効果的にコミュニケーションを図る能力は人間関係においても、教育の場でも、また職場でも重要です。ここでは、優れたコミュニケーション能力を身に付けるために役立つ手順とポイントをいくつかご紹介します。

パート 1 の 3:
コミュニケーション能力の基本を理解する

  1. 1
    コミュニケーションとはそもそも何なのかを理解する  コミュニケーションとは、いろいろな手段(文字、言葉を使わない合図、話し言葉など)を用いて、送り手と受け手の間で信号やメッセージを伝達する一連の作業を指します。また、コミュニケーションは私たちが人間関係の構築や修正に使う方法でもあります。
  2. 2
    思っていることを口に出す勇気を持つ  自分の発言が会話を有意義なものにできるのだということを理解し、自信を持つようにしましょう。自分の意見や感情を的確に他人に伝えられるように日頃から自身に問いかける時間を作ります。価値ある発言ができないと思っているがために話すことをためらっているのなら、怖がる必要はありません。ある人にとっては重要性や価値が感じられることでも、それが他人にとっても重要だとは限らず、さらに別の人にとってはもっと大切なことかもしれません。
  3. 3
    練習する 高度なコミュニケーション能力を身に付けるためには、まずは簡単なやりとりから始めます。普段の人づきあいから職場まで、日常のいろいろな場面でコミュニケーション能力を磨くことができます。新しい能力をしっかりと身に付けるためには時間を要しますが、コミュニケーション能力を活用すればするほど、さまざまな可能性が開け、多くの新しい人間関係を築くことができます。
    広告

パート 2 の 3:
聴衆を惹きつける

  1. 1
    相手の目をしっかりと見る 自分が話している最中でも誰かの話を聞いているときでも、会話をしている相手の目をきちんと見ることでやりとりがうまくいくようになります。目を見て話すと、あなたが相手に興味を持っていることが伝わり、相手もあなたに関心を示すようになります。
    • アイコンタクトをとる上で役立つテクニックとして、聞き手の片方の目を意識的にじっと見て、それからもう片方の目に視線を動かすという方法があります。片方の目からもう片方へと視線を行き来させると、相手にはあなたの目がキラキラと輝いているように見えます。また、聞き手の顔に「T字」をイメージするという方法もあります。「T字」の横の線が眉毛のラインに、縦の線が鼻の中心を通るように見立てます。この「T字」をなぞるように視線を動かしましょう。
  2. 2
    ジェスチャーを使う こうしたジェスチャーには手や顔を使ったものも含まれます。体全体を使って表現しましょう。少人数の聞き手やグループには小さなジェスチャーを使います。グループが大きくなるにつれて、ジェスチャーも大きくしましょう。
  3. 3
    矛盾したメッセージを送らない 発言やジェスチャー、表情や声のトーンを揃えましょう。叱るときに笑顔を見せると矛盾したメッセージを送ることになり、効果的ではありません。否定的なメッセージを伝えなければならない時には、発言や表情、声のトーンをメッセージの内容と一致させましょう。
  4. 4
    身振りに注意する 身振りは時として、言葉よりもはるかに多くを語ります。身構えず、両腕をリラックスさせて体の横に置いた姿勢は、親しみやすく、他人の意見に耳を傾ける気持ちがあるという印象を周囲に与えます。
    • 逆に、腕を組んで肩を丸めると話の内容に興味がない、もしくは会話を望んでいないことを示唆します。会話をする前に、その身振りから会話を望んでいないと受け取られて話が進まないということはよくある話です。
    • 正しい姿勢で親しみやすい雰囲気を出すように努めれば、難しい話でも滑らかに会話ができるようになります。
  5. 5
    建設的な態度と信念をはっきりと表現する 会話に対する姿勢が、あなた自身の印象と他者とのやりとりにとても大きな影響を与えます。正直で忍耐強く、前向きかつ誠実な礼儀正しい人間であるよう努め、他者を受け入れましょう。他者の感情に気を配り、相手の能力を信じましょう。
  6. 6
    「効果的に聞く能力」を身に付ける 効果的に話せるようになるだけでなく、人の言葉をきちんと聞いて、話の内容を理解しようと積極的な姿勢で会話に参加することが大切です。意見を述べたり思い出話をしたいあまり、まだ他人が話している最中に相手の言葉が途切れるのを一生懸命に待つようなことはやめましょう。
    広告

パート 3 の 3:
話す

  1. 1
    明瞭に発音する モゾモゾとつぶやかず、はっきりと話しましょう。よく話を訊き返される人は、はっきりと言葉を発して上手に話せるようになりましょう。
  2. 2
    正しく読む 人は他人の語彙力を見て、その人物の能力を判断します。読み方がよく分からない言葉の使用は避けましょう。日常生活の中で新しい言葉に触れるように務め、語彙力を高めます。辞書を引いて新しい言葉の読み方を学びましょう。
  3. 3
    適切な言葉を使う 意味の分からない言葉を使うのはやめましょう。辞書を手にして、新しい言葉を1日に一つ学ぶことを日課にします。そうして学んだ言葉を日々の会話で使うようにしましょう。
  4. 4
    話す速度を落とす 速く話すと、聞いている人はあなたが緊張していて、自分に自信がないのだと感じます。ただし、ゆっくりと話しすぎて、あなたの話を終わらせるために周囲が手助けをしはじめる、などということがないように気をつけましょう。
  5. 5
    声の質を上げる 高すぎる声や不機嫌な声では自信があるように見えません。それどころか、高くて柔らかい声はあなたがまるで強気な同僚におびえているかのような印象を与え、周囲が話を真剣に聞いてくれなくなる可能性があります。声の高さを下げる運動を始めましょう。お気に入りの歌をすべて普段より1オクターブ下げて歌ってみるとよいでしょう。この練習をしばらく行うと、声の高さが少しずつ低くなります。
  6. 6
    生き生きと発声する 単調な話し方をやめて、音に強弱をつけましょう。声の調子は周期的に上下します。ラジオのDJの話し方が良い例です。
  7. 7
    適切な音量で話す 状況に合った適切な音量を心がけましょう。一人でいる時や聞き手が近くにいる場合は、音量を抑えて話します。相手が大人数のグループである場合や広い場所で話す時には、大きめの声で話しましょう。
    広告

ポイント

  • 状況に合わせた音量で話しましょう。
  • 話の内容が正しく伝わったかどうか、会話の中で聞き手に確認しましょう。
  • 自信を持って話しましょう。他人がどう思っているかは関係ありません。
  • 正しい文法を使いましょう。
  • 聞き手の前で自画自賛するのはやめましょう。
  • 自分の発言が常に正しいと考えるのはやめましょう。
  • 滑らかに話すよう努め、聞き手にしっかりと聞こえるように話しましょう。
  • 話上手は聞き上手でもあります。
  • 人が話している時に口を挟むのはやめましょう。会話の流れを止める原因になります。発言するタイミングが重要です。
  • 話している時も聞いている時も、相手の目を見ましょう。
  • 優れたコミュニケーション能力を身に付けたいのなら、まずは自信を持ち、人前で口ごもらないようにしましょう。 たくさんの人と交流することで、いろいろな人と会話するコツをつかむことができます。
  • 会話は練習次第でどんどん上手になります。
  • 会話に効果的な身振りを習得するために鏡の前で話す練習をしましょう。
  • 公の場で話す練習をしましょう。

広告

関連記事

How to

華氏と摂氏の温度を換算する

How to

銀が本物かどうか調べる

How to

数独の問題を解く

How to

円の直径を算出する

How to

面積(㎡)を計算する

How to

パーセンテージを計算する

How to

陽子、中性子、電子の数を求める

How to

論文の要旨を書く

How to

右利きが左手で文字を書く

How to

成長率を計算する

How to

確率の計算

How to

価電子数を求める

How to

読むスピードを上げる

How to

英語の論文・レポートで引用をする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む144人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は18,981回アクセスされました。
このページは 18,981 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告