ネットワークアダプターのMACアドレスを変更したい、そんなこともあるでしょう。MACアドレス(メディアアクセスコントロールアドレス)とは、ネットワーク内のコンピューターに割り当てられた一意の識別番号です。MACアドレスを変更することで、ネットワーク問題の診断に役立ったり、単にくだらない名前をつけて遊んだりできます。以下のステップ1を参照して、WindowsでネットワークアダプターのMACアドレスを変更する方法を覚えましょう。

方法 1 の 2:
デバイスマネージャーを使う

  1. 1
    デバイスマネージャーを開く コントロールからデバイスマネージャーを開きます。カテゴリ表示の場合、システムとセキュリティの中にあります。
  2. 2
    ネットワークアダプターセクションを広げる デバイスマネージャーでは、コンピューターにインストールされたすべてのハードウェア一覧が確認でき、カテゴリ分けされています。ネットワークアダプターセクションを広げて、インストールされているすべてのネットワークアダプターを確認します。
    • どのアダプターを使っているかわからない場合、方法2のステップ1を参照してデバイスのDescription(説明)を確認しましょう。
  3. 3
    該当のアダプターを右クリックする メニューからプロパティを選択し、ネットワークアダプターのプロパティ画面を開きます。
  4. 4
    詳細設定タブをクリックする 「Network Address」や「Locally Administered Address」を探します。クリックして選択すると、右側に「値」入力欄が表示されます。ラジオボタンをクリックして「値」入力欄を有効にします。
    • すべてのアダプターでこの方法が使えるとは限りません。どちらも見当たらない場合、記事内の別の方法を使いましょう。
  5. 5
    新しいMACアドレスを入力する MACアドレスは12桁の値で、ダッシュやコロンなしで入力します。例えば、MACアドレスを「2A:1B:4C:3D:6E:5F」にしたい場合、「2A1B4C3D6E5F」と入力します。
  6. 6
    設定を適用するためコンピューターを再起動する または、Windowsでアダプターを無効にして再度有効にすることで、再起動せずに設定を適用できます。ThinkPadやVaiOなどについているワイヤレススイッチを切り替えるだけでは、アダプターを無効にして再度有効にすることはできません。
  7. 7
    設定変更されたか確かめる コンピューターを再起動したらコマンドプロンプトを開き、ipconfig /allと入力してアダプターのPhysical Address(物理アドレス)を確認します。新しいMACアドレスになっているはずです。
    広告

方法 2 の 2:
レジストリエディターを使う

  1. 1
    ネットワークアダプターの情報を確認する Windowsのレジストリで簡単にネットワークアダプターを見つけられるようにするため、まずコマンドプロンプトを使って基本情報を確認します。ファイル名を指定して実行ボックス(Windowsキー+Rで起動)に「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開きます。
    • ipconfig /allを入力してEnterキーを押します。有効なネットワークデバイスのDescription(説明)とPhysical Address(物理アドレス)をメモします。無効のデバイス(Media Disconnected、メディアは接続されていません)は無視します。
    • net config rdrと入力しEnterキーを押します。先ほどメモしたPhysial Address(物理アドレス)の横の波括弧「{}」 に表示されているGUIDをメモします。
  2. 2
    レジストリエディターを開く ファイル名を指定して実行ボックス(Windowsキー+Rで起動)に「regedit」と入力してレジストリエディターを開きます。レジストリエディターでは、ネットワークアダプターの設定を変更できます。
    • レジストリを間違って変更すると、システムの誤作動の原因になる可能性があるので気を付けましょう。
  3. 3
    レジストリキーを表示する HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}を探します。見つけたら、矢印をクリックして広げます。
  4. 4
    アダプターを探す 「0000」や「0001」などのフォルダが表示されます。各フォルダを開き、DriverDesc欄とステップ1でメモしたDescription(説明)を見比べます。確実にするには、NetCfgInstanceID欄がステップ1でメモしたGUIDと一致するか確認しましょう。
  5. 5
    デバイスと一致したフォルダを右クリックする 例えば、「0001」フォルダがデバイスと一致したなら、そのフォルダ自体を右クリックします。新規、文字列値の順に選択します。新しい値を「NetworkAddress」と名付けます。
  6. 6
    新しいネットワークアドレス欄をダブルクリックする 「値のデータ」入力欄に新しいMACアドレスを入力します。MACアドレスは12桁の値で、ダッシュやコロンなしで入力します。例えば、MACアドレスを「2A:1B:4C:3D:6E:5F」にしたい場合、「2A1B4C3D6E5F」と入力します。
  7. 7
    MACアドレスが適切な書式になっているか確認する アダプター(特に無線アダプター)によっては、第1オクテットの2文字目が2、6、A、Eでなかったり、0から始まらないとMACアドレスを変更できないことがあります。これはWindows XPの頃から見られる要件で、以下のような書式です。
    • D2XXXXXXXXXX
    • D6XXXXXXXXXX
    • DAXXXXXXXXXX
    • DEXXXXXXXXXX
  8. 8
    設定を適用するためコンピューターを再起動する または、Windowsでアダプターを無効にして再度有効にすることで、再起動せずに設定を適用できます。ThinkPadやVaiOなどについているワイヤレススイッチを切り替えるだけでは、アダプターを無効にして再度有効にすることはできません。
  9. 9
    設定変更されたか確かめる コンピューターを再起動したらコマンドプロンプトを開き、ipconfig /allと入力してアダプターのPhysical Address(物理アドレス)を確認します。新しいMACアドレスになっているはずです。[1]
    広告

ポイント

  • 16進数はアルファベットのA〜Fを使うので、面白いMACアドレス名をつけることもできます。
広告

注意事項

  • すでに使われているMACアドレスは使わないようにしましょう。どちらかのデバイスがネットワークに接続できなくなります。
広告

関連記事

2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
LinuxでIPアドレスを確認するLinuxでIPアドレスを確認する
ウェブサイトのIPアドレスを確認するウェブサイトのIPアドレスを確認する
ワイヤレスで印刷できるようにノートパソコンを設定する
WiFiの受信感度を上げるWiFiの受信感度を上げる
ネットワーク上の共有フォルダにアクセスするネットワーク上の共有フォルダにアクセスする
Linuxでデフォルトゲートウェイを追加または変更するLinuxでデフォルトゲートウェイを追加または変更する
MacでIPアドレスを確認する
ルーターでポート開放を設定するルーターでポート開放を設定する
ルーターを別のルーターに繋げてネットワークを拡張するルーターを別のルーターに繋げてネットワークを拡張する
ルーターにアクセスするルーターにアクセスする
USBプリンターをネットワーク接続するUSBプリンターをネットワーク接続する
Androidを使ってWi FiをハックするAndroidを使ってWi Fiをハックする
イーサネットの設定イーサネットの設定
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告