は、取引相手について調べましょう。特にコスプレショップでコスチュームを購入する場合は、サイズがぴったり合うとは限りません。また、品質の良し悪しも様々です。コスチュームの購入先や制作を委託する人物や会社を事前に調べておくことが最も重要です。信頼のおける人物や会社であることを確認しておきましょう。
  6. 6
    小道具やアクセサリーも用意しましょう。必要不可欠ではありませんが、小道具やアクセサリーを加えるとコスプレのレベルが上がります。小道具を使えば斬新なポーズが決まり、アクセサリーをつければキャラクターにより近付けるでしょう。小道具やアクセサリーは、コスチュームと同様に手作りするか、購入または制作を委託しましょう。
    • 多くのアニメ映画のコスチュームはシンプルなデザインです。ディズニープリンセスのコスプレをする場合は、アクセサリーやウイッグを足しましょう。
    • 持ち込みが禁止されているアイテムもあるので、持参する小道具についてはイベントの参加規約で確認しましょう。
    広告

パート 3 の 4:
ヘアスタイルとメイクを整える

  1. 1
    ヘアスタイルとメイクをどのように仕上げるのかを考えましょう。コスチュームと同様に、キャラクターのヘアスタイルやメイクをどのように再現できるのかを考えます。自分の髪をスタイリングするのか、もしくはウィッグを使う必要があるのかも考慮しましょう。メイクをしたほうが写真うつりが良くなります。キャラクターに似せたメイク、もしくは一般的なメイクなど、どんなメイクをするのかを考えましょう。全体をどのように仕上げたいのかを考えます。
  2. 2
    髪を切ったり染めたりしてもかまわなければ、自分の髪をアレンジしましょう。自分とキャラクターのヘアスタイルが全く同じでなくてもそれほどの違いがなければ、ストレートに伸ばす、カールをつける、エクステンションをつけるなどしてキャラクターのヘアスタイルに近付けましょう。思い切って髪を切ったり染めたりしても良いでしょう。ただし、しばらくそのヘアスタイルで過ごすことになるので、思い切った手段を取るのはそのヘアスタイルが好みに合う場合に限定したほうが賢明です。[7]
  3. 3
    自分の髪をいじりたくなければ、品質の良いウィッグを使いましょう。ウィッグは評判の良いウィッグ専門店やコスチュームショップで購入するのが最善です。パーティグッズやハロウィングッズの販売店で安価なウィッグを購入するのはやめましょう。ヘアスタイルを自然に見せるには、レースフロントウィッグを使いましょう。[8]
    • ウィッグの下には、ウィッグと同色または肌色のウィッグ用インナーキャップをつけましょう。
    • ウィッグがずれないように、ウィッグと同色のヘアピンで留めましょう。
    • ウィッグの下の髪は、はみださないようにピンで留めておきます。
  4. 4
    自分の髪やウィッグをスタイリングしましょう。自分の髪はもちろん、ウィッグを使う場合でもスタイリングする必要があります。ほとんどのウィッグはキャラクターに似せて作られているわけではないので、毛先を切り揃える必要があります。場合によっては、巻くかストレートに伸ばしてスタイリングします。自分の髪やウィッグを好みのスタイルに整えてから、ヘアスプレーで固定しましょう。
    • ヘアスプレーやヘアワックスを使ってヘアスタイルを整えましょう。
    • ウィッグをスタイリングする場合は、発泡スチロール製のマネキンヘッドを使うと便利です。
    • ウィッグにストレートアイロンやコテを使うのは避けましょう。カールをつけたりストレートに伸ばしたりするには、温水を使います。
  5. 5
    男性がコスプレをする場合や男性キャラクターのコスプレをする場合でも、メイクをしましょう。コスプレをするのにメイクは大切です。メイクをすると肌がより滑らかに整い、写真うつりが良くなるでしょう。ほとんどのキャラクターのコスプレには、基本的なファンデーションやニュートラルカラーのアイシャドウ、アイライナーを使ったナチュラルメイクが適しています。女性キャラクターのコスプレをする場合は、マスカラやつけまつ毛を足しても良いでしょう。そのうえで、必要に応じてコントゥアリング(シェードやハイライトで陰影をつけるメイク術)、口紅、チークなどで、より生き生きとしたルックスに仕上げましょう。[9]
    • コントゥアリングを施すと、より女性的または男性的な顔立ちに整えることができます。
    • 男性キャラクターのコスプレをする場合でも口紅をつけたほうが見栄えが良くなります。ニュートラルカラーの口紅をつけましょう。
    • キャラクターやコスチュームに合うのであれば、別の色のアイシャドウを使ってもかまいません。
    広告

パート 4 の 4:
コスプレを楽しむ

  1. 1
    イベントの前にコスプレを試しましょう。コスチュームやウィッグの着用、メイク、コンタクトレンズの着脱などを一通り試します。違和感があるものやサイズが合わないものがあれば、直しておきましょう。コスプレで身につけるものが、丈夫で快適であることを確認しておきます。[10]
    • カラーコンタクトレンズで問題が起こったら外しましょう。イベントが終わるまでつけたままにすると、深刻な感染症を引き起こす可能性があります。
  2. 2
    キャラクターを演じましょう。必ずしも必要ではありませんが、キャラクターとして振舞いたければそのようにしてもかまいません。いくつかのポーズを練習しておくと良いでしょう。コスプレイベントでは他のコスプレイヤーの写真を撮ることが多いので、写真撮影を頼まれる可能性もあります。[11]
  3. 3
    他のコスプレイヤーとは最低限の距離感を保ちましょう。同じアニメやシリーズのキャラクターを見つけたら、キャラクターを演じてそのコスプレイヤーに話しかけるのは悪いことではありませんが、全員がそのような交流を求めているわけではありません。相手の反応がなければ謝って立ち去りましょう。しつこくつきまとったり、強要したりするのはやめましょう。
  4. 4
    深刻に考えすぎないようにしましょう。コスプレは本来楽しむものです。他のコスプレイヤーと比べるのではなく、自分の努力に誇りを持ちましょう。友達とイベントに参加するか会場で新しい友達を作ります。人見知りをする人は、コスプレイベントや交流会などに参加してみましょう。このようなイベントでは楽しいことがたくさんあります。[12]
    • 競うのが好きなら、コスプレコンテストに参加してみましょう。多くのイベントで開催されています。
  5. 5
    コスプレをしているからといって、何をされても我慢する必要はありません。嫌がらせをする人がいたら声をあげましょう。警備員やイベントのスタッフに通報します。しつこくまとわりつかれ、周りに警備員やイベントスタッフがいない場合は電話で助けを求めましょう。イベントでは、このような事態は滅多に起こりませんが絶対に起こらないとは限りません。身の安全を守ることが非常に重要です。[13]
    • 賢く行動しましょう。知らない人と二人っきりになるような場所や人気のない場所に行ってはいけません。
    • 特に夜間に出かける場合は、友達や信頼できる人と常に一緒に行動しましょう。
    広告

ポイント

  • 泊りがけでイベントに参加する場合は、コスチュームなどを修理する道具を持っていきましょう。修理用のアイテムを数種類持っていると重宝します。[14]
  • 小道具の重量を抑えましょう。軽い小道具でも持ち続けると重く感じるようになります。[15]
  • イベントの最中にコスプレの衣装などが壊れたら、応急処置ブースなどの修理ができる場所があるか確認しましょう。
  • コスチュームを購入することもできますが、一般的に高価です。裁縫ができなければ友達に頼むか、コスチュームに合うように既成の服を直しましょう。必要に応じて布用塗料を使いましょう。
  • 適した布地が見つからない場合は、既成の服を切って使うこともできます。
  • コスプレをするキャラクターの性別が自分と同じである必要はありません。異性のキャラクターのコスプレも可能で、これはクロスプレイと呼ばれています。
  • イベント中も忘れずに食事をとって水を飲み、休憩をとりましょう。
  • コスチュームやメイクなどが時代遅れにならないように、コスプレをするキャラクターの最新情報を調べておきましょう。
  • コスプレの準備に忙しくてもきちんと休みましょう。コスチュームが完成しても疲れていてはイベントで十分に楽しめません。
  • コスプレの準備にかかる費用を大幅に削減する方法の一つとして、ゴミになるものを再利用することを考えましょう。たとえば、ネット通販をよく使う場合は商品が入っていた段ボールを適当な大きさに切り、将来使うためにとっておきましょう。空き缶や空き瓶もきれいに洗って保管します。古くなった服や気泡入り緩衝材などは、集めて保管しておくと便利です。リサイクルをすれば、お金をほとんどかけずに次のコスプレの準備ができるでしょう。
  • 清潔感を大切にしてデオドラントを使いましょう。泊りがけでイベントに参加する場合は、少なくとも一日一回はシャワーを浴びましょう。
広告

注意事項

  • 準備を先延ばしにしたり、ぎりぎりになってから慌てて準備をしたりするのは避けましょう。
  • 写真撮影を頼まれても嫌ならきちんと断りましょう。ただし丁寧な口調を心掛けます。
  • コスプレをしているからといって何をしても許されるわけではなく、また、何をされても我慢しなくてはいけないわけでもありません。他のコスプレイヤーを尊重し、しつこくされたらためらわずに通報しましょう。
広告

関連記事

舌でさくらんぼの柄を結ぶ舌でさくらんぼの柄を結ぶ
絵具で黒を作る
指の関節をポキポキ鳴らす指の関節をポキポキ鳴らす
発泡スチロールを切る発泡スチロールを切る
花の絵を描く花の絵を描く
知らない曲を探す知らない曲を探す
計算を使ったトリックで相手の年齢をあてる計算を使ったトリックで相手の年齢をあてる
妊娠したふりをする妊娠したふりをする
星を描く
映画評論を書く映画評論を書く
目を赤くする目を赤くする
声域を確認する声域を確認する
スケッチを描く
アニメ・漫画のキャラになりきるアニメ・漫画のキャラになりきる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,993回アクセスされました。
カテゴリ: アート・エンタメ
他言語版
このページは 1,993 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告