コーヒーメーカーを洗浄する方法

共同執筆者 Marcus Shields

この記事には:使用後の洗浄コーヒーメーカーを徹底的に洗浄するよくある間違いを予防する12 出典

コーヒーメーカーは、朝一番においしいコーヒーを楽しめる便利な家電ですが、湿気が多いのでカビや細菌が繁殖する危険があります。ドリップフィルター式コーヒーメーカーは使うたびに洗浄しましょう。また、月に1度は徹底的に洗浄して水垢、コーヒー油、不純物などを取り除くことも大切です。少し手をかければコーヒーメーカーを清潔に保つことができます。

1
使用後の洗浄

  1. 1
    コーヒーメーカーを分解します。ポットやドリッパーなど取り外せるパーツをすべて取り外しましょう。コーヒーメーカー本体とは別にこれらのパーツを洗います。[1]
  2. 2
    取り外したパーツを洗いましょう。洗剤を混ぜたぬるま湯に取り外したパーツを浸し、キッチンスポンジで洗います。食器と同じ要領で洗いましょう。[2]
    • ガラス製のポットは割れやすいので気を付けます。洗う際は、慎重に扱いましょう。
    • コーヒーメーカーによっては、パーツを食器洗い乾燥機(食洗機)で洗える場合もあります。取扱説明書を持っていれば確認しましょう。(食洗機)で洗えるかわからなければ、念のため手洗いします。
  3. 3
    コーヒーメーカー本体の外側を拭きます。洗剤をつけて濡らしたタオルで、本体の外側を拭きましょう。周りを拭いて、保温プレートに残った粉なども拭き取ります。最後に湿らせたタオルで洗剤をきれいに拭き取りましょう。[3]
  4. 4
    コーヒーメーカーをセットします。すべてのパーツが乾いたら、定位置に取り付けます。これで準備完了です。コーヒーメーカーを使った後は、必ずこの方法で洗うことを習慣づけましょう。

2
コーヒーメーカーを徹底的に洗浄する

  1. 1
    酢と水をコーヒーメーカーに入れます。ホワイトビネガーと水を1:1の割合で混ぜます。正確な量はコーヒーメーカーの大きさによって異なりますが、タンクがいっぱいになる分量を用意します。給水タンクに酢と水を混ぜた洗浄剤を入れます。[4]
    Marcus Shields

    Marcus Shields

    ハウスクリーニング専門家、Maideasy社長
    マーカスはアリゾナ州フェニックス市にあるハウスクリーニングサービス会社、「Maid Easy」の社長を務めています。マーカスのハウスクリーニングルーツは60年代から70年代にかけてフェニックス市内にて清掃を請け負っていたマーカスの祖母にまで遡ります。マーカスは10年以上にわたり技術者として働いた後、ハウスクリーニング業界に戻り、Maid Easyを設立しています。Maid Easyでは家族代々に伝わる実証済みの清掃方法を用いて、フェニックス都市圏に住む人々にハウスクリーニングサービスを提供しています。
    Marcus Shields
    Marcus Shields
    ハウスクリーニング専門家、Maideasy社長

    酢を入れてドリップするとコーヒーメーカーの内部を洗浄することができます。 ハウスクリーニング会社社の社長マーカス・シールズさんは、「温水と酢を2:1の割合で混ぜます。コーヒーメーカーに注いで普段通りにドリップします。酢の洗浄作用で、コーヒーメーカー内部に残った成分やコーヒーポットについた汚れを取り除くことができます。洗浄が終わったら、ポットをすすぎましょう」とアドバイスしています。

  2. 2
    コーヒーメーカーで途中までドリップします。ドリップを始めたら注意して様子を見ます。ポットの半分まで洗浄剤がたまったら、ドリップを停止します。[5]
  3. 3
    そのまま1時間おきましょう。タイマーをセットして、このまま1時間おきます。[6] この間に酢が浸透し、カビなどを効果的に取り除きます。
  4. 4
    ドリップを完了します。1時間おいてから、コーヒーメーカーのスイッチを入れて、ドリップの残りを完了させましょう。ドリップが終わると、酢と水の洗浄剤がすべてポットの中にたまっているはずです。ポットの中の洗浄剤はシンクに流して捨てることができます。[7]
  5. 5
    水をいれて、2回ドリップします。コーヒーメーカーに清潔な水を入れましょう。給水タンクに水を入れてドリップします。終わったら再度水を入れてもう1度ドリップしましょう。こうするとコーヒーメーカーから酢を完全に取り除けます。[8]
  6. 6
    コーヒーメーカーを拭きます。コーヒーメーカーを酢で消毒した後、濡らしたタオルで拭きましょう。本体の外側を拭いて、ほこりやごみを取り除きます。保温プレートについている粉なども忘れず拭き取ります。[9]
    Marcus Shields

    Marcus Shields

    ハウスクリーニング専門家、Maideasy社長
    マーカスはアリゾナ州フェニックス市にあるハウスクリーニングサービス会社、「Maid Easy」の社長を務めています。マーカスのハウスクリーニングルーツは60年代から70年代にかけてフェニックス市内にて清掃を請け負っていたマーカスの祖母にまで遡ります。マーカスは10年以上にわたり技術者として働いた後、ハウスクリーニング業界に戻り、Maid Easyを設立しています。Maid Easyでは家族代々に伝わる実証済みの清掃方法を用いて、フェニックス都市圏に住む人々にハウスクリーニングサービスを提供しています。
    Marcus Shields
    Marcus Shields
    ハウスクリーニング専門家、Maideasy社長

    月に1度コーヒーメーカーを徹底的に洗浄しましょう。 ハウスクリーニング会社社長のマーカス・シールズさんは、「毎日コーヒーメーカーを使う場合は、月に1度徹底的に洗浄しましょう。視界に入っていなければ、その存在は忘れられると言いますが、コーヒーメーカーの内部にカビが生えることもあります。コーヒーは黒いので気が付かないかもしれませんが、カビの入ったコーヒーを飲んでいるかもしれないのです」と言っています。

3
よくある間違いを予防する

  1. 1
    取扱説明書を読みましょう。まだ取扱説明書を持っていたら、洗浄する前に目を通しましょう。コーヒーメーカーの多くは酢と水で洗浄しても問題がありませんが、念のため事前に確認しておきましょう。[10]
    • 取扱説明書がなければ、インターネットで同じ製品を探しましょう。インターネットで取扱説明書をダウンロードすることも可能です。
  2. 2
    コーヒーメーカーの蓋を開けておきましょう。蓋を閉めておく人が多くいますが、使わないときは蓋を開けておきましょう。内部が乾くので、湿気によるカビや細菌の繁殖を防げます。[11]
  3. 3
    定期的にドリッパーをシンクで洗います。コーヒーを淹れる際に濡れるので、ドリッパーにカビが生えやすくなります。使用後は必ずドリッパーをすすぎ、食器を洗う時に一緒に洗う習慣をつけると、コーヒーメーカーの雑菌やカビを防げます。[12]

ポイント

  • キッチンペーパーよりマイクロファイバー製のタオルのほうが汚れを落とせます。
  • 給水タンクにガラスのビー玉を入れると、硬水によるミネラルの垢を取り除くことができます。1週間に1度ビー玉を洗いましょう。
  • コーヒーポットでコーヒーメーカーに水を入れるのはやめましょう。ポットに残っているコーヒー油や不純物が給水タンクに入り、コーヒーの味が悪くなります。水専用のピッチャーを使いましょう。

記事の情報

この記事はMarcus Shieldsが共著しています。 マーカスはアリゾナ州フェニックス市にあるハウスクリーニングサービス会社、「Maid Easy」の社長を務めています。マーカスのハウスクリーニングルーツは60年代から70年代にかけてフェニックス市内にて清掃を請け負っていたマーカスの祖母にまで遡ります。マーカスは10年以上にわたり技術者として働いた後、ハウスクリーニング業界に戻り、Maid Easyを設立しています。Maid Easyでは家族代々に伝わる実証済みの清掃方法を用いて、フェニックス都市圏に住む人々にハウスクリーニングサービスを提供しています。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Clean a Coffee Maker, Français: nettoyer une cafetière électrique, Italiano: Pulire una Macchina da Caffè, Español: limpiar la cafetera, Deutsch: Kaffeemaschine reinigen, Português: Limpar uma Cafeteira, Nederlands: Een koffiezetapparaat schoonmaken, Русский: почистить кофеварку, 中文: 清洗咖啡壶, Bahasa Indonesia: Membersihkan Pembuat Kopi, Čeština: Jak vyčistit kávovar, हिन्दी: कॉफ़ी मेकर को साफ़ करें, ไทย: ทำความสะอาดเครื่องทำกาแฟ

このページは 70,598 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?