ゴキブリの駆除方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:敵を知る水と食物を与えない餌の仕掛けを使う殺虫剤を使う罠を使う再発生を防ぐ8 出典

一度家の中にゴキブリが発生すると、駆除するのは非常に大変です。人間の食べ物を漁り、壁紙や本、電化製品などにダメージを与え、ゴキブリの種類によっては人間に病気をうつします。即刻ゴキブリに退去命令を出しましょう。餌の仕掛け、殺虫剤、罠やバリアなど状況に応じた方法で退治しましょう。

1
敵を知る

  1. 1
    ゴキブリを見つける ゴキブリは黒や茶色の楕円形をした昆虫で、とげのある足と長い触角を持っています。1匹見つけたら他にもたくさんいるはずだと言われています。問題なのはゴキブリは日中は隠れているということです。ゴキブリがみつからなければ、食器棚や戸棚の中に茶色いスライム状や固形の糞が落ちていないか探してみましょう。
    • ゴキブリを見かけたら、どこへ行くか追跡しましょう。壁の穴や亀裂の中に入って行ったら「巣」が近くにある可能性があります。
    • しばらく調査を行なう必要があるかもしれません。ゴキブリが移動できそうな穴や亀裂がないか、家中を探しましょう。ゴキブリは下水管や通気口から入ってくることもあります。
    • ゴキブリホイホイを家の中にいくつか設置すると、捕まるゴキブリの数によってどの場所に多く出現するかを確認できます。[1]

2
水と食物を与えない

  1. 1
    ゴキブリは水を必要とする 気温とゴキブリの大きさにもよりますが、ゴキブリは何も食べなくても1ヶ月生き長らえます。ただし水がないと1週間で死んでしまいます。家の中の水もれを探して、修理しましょう。水が断たれたら、ゴキブリはジェル状の罠にもっと興味を示すはずです。
  2. 2
    家の中全体を清潔に保つ 家を清潔に保つ事はゴキブリ駆除の大きな鍵になります。まずはキッチンから始めましょう。食器をきちんと洗い、食後には残った食べ物を片付けましょう。食べた後のくずやふきこぼれもすぐにきれいにして、キッチンエリアを清潔に保ちましょう。ゴキブリは油が大好きなのでコンロの上は特に気をつけましょう。[2]
  3. 3
    食べ物の容器をしっかりと閉め、長時間外に置いたままにしない 汚れた皿を一晩そのまま置いたり、果物をカウンターに置くことも避けましょう。
  4. 4
    床を水拭きする その際、壁に水しぶきが飛ばないように注意しましょう。ゴキブリには水が必要なのです。
  5. 5
    ゴミを定期的に捨てる 食べ物を捨てるゴミ箱はひとつだけにしましょう。また、ゴミを長期間放置しないようにしましょう。ゴミ箱は蓋の付いたものを使い、ゴミは家の建物から離れた場所に出しましょう。

3
餌の仕掛けを使う

  1. 1
    市販のゴキブリ用仕掛けを使う 仕掛けには子供の誤食を防ぐためのケースに入ったものや、ゴキブリの好む餌と共にジェル状の毒が入ったものなどがあります。。[3] 毒を食べたゴキブリが自分の巣に毒を持って帰り、その毒が結果的に巣のゴキブリを全滅させる仕組みになっています。
    • 幅木の横やシンクの下、部屋の角などゴキブリをよく見かける場所に仕掛けを設置します。なるべく巣に近い場所に設置すると、より多くのゴキブリが毒を食べて巣に持ち帰ることになります。
    • 大抵の仕掛けにはフィプロニル.05%かヒドラメチルノン2%が有効成分として含まれています。毒を食べたゴキブリが巣の中で糞をすると、それに触れた他のゴキブリも死にます。
    • この方法でゴキブリ退治をするには何週間かかかります。一世代のゴキブリが死んでもそれらが産んだ卵がかえるので、その巣が全滅するまでにはこの工程を何度も繰り返す必要があります。
  2. 2
    自家製の仕掛けを作る パウダー状(粒状ではない)のホウ酸(これらはゴキブリ殺傷パウダーとして販売されていることがあります)、小麦粉、粉砂糖を同量混ぜます。[4] 砂糖と小麦粉がゴキブリを寄せ付け、ホウ酸がゴキブリを殺します。このパウダーを戸棚や冷蔵庫の後ろ、コンロの裏などにまきましょう。
    • 同じような仕掛けをホウ酸1、小麦粉2、ココア1の割合でも作れます。
    • 一世代を全滅させるのに2週間、次世代のゴキブリが現れるのに2週間と考えると、この工程を3回ほど繰り返すことになるでしょう。ゴキブリが全滅するまでホウ酸を使い続けましょう。
    • 子供や犬などのペットがホウ酸を口にしてしまうことがあります。ホウ酸は人間やペットにはあまり毒性はありませんが口にするべきものではありません。害虫のみがアクセスできる場所に設置しましょう。
    • 調合物は湿気の多い場所に置くと固まってしまうので、床や戸棚を保護するために仕掛けの下に紙やアルミホイルを敷いたほうがよいでしょう。

4
殺虫剤を使う

  1. 1
    石鹸水を使う ゴキブリの成虫を殺すのにとても簡単な方法です。スプレーできるくらいの軽い石鹸液(通常のボディーウォッシュなど)と水をスプレー容器に入れます。[5] 石鹸水をゴキブリに向けてスプレーします。2、3滴あればゴキブリを殺すことができます。液がゴキブリの頭と下腹部にかかるようにしましょう。ゴキブリが仰向けになったところで、おなかをめがけてスプレーするとよいでしょう。ゴキブリは逃げ出そうとしますが、1分以内には停止、死亡、もしくは仮死状態になるでしょう。
    • 石鹸水は表面張力でおなかにある気孔の上に薄い膜をはるので、ゴキブリが窒息します。
    • 石鹸水が乾いてしまったりゴキブリの体に十分にかからなかった場合はゴキブリが回復する場合があるので、仮死状態のゴキブリはすぐに捨てるようにしましょう。
  2. 2
    殺虫剤スプレーを使う シフルトリン剤や他の有効成分が含まれるゴキブリ殺虫剤を使います。[6] ゴキブリが隠れていそうな場所や壁や裂け目、通気孔などのゴキブリが入ってきそうな場所にスプレーします。
    • スプレー中はラベルに記載された安全指示を守り、ペットや子どもにかからないように注意しましょう。
    • 餌の仕掛けも使用してる場合は仕掛けの近くに殺虫剤をスプレーしないように。スプレーが仕掛けを汚染して、ゴキブリが寄り付かなくなります。
    • 殺虫剤スプレーを撒くと一時的にゴキブリは見なくなりますが、反対に壁の奥深くまで入りこんで問題をさらに悪化させてしまうことがあります。ゴキブリ自体を殺すのと同時に巣にもスプレーすることが大切です。
  3. 3
    濃縮液を使う 濃縮液は昔はプロの害虫駆除業者のみが使用していましたが、最近では一般の人も使用しています。濃縮液は毒性または妨害物の希釈するタイプの薬品で、床、亀裂や割れ目にスプレーしたりモップで拭いてそこを歩くゴキブリを殺します。濃縮液はゴキブリを1~2週間の間絶滅させるので、再発生防止に非常に効果的です。
  4. 4
    プロ用の殺虫剤を使う 最悪な発生状況の場合、最終手段として入手可能な殺虫剤のうち最も強力ものを購入する方法もあります。シペルメトリンの入った殺虫剤を探しましょう。プロの仕掛け、フェロモン入りホイホイ、プロ用スプレーは通常のホームセンターなどで販売しているものよりはるかに効果があります。Cy-KickCSはマイクロカプセル化された製品で、ゴキブリ駆除に非常に効果的です。これは市販されていないので、おそらくオンラインで購入する必要があります。他の害虫も殺傷し、3週間程度の効果が持続します。自宅のまわりや床下などに撒きましょう。
    • この薬品の欠点はゴキブリだけでなく、ゴキブリを殺してくれるクモやムカデなどの益虫まですべて殺してしまうことです。
    • この製品は最終手段として使うべきで、ペットや子どものいる場所では絶対に使用しないでください。非常に毒性が強く、口にすると大変なことになります。

5
罠を使う

  1. 1
    市販のゴキブリ用罠を使う ゴキブリ用の罠はゴキブリを寄せつけて粘着剤で閉じ込めます。ゴキブリがいる場所にいくつか置きましょう。ただし、これはゴキブリの成虫の小規模な発生には効きますが、巣自体を絶滅させることはできません。
  2. 2
    水の入った瓶を使う 壁の横に瓶を置いてゴキブリを罠におびき寄せる簡単で効果的な自家製の方法があります。ゴキブリが瓶の中に入ると出られなくなります。仕掛けにはコーヒーの搾りかすや水など何でも瓶の中に入れられますが、乾燥した地域ならばただの水でも効果があります。これはゴキブリの成虫を殺すのに効果がありますが、巣や卵を絶滅させることはできません。
  3. 3
    ペットボトルの罠。ペットボトル上部のカーブした部分をカットします。切り取った部分をボトルに反対方向にじょうごのように差し込みます。外側をテープで留めます。ボトルの底に石鹸水を流し込み、ゴキブリの発生する場所に置きます。そうすると、ゴキブリが罠にかります。[7]

6
再発生を防ぐ

  1. 1
    家の外のごみを取り除く ゴキブリは木材が積み上げられている場所などを隠れ家にして、寒くなると温かい室内に移動します。木材は家の建物から離れたところに置きましょう。また、藁、落ち葉、枯れ草なども取り除きましょう。
  2. 2
    ゴキブリ防止に家を密封する ゴキブリが家の中に入ってこないように外壁の亀裂などを密封しましょう。家の中の亀裂もふさいでください。時間はかかりますが、ゴキブリが好む隠れ家や繁殖場所を完全に無くす価値は大いにあります。
    • キッチンの戸棚の亀裂をうめましょう。
    • 床、ドア、窓枠の亀裂をうめましょう。
    • バスルームやキッチンのパイプ周りの隙間をうめましょう。
  3. 3
    予防の罠を仕掛ける 巣を絶滅させたとしても、またゴキブリが入り込んで制御不能になる前に、予防の罠を仕掛けておきます。最も有効な方法として、排水溝や通気孔などのゴキブリの入り口になりそうな場所にある亀裂にコーキング剤を塗ります。
    • ジェルや液体の殺虫剤をスプレーします。ゴキブリがスチールたわしを突破したときに防衛となり、ゴキブリを弱らせます。
    • 隙間をコーキング剤などでうめます。木材などの亀裂にはコーキング剤を塗った後にレジンを塗り、さらにペンキを塗りましょう。4~6時間後にコーキング剤が固まれば子どもにも安全です。

ポイント

  • ゴキブリがトースターの中でパンくずを食べていることもあります。トースターはきれいに掃除して、食べ物の匂いが消えるように3分間加熱します。
  • 鍋やフライパン、皿はゴキブリの糞や卵が入らないように裏返して保管しましょう。
  • シリアルの箱は中身を密封式保存袋に入れると完全に密封できます。袋のまま箱のなかで保存しましょう。保存袋の口の近くにシリアルのかけらがつかないようにしましょう。ゴキブリは小さなかけらだけでもかなり長い間生き延びることができます。スナック菓子の袋用のクリップや他のクリップもゴキブリ防止にはなりません。袋や箱に入ったものはすべて密封保存袋に入れて保存しましょう。小麦粉、砂糖やオートミールなども密封容器に入れましょう。単純な方法ですが非常に効果的です。
  • メスのゴキブリを踏むとゴキブリの卵も殺せるという考えは是非が分かれます。ゴキブリの卵は卵しょうとよばれる厚い外皮に産み付けられ、メスが死ぬとそれも死滅してしまうはですが、踏みつけた後はすぐ靴をきれいにすることが賢明です。
  • ゴキブリの巣を見つけたら、GooGone(粘着剤専門のクリーナー)をスプレーするとゴキブリの気孔に入りこんでゴキブリを殺傷し、ゴキブリが嫌がる匂いも残します。
  • 食べ物はゴキブリが近寄れる場所に置かないこと。また、寝る前に必ずゴミを外に出しましょう。
  • 排水溝からゴキブリが入ってこないように、バスタブの栓は閉めておきましょう。
  • 仕掛けや罠はゴキブリの通り道、もしくはゴキブリの糞が確認できる場所に置くのが最も効果的です。掃除などをしてその場所をいじるのはやめましょう。ゴキブリが近付かなくなる可能性があります。
  • 天然のゴキブリ退治薬はペパーミントオイル、きゅうりの皮、かんきつ類、キャットニップ、ニンニク、クローブオイルです。
  • ゴキブリを叩き殺したら、床をしっかりと掃除して、叩いた物もしっかりきれいにするようにしましょう。
  • ゴキブリをつぶした場所はしっかりと掃除をしましょう。ゴキブリは共食いをします。
  • 上記の方法で効果がなかった場合は、害虫駆除の専門家を呼びましょう。駆除業者は強力な薬品を使用する免許を保持しています。自分と家族が安全な場所にいる間に広域に薬品を撒いてくれます。
  • 家を散らかしたままにしないように。ゴキブリは紙や服など何でも巣にしてしまいます。ガレージや屋根裏、地下室なども同様です。ゴキブリはどこにでも現れます。
  • 公共のコインランドリーを使用する場合は、他の服を洗う前にまず熱いお湯と漂白剤で白系の服を洗うようにしましょう。それが無理ならば服を要れずに漂白剤と熱いお湯で洗濯機をまわします。その同じ洗濯機で他の服を通常通り洗います。可能なら洗濯後はすぐに乾燥機に入れ、一番熱い設定で乾かします。乾燥した服を直接ビニール袋に入れてすぐにコインランドリーから出ます。服の折りたたみは自宅で行ないましょう。多少しわになるかもしれませんが、害虫を家に持って帰るよりはましです。もしそこで服を畳まないといけないのなら、カウンターを漂白剤と水でスプレーしましょう。服にダメージが及ばないように自然乾燥させます。一番安全な方法は自宅の洗濯機と乾燥機を使うことです。そうすれば家にゴキブリを持って帰ることはありません。
  • 瓶に入れたナフタリンも効果があります。スパイスの入った容器の中蓋だけをつけて、ナフタリンを2.5cmの高さまで入れます。それをキャビネットや棚に置きます。ナフタリンの粒がゆるくなったと思ったら、ジャーをふります。粘着ボードと一緒に使ってゴキブリを捕まえましょう。粘着ボードは棚、キャビネットの前部分に置くと効果があります。ナフタリン1箱で12個の容器を作れます。
  • 瞬時にゴキブリを殺したい場合は、アルコールのスプレー(消毒アルコールやアフターシェーブのスプレーなどアルコールが入っているものなら何でも)も効果的です。ヘアスプレーも効きます。
  • 庭の犬猫の糞はゴキブリが食べたり体につけて家の中に持ち運んだりするのできちんと始末しましょう。
  • ゴキブリの死骸はトイレに流して処理しましょう。
  • 蛍光灯やタップライトをキッチンのキャビネットに入れて点けたままにしておきましょう。ゴキブリは光を嫌うので、夜中に食べ残しやパンくずを漁りにこなくなります。ゴキブリを殺すことはできませんがあなたの家をゴキブリにとって魅力のないものにしてくれます。ゴキブリ退治薬のついた粘着性の棚シートを使いましょう。
  • 家の角にナフタリンを置きましょう。ゴキブリはナフタリンの匂いを嫌います。
  • アリやトカゲは害虫を食べてくれます。アリはシロアリも食べます。殺虫剤を使わないのが一番いい方法です。
  • ミントタブレットのプラスチック容器にハエ取り用のシートを入れて自作の罠を作りましょう。ゴキブリが入り込めるように蓋を開けた状態にしておきます。マッチ箱や小さな箱の左右に穴を開けて作ることもできます。ハエ取り紙はホイホイよりも低価格で購入できて同じ効果が得られます。
  • 節約家で比較的狭い物件に住んでいる人は、コーキングの代わりにビニール袋を使う簡単でお金のかからない方法があります。亀裂、床、幅木、壁などゴキブリが隠れていそうな場所を見つけたら、スーパーのレジ袋1、2枚をそこに詰めて密封しましょう。ゴキブリを完全に駆除することはできなくても、ゴキブリの出入りを最小限に抑えることはできます。そこから、他の殺傷方法や罠を効果的に試してみましょう。

注意事項

  • 殺虫剤やゴキブリの仕掛けは人(特に子供)やペットに毒性があります。ラベルの注意事項をしっかりと読み、製造元の説明書に従って使用しましょう。
  • キッチンの棚をスプレーする場合、息を止めて敏速に撒くかマスクをつけるようにしましょう。ポンプタイプのプレッシャーボトルを使うともっと速く作業ができます。

必要なもの

  • 殺虫スプレー
  • 餌の仕掛け
  • ゴキブリ用罠
  • 濃縮液
  • コーキング剤とコーキングガン、もしくは石積み壁密封剤
  • 密封式保存袋と密封できる容器
  • 殺虫剤のついた粘着性棚シート
  • 光反射テープ、蛍光ライトストリップ

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Get Rid of Roaches, Español: matar cucarachas, Português: se Livrar das Baratas, Italiano: Liberarsi degli Scarafaggi, Français: se débarrasser des blattes, Русский: избавиться от тараканов, Deutsch: Kakerlaken loswerden, Nederlands: Van kakkerlakken afkomen, 中文: 消除蟑螂, Čeština: Jak se zbavit švábů, Bahasa Indonesia: Membasmi Kecoa, العربية: التخلص من الصراصير, ไทย: กำจัดแมลงสาบ, Tiếng Việt: Diệt trừ gián, 한국어: 바퀴벌레 퇴치하는 법, Türkçe: Hamam Böceklerinden Nasıl Kurtulunur, हिन्दी: कॉकरोच से छुटकारा पाएँ

このページは 72,382 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?