PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

コーキングガンは小さな亀裂を埋めるのに便利で、一般的に、窓や浴槽、ドアなどに使われます。コーキングガンは、コーキング剤を取り付けて使用する道具です。コーキング剤をコーキングガンに装填する方法を覚えれば、すぐにコーキングの作業に取り掛かれるでしょう。

パート 1 の 3:
コーキングガンにコーキング剤を装填する

  1. 1
    コーキングガンの後ろにあるレバーを押します。コーキングガンの後ろにある小さなレバーを親指で押しましょう。こうすると、コーキングガンの中央部を貫通している長いロッドを引き出せるようになります。レバーを押しながら、反対の手でロッドをできるだけ後ろに引き、そのままの状態を保ちます。
    • コーキング剤を装填する間、ロッドを後ろに引いた状態を保つのが難しければ、友達や家族に手伝ってもらいましょう。
  2. 2
    ノズルがコーキングガンの前方にくるように、コーキング剤を装填します。ロッドを後ろに引いたまま、コーキング剤をコーキングガンに取り付けましょう。ノズルがコーキングガンの前方になるように取り付けます。初めに、コーキング剤の底をコーキングガンの後方に差し込みます。コーキング剤の平らな端をコーキングガンの後ろに差し込んでから、コーキング剤の前方を押し込みます。コーキング剤がきちんと収まり、前後が同じ高さになっていることを確認しましょう。
    • ノズル切断具とコーキング剤の注入穴の開け具が付属したコーキングガンもあります。その場合は、これらの器具を使ってからコーキング剤を取り付けましょう。
  3. 3
    コーキング剤にロッドを押し付けます。コーキングガンにコーキング剤を装填したら、コーキング剤の後ろに金属製のロッドを押し付けましょう。コーキング剤の底にカートリッジプランジャーをしっかりと押し付けます。カートリッジプランジャーはコーキング剤を固定し、ハンドルを握った時にコーキング剤を押し出す働きもあります。[1]
    • いずれかの時点でわからないことがあれば、コーキング剤に添付の使用方法を確認しましょう。添付の説明書には、その製品の具体的な使用方法が記載されています。
  4. 4
    はさみを使ってコーキング剤先端のノズルを45度の角度で切り、コーキング剤が出る量を調節します。コーキング剤の先端には、密封されたノズルがついています。コーキング剤が好みの幅で出てくるように、適した部分でノズルを切りましょう。太い亀裂を埋める場合は、ノズルの下のほうを切ります。亀裂が細い場合は、ノズルの先端近くを切ると正確に充填できるでしょう。[2]
    • ノズルを切ってしまうと元に戻せないので、充填する幅を慎重に考えてから切りましょう。コーキング剤が細く出るように、ノズルの先端近くを切るほうが安心かもしれません。[3] コーキング剤の幅が足りなければ、後からノズルを切り足して幅を広げることができます。
    広告

パート 2 の 3:
コーキング剤を充填する部分を掃除し、周囲に養生テープを貼る

  1. 1
    既存のコーキング剤をパテナイフで剥がします。新しいコーキング剤を充填する前に、亀裂部分に残っている既存のコーキング剤を必ず取り除きましょう。古いコーキング剤は劣化している可能性があります。きちんと取り除かないと、弱い土台の上に新しいコーキング剤を重ねることになります。また、既存のコーキング剤を取り除けば、新しいコーキング剤がどれくらい必要になるかが正確に把握できるでしょう。[4]
    • 既存のコーキング剤の端にパテナイフの尖った部分を差し込みます。パテナイフの持ち手を掴み、ナイフを前方へ押しましょう。ナイフを押しながら、コーキング剤をすべて剥がしていきます。
    • ホームセンターなどで販売されているコーキング剥離剤を使うと、剥がしやすいでしょう。剥離剤を塗って20~30分おき、パテナイフやカッターナイフでこすり落とします。[5]
    • シリコンコーキング剤を剥がすには、片側を持ち上げてラジオペンチで引っ張りましょう。
  2. 2
    消毒用エタノールや殺菌作用がある洗浄剤で亀裂を掃除し、湯ですすぎます。布に消毒用エタノールや洗浄剤をつけて、亀裂を掃除しましょう。殺菌作用がある一般的な家庭用洗浄剤を使うことができます。バケツに入れた湯に別の布を浸し、亀裂を拭いて洗浄成分をしっかり落としましょう。その後、乾いた布で水分を拭き取ります。
    • コーキング剤を充填すると亀裂が密封されるので、その前に汚れをきれいに取り除いておきましょう。
    • コーキング剤や汚れが残っている場合は、プラスチック製のヘラでこすり落としましょう。
  3. 3
    コーキング剤を正確に充填するために、亀裂の周りに養生テープを貼ります。ロール状の養生テープを用意し、亀裂の上下に1列ずつ長く貼り付けましょう。コーキング剤が付着すると困る部分を養生テープで保護します。また、コーキング剤がはみ出しても、養生テープを剥がせば跡が残りません。[6]
    • 養生テープを貼るとコーキング剤を正確に充填することができ、見た目も美しく仕上がるでしょう。
    • シリコンコーキング剤を充填した後は、養生テープをすぐに剥がしましょう。時間をおくと、テープが剥がれなくなる可能性があります。
    広告

パート 3 の 3:
コーキング剤を充填する

  1. 1
    コーキングガンを紙の上で移動しながら、ハンドルを握ってコーキング剤を充填する練習をします。ノズルを45度の角度で下に向け、コーキングガンを持ちましょう。後方のハンドルを握りながら、紙の上でコーキングガンをぶれないように1方向に動かしていきます。コーキング剤が安定した流れで出てくるはずです。[7]
    • コーキングガンの動きが速すぎるとコーキング剤の量が少なくなり、均等に充填できません。[8] 逆に、コーキングガンの動きが遅すぎるとコーキング剤が塊になり、うまく充填できません。練習して、丁度よい速度を見つけましょう。
    • ハンドルを握ってコーキング剤が出なくても心配はいりません。ハンドルを戻してから、再度握ってみましょう。
  2. 2
    コーキングガンを45度の角度で亀裂に向けます。コーキングガンを両手で持ちましょう。片手でハンドルを握り、もう1方の手でコーキング剤の前方を支えてコーキングガンの向きを安定させます。コーキングガン全体を45度に傾けると、コーキング剤がノズルのほうへ流れるでしょう。[9]
    • ハンドルを握るとコーキング剤が押し出されますが、同時にコーキングガンを45度に傾けると、重力でコーキング剤が前方に流れるので作業が楽になります。
  3. 3
    ハンドルを握ってノズルからコーキング剤を押し出します。ハンドルを握ると、金属製のロッドがコーキング剤をノズルのほうへ押し出します。続けてしっかりとハンドルを握りましょう。[10] 適量のコーキング剤がゆっくりと出てくるはずです。
  4. 4
    亀裂に沿ってコーキングガンを動かします。亀裂に沿ってコーキングガンを移動しながら、ハンドルを握ってコーキング剤を充填しましょう。コーキングガンで押し出されたコーキング剤は、亀裂に入るとすぐに固まり始めます。コーキング剤が亀裂にまんべんなく充填されるように、コーキングガンをぶれないように1方向へ動かしましょう。[11]
    • コーキング剤を充填できなかった部分があっても心配は無用です。その部分に戻って、再度コーキング剤を充填しましょう。1度で亀裂を埋められなくても問題はありません。
    • 養生テープを貼った場合は、コーキング剤がそこにはみ出しても心配はいりません。作業が終わってからテープを剥がせます。[12] 養生テープを貼らなかった場合は、間違って付着したコーキング剤をパテナイフやワイヤーブラシで取り除きましょう。
  5. 5
    充填したコーキング剤を滑らかにするには、温めた金属製のスプーンで整えましょう。金属製の小さなスプーンを熱湯に30秒浸けて温めます。コーキング剤の上をスプーンの背でこすり、滑らかに整えましょう。こうすると、見た目が美しく仕上がります。温めたスプーンで、コーキング剤の形を微調整します。[13]
  6. 6
    養生テープを剥がし、コーキング剤を乾かします。養生テープを剥がし、コーキング剤をそのままおいて乾かしましょう。完全に乾くまでの正確な時間は、製品に添付の使用方法に記載されています。一般的に、コーキング剤が完全に硬化するには少なくとも24時間かかります。[15]
    広告

ポイント

  • コーキング剤が垂れないように、充填した後はハンドルを戻しましょう。
  • 充填されるコーキング剤の量は、ハンドルを握りながらコーキングガンを動かす速さによって左右されます。ハンドルを握る速さが速いほど多くのコーキング剤が充填されるでしょう。
  • 1か所にコーキング剤が多く出てしまったら指で広げましょう。
  • 亀裂の場所によって適したコーキング剤は異なります。アクリル系コーキング剤は用途が広くよく使われていますが、安価なアクリル系コーキング剤は固まると縮むことがあります。シリコンコーキング剤は接着力は強いものの、高価で塗りにくいという欠点があります。ブチルゴム系コーキング剤は可動性が高いので、蝶番やドアのように、充填したコーキング剤がよく動く部分に適しています。[16]
  • 濡らした雑巾でコーキング剤の幅を整え、亀裂に深く押し込みましょう。
広告

必要なもの

  • パテナイフ
  • 養生テープ
  • 消毒用エタノール
  • 殺菌作用のある洗浄剤
  • コーキング剤
  • コーキングガン
  • はさみ
  • スプーン

関連記事

自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船ガムを膨らませる
プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
プラスチックに塗装する
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
タッチペンを手作りする
革を染める
六角形を描く六角形を描く
貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す
ワインボトルのラベルを剥がすワインボトルのラベルを剥がす
自分のエロティックな写真を撮る自分のエロティックな写真を撮る
硬貨を洗う
息を長く止める息を長く止める
自宅で金を溶かす自宅で金を溶かす
広告
  1. Barry Zakar. 便利屋. 専門家インタビュー. 20 August 2020.
  2. Barry Zakar. 便利屋. 専門家インタビュー. 20 August 2020.
  3. https://www.lowes.com/projects/paint-stain-and-wallpaper/how-to-caulk/project
  4. https://www.bobvila.com/articles/how-to-use-a-caulk-gun/
  5. Barry Zakar. 便利屋. 専門家インタビュー. 20 August 2020.
  6. https://www.bobvila.com/articles/how-to-use-a-caulk-gun/
  7. https://thecraftsmanblog.com/how-to-pick-the-right-caulk/

このwikiHow記事について

Barry Zakar
共著者 ::
便利屋
この記事の共著者 : Barry Zakar. バリー・ザカーはサンフランシスコ・ベイエリアにて便利屋「Little Red Truck Home Services」を経営しています。大工仕事に関し10年以上の経験を有し、デッキ、柵、フェンス、門の設置、家具制作など、あらゆる種類の大工プロジェクトを請け負っています。ジョン・F・ケネディ大学にて経営学修士号を取得。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 155 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告