ブランドスニーカーの偽物の製造がますます勢いを増しています。安価に購入できることを喜ぶ人もいる一方で、コンバースといった老舗ブランドはあおりを受けてしまいます。こうした偽物は年々精度が高まり、専門家ですら純正と偽物の違いを見分けることに苦労することもあるほどです。この記事では、偽物を見分けるコツをいくつか紹介します。

方法 1 の 2:
スニーカーを調べる

  1. 1
    包装を調べる 箱が明らかにコンバースのものでない場合は偽物でしょう。また、新品の靴は包装用の薄い紙に包まれているはずです。靴の中にも同じ紙が詰められていることもあります。新品のスニーカーであることを示すこうした典型的な特徴が見られない場合は偽物を疑いましょう。[1]
  2. 2
    チャック・テイラーのパッチを調べる 本物のパッチにはネイビーブルーの星が印字されています。偽物の場合、この青の色合いが異なる傾向があります。また、本物のパッチには星とテイラーのサインが印字されているのみです。さらに、エンブレムの印字そのものにも注意を向けましょう。偽物の多くは輪郭が不鮮明です。異なるデザインの要素や文言が混ざり合って用いられていることもあります。
    • オールスターにも様々なスタイルや色の製品が存在します。ロゴが青でないもの、パッチがゴムで作られているものもあります。
    • パッチの星を注意深く観察し、輪郭がはっきりしているかどうか見てみましょう。
  3. 3
    商標を確認する 2008年よりも前に製造されたスニーカーには「All Star」ロゴの下に登録商標であることを示す®が印字されているはずです。2008年以降のモデルにこのマークが見られる場合は注意しましょう。また、ロゴの縫い目も観察しましょう。本物のように見えても、ロゴが継ぎはぎのように見えたり、輪郭がぼやけている場合は偽物でしょう。[2]
  4. 4
    タンを確認する タンの上部にも明白にロゴが印字されています。偽物の場合は、このロゴがぼやけていたり、縫い目が緩んでいたりします。純正のタンは薄いキャンバス生地で作られています。また、タンを縁取った縫い目にも注意しましょう。
    • 一般的に、縫い目が緩んでいたり、バラつきが見られる場合は偽物です。[3]
  5. 5
    インソールを確認する 純正のコンバースの場合、インソールにもコンバースという文字がはっきりと分かりやすく印字されています。中古品を購入する時は特に注意しましょう。中古の場合、こうしたマークは新品よりも色褪せて見えるので、必ずしも偽物とは限りません。
  6. 6
    ピンストライプを確認する これはソール上部の端に印字されています。本来、滑らかで完璧であるはずです。線が揺らいでいたり均一でないものは偽物を疑いましょう。
  7. 7
    オールスターを1足所有する オールスターについての理解を深めるには、本物を所有するのが一番でしょう。これまで購入したことがない人は、信頼のおける販売店で購入しましょう。1足所有すると、スニーカーの癖や特徴がよく分かります。
    • 購入した場所を覚えておきましょう。純正でも買い替える時は訪れます。
    広告

方法 2 の 2:
販売主を調べる

  1. 1
    価格を比べる 価格があまりにも安い場合、さらに詳しく調べるか、他の販売者を探したほうがよいでしょう。一般的に、偽物の価格は純正よりもはるかに低く設定されています。値段を抑えられるには、それなりの理由があります。節約して偽物を購入する時は、長持ちしないという事実を受け入れましょう。こうした安物は製造過程においても、材料の品質においても純正の基準を満たすことはありません。
    • 標準のハイカットのオールスターの場合、スタイルによって5000円から10000円ほどの価格になります。
  2. 2
    支払方法に注意する 偽物を購入しても構わないという人は、支払方法に注意しましょう。現金のみという販売主は少し怪しいと考えたほうがよいでしょう。オンラインで購入する場合、ウェブサイトもよく観察しましょう。以前このウェブサイトで購入したことはありますか?そもそも見覚えがありますか?また、ブラウザーが安全であることを(https://)確認してから購入手続きを行いましょう。[4]
    • ブラウザーの多くは画面上部の角に南京錠のアイコンが表示されていて、情報を盗むことができないということを示しています。
    • 信頼できないウェブサイトで購入した際は、購入確認のメールを受け取るようにしましょう。
  3. 3
    製造から販売までのルートをよく考える 蚤の市やマーケットなどで購入する際は絶対に油断しないようにしましょう。売り手が見るからに怪しい場所にあなたを連れて行って偽物を購入させようとすることもあります。こうした売り手は何らかの違法行為を行っています。警戒を解かず、デパートなどで購入すれば安全だということを覚えておきましょう。[5]
    • 低い品質を我慢し、身の危険を冒してまで購入する価値があるのか、よく考えましょう。
  4. 4
    色々質問する デパートなどの専門店の外では、実際に偽物でも確証をもつことはできません。あまりにもお買い得になっているスニーカーを見かけた際は売り手に色々と質問をしてみましょう。売り手の仕草から、様々なことを察知することができます。嘘をついていると感じた場合、おそらく本当に嘘をついているのでしょう。常に慎重に判断しましょう。
    • ただし、こうした個人販売主の全てが偽物を取り扱っていると決めつけないようにしましょう。
  5. 5
    海外で購入する際も気を抜かない 海外でショッピングをする予定がある場合は、渡航前に外務省などの渡航先情報をよく読み確認しましょう。模倣品や海賊版の販売に関する注意も掲載されています。例えば、米国では疑わしいとみなされると税関によって没収されることもあります。[6]
    • 海外では偽物を取り扱う販売主の多くが観光客を狙っています。決して油断せず、だまされたという確証がない限りは行動を起こさないよう注意しましょう。
    広告

注意事項

  • 「PF Flyers」はコンバースの偽物や模倣品ではありません。コンバースに似たデザインの靴を作っているメーカーであるというだけです
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

VANSスニーカーをきれいにする

How to

靴を滑りにくくする

How to

靴ひもを隠す

How to

靴に塗料を塗る

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

ティンバーランドブーツを手入れする

How to

革のブーツを伸ばす

How to

革靴を柔らかくする

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

靴紐の汚れを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,251回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 6,251 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告