玄関にクローゼットがない場合は、コート掛けを取り付けると便利です。寒い日に帰宅したら、脱いだコートを椅子の背に掛けたり邪魔になる場所に置いたりするのではなく、玄関のコート掛けにきちんと片付けると部屋がすっきりするでしょう。DIYが得意でなくてもコート掛けを取り付けることができます。ここでは、コート掛けを取り付ける方法に関する一般的な質問とその回答を紹介します。

Question 1 の 8:
コート掛けを取り付ける場所は?

  1. 玄関の壁に取り付けましょう。玄関の壁に取り付けると便利です。家をシェアしていて個室にコートを収納したい場合は、個室のドアに近い壁に取り付けても良いでしょう。[1]
    • コート掛けを壁に取り付けたくなければ、部屋のドアの上部に市販のドアフックを掛けましょう。非常に簡単な方法ですが、これで個室内にコートを掛ける場所を用意できます。
    広告

Question 2 の 8:
コート掛けを取り付ける高さは?

  1. コート掛けの高さは床から1.5mが最適です。家族(子供など)の身長を考慮して、誰でも手が届くように低い位置に取り付けても良いでしょう。ただし、ロングコートやロングジャケットの裾が床に付かない高さに取り付けましょう。[2]
    • たとえば、公共の場所でのコート掛けの高さは一般的に1.2mです。

Question 3 の 8:
重いコート掛けを壁に取り付ける方法は?

  1. 1
    初めにコート掛けのネジ穴の間隔を測り、壁に印を付けましょう。コート掛けの2つのネジ穴の間隔をメジャーで測ります。コート掛けを取り付ける壁にメジャーを当ててネジ穴の間隔と同じ長さを測り、両側に鉛筆で小さい印を付けましょう。[3]
    • できれば、壁の間柱にネジを打ってコート掛けを取り付けましょう。下地センサーで壁裏の間柱の位置を確認します。下地センサーの電源を入れ、コート掛けを取り付ける場所で動かしましょう。下地センサーのブザー音が鳴ったら、その部分に間柱があります。
    • 壁に印を付ける前に、水準器でメジャーが水平になっているか確認しましょう。印を水平に付けないとコート掛けが傾いてしまいます。
    • 壁に印を付ける別の方法もあります。コート掛けを壁に押し当て、水平になっているか確認しましょう。ネジをネジ穴に差し込んで壁に押し付け、小さい窪みを作ります。この窪みを印として使いましょう。
  2. 2
    コート掛けを取り付ける前に、ネジを取り付ける場所に電動ドリルで穴をあけます。コート掛けのネジより直径が少しだけ小さいドリルビットを選び、電動ドリルに取り付けましょう。ネジ穴の印にドリルビットをまっすぐ当て、慎重に穴をあけます。[4]
    • 穴を1つあけたらコート掛けを当て、2つ目の穴の位置と印が合っているか確認しましょう。
  3. 3
    コート掛けを壁に取り付けます。ネジを取り付ける部分に間柱がある場合は、そこに直接ネジを取り付けましょう。中空壁の場合は、まず中空壁アンカーを取り付け、アンカーにネジを差し込んでコート掛けを取り付けます。[5]
    広告

Question 4 の 8:
コート掛けをドライウォールに取り付ける方法は?

  1. 石膏ボード用アンカーにネジを取り付けましょう。コート掛けのネジより少しだけ太めの石膏ボード用アンカーを用意し、アンカーと同じ太さのドリルビットを電動ドリルに取り付けます。コート掛けを壁に当て、2つのネジ穴の位置に印を付けましょう。印を付けた部分にドリルで穴をあけ、石膏ボード用アンカーを取り付けます。アンカーにネジを差し込んでコート掛けを取り付けましょう。[6]

Question 5 の 8:
ネジを使わずにコート掛けを取り付ける方法は?

  1. 両面テープを使いましょう。コート掛けの裏面に両面テープを等間隔で2、3本貼り付けます。コート掛けを壁や別の平らな場所にしっかりと当て、30秒以上押さえましょう。コート掛けを使う前に1時間放置して、接着剤を乾燥させます。[7]
    • たとえば、3M超強力両面テープなどを使いましょう。
    • ただし、コート掛けが非常に重い場合や両面テープの接着力が弱い場合は、外れてしまうかもしれません。両面テープのパッケージに表示されてる耐荷重を確認しましょう。
    広告

Question 6 の 8:
コマンドフックにコートを掛けられるか?

  1. コートを掛けられます。3Mコマンドフックのジャンボサイズの耐荷重は3.5kgです。一般的なコートがこれより重くなることはないでしょう。壁や他の平らな面(ドアの内側など)にコマンドフックを貼り付け、コート掛けとして使いましょう。[8]
    • 高級感がある金属製のコマンドフックも販売されています。

Question 7 の 8:
コートフックの最適な間隔は?

  1. 10~15㎝間隔が良いでしょう。この間隔なら十分広いので、かさばるコートやカバンを掛けることができます。複数のフックを取り付ける場合でも、コート掛けを手作りする場合でも、均等な間隔でフックを取り付けましょう。[9]
    広告

Question 8 の 8:
コート掛けを手作りする方法は?

  1. 1
    1つの方法として、木製ハンガーを利用しましょう。ハンガーの片側の肩を切り落とし、板に取り付けます。ハンガーのフックを下にして肩先を上に向け、切断面を板にあててネジで取り付けましょう。この板を壁や好きなところに取り付け、市販のコート掛けのように使います。[10]
    • ハンガーの向きを自由に変えると、オリジナリティ溢れる素敵なコート掛けになるでしょう。
  2. 2
    もう1つの方法は、カーテンロッドとクリップリングを使う方法です。コートを掛けたい場所にカーテンロッドのブラケットを取り付けます。カーテンロッドにクリップリングを通し、壁のブラケットに取り付けましょう。クリップでコートを挟んで吊るします。[11]
    • クリップリングの代わりにS字フックをカーテンロッドに掛け、普通のコートフックのように使っても良いでしょう。
    広告

関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
リベットを外すリベットを外す
ヘアピンで錠を開ける
ドライバーを使わずにネジを外す
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
プラスチックのひび割れを補修する
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
大きすぎるセーターを縮める大きすぎるセーターを縮める
コオロギを駆除するコオロギを駆除する
戦争を生き延びる戦争を生き延びる
カエルを駆除するカエルを駆除する
広告

このwikiHow記事について

Kevin Schlosser
共著者 ::
リフォーム業者
この記事の共著者 : Kevin Schlosser. リフォーム業者のケヴィン・シュロッサーは、「Home Tech Handyman Ltd.」経営者です。建築業界での経験は20年以上、高齢者向け住宅への改築、床や屋根のリフォーム、全般的なリフォームなどの施工を行っています。NAHB認定高齢者住宅スペシャリスト、認定ハンディーマン協会認定資格などの各種資格保持。また、CEDIA会員であり、研修によりCEDIAの建築資格、プロジェクト管理資格、システム・インテグレーター資格認定を取得。コロラド州損害賠償保険に加入済み。
このページは 853 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告