PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

コンドームは16世紀の終わりから避妊具や性感染症の予防策として使用されています。その一方で、コンドームは劣化、損傷、消耗が起きるため効果を低減させる恐れも伴います。安全なセックスをするためには、以下の方法でコンドームの状態を確認して使用しましょう。

方法 1 の 3:
正しい基本情報を知る

  1. 1
    購入時に使用期限を確認する 使用期限が切れていないか確認してから購入するようにし、期限切れのコンドームの購入や使用はやめましょう。
    • 使用期限には年と月が書かれています。
    • 使用期限の切れた古いコンドームは劣化して破れやすくなっています。使用しないようにしましょう。
  2. 2
    正しく保管する コンドームは直射日光の当たらない、涼しくて湿度の低い場所に保管するようにしましょう。財布に入れて持ち歩くのも曲げたり傷つけたりする恐れがあるのでやめましょう。[1]
    • ズボンの後ろポケットに入れないようにしましょう。コンドームの上に座ることで傷つけてしまいます。
  3. 3
    車のグローブボックスに入れない 車内は寒暖や湿度の差が激しくなるためコンドームの損傷につながります。[2]
  4. 4
    毎回新しいコンドームを使う 破れたり、残った体液が漏れる可能性があるため、再利用するのは絶対にやめましょう。[3]  使用済みのコンドームは必ず捨てて、新しいものを使いましょう。

方法 2 の 3:
コンドームの状態を検査する

  1. 1
    個包装に表示されている使用期限を確認する 購入したばかりのコンドームでも、使用する前に使用期限を確認しましょう。使用期限切れのコンドームは期限を過ぎていないものよりも破れる可能性が高くなります。期限が切れている場合、使用は控えましょう。
  2. 2
    包装状態を見る パッケージに破れや穴がないか確認しましょう。包みに穴が開いていたらコンドームが乾燥している可能性が高く、滑りが悪くなり破損してしまう恐れがあります。[4]
  3. 3
    パッケージを押す 押したときパッケージ内に空気抵抗を感じれば、コンドームに破れや穴がないということ意味しますので使用可能です。[5]
  4. 4
    パッケージを押して中身を横にスライドさせる パッケージを押しながら、中のコンドームをゆっくりスライドさせてみましょう。スムーズにスライドできたら潤滑ジェルが乾燥していないことを示すため、期限内であれば使用可能なコンドームです。[6]
    • 潤滑ジェルが塗布されたコンドームにのみ適用する方法です。潤滑ジェルのついていないコンドームはパッケージ内でスライドしませんが、空気抵抗のテストは実施可能です。
    • 乾燥したコンドームは劣化、亀裂、破損の恐れがあり、体液が漏れ妊娠や性感染症のリスクが発生します。

方法 3 の 3:
傷つけないように装着する

  1. 1
    歯を使って開けない 歯を使ってパッケージを開けることが便利な場合もありますが、目に見えない小さな亀裂が生じる恐れがあります。[7]  パッケージにある切り込みの一角を使って開けるようにしましょう。
  2. 2
    刃物類は使わない 誤ってコンドームに穴をあける可能性があるため、はさみやナイフなどの刃物類を使ってパッケージを開けないようにしましょう。
  3. 3
    触って確認する 袋から出したコンドームを触ってみて乾燥、ゴワゴワ感、異常な粘り気を感じたら、正しく保管されていなかったといえます。そのコンドームは捨てて新しいものを使いましょう。[8]
  4. 4
    性器ピアスは外す 性器リングやピアスはコンドームを破損する恐れがあるため、外しましょう。爪が長いときも装着時には気をつけましょう。[9]
  5. 5
    先端をつまむ 先端をつまみ空気を抜きましょう。先端に空気があると使用中にコンドームが破裂することがあります。
    • ペニスにコンドームをかぶせ人差し指と親指で先端をつまみながら、ほかの指で下に巻き下ろしていきます。
  6. 6
    フィット感を確認する 正しいサイズのコンドームを選ぶことは重要です。コンドームが小さすぎたり大きすぎたりすることや、勃起したペニスに装着すると根元から上がってきてしまうことがないようにしましょう。勃起したペニスのサイズを測り正しいサイズのコンドームを購入します。何種類か試して自分にフィットするコンドームを見つけましょう。[10]
    • 先端には精液を溜めるための空間が必要になります。先端をつまみ空気を抜くことで、射精時のコンドームの破裂を防ぎます。先端にその空間がないとコンドームが破裂する恐れがあり、パートナーを妊娠や性感染症のリスクにさらします。
    • コンドームが緩すぎると動きにくくなります。大きすぎるコンドームは体液が漏れたり、使用中に外れてしまう可能性があり、あなたとパートナーの両方にリスクを及ぼします。
    • 自宅でサイズを測ってから購入しましょう。[11]
    • イメージではなく実際のサイズに合うコンドームを使いましょう。「Sサイズ」や「Lサイズ」といったサイズは、長さよりも太さを示しています。ただし、長さで分けられているサイズもあるので、自分にピッタリのサイズを使用して安全なセックスを楽しみましょう。
  7. 7
    ウォーターベースの潤滑ゼリーを使う オイルベースの潤滑ゼリーはコンドームを劣化させ損傷させてしまう恐れがあるため、ウォーターベースのものを使うようにしましょう。[12]
    • オイルベースの潤滑ゼリー、ベビーオイル、マッサージローション、ワセリン、ハンドクリームなどを潤滑ゼリーの代わりに使用しないようにしましょう。

ポイント

  • 正しく使うことでセックスをより楽しむことができます。コンドームの損傷は間違った使用方法が原因で起きることがほとんどです。この記事で紹介した方法を実践し正しく使用すれば、使用後に穴が開いていないか確認するようなことはしなくていいでしょう。[13]
  • コンドームは厳しい品質テストを通過しています。[14]
  • 正しく使えば、安心・安全が確保されます。

注意事項

  • コンドームを装着していてもHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染する可能性があります。珍しくない性病であるためワクチンを接種しておくとよいかもしれません。[15]
  • 水や空気を入れて確認しないようにしましょう。使用前に水や空気を入れるとコンドームに穴をあける恐れがあり、使用後に水を入れると不必要に相手の体液に触れることになります。[16]

このwikiHow記事について

Lacy Windham, MD
共著者 ::
学会認定産婦人科医
この記事の共著者 : Lacy Windham, MD. ウィンダム医師はテネシー州在住の認定産婦人科医です。メンフィスにあるテネシー大学医学部に学び、2010年にイースタン・バージニア大学医学部にて臨床研修を修了。同大学より最優秀母体胎児医学科研修医賞、最優秀研修医賞、最優秀腫瘍学科研修医賞を受賞しました。
カテゴリ: 性的関心
このページは 347 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?