コーヒーメーカーを酢で洗う方法

共同執筆者 Jonathan Tavarez

ホワイトビネガーは便利な天然の洗剤です。油や蓄積したカルシウムを落とせるため、水に含まれるミネラルと接触するコーヒーメーカーには非常に効果的です。コーヒーメーカーを清潔に保ち、美味しいコーヒーを飲むためにも、最低でも半年に1度は酢でを洗いましょう。

パート 1 の 3:
マシーンと酢液の準備をする

  1. 1
    フィルターとコーヒーの出し殻を取り除く ドリッパーから出し殻の残りを取り出して空にします。使用済みのフィルターを処分していない場合は、フィルターを捨てます。前回使用した時の水の残りも捨てましょう。[1]
  2. 2
    バスケットをすすぐ ぬるま湯でバスケットをサッとすすいで、中の出し殻を完全に外に出します。出し殻がこびりついている場合は、洗剤で洗って水で流しましょう。出し殻がなくなったらバスケットをコーヒーメーカーの中に戻します。[2]
  3. 3
    特に指示がない場合は酢と水を1:2で混ぜる マシーンによっては、酢の割合が低めの洗浄液を推奨している場合があります。取扱説明書を読むかインターネットで調べて、使用しているコーヒーメーカーに合った酢の割合で液を作りましょう。[3]
    • マシーンの取扱説明書に酢の量を少なめにするよう指示がある場合は、通常の3分の1の量にしましょう。
  4. 4
    酢液を作る 酢液を作る 蒸留ホワイトビネガーとぬるま湯を1:1の割合で混ぜます。少なめの酢を使用するよう指示がある場合は、推奨されている量にしましょう。この酢液を直接コーヒーサーバーに入れます。タンクがいっぱいになる量を作りましょう。
    広告

パート 2 の 3:
コーヒーメーカーを洗う

  1. 1
    スイッチを入れて半量抽出する タンクに酢液を入れたら、スイッチを入れます。全量がコーヒーサーバーに移らないように、マシーンから離れずに見ておきましょう。半分ほど抽出されたら電源を切りましょう。[4]
    • コーヒーメーカーにクリーンモードがある場合は、抽出ボタンではなくそちらを使用しましょう。通常、クリーンモードは自動で開始・停止し、マシーンの各所に液が行き渡る仕組みになっているはずです。
  2. 2
    1時間コーヒーメーカーを放置する 放置することで酢液が蓄積したミネラルとカビを落とします。1時間も時間が取れない場合は、30分でも構いません。[5]
  3. 3
    全量を抽出する 1時間が経過したら、再び抽出スイッチを入れて残りの液をマシーンの中に通します。水の中に茶色や白の小さなゴミが見られることがありますが、異常ではありません。酢液がしっかりと働いている証拠です。[6]
    広告

パート 3 の 3:
コーヒーメーカーをすすぐ

  1. 1
    酢液を捨てる 抽出の工程が終わったら、酢液をシンクの排水口に捨てます。マシーンの中に液が残っていても構いません。[7]
  2. 2
    コーヒーサーバーをしっかりとすすぐ ぬるま湯と洗剤でサーバーを洗います。スポンジで擦り洗いをするか、水と洗剤を回してすすぎましょう。洗い終わったら洗剤が入った水を捨て、水だけですすぎ泡を落としましょう。[8]
  3. 3
    水だけをコーヒーサーバーに入れる すすぎ終わったら、コーヒーサーバーに新しい水を注ぎ入れます。水に酢を混ぜてはいけません。マシーンで抽出できる最大の量の水を入れましょう。[9]
  4. 4
    3回抽出させる 水だけを入れて抽出します。全量を抽出しましょう。これをあと2回繰り返します。1度抽出が終わるごとに水を捨てて、再び新しい水を入れます。各サイクルの間は3~5分程時間をおいてマシーンをクールダウンさせましょう。[10]
    • 酢の匂いが残っているようなら、ぬるま湯であと1~2回抽出してみましょう。
    専門家情報
    Jonathan Tavarez

    Jonathan Tavarez

    ハウスクリーニング業者
    ジョナサン・タヴァレズは全米各地の一般住宅、商業店舗やオフィスを対象にしたハウスクリーニングサービス会社「Pro Housekeepers」の設立者です。フロリダ州タンパに拠点を置く同社では2015年以降、常に高品質なサービスを届けられるよう、厳しいトレーニングを行っています。ジョナサン・タヴァレズはハウスクリーニングの分野で5年以上の経験があり、また米国国連協会タンパベイ支部では広報責任者を2年以上勤めています。2012年南フロリダ大学で経営およびマーケティング学の学士号を取得。
    Jonathan Tavarez
    Jonathan Tavarez
    ハウスクリーニング業者

    専門家の意見: 酢でコーヒーメーカーを洗浄したあとは、水だけを入れて3回抽出作業をして洗い流しましょう。

  5. 5
    コーヒーメーカーの外側を洗剤と水で洗う 最後の抽出が終わったら水を捨てて、コーヒーサーバーとバスケットを外します。そして、少量の液体洗剤とマイクロファイバークロスでマシーン全体の表面を洗います。洗い終わったらきれいな水で全体をすすぎましょう。
    • 長い間蓄積されたコーヒーのシミをしっかりと落としましょう。
  6. 6
    コーヒーメーカーの外側を酢のスプレーで洗う コーヒーメーカーの外側を洗うのに洗剤と水を使いたくない場合は、酢のスプレーを使用しましょう。まず、スプレーボトルに希釈していないホワイトビネガーを入れます。そして、綿布にスプレーしてコーヒーメーカーの表面を拭きます。必要に応じて、酢の量を調節しましょう。最後に水ですすぎましょう。[11]
    • 布が届きにくい所は、綿棒を使用しても良いでしょう。
  7. 7
    コーヒーサーバーとバスケットを洗う 手洗いをするか食洗機で洗います。手洗いする場合は、スポンジや布に食器用洗剤をつけてサーバーとバスケットの全体を擦って洗い、水ですすぎます。食洗機を使用する場合は、優しく洗うコースを選びましょう。
    • クイックブライト(万能洗剤クリーナー)を使うと、コーヒーサーバーの内側にこびりついた頑固な石灰の沈着を取ることができます。コーヒーサーバーの中に少量を注いで、数分待ったらすすぎ洗いをしましょう。
  8. 8
    コーヒーメーカーを組み立てる カビやミネラルの蓄積が残っていないかチェックします。洗い終わったらコーヒーサーバーとバスケットを元の位置に戻しましょう。これで、美味しいコーヒーが飲めるでしょう。[12]
    広告

ポイント

  • 自宅のコーヒーメーカーの取扱説明書を読み、推奨の「脱灰」方法をチェックしましょう。
  • コーヒーメーカのメーカーは、1ヶ月に1度のマシーンの洗浄と半年に1度の脱灰を推奨しています。
  • コーヒーメーカーに硬水を使用している場合は、半年に1度よりも短いスパンで脱灰が必要になるかもしれません。
  • コーヒーサーバーを使用せずにタンクに水を入れるようにすると、汚れが蓄積されにくいでしょう。ピッチャーや他の容器でマシーンに水を入れると、コーヒーの油分や固形物をタンクに入れずに済みます。

広告

注意事項

  • 最低でも半年に1度はコーヒーメーカーを洗わないと、カビや細菌が繁殖することがあります。
広告

必要なもの

  • 蒸留ホワイトビネガー
  • 食器洗い洗剤
  • スポンジ
  • ふきん
  • タイマー

このwikiHow記事について

ハウスクリーニング業者
この記事はJonathan Tavarezが共著しています。 ジョナサン・タヴァレズは全米各地の一般住宅、商業店舗やオフィスを対象にしたハウスクリーニングサービス会社「Pro Housekeepers」の設立者です。フロリダ州タンパに拠点を置く同社では2015年以降、常に高品質なサービスを届けられるよう、厳しいトレーニングを行っています。ジョナサン・タヴァレズはハウスクリーニングの分野で5年以上の経験があり、また米国国連協会タンパベイ支部では広報責任者を2年以上勤めています。2012年南フロリダ大学で経営およびマーケティング学の学士号を取得。
カテゴリ: 掃除
このページは 192 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告