庭の車道や車庫のコンクリート床に誤って塗料を垂らしてしまった場合に、もう落とすことはできないと思うかもしれません。コンクリートに付着した塗料を落とすのは大変で時間がかかりますが、適切な製品を使って辛抱強く取り組めば落とすことができます。この記事で紹介する方法にしたがって、庭の車道や車庫などのコンクリート床に付着した頑固な塗料を落としてみましょう。

方法 1 の 3:
小さな塗料汚れを落とす

  1. 1
    コンクリート面の汚れを取り除く ほうきや掃除機を使って、砂利やホコリを除去します。可能な場合は、スクレーパーやブラシなどで、塗料の簡単に剥がれる部分を落としておきましょう。
  2. 2
    コンクリート面に塗料剥離剤を塗布する 落とそうとする塗料の種類(水性、油性など)によって、使用すべき塗料剥離剤は異なります。塗料の種類が不確かな場合は、油性塗料用の剥離剤を使用しましょう。
  3. 3
    剥離剤を作用させる 剥離剤の缶容器にメーカーが印字している使用方法を確認しましょう。剥離剤を作用させる時間は、おそらく1~8時間程度ですが、製品によっては、数分間の場合もあります。
  4. 4
    コンクリートを擦る 金属ブラシやスクレーパーを使って、柔らかくなった塗料を落としましょう。駐車場や庭の車道などの屋外のコンクリート面には、高圧洗浄機を使用するのもよいかもしれません。
  5. 5
    必要に応じて作業を繰り返す 場合によっては、コンクリートの塗料汚れを完全に落とすために、剥離剤を塗布して汚れを擦る作業を2、3回繰り返す必要があります。
  6. 6
    コンクリート面を清掃する 高圧洗浄機を使って塗料剥離剤の跡をしっかりと落としましょう。滴状の塗料汚れを除去した場合は、コンクリート面を清掃することで、汚れのあった場所だけがくっきりと目立ってしまうのを防ぐことができます。
    広告

方法 2 の 3:
頑固な塗料汚れを落とす

  1. 1
    吸収性を持つ塗料剥離剤を作る 吸収性を持つ塗料剥離剤を作ります。それには塗料剥離剤が必要になりますが、換気の良い場所(屋外、他の建物から離れていて開放された車庫など)で作業をする場合は、塩化メチレンを含有する剥離剤を使用することができます。塩化メチレンを含む剥離剤を使用することで、作業を早く進められますが、防毒マスクをつけなければなりません。
    • 吸収材も必要です。細かい粒状の粘土が最も効果的ですが、手に入らない場合は、猫砂を細かく砕いて粉状にして使用できます。
    • 仕上げの清掃作業のために、硬いブラシとクレンザーが必要です。
  2. 2
    剥離剤と吸収材を混ぜる 剥離剤を粘土または猫砂と混ぜてペースト状にします。強い剥離剤を使う場合は、それほど多くの量を混ぜる必要はないかもしれません。吸収材を利用することで、塗料をコンクリートから剥がしやすくなります。
  3. 3
    混合物を塗布する 吸収材と塗料剥離剤の混合物をコンクリート面の塗料汚れに塗布しましょう。剥離剤が作用するのを待ちます。待ち時間は使用する剥離剤によって異なり、20分間~数時間程度です。
    • 混合物の効果を維持するために、待っている間に塗料用剥離剤を追加しましょう。
  4. 4
    混合物を除去する 混合物を塗ってしばらく経過したら、剥離剤が十分に作用しているはずです。硬い樹脂製のスクレーパーで削るだけで、塗料の大部分を剥がすことができるでしょう。それもでもまだ塗料が残っている場合は、再び混合物を塗布して同じ作業を繰り返しましょう。
  5. 5
    塗料が付着していた場所を磨く 硬いブラシ、クレンザー、水を使って塗料が付着していた場所を磨き、塗料の残りかすを除去しましょう。ブラシをかけながらクレンザーを洗い流して仕上げます。
    広告

方法 3 の 3:
広範囲に付着した塗料を落とす

  1. 1
    ソーダブラストを検討する ブラスト洗浄すべきかを検討しましょう。塗料が広範囲に付着している場合は、剥離剤よりもブラスト洗浄の方が適している場合があります。ソーダブラストはブラスト洗浄のひとつで、ブラスト材に重曹を用います。ソーダブラストは、化学薬品(剥離剤)を使用するよりも環境にやさしく、塗料の下のコンクリート面を傷めません。
  2. 2
    ブラスターを用意する ソーダブラストを行うには、ブラスターが必要です。ブラスターは、地元のレンタル業者から借りられるかもしれません。また、ソーダブラスト用の重曹も準備する必要があります。スーパーで販売しているベーキングパウダーは粒子が細かすぎるため、ブラスト洗浄には使用できません。ソーダブラスト用の重曹はブラスターを貸し出している業者で入手できるはずですが、オンラインで購入することも可能です。
    • 最も標準的なサンドブラスターでは、重曹を使用できません。重曹を使用するには、ソーダブラスト専用のブラスターを準備しなければなりません。
  3. 3
    塗料が付着している範囲にブラストをかける ブラスターのノズルを地面から45cm程度の距離に保ちながら、慎重に作業します。粉じんを吸い込まないように、必ず防じんマスクを着用しましょう。塗料が残らないように、付着している範囲にわたって均等にノズルをあてます。
    • 重曹はpHが高いため、草花を枯らしてしまう恐れがあります。そのため、植物の近くでブラスターを使う場合は、飛散した重曹が植物に付着しないようにしましょう。
    • たくさんの塗料を落とさなければならない場合は、必要なブラスト材の量とブラスターの大きさが、自分で準備できる範疇ではなくなるかもしれません。専門業者に依頼することを検討しましょう。
    広告

ポイント

  • 剥離剤によっては、塗布した場所のコンクリートの色が明るくなる場合があります。まずは狭い範囲で試してみて、結果に問題がなければ作業を進めましょう。
  • 塗料剥離剤を塗布するコンクリート面の温度は、室温よりも低い温度が推奨されます。
  • この記事で紹介している方法で塗料を落とせなかった場合は、好きな色のコンクリート用塗料を購入して上塗りしましょう。
  • 広範囲に付着した塗料を落とす場合は、小さな範囲に分けると作業しやすくなるかもしれません。
  • ゴム長靴とゴム手袋を着用し、安全メガネやゴーグルで目を保護しましょう。
  • 剥離剤を使用する際は、ラベルに記載されているメーカーの指示にしたがいましょう。剥離剤によっては、他の溶剤と混ぜたり、希釈したりする必要がある場合があります。
  • 塗料のメーカーが分かる場合は、どの種類の剥離剤を使って塗料を落とせばよいかをメーカーに問い合わせましょう。
  • 付着した塗料に剥離剤を塗布して、強く擦りましょう。

広告

注意事項

  • 酸性やアセトン系の剥離剤を使用する場合は、特に注意を払いましょう。保護服を着用して作業を行い、剥離剤の使用後はすぐに服を洗濯しましょう。
  • メチルエチルケトン(MEK)を含む製品は、高可燃性で臭いを放ち有毒です。
  • 剥離剤は換気の良い場所で使用するようにしましょう。車庫や地下室で作業する場合は、必ず窓を開けましょう。剥離剤によっては、屋外でのみ使用することを推奨しているものもあります。
広告

必要なもの

  • 塗料剥離剤
  • バケツ
  • スクレーパーまたはブラシ
  • 高圧洗浄機
  • かくはん棒
  • ゴム手袋とゴム長靴
  • 安全メガネまたはゴーグル

関連記事

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

壁紙(クロス)を剥がす

How to

取れなくなったネジを外す

How to

ネジ穴が潰れた(なめた)ネジを外す

How to

さびたネジを外す

How to

トイレの水位を調整する

How to

コンクリートに穴をあける

How to

釘を使わずに絵を飾る

How to

フラッシュドア(中が空洞のドア)を修理する

How to

DREMEL(ドレメル)ロータリーツールを使う

How to

刷毛や筆を洗う

How to

ダクトテープの糊跡を取り除く

How to

リノリウムの床を剥がす

How to

レコードを壁に飾る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む11人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は14,944回アクセスされました。
このページは 14,944 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告