コーヒーを入れる方法は数多くありますが、コーヒーメーカーで「本当においしい」コーヒーを入れるための秘訣があります。コーヒーメーカーがなくても心配いりません。マグカップとコーヒードリッパーを使ったり、フレンチプレスを使ったり、マグカップや布巾を利用したりしてコーヒーを入れることができます。

方法 1 の 6:
フレンチプレスを使う

  1. 1
    フレンチプレスに中挽きコーヒーを加える フレンチプレスの蓋とプランジャーを外してコーヒーを加えます。1杯につき大さじ2杯(14g)のコーヒーが必要です。[1]
    • 粗挽きのコーヒーを使うと、コーヒープレスのメッシュフィルターが詰まり、掃除しにくくなります。
    • 細挽きのコーヒーを使うと、コーヒーの粉がメッシュを通り抜けて、抽出したコーヒーの中にコーヒーの粉が混ざってしまいます。
  2. 2
    フレンチプレスに熱湯を注ぐ 水を十分に沸騰させ、火を止めてから10秒ほど置きます。1人分のお湯250mLを計量し、フレンチプレスのポット部分に注ぎ入れます。[2]
    • お湯とコーヒーをさっとかき混ぜます。
  3. 3
    プランジャーをセットし、押し下げる メッシュフィルターが注いだお湯の上部に来るまでプランジャーを押し下げます。まだ、全部押し下げてはいけません。[3]
  4. 4
    3~4分置いてから、プランジャーを全部押し下げる  フレンチプレスのポット部分を片手でしっかり持って、もう片方の手でプランジャーを押し下げます。プランジャーをフレンチプレスの底までゆっくりと押し下げます。[4]
  5. 5
    コーヒーをマグカップに注ぎ、提供する お好みで、牛乳や砂糖を加えます。フレンチプレスを使った後は、必ず水と中性洗剤で洗いましょう。
    • プランジャーとポット部分を別々に乾かします。完全に乾いてから、組み合わせます。
    広告

方法 2 の 6:
マグカップとコーヒードリッパーを使う

  1. 1
    マグカップの上にコーヒードリッパーを載せ、その中にペーパーフィルターを入れる コーヒードリッパーは皿の上にひっくり返った円すい体が載っているような形をしています。コーヒードリッパーの受け皿の部分をマグカップの縁に合わせて載せます。円すい体の広い方が上を向くように置きます。円すい体の中にコーヒーフィルターを入れます。
    • ケメックスのドリッパーを使って同様の方法でコーヒーを入れることができます。ケメックスの場合、コーヒーフィルターを直接上の部分に入れ、次の工程に進みます。 
    • コーヒーメーカーで使っているフィルターと同じタイプのものを使います。台形型フィルターと円錐型フィルターのどちらも使用することができます。
    • 一度熱湯をフィルターにかけるように濡らし、そのお湯を捨てます。こうすることで、フィルターの紙のにおいを取ることができます。
  2. 2
    フィルターに大さじ1杯(7g)の挽いたコーヒーを加える 濃いめが好きな場合は、大さじ2杯(約14g)を入れます。すでに挽いてあるコーヒーを使ってもよいのですが、挽き立てのコーヒーを使うともっとおいしくなります。
  3. 3
    十分に沸騰させたお湯をフィルターに注ぎ、コーヒーの粉をお湯に浸す 水を十分に沸騰させたら、火を止めて10秒ほど置きます。コーヒードリッパーにコーヒーの粉を湿らす程度のお湯を注ぎ入れます。[5]
    • まだ、追加のお湯を加えてはいけません。まず、コーヒーを30秒ほど「蒸らす」必要があります。コーヒーの粉がお湯を吸い、少し泡が立ってきます。
  4. 4
    残りのお湯を加える 全部で180 mLのお湯を使います。お湯があふれないよう、一度に2.5㎝ほどのお湯を注ぎ、お湯を注ぐたびドリップさせます。[6]
    • 180 mLのお湯を注ぐ場合は、1回では注ぎきれません。一度で注ぎ切ろうとすると、あふれてしまいます。
  5. 5
    ドリッパーを取り外し、コーヒーを提供する マグカップにコーヒーが一杯になったら、ドリッパーを取り外します。フィルターとコーヒーの粉を捨てます。お好みでクリームや砂糖を加えたら、すぐに提供します。
    • フィルターとコーヒーの粉はすぐに捨てましょう。コーヒーの粉が残らないようコーヒードリッパーをきれいにすすぎます。
    広告

方法 3 の 6:
コーヒーメーカーを使う

  1. 1
    濾過水またはミネラルウォーターを給水タンクに注ぐ どのくらいの水を注ぎ入れるかは、コーヒーを何杯入れるかによって異なります。通常、コーヒー1杯では180 mLの水が必要です。保温ポット(コーヒーメーカーに付属のドリップしたコーヒーを受けるガラスポット)または計量カップで水の量を測ります。[7]
    • 水道水、蒸留水、軟水を避け、濾過水またはミネラルウォーターを使いましょう。
    • コーヒーの吐出口が複数あるコーヒーメーカーの場合は、そのメーカーの説明書に従いましょう。コーヒーメーカーによっては注いだ水が蒸気になってある程度失われるため、余分に水を注ぐ必要があります。
  2. 2
    必要に応じて、ペーパーフィルターをフォルダーの中にセットする フィルターケースを開け、中を見ます。メッシュのフィルターバスケットが付属しているコーヒーメーカーもあります。この場合、ペーパーフィルターは必要ありません。フィルターバスケットがない場合は、ペーパーフィルターをセットします。
    • コーヒーメーカーによって使用するペーパーフィルターが異なります。円錐型フィルターや台形型フィルターなどコーヒーメーカーによって様々です。自分のコーヒーメーカーに合った正しいフィルターを選びましょう。
    • メッシュのフィルターバスケットが付属している場合は、ペーパーフィルターは必要ありません。このメッシュフィルターがコーヒーを濾過します。
  3. 3
    フィルター内に挽いたコーヒーを入れる どのくらいのコーヒーを加えるかは、コーヒーを何杯入れるかによって異なります。通常、1杯につき大さじ1杯(7g)のコーヒーを加えます。濃いめが好きな場合は、大さじ2杯(約14g)を入れます。[8]
    • コーヒーは細挽き、中挽き、粗挽きのどれを使っても構いません。
    • 挽きたてのコーヒー豆を使うともっとおいしくなります。
  4. 4
    コーヒーを抽出する フィルターケースをスライドさせるか、ケースの蓋を閉めます(コーヒーメーカーによって異なります)。コーヒーメーカーのスイッチを入れ、抽出されるのを待ちます。抽出にどのくらいかかるかは、注いだ水の量によります。通常、5分ほどかかります。
    • コーヒーがドリップされる音を聞きましょう。ドリップされる音が止めば、コーヒーの抽出は終了です。
  5. 5
    コーヒーメーカーのスイッチを切り、フィルターを取り除く コーヒーメーカーによっては自動的に電源が切れるものもあります。自動的に電源が切れるタイプのものではない場合は、ドリップが終わったらスイッチを切りましょう。コーヒーメーカーのスイッチを切ったら、ペーパーフィルターとコーヒーの粉を捨てます。
    • フィルターケースを開ける際は注意しましょう。熱い蒸気が出てくることがあるため、火傷に注意が必要です。フィルターケースを開けた直後に顔や手を近づけてはいけません。
  6. 6
    保温ポットを取り外し、コーヒーを提供する ブラックコーヒーでも、牛乳やコーヒークリームなどを加えて甘くしても、(同量の牛乳とミルクを加える)ハーフアンドハーフにしてもよいでしょう。甘いコーヒーが好きな場合は、砂糖、メープルシロップ、人工甘味料などを加えます。温かいうちに飲みましょう。
    • ヴィーガンの人や乳糖不耐症の人は、牛乳の代わりに豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクなどナッツ類や穀類から作られた植物性ミルク使いましょう。
    • 香り付きのコーヒークリームや植物性ミルクは甘味料がすでに加えられている場合があるため注意しましょう。その場合は、自分で甘味料を加える必要はありません。
    • コーヒーを長く放置してはいけません。 冷えてしまうだけでなく、風味も悪くなります。
    広告

方法 4 の 6:
パーコレーターを使う

  1. 1
    パーコレーターの下段のポットにお湯を満たす お湯を沸かしている間に、上段のポットとフィルターバスケットを取り外します。お湯が沸いたら、下段のポットにお湯を注ぎ入れます。蒸気弁のちょうど下までお湯を注ぎます。[9]
    • パーコレーターは「直火式エスプレッソメーカー」または「モカポット」としても知られています。
    • 濾過水またはミネラルウォーターを使うとおいしくなります。
  2. 2
    フィルターバスケットをセットし、粗挽きコーヒーを詰める 使用するコーヒーの量は、パーコレーターの容量によります。通常、内側の線までコーヒーを入れます。もしくは、180 mLにつき大さじ1~2杯(7~14 g)のコーヒーを入れます。 [10]
    • フィルターバスケットにコーヒーを入れたら、軽くたたいてならします。
  3. 3
    上段のポットを回し閉めて組み立てる 片方の手でパーコレーターをしっかり持ち、上段のポットを回し閉めて組み立てます。注いだお湯でパーコレーターが熱くなっているため、ミトンや鍋つかみを使いましょう。
  4. 4
    パーコレーターを中火で温める パーコレーターをコンロの上に置きます。中火にして沸騰させます。抽出過程を確認するため、蓋はせずに火にかけます。抽出が終わったら蓋をします。[11]
    • ガスコンロや電気コンロなどの熱源が直接取っ手にあたらないよう注意しましょう!
  5. 5
    コーヒーの抽出が終わったら、パーコレーターを火からおろす 沸騰し始めると、コーヒーが上段のポットに溜まり始めます。最初は抽出液は濃い色をしていますが、抽出が進むうちに薄くなっていきます。色が薄くなり、おいしそうなコーヒー色になったら出来上がりです。
    • パーコレーターでコーヒーを入れる時間は全体で5分ほどですが、その時々によって前後します。
  6. 6
    蓋を外して、コーヒーをマグカップに注ぐ 上段のポットにコーヒーが全て溜まったら、ミトンや鍋つかみを使って蓋をします。取っ手を持ってパーコレーターを持ち上げ、コーヒーをカップに注ぎます。お好みでクリームや砂糖を加えたら、すぐに提供します。
    • ポットは熱くなっているため、取っ手を持つときは十分注意しましょう!
    広告

方法 5 の 6:
コーヒーメーカーを使わずにコーヒーを入れる

  1. 1
    布巾をマグカップの上にかける 布巾またはハンカチをマグカップにかけて中心を押し込み、直径8~10㎝程の深いくぼみを作ります。バンダナ、ハンカチ、木綿の布、モスリンの布なども清潔であれば使うことができます。[12]
    • メーソンジャーに布巾をかければ、数杯分のコーヒーを入れることができます。だたし、杯数に応じてコーヒーの粉を増やす必要があります。
    • 布の目が粗い場合は、最初に四角に折ります。[13]
  2. 2
    布巾をマグカップの縁に固定する クリップ、ペーパークリップ、小さめの洗濯挟みなどを使って布を固定します。固定する際、クリップは2つ以上必要ですが、4つあれば安定します。
    • または、輪ゴムでマグカップの上の方で巻き、布巾をしっかり固定します。
  3. 3
    中挽きコーヒーを布巾を敷いたカップに入れる 挽き立てのコーヒーを使うとおいしくなりますが、なければすでに挽いてあるものでも構いません。1杯あたり大さじ1~2杯(7 ~14 g)のコーヒーを加えます。 使用するコーヒーの量が多くなると濃いめのコーヒーになります。
    • 細挽きコーヒーを使用するとコーヒーの粉が布を通過して抽出したコーヒーの中に混ざってしまいます。
    • 粗挽きコーヒーも使うのを避けましょう。布の目地に詰まってしまう可能性があります。
  4. 4
    熱いお湯を準備する 91~97°Cのお湯が理想的です。温度を測定しない場合は、水を沸騰させて30秒ほど置いたお湯を使います。[14]
    • お湯の温度が熱すぎると、コーヒーの香りが逃げてしまいます。
  5. 5
    お湯を布を敷いたカップに少しずつ注ぐ コーヒーの粉が浸る程度のお湯をかけます。30秒待ってから、分量の半分のお湯を注ぎます。さらに30秒待ってから、残りの分量のお湯を4回に分けて注ぎます。[15]
    • 一度に全てのお湯を加えると、お湯が布巾を通り抜ける前にあふれてしまうことがあります。
  6. 6
    お湯がすべて布巾を通過したらコーヒーを提供する お湯が布巾を通り抜けてしまうまで2分ほどかかります。クリップを外し、マグカップに敷いた布巾を取ります。お好みでクリームや砂糖を加えすぐに提供します。[16]
    • すぐにコーヒーの粉を捨て、布巾をすすぎます。布巾がコーヒーの色に染まるので、気をつけましょう。
    広告

方法 6 の 6:
おいしいコーヒーを入れるために

  1. 1
    品質の良い炒りたてのコーヒー豆を買う 様々な地域で栽培された様々なタイプのコーヒー豆があります。ある産地のコーヒー豆は他の産地よりも高品質だとされています。例えば、アラビカ豆はロブスタ豆よりも品質がずっと高いと言われています。[17]
    • すでに挽いてあるコーヒーを購入してもよいのですが、自宅で豆を挽いた方がおいしいコーヒーを入れることができます。
    • 1回の抽出に必要な分だけを挽きます。挽いたコーヒーは豆のままのコーヒーよりも鮮度が落ちやすくなります。
  2. 2
    コーヒー豆を適切に保管し、1週間以内に使い切る コーヒー豆を密閉容器(ガラス製またはが陶器が理想的)に入れ、室温で保管します。コーヒー豆を冷蔵庫または冷凍庫で保管すると、コーヒー豆が湿気や臭いを吸ってしまいます。[18]
    • 挽いたコーヒーの粉をどうしても冷凍庫で保管しなければいけない場合は、3~5カ月以内に使い切りましょう。
    • 挽いたコーヒーを有効活用しましょう!鮮度が落ちてしまったら、コーヒースクラブとして使用することができます。
  3. 3
    質の良いフィルターを使う 酵素漂白フィルターやダイオキシン不使用のペーパーフィルターがよいでしょう。または、長持ちする金めっきのフィルターを使うとよいでしょう。安物のフィルターを使うとコーヒーの味に影響するため避けましょう。[19]
    • ペーパーフィルターを使うとペーパーフィルターのにおいがコーヒーに移ることがありますが、最初にペーパーフィルターにお湯をかけると防ぐことができます。
  4. 4
    濾過水またはミネラルウォーターを使う 水道水が高品質ではない場合は、使うのを避けましょう。水道水を使うなら、数秒間流してからポットに水を入れます。必ず冷たい水を入れましょう。[20]
    • 蒸留水または軟水を使うのは避けましょう。こうした水で入れたコーヒーはあまりおいしくありません。
  5. 5
    お湯が十分熱くなっているか確認する お湯の温度は91~97℃が理想的です。お湯が熱すぎてもぬるすぎてもおいしいコーヒーにはなりません。[21]
    • コーヒーメーカーを使わない場合、最初に水を沸かし、30~60秒待ってからコーヒーに注ぎます。
  6. 6
    コーヒーが抽出されたらすぐに提供する 飲むタイミングが遅くなると香りが逃げていきます。保温ポットに入れた場合は、1時間以内に飲みましょう。[22]
    • コーヒーを放置するとコーヒーの香りが劣化していきます。
  7. 7
    コーヒーメーカーを清潔に保つ  保温ポットとフィルターバスケットを熱いお湯ですすぎます。清潔な布巾で水気をふき取ってからしまいます。こうすることで苦みの原因となるコーヒーの粉や焙煎時に出る油の蓄積を防ぐことができます。[23]
    • 月に一度、酢でコーヒーメーカーを洗います。その後しっかり水でゆすぎます。[24]
    広告

ポイント

  • 甘党の人は、少量のチョコレートか砂糖をコーヒーの粉に加えると、甘いコーヒーを入れることができます。
  • コーヒーの香りは、コーヒーの栽培地、栽培地の標高、コーヒーの木の種類、コーヒー豆の加工・乾燥・焙煎工程など様々な要素によって異なります。
  • バリスタにおすすめのコーヒー豆を聞きましょう。バリスタのおすすめは「ハワイアンコナ」や「エチオピアン・エアルーム」からインスタントコーヒーの「ネスカフェ ゴールドブレンド」まで様々かもしれません。
  • できれば、自家焙煎しているお店でコーヒー豆を購入し、自宅で挽くとよいでしょう。新鮮で香りの高いコーヒーを楽しむことができます。
  • コーヒーを入れる前に、コーヒーの粉を入れていない状態で一度フィルターにお湯を通しましょう。こうすることで、先に入れた時のコーヒーの残留物を取り除くことができます。この残留物は、コーヒーの不要な苦みの原因になることがあります。
  • コーヒー豆を挽いて粉にすると劣化しやすくなるため、密閉容器に入れて保管しましょう。急速真空できる保管容器がコーヒー専門用品のウェブサイトなどで入手可能です。
  • 興味があれば、お好みのフレーバーのコーヒークリームを自分で作ることもできます。

広告

必要なもの

コーヒーメーカーを使う

  • コーヒーメーカー
  • コーヒー豆または挽いたコーヒーの粉
  • コーヒーミル(自分でコーヒー豆を挽く場合)
  • コーヒーフィルター
  • 濾過水またはミネラルウォーター

マグカップとコーヒードリッパーを使う

  • コーヒードリッパー
  • マグカップ
  • コーヒー豆または挽いたコーヒーの粉
  • コーヒーミル(自分でコーヒー豆を挽く場合)
  • コーヒーフィルター
  • 濾過水またはミネラルウォーター

フレンチプレスを使う

  • フレンチプレス
  • 中挽きコーヒー
  • 濾過水またはミネラルウォーター

パーコレーターを使う

  • パーコレーター
  • 粗挽きコーヒー
  • コーヒーフィルター
  • 濾過水またはミネラルウォーター

コーヒーメーカーを使わずにコーヒーを入れる

  • マグカップ
  • 布巾
  • 小さめの洗濯挟みまたはクリップ
  • コーヒー豆または挽いたコーヒーの粉
  • コーヒーミル(自分でコーヒー豆を挽く場合)
  • 濾過水またはミネラルウォーター

関連記事

How to

ワインオープナーを使わずにワインを開ける

How to

栓抜きを使わずにボトルを開ける

How to

牛乳を冷凍保存する

How to

腐った牛乳を見分ける

How to

牛乳を温める

How to

ビールを一気飲みする

How to

ミルクシェイクを作る

How to

折れたコルクを抜く

How to

透明な氷を作る

How to

自家製ビールを作る

How to

アマルーラリキュールを楽しむ

How to

スイカウォッカを作る

How to

アップルサイダーを作る

How to

スプリッツァ(カクテル)を作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 飲み物
他言語版
このページは 523 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告