コンデンスミルク缶でキャラメルを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:ドゥルセ・デ・レチェを缶で作る二重鍋を使うオーブンでドゥルセ・デ・レチェを作る圧力なべを使うスロークッカーを使う8 出典

通常は、グラニュー糖や三温糖を加熱し、滑らかでクリーミーに整えてキャラメルを作りますが、ここでは、コンデンスミルクを使ってキャラメルを作る方法を紹介します。通常の方法で作ったものと同様に、甘くて独特の風味があるキャラメルを作れます。

材料

  • コンデンスミルク(練乳) 1缶(400g)

1
ドゥルセ・デ・レチェを缶で作る

  1. 1
    缶のラベルを剥がします。この方法では、完全に密封されている缶を使います。イージーオープン缶を使用することはできません。[1] 加熱すると缶内部の圧力がかなり上がるので、イージーオープン缶は蓋が開く危険があります。
  2. 2
    鍋に室温の水を入れます。缶が完全に浸り、缶の上5㎝を覆う量の水を入れましょう。こうすると、缶の加熱しすぎや破裂およびコンデンスミルクが焦げるのを予防できます。[2]
  3. 3
    中~大サイズの鍋に密封状態の缶を入れ中火にかけます。缶を立てて入れると、沸騰した際に缶が転がることがありません。
  4. 4
    沸騰直前まで強火で加熱します。沸騰寸前に中火に下げて2~3時間加熱します。2時間加熱するとさらっと仕上がり、3時間ではとろみが強く色の濃いドゥルセ・デ・レチェが出来上がります。[3]
    • 30分ごとに確認します。焦げないように、30分ごとに缶を裏返します。[4] 必要に応じて水を足し、缶が完全に浸り、缶の上5㎝を水が覆う状態を保ちます。
  5. 5
    鍋を火からおろします。2~3時間経ったら穴あきお玉やトングで缶を取り出し、金網の上に乗せます。室温になるまで冷ましましょう。
    • 完全に冷めるまで缶を開けるのは控えます。

2
二重鍋を使う

  1. 1
    二重鍋を用意します。鍋に5㎝くらい水を入れ沸騰させます。コンデンスミルクの缶を開け、中身を内鍋に入れます。
    • 二重鍋の代わりに、鍋とガラス製のボウルを使うことができます。小~中サイズの鍋に半分ほど水を入れ、ボウルの底が水に触れないように鍋に乗せます。ボウルの底が水に触れる場合は、外鍋の水を減らしましょう。鍋を密封できる大きなボウルを使います。
  2. 2
    コンデンスミルクを熱します。沸騰した二重鍋の内鍋にコンデンスミルクを入れ、蓋をして中火でコトコト加熱します。時々かき混ぜながら、とろみが付き好みの色合いになるまで、1時間半~2時間加熱します。
    • 鍋とガラス製のボウルを二重鍋の代わりに使う場合は、アルミホイルを蓋の代わりに使いましょう。
  3. 3
    火からおろします。冷ます間泡だて器でかき混ぜて、塊のない滑らかなドゥルセ・デ・レチェに仕上げます。20分ほど冷ましてから、盛り付けたり料理に使いましょう。

3
オーブンでドゥルセ・デ・レチェを作る

  1. 1
    オーブンを210℃で予熱します。コンデンスミルクの缶を開け、直径23㎝のパイ皿に中身を入れます。アルミホイルでパイ皿を覆います。
  2. 2
    ベーキングトレーにパイ皿を乗せます。ベーキングトレーの代わりに大きめのパイ皿やロースト用鉄板を使っても構いません。[5] パイ皿の高さ半分くらいを覆うように、ベーキングトレーに水を入れます。
  3. 3
    オーブンで1時間加熱します。1時間経ったら、パイ皿をベーキングトレーごとオーブンから取り出します。アルミホイルの覆いを外して泡だて器で混ぜます。
    • 色と状態を確認します。とろみや色が足りなければ、パイ皿を再びアルミホイルで覆い、水を張ったベーキングトレーに入れ、オーブンで更に加熱します。必要に応じて、ベーキングトレーに水を足しましょう。
  4. 4
    15分ごとに確認します。最初の1時間以降加熱する場合は、頻繁に状態を確認しながら好みのとろみや色になるまで加熱します。好みの状態又はピーナッツバター色になったらオーブンから取り出します。[6]
  5. 5
    ボウルに移します。ドゥルセ・デ・レチェを冷ましながら約3分間泡だて器で混ぜ、滑らかでクリーミーに仕上げます。

4
圧力なべを使う

  1. 1
    缶を準備します。コンデンスミルク缶のラベルを剥がします。完全密封状態の缶を圧力なべに直接立てて入れます。缶が完全に浸り、缶の上5㎝くらいまで覆うように水を入れます。
    • 圧力なべの最大量を示す線を超えて水を入れないように気を付けます。
  2. 2
    蓋をロックして加熱します。適切な圧力になるまで強火で加熱します。適切な圧力になったらすぐに火を弱めます。ただし、適切な圧力を維持できるように鍋を高温に保ちましょう。
    • 沸騰手前くらいの温度で加熱しますが、圧力なべから音が出ない程度に調節します。
  3. 3
    40分間加熱します。40分経ったら圧力なべを火からおろします。[7]
  4. 4
    圧力を抜きます。圧力なべから自然に蒸気が抜けるのを待つか、リリースバルブを使って圧力を抜きます。蒸気が抜けて圧力が完全に下がるまで蓋を開けてはいけません。
  5. 5
    圧力なべの蓋を開けて、缶を取り出します。穴あきお玉やトングで缶を鍋から取り出し、金網の上に乗せて室温に冷まします。冷めるまで缶の蓋を開けるのは控えましょう。

5
スロークッカーを使う

  1. 1
    缶を準備します。缶のラベルを剥がします。スロークッカーに缶を立てて入れます。缶が完全に浸り、缶の上5㎝を覆うように水を入れます。
  2. 2
    「低」設定で8~10時間加熱します。8時間加熱するとさらっと仕上がり、10時間ではとろみが強く色の濃いドゥルセ・デ・レチェが出来上がります。
  3. 3
    スロークッカーの電源を切り、缶を取り出します。トングや穴あきお玉で缶を取り出しましょう。金網に乗せて室温に冷ましてから缶を開けます。[8]

ポイント

  • 残ったドゥルセ・デ・レチェは、密封容器に入れて冷蔵庫で保存します。
  • ドゥルセ・デ・レチェは冷えると硬くなります。二重鍋でゆっくり温めるとソース状に戻り、かけて使えます。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: デザート

他言語版:

English: Make Caramel from Sweetened Condensed Milk, Français: faire de la confiture de lait (dulce de leche) à partir de lait concentré, Italiano: Preparare il Caramello con il Latte Condensato, Español: hacer dulce de leche condensada, Deutsch: Aus Kondensmilch Karamell herstellen, Português: Fazer Doce de Leite Usando Leite Condensado, Nederlands: Karamel maken van gecondenseerde melk, Русский: сделать карамель из сгущенного молока с сахаром, 中文: 用甜炼乳制作焦糖, Bahasa Indonesia: Membuat Karamel dari Susu Kental Manis, العربية: عمل الكراميل من اللبن المكثف المُحلى, ไทย: ทำคาราเมลจากนมข้นหวาน, Tiếng Việt: Làm caramel từ sữa đặc có đường, 한국어: 가당 연유로 캐러멜 만드는 법

このページは 126 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?