外装や内装のコンクリートを、面白味のない灰色のままおいておく必要はありません。塗料を数回重ね塗りするとコンクリートがきれいに仕上がります。安く簡単に自分でコンクリートに塗料を塗ることができます。コンクリートやその他石材を上手に塗るには、まず表面をきれいに整え、適切な塗料を塗って乾燥に十分時間をかけましょう。

方法 1 の 2:
塗装準備

  1. 1
    コンクリートの表面を湯と洗浄剤で洗い、古い塗料を取り除きます。コンクリート表面を掃いて、葉、ゴミ、汚れを取り除きます。その後、高圧洗浄機又はスクレーパーと金たわしでコンクリート表面のベタついた汚れや古い塗料を落とします。コンクリートにこびりついた汚れやすすをこすり落とします。表面に汚れなどがこびりついていない限りは、落ちないシミなどを気にする必要はありません。
    • コンクリートを覆うコケやつる植物などを取り除きます。
    • 塗料をきれいに塗るために、コンクリート表面から付着物をすべて取り除き、できるだけきれいな状態に整えます。[1]
  2. 2
    油分や潤滑油が付着した箇所はリン酸三ナトリウムで洗浄しておくと、塗料の変色を防げます。リン酸三ナトリウムはホームセンターなどで取り扱っています。パッケージに表示の割合に従って水で薄めて使います。油シミを落としたら、残ったリン酸三ナトリウムを洗い流します。コンクリート表面が完全に乾いてから次の手順に進みましょう。[2]
  3. 3
    コンクリート補修材で表面の割れ目、欠け穴、凸凹などを整えます。できるだけ滑らかで均一に表面を整えます。割れ目やかけ穴があると塗料の下に湿気がたまり、時間の経過とともに塗料の表面がはがれる恐れがあります。コンクリート補修材の使用方法に従って、適切な時間乾かします。[3]
  4. 4
    屋内のコンクリートは埋めて、セメントを通って湿気が入るのを防ぎます。コンクリートのシーラント材は高価ですが、塗った塗料を傷めない最適な方法です。コンクリートは小穴が多いため湿気がこもりやすく、塗料に影響する恐れがあります。シーラント材の使用方法に従って適切に準備し、コンクリートに塗りましょう。
    • 屋外のコンクリートに塗料を塗る場合は、この手順は不要です。[4]
    広告

方法 2 の 2:
コンクリートに塗料を塗る

  1. 1
    屋外のコンクリートに塗料を塗る前に天気予報を確認します。晴れが2~3日続く時期を選びましょう。塗料を塗った後、十分に乾かす時間が必要です。塗料が乾く時間は使う塗料によって異なるので、製品の使用方法に従います。天気予報を確認して、晴れた日が続く時期に作業を始めましょう。[5]
    • 場合によっては塗料が完全に乾くのに24時間かかることもあります。そのため、時間に余裕をもって作業を進めることが重要です。
  2. 2
    塗装用ローラーを使ってコンクリート用プライマーを1層塗ります。色を塗る前にプライマー(下塗り剤)を塗っておくと塗料がしっかり付きます。コンクリートにプライマーを塗ることで塗料の粘着力が強まります。繰り返しますが、プライマーの使用方法に従って塗り、適切な乾燥時間を守りましょう。
    • 古い塗料に重ねて塗る場合や屋外のコンクリートには、プライマーを2度塗りすると仕上がりがきれいです。その場合は、1度目に塗ったプライマーが完全に乾いてから2度目を塗りましょう。[6]
  3. 3
    コンクリートの材質に適した塗料を用意します。コンクリート用の塗料が適しています。コンクリートの温度変化に合わせて収縮や膨張するように作られた塗料です。弾性塗料又は外壁用弾性コーティング剤として販売されている場合もあります。普通の塗料より厚みがでるので、容量の大きな塗装用ローラーやブラシを使いましょう。[7]
  4. 4
    塗装用ローラーで薄く均一に塗料を塗ります。片隅(壁を塗る場合は上方)から塗り始め、均一にゆっくりと全体を塗ります。1層に使用する塗料の量は思ったより少ないはずです。1層目の塗料が乾いたら数層重ね塗りをするので、1層に大量に塗料を使う必要はありません。[8]
  5. 5
    翌日の午後2層目を塗ります。1晩おいて1層目の塗料が完全に乾いたら、2層目を塗りましょう。1層目が乾いてから少なくとももう1層薄く重ね塗りします。必要に応じて3層目を重ねると、より均一に色濃く仕上がります。
  6. 6
    1~2日間塗料を完全に乾かしてから、その上を歩いたり物を置いたりします。最後の層を塗ってから、塗料を塗ったコンクリートの上や近くに物を置く前に、少なくとも24時間乾かすと滑らかできれいに仕上がります。[9]
    広告

ポイント

  • 1層厚く塗るより、薄く数層重ねて塗るほうが表面が硬く仕上がります。1層厚く塗るとベタっとした仕上がりになる恐れもあります。
  • コンクリートを塗料で覆うのは通常、既存のコンクリート壁や床などのみに行います。新しく施工したコンクリートは、硬化するまで少なくとも28日間は塗料を塗ることはできません。

広告

注意事項

  • リン酸三ナトリウムで目、肺、皮膚を傷める恐れがあります。使用の際は必要な安全対策を心がけましょう。
  • コンクリート床に塗料を塗る場合は、塗料に混ぜて使うタイプの塗料用滑り止め材を使用して、滑り止め効果を加えましょう。
広告

必要なもの

  • 高圧洗浄機
  • スクレーパー
  • 金たわし
  • 塗料用ブラシ
  • 塗料用トレー
  • 塗料用ローラー
  • 雑巾
  • リン酸三ナトリウム
  • コンクリート補修材
  • コンクリート用シーラント材
  • コンクリート用プライマー
  • コンクリート用塗料

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

風船ガムを膨らませる

How to

自分で身長を測定する

How to

六角形を描く

How to

プラスチックに塗装する

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

シリコン型を作る

How to

革を染める

How to

ワインボトルのラベルを剥がす

How to

タッチペンを手作りする

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

息を長く止める

How to

硬貨を洗う

How to

自分のエロティックな写真を撮る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,286回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 4,286 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告