毎朝増え続けるコーヒーの出がらしの処理にうんざりしていませんか?コーヒーの出がらしには栄養成分がたっぷりと含まれているため、いきいきとした庭づくりに再利用することができます。出がらしは本来酸性で、窒素やカリウムなどの栄養成分を豊富に含んでおり、アルカリ性の土壌や栄養が足りない庭には最適です。ちょっとした工夫で、コーヒーの出がらしを庭の様々な用途に活用できます。

方法 1 の 2:
出がらしで土の栄養を補う

  1. 1
    出がらしをコンポストに加えましょう。出がらしの再利用の一番手軽な方法は、コンポストに加えることです。他の有機物にコーヒーの出がらしを加えると、コンポスト内での有機物の分解が早くなります。出がらしをコンポストに入れて混ぜるだけで、この効果が得られます。
    • コンポストに入れる原料は主に「緑の原料」と「茶色の原料」の2種類があります。コーヒーの出がらしは、水分を含んで栄養分が豊富な他の原料と共に「緑」に分類されます。出がらしを大量に入れる場合は、乾燥した葉、小枝、新聞紙、藁、トウモロコシの皮、おがくずなどの乾燥していてかさばる「茶色」の原料も入れてバランスを取りましょう。[1]
  2. 2
    土壌に出がらしを直接混ぜて、土の酸性度を上げましょう。コーヒーの出がらしはpH値が約5.1で、たいていの庭よりもかなり酸性です。植物によっては土が酸性に傾きすぎる場合がありますが、酸性土壌を好む植物には最適です。シーズンの初めに、植物の根元に一握りの出がらしを撒き、土壌を酸性にします。ブルーベリー、クランベリー、柑橘類はコーヒーの出がらしを混ぜた土でよく育ちます。他にもツバキ、クチナシ、シャクナゲ、マレーシアシャクナゲなどに効果的です。[2]
    • 酸性の土壌で、違う色の花を咲かせる植物もあります。例えば、アジサイに出がらしを与えると青色の花が咲きます。
  3. 3
    石灰でコーヒーのpH値とバランスを取ります。上記で述べたように、コーヒーの出がらしは本来酸性のため、一般的な庭には向かない場合があります。中和するには、ひとつまみの石灰を出がらしに混ぜます。石灰は本来アルカリ性(または酸性の対局の塩基性)のため、出がらしの酸を中和します。そのため出がらしを直接土に加えて、マルチや土壌の調整に利用できます。
    • 石灰は粉末で、英語では「ライム」ですが柑橘類のライムとは別の物です。ホームセンターやガーデンセンターで数種類販売されていて、安価で購入できます。
  4. 4
    出がらしで土壌に栄養分を加えましょう。土を酸性にする以外にも、コーヒーの出がらしの利用法はあります。出がらしには植物を元気にする様々な栄養素が豊富に含まれています。庭に下記の栄養成分が必要なときは、コーヒーの出がらしが役に立ちます。[3]
    • コーヒーの出がらしに豊富に含まれているもの:
    • 窒素
    • マグネシウム
    • カリウム
    • コーヒーの出がらしにあまり含まれていないもの:
    • リン酸
    • カルシウム
  5. 5
    液体の肥料を作ることもできます。コーヒーの出がらしをそのまま庭に使う以外に、出がらしから栄養分たっぷりの肥料を作ることができます。作り方は、一握りの出がらしを水の入ったバケツに入れて、車庫などの涼しくて邪魔にならない場所に1~2 日置きます。しばらくすると、水は琥珀色に変わります。出がらしを濾して、その水を使って水やりをします。
    • この液体には、コーヒーの出がらしと同様の酸性度と栄養成分含まれているため、土がもともと酸性であったり、窒素やカリウムなどの栄養素があまり必要のない植物に与えるときは注意しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
出がらしを他の用途に利用する

  1. 1
    出がらしを害虫の防止に使いましょう。ナメクジやカタツムリは大切な植物を食べてしまいますが、コーヒーの出がらしを嫌います。守りたい植物の根元に一握りの出がらしを撒きましょう。土が酸性になりすぎるのが心配なら、根元から離れた所に出がらしを完全な円形に撒きます。
    • コーヒーに含まれるカフェインは、これらの害虫に有害であるため、この方法が有効だと考えられています。[4]
  2. 2
    出がらしで猫を庭から遠ざけましょう。コーヒーの出がらしは小さな害虫とともに、繊細な植物が生えている庭で、猫が遊びまわるのを防ぎます。カタツムリと同様に、出がらしを守りたい植物の周りに撒きます。この場合は撒く量が多いため、土の酸性化は避けられないかもしれません。
  3. 3
    出がらしをミミズの餌にしましょう。ミミズを育てているみなさんには、コーヒーの出がらしを有効に使う絶好の機会です。ミミズはコーヒーの出がらしが好物です。ミミズの飼育箱やミミズがいるコンポストに出がらしを入れましょう。ただし、出がらしは餌の一部にして、果物や野菜くず、新聞紙、葉っぱなどと一緒にバランス良く与えましょう。[5]
  4. 4
    出がらしをカビの感染防止に使いましょう。出がらしが、植物に有害な特定のカビを防ぐ実証例もあります。出がらしを軽く撒くと、フザリウム属、フハイカビ属、スクレロティニア属のカビの防止に効果があるとされています。トマト、ナス、トウガラシ類は特にカビに弱いため、コーヒーの出がらしを有効利用できます。[6]
    広告

Tips

  • コーヒーの出がらしがたくさん必要な場合は、近所のカフェのスタッフと仲良しになりましょう。出がらしをパックに入れて、無料で配っているカフェもたくさんあります。まだ配っていなくても、出がらしを取って置いてもらえるようにお願いしてみましょう。カフェでは出がらしはゴミとして捨てられることも多いので、喜んで取り置きしてくれるカフェもたくさんあります。

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

トマトの剪定

How to

カタツムリを駆除する

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

マンゴーを熟成させる

How to

ラベンダーオイルを作る

How to

ヒマワリを鉢植えで育てる

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

コンクリートを仕上げる

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

池の藻を除去する

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

バラを種から育てる

How to

庭にミツバチを呼び寄せる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,778回アクセスされました。
このページは 1,778 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告