小さな白い蛾やアブラムシのように見えるコナジラミには、1,000種以上の種類があり、葉の裏側に群れを作って繁殖します。幼虫と成虫は、葉液を吸ったり、病気を拡散したりして植物に害を与えます。コナジラミが大量に繁殖すると、駆除をするのは難しくなり、数週間にわたって何度も処置をしたり、株を切り戻したりする必要があるかもしれません。

パート 1
パート 1 の 4:
自然な方法を使う

  1. 1
    コナジラミを吸引する ハンド掃除機を使うか、通常の掃除機に家具用ノズルを取り付けます。コナジラミが寄生している植物の周りを歩きながら、葉の裏側にいるコナジラミを吸引しましょう。この方法で、幼虫から、葉を食害する成虫まで、すべての成長サイクルのコナジラミをすばやく簡単に駆除できます。[1] コナジラミを発見してすぐであれば、掃除機での吸引が最も効果的な方法です。
    • 掃除機のダストバッグがコナジラミでいっぱいになったら、バッグを交換しましょう。ダストバッグをビニール袋に入れて密閉し、最低24時間冷凍庫に入れてコナジラミを死滅させます。すべてのコナジラミが死滅したら、ダストバッグをゴミ箱に捨てましょう。[2]
  2. 2
    被害が深刻な葉や枝を除去する 剪定バサミを使い、株を枯らさない程度に葉や枝をできる限り切り戻しましょう。コナジラミが繁殖している葉を手で摘み取ってもよいでしょう。白い卵と羽の付いていない「クローラー」と呼ばれる幼虫を、葉の裏側に探しましょう。寄生が深刻な葉は、幼虫が葉の汁を吸って排せつする、粘り気のあるワックス状の甘露で覆われている場合があります。[3] また、葉は色があせて萎れた状態になります。
    • 株を健康に保つには、寄生された部分だけ可能な限り切り取りましょう。とりわけ繊細な植物にコナジラミが寄生している場合は、繁殖が深刻な葉だけを取り除きましょう。丈夫な植物であれば、繁殖をくい止めるために茎まで大幅に剪定してもよいでしょう。[4]
    • コナジラミが繁殖している葉は、慎重に廃棄しましょう。葉を燃やすか、ビニール袋に入れて密閉します。適切な方法で廃棄しないと、コナジラミが再び繁殖する場合があります。[5]
  3. 3
    複数回の駆除を行う コナジラミは、卵、幼虫、さなぎ、成虫の4段階を経て成長します。[6] 一般的に、それぞれの駆除方法は、ライフサイクルにおける特定の段階のコナジラミをターゲットにします。そのため、成虫を駆除する方法をとる場合、すべての卵が成虫になるまで処置を続ける必要があります。また、羽化したての成虫が産卵しないように、すばやく効果的に駆除する必要があります。[7]
    • 幼虫と成虫だけが植物に害を与えますが、放置すると幼虫がより有害な成虫に成長します。
    • 最も効果的な駆除期間については、寄生しているコナジラミの寿命と発育段階を調べましょう。シルバーリーフコナジラミ、イチジクコナジラミ、オンシツコナジラミ、バンデッドウイングホワイトフライなど、種類によって異なる寿命や発育段階を持っています。
  4. 4
    洗剤液で株を洗う 約4Lの水に食器用洗剤をひと押し加えてよく混ぜ合わせます。コナジラミが群生する葉の裏側に特に注意を払いましょう。この方法では、成虫だけを駆除します。3、4日おきに洗剤を噴霧し、蛹から羽化した成虫を駆除しましょう。コナジラミの種類によっては、完全に駆除するまでこの処置を数週間続ける必要があるかもしれません。
    • 洗剤液の濃度が高い場合は、1日の遅い時間に噴霧して葉焼けを防ぎましょう。
  5. 5
    自然の天敵を使う コナジラミを好んで食べる昆虫はたくさんおり、適切な天敵を庭に放つことで繁殖を制御できるかもしれません。コナジラミの種類によって、効果的な天敵も異なります。ミドリクサカゲロウ、テントウムシ、ハナカメムシ、オオメカメムシ、スズメバチ、マキバサシガメなどの利用を検討しましょう。
    • 庭に新しい昆虫を放す際は注意が必要です。天敵はコナジラミを駆除するかもしれませんが、庭で増えすぎる可能性もあるため、事前の調査が必要です。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
トラップを使う

  1. 1
    黄色い粘着トラップを使う 害虫捕獲用の粘着トラップを園芸店やインターネットで購入するか、家庭で手作りすることもできます。粘着トラップを作るには、表面が黄色い丈夫な段ボールまたは木片に遅乾性の物質を塗ります。接着剤、ハチミツ、モーターオイル、ワセリンなどが適しています。コナジラミは黄色いものに引き寄せられると言われています。コナジラミがトラップに飛来し着地すると、トラップから逃れられなくなります。
    • トラップを手作りする場合は、粘着剤が乾燥したら塗り直す必要があります。接着剤は、数分から数時間で乾燥します。モーターオイルやワセリンは、すぐには捕獲できないかもしれまんが、粘着性は持続します。
    • 洗剤液や天敵を使う場合は、粘着トラップは除去しましょう。
  2. 2
    粘着トラップを葉の近くに設置する コナジラミは葉の裏側に集団で寄生する習性があるため、その付近にトラップを置くとより多くのコナジラミを捕獲できます。
  3. 3
    適正なタイミングでトラップを除去する ほとんどのコナジラミを捕獲し、毎日数匹しかトラップにかからなくなったら、トラップを除去しましょう。コナジラミの天敵もトラップにかかることがあります。そのため、天敵の効果がない場合を除き、コナジラミの寄生が少数であれば、トラップは使用しないほうがよいかもしれません。コナジラミの数が再び増加したら、再度トラップを設置しても構いません。[8]
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
コナジラミを撃退する

  1. 1
    コンパニオンプランツでコナジラミを追い払う フレンチマリーゴールドとメキシカンマリーゴールドはコナジラミが嫌う植物ですが、ナスタチウムでも同様の効果があります。これらのコンパニオンプランツを庭に植え、害虫を追い払いましょう。ただし、これは予防策であり、すでにコナジラミが繁殖している場合にはあまり効果がありません。[9]
    • キンセンカ(ポットマリーゴールド)には、コナジラミの撃退効果はありません。撃退するには、適切な品種を植えましょう。不確かな場合は、園芸店でコナジラミに効果的なコンパニオンプランツについて尋ねるとよいでしょう。
  2. 2
    植物に洗剤液を噴霧する 1Lのスプレーボトルに、消毒用アルコールと水を2:5の割合で入れます。そこに大さじ1杯の食器用洗剤を加えます。そして、コナジラミが寄生しそうな葉に、スプレーボトルで洗剤液を噴霧します。大量に噴霧しない限り、洗剤液は大抵の植物に無害で、コナジラミの産卵を防ぐ効果があります。
    • 植物の一部に洗剤液を噴霧し、1、2日間おいて害がないかを確かめてから全体に噴霧するとよいでしょう。
    • ニームオイルなどの天然のオイルを使ってもよいでしょう。
  3. 3
    ミミズの糞を植物の根元に散布する コナジラミの寄生が見られる植物の根元に、肥料とともにミミズの糞を散布すると、数週間から数か月間コナジラミが寄り付かないと言われています。[10] コナジラミの撃退効果に加え、ミミズの糞は栄養豊富な天然の肥料となり、植物の生長を促進します。園芸店やインターネットでミミズの糞を購入しましょう。[11]
  4. 4
    地面を反射材で覆う アルミホイルまたは反射性のプラスチックマルチを、植物の周囲の地面に敷くと、コナジラミの産卵を防ぐ効果があります。[12]
    • この方法をとる場合は、水やり対策をする必要があります。プラスチックのマルチを敷く場合は、点滴灌漑が必要となります。
    • 気温が高いときは、マルチの使用は避けましょう。過剰なマルチで植物が高温になることがあります。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
化学物質を使う

  1. 1
    殺虫剤を使うリスクと利点を知る 市販の殺虫剤を使うとすばやく害虫を駆除できますが、コナジラミは化学物質に耐性があることで知られています。さらに、庭の植物や無害な昆虫、ペットや野生動物、そして家族など、化学物質は周囲の生物にも害を及ぼす恐れがあります。殺虫剤の使用は、最終的な手段としましょう。
  2. 2
    コナジラミは殺虫剤への耐性をたやすく確立するため、注意する コナジラミの卵や蛹は、一般的に使われている大抵の殺虫剤に耐性があります。化学物質を使う場合は、数日おきに別の種類に切り替え、コナジラミが耐性を持つのを防ぎましょう。それでも、コナジラミが殺虫剤に耐性を持つ可能性は大いにあり、強じんなコナジラミを意図せずに作り出してしまうかもしれません。
    広告

注意事項

  • コナジラミの繁殖を抑制するには、処置を繰り返す必要があるかもしれません。
  • 殺虫剤は効果的な駆除方法ですが、吸引すると危険です。コナジラミの駆除に使われるほとんどの殺虫剤は、顕花植物の受粉を助けるミツバチを死滅させ、個体数の深刻な減少を引き起こしています。
広告

関連記事

きのこを駆除する
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
鉢植えのアリを駆除する鉢植えのアリを駆除する
レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
水をやり過ぎた植物を復活させる水をやり過ぎた植物を復活させる
ツタを取り除くツタを取り除く - wikiHow専門家からのアドバイス
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
デーツの種を発芽させるデーツの種を発芽させる
ミリオンバンブーを増やすミリオンバンブーを増やす
つる植物を駆除するつる植物を駆除する
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる最高の方法
バラを種から育てるバラを種から育てる
広告

このwikiHow記事について

Lauren Kurtz
共著者 ::
園芸家
この記事の共著者 : Lauren Kurtz. ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。 この記事は2,060回アクセスされました。
このページは 2,060 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告