コバエほどうっとうしいものはありませんが、幸いにも比較的簡単に駆除できます。シンクや排水口にコバエが発生した場合は、排水管にたまった汚れをこすり落としましょう。このような汚れはコバエの産卵場所になります。また、コバエ取りで成虫の数を減らすと、コバエの発生状況を確認しやすくなります。さらに、コバエの餌をなくすことも重要です。食品は密封容器に保存し、こぼれたものは拭き取りましょう。ごみ箱にはふたをしてきれいに保ちます。きちんと対処すれば、コバエのいない快適な家になるでしょう。

家庭での処置

コバエを今すぐ退治するために必要なものは、たいていの家庭にすでにあります。

方法 1 の 4:
台所のシンクと排水管のコバエ対策

  1. 1
    排水管にたまった有機物質をこすり落とします。排水管の中にたまった汚れは、コバエの産卵にうってつけの場所になります。ワイヤーブラシやパイプブラシを使って、排水管の内側にこびりついた有機物をこすり落としましょう。[1]
    • 排水管をこすったあと、沸騰した熱湯を排水溝に注ぎ、こすり落とした汚れをきれいに流します。
    • 漂白剤、アンモニア、酢やほかの洗浄剤では、排水管の汚れを根こそぎ取り除くことはできません。
  2. 2
    排水口に酵素系発泡パイプクリーナーを流します。ワイヤーブラシが排水管に届かない場合は、有機物を分解できる泡タイプの洗浄剤を使いましょう。ホームセンターなどで、「酵素系」のパイプクリーナーを探しましょう。商品ラベルの使用法に従って、洗浄剤を排水口に注ぎ1晩放置します。[2]
    • 1晩おいたら沸騰した熱湯を排水口に注ぎます。
    • 発泡性パイプクリーナーは液体パイプクリーナーより効果的です。
    • 排水口に化学物質を流すことに抵抗があれば、環境にやさしい非毒性の酵素系パイプクリーナーもあるので、そちらを使いましょう。[3]
  3. 3
    毎晩排水口に熱湯を注ぎ、ぬるぬるした汚れがたまるのを防ぎましょう。排水管をきれいに維持するには、毎晩排水口に熱湯を注ぐのが一番です。酵素系パイプクリーナー以外の化学物質を排水管に流すのは避けましょう。
    • 漂白剤、アンモニア、酢やほかの家庭用品で排水管が腐食することもあり、中でも古い鉄製排水管には注意が必要です。
    • さらに、洗浄剤は排水管内部のほかの化学物質と反応する危険があります。有害な反応が起こると、排水管の破裂につながる危険なガスや圧力が発生する場合もあります。
    • 殺虫剤を排水口に注ぐのはやめましょう。毒性の高い殺虫剤が、環境に悪影響を及ぼす恐れがあります。[4]
    広告

方法 2 の 4:
コバエ取りを作る

  1. 1
    広口の瓶に酢を入れたコバエ取りを作ります。手元にある空き缶や広口の瓶に、りんご酢を半分まで入れます。 食器用洗剤を1滴混ぜると表面張力が破壊されるので、捕らえたコバエを逃がすことがありません。キッチンや食卓の近くなど、コバエが飛び回っていた場所にこのコバエ取りを仕掛けましょう。[5]
    • 缶や瓶に溶液を入れた後ふたを閉めて、クギやネジでふたに小さい穴をいくつか開けることもできます。こうすると、酢に溺れなかったコバエも逃げることができません。
    • 容量2リットルのプラスチックボトルを半分に切って、コバエ取りを作ることもできます。ボトルの下半分に酢を入れ、口が狭くなっている上半分を逆さまに重ねます。このコバエ取りは漏斗のような形で出入口が狭いので、酢のにおいに誘われて入ったコバエが逃げられなくなるでしょう。
    • りんご酢がなければ、どんな種類の酢でも構いません。そのほか、ビールやすり潰したバナナも効果的な餌になります。
  2. 2
    ワインと洗剤の罠を作ります。小さなコップに赤ワインを半分まで入れ、食器用洗剤を1滴混ぜます。テーブルやキッチンカウンターの上にこのコップを置き、うっとうしいコバエを引き寄せましょう。[6]
    • 友人が飲みに来る機会があれば、ワインと食器用洗剤を入れたワイントラップを設置すると、お客様のグラスからコバエを遠ざけることができます。ただし、食器用洗剤の入ったコップにはっきりしるしを付けて、間違えのないようしておきましょう。
  3. 3
    他の駆除方法と併せてコバエ取りを使いましょう。コバエ取りやワイントラップでコバエの成虫の数を減らすことができるので、コバエの発生状況を確認しやすくなりますが、それだけではコバエの発生を抑えるのに不十分です。[7]
    • コバエを完全に駆除するためには、ライフサイクルそれぞれの段階に合わせた対策が必要です。コバエ取りやワイントラップは成虫には効果的ですが、卵や幼虫を退治することができません。
    広告

方法 3 の 4:
コバエの発生を防ぐ

  1. 1
    コバエの餌になるものを除去します。キッチンや食卓を定期的に片づけ、こぼしたものを直ちに拭き取りましょう。使い終わった鍋や食器はすぐに洗います。さらに、熟した果物は冷蔵庫で保存しましょう。[8]
    • 食品は必ず密封容器に入れ、扉付きの戸棚か冷蔵庫で保存しましょう。
    • 冷蔵庫の周りにこぼれた果汁や野菜かごの中の使い忘れた玉ねぎなど、見落としがちな食品の汚れに気を付けましょう。こうした汚れに気づかないでいると、何千ものコバエが発生してしまいます。
  2. 2
    ゴミ箱やリサイクル用ごみ箱にふたをします。屋外にあるものを含め、すべてのごみ箱にふたをしましょう。家の外に食べ物のカスやシミがないか定期的に確認し、こぼれたものがあれば薄めた低刺激の漂白剤で拭き取りましょう。[9]
    • 一杯になったゴミ袋を夜中に家の中に置いておくのはやめましょう。
    • 空き缶や空き瓶は、リサイクル用のごみ箱に捨てる前にすすいでおきましょう。
  3. 3
    ドアや窓の穴、隙間、ヒビを確認します。網戸の裂け目を修理し、ドアや窓の周りをすき間テープで塞ぎます。さらに網戸やドアを開けたままにするのはやめましょう。家の外の通気口や穴は、目の細かい網や充填材で塞ぎましょう。[10]
    • コバエの中には網戸の目を通れるほど小さなものもいるので、網戸が付いていても窓を開けておかないほうが良いかもしれません。
  4. 4
    家の中の湿気に注意します。コバエは湿った場所を好んで繁殖するので、台所や浴室の隅など家の中の湿気に注意しましょう。薄めた低刺激の漂白剤や家庭用洗浄剤で湿った場所を拭き、きれいな布で拭いて乾かします。濡れたタオルや衣類をふた付きの洗濯かごに入れ、汚れたモップはしっかり洗ってから干しましょう。[11]
    • キッチンや洗面所のシンクの下を確認し、水漏れがあれば修理します。
    • ブラインドやカーテンを開け、室内に日光を取り込みましょう。日光は室内の湿気を防ぐのに役立ちます。
    • 湿度計や除湿器を使って、室内の湿度を50%未満に維持しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
植物にたかるコバエ対策

  1. 1
    水やりは観葉植物の土が乾いてからにします。土が常に湿っているとコバエを含めた害虫が集まり、カビが生えやすくなります。植物がしおれたり黄色に変色しないように気を付けながらも、土が完全に乾くまでは水やりを控えましょう。[12]
    • 表面から3~5㎝の深さまで指を刺して、土の状態を確認します。植物がしおれている場合は別として、指に泥が付着するようなら水やりはまだ待ちましょう。
    • 底に排水のための穴があいた鉢を使いましょう。鉢の下に排水用の受皿があれば、水やり後に必ず水を捨てましょう。
    専門家情報
    Kevin Carrillo
    Kevin Carrillo
    害虫獣駆除専門家

    専門家も同意しています。 コバエは水分が過度に多い土に集まります。鉢植えの土が完全に乾いてから水やりしましょう。また、表面から3㎝の土を取り除くのも効果的です。こうすると2週間もすればコバエの数が減るでしょう。

  2. 2
    有益な虫を土に混ぜます。線虫は、コバエの幼虫やノミなどの害虫を捕食する小さな虫です。「スタイナーネマ・フェルティアエ」という線虫を含む、コバエ駆除用の天敵線虫を探しましょう。インターネット通販で見つけることができます。
    • 通常、この天敵線虫を水と混ぜてから土に入れますが、製品の使い方に従って使いましょう。
    • 天敵線虫は人間や植物およびペットにも安全です。気持ち悪いと感じたり健康への悪影響を心配したりする必要はありません。
  3. 3
    低刺激の液体洗剤と水で自家製コバエスプレーを作りましょう。小さじ1杯かそれより少ない低刺激のハンドソープや食器用洗剤とぬるま湯500mlを混ぜます。これをスプレーボトルに入れ、植物の葉に噴霧します。2~3時間経ってから真水で葉をしっかりすすぎましょう。[13]
    • 自家製よりは高価になりますが、天然由来成分のみで作られた害虫忌避剤を園芸店などで購入することもできます。
    • 自家製洗剤スプレーで植物の葉が傷つく可能性があります。植物全体にスプレーする前に、小さな部分で試してみましょう。大まかな目安として、肌が乾燥したり炎症したりする洗剤は植物には刺激が強すぎます。
  4. 4
    駆除しても効果がなければ植え替えましょう。上記の手順を踏んでも、まだコバエが付いているようなら、新しい土に植え替えます。水やりした植物を鉢から取り出し、そっとゆすって根から土をできるだけ取り除きます。[14]
    • 新しい鉢に新しい土をほぼ一杯まで入れます。真ん中に根が入るくらいの大きさの穴をあけ、植物を植えて土で覆います。
    • 植え替えてもコバエが付いているようなら、最後の手段として化学薬品での駆除を検討します。植物に安全に使えるコバエ用の液体殺虫剤を園芸店で探しましょう。
    広告

ポイント

  • キノコバエからミバエまで、小さく厄介なコバエには数えきれないほど種類がありますが、ここで紹介した駆除方法は、一般的にどんな種にも有効です。
  • 精一杯努力しても駆除しきれない場合は、害虫駆除専門業者に依頼することも検討しましょう。

広告

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

カタツムリを駆除する

How to

トマトの剪定

How to

マンゴーを熟成させる

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

ラベンダーオイルを作る

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

池の藻を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒマワリを鉢植えで育てる

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

ヒューズをチェックする

How to

家庭でのノミ駆除
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は23,616回アクセスされました。
記事のサマリーX

コバエを退治するには、まずコバエが発生する場所を特定します。コバエは排水管に卵を産む傾向があります。シンクから出てくる場合は、排水溝に熱湯を流し入れましょう。それで効果がなければ、自家製のコバエ取りを作りましょう。まず、使用済みの缶か瓶を用意し、リンゴ酢を半分まで入れます。次に、食器用洗剤を1滴たらして混ぜ合わせ、コバエが溺れやすいようにします。瓶を閉め、蓋に小さな穴をいくつか開けます。こうすると、酢に溺れなかったコバエも逃げられません。リンゴ酢がなければ、別の種類の酢、またはワインやビールでも代用できます。また、コバエは熟しすぎた食べ物にも寄ってくるため、つぶしたバナナを瓶に入れるだけで、さらに簡単なコバエ取りを作ることができます。キッチンやダイニングなど、コバエが飛んでいるのを見かけた場所にこれを置きましょう。コバエの発生を防ぐには、キッチンを清潔にし、ごみは密封し、家の中に湿った場所がないようにしましょう。 まずコバエの発生を予防する方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 23,616 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告