ゴールデンハムスターを飼育する方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:ハムスターを迎える準備ハムスターを新しい環境に慣れさせるハムスターの食事ハムスターの世話をする8 出典

ゴールデンハムスターはハムスターの中で最も一般的で、大きな品種です。ペットショップではキンクマ、パンダハムスター、テディベアハムスターなどの名称で売られていますが、これらは注目を集めるためのニックネームに過ぎず、すべてゴールデンハムスターです。他の小さなハムスターの品種と比べるとゴールデンハムスターはおっとりしていて懐きやすいため、ペットとしては最高です。小さな子供やハムスター飼育初心者にも最適で、正しい飼育方法を学ぶのも簡単ですが、当然ハムスターは優しく取り扱いましょう。

パート 1
ハムスターを迎える準備

  1. 1
    ケージを購入する ゴールデンハムスターには床面積が少なくとも2300㎠以上のケージが必要です。これより小さなケージは、ゴールデンハムスターには窮屈すぎるため避けましょう。ペットショップで取り扱うケージは大抵小さすぎます。75リットルの長い水槽、衣装ケース、あるいは手作りのケージを使ってみましょう。ケージが狭すぎるとハムスターは非常に退屈し、ひどくストレスを感じます。ペットショップでかわいいケージを見つけて、ペットショップで売っているなら大丈夫だろうと思うかもしれませんが、それではハムスターにはやはり狭すぎます。ただし、例外として、小さなケージを3つか4つ購入して管で連結すれば使用が可能です。ペットショップで販売されているケージはとにかく値の張るものが多くあります。
    • 「スターター飼育キット」などのケージは小さすぎるため、避けた方が良いでしょう。代わりに、始めからハムスターが一生使うにふさわしいケージを購入しましょう。結局その方がお金の節約になり、将来的にストレスを溜めずに済みます。
    • 2300㎠の床面積はケージ1階の面積だけで、2階や3階は含めません。
  2. 2
    ケージに床材を敷く 床材は安全であることが必須条件です。松や杉 (その他木材製) のおがくずはハムスターに有害な油脂を含むため、床材として使用してはいけません。また、綿も避けましょう。ハムスターの腸に詰まって死に至らしめることがあります。また、綿はハムスターの脚に絡みついて、それを外そうとハムスターが強く引っ張る際に脚が折れることがあります。細かくちぎった紙やペットショップでよく販売されているアスペン、紙製の床材などを使いましょう。これらの床材は臭いを抑えてケージを清潔で快適に保ちます。
    • おがくずは未処理の木材から出たものに限ります。ペットショップで購入する場合は「未処理」の表示があるものにしましょう。木工場や建築現場から出たおがくずはおそらく化学処理された木材のもので、ハムスターには有害であるため、使用してはいけません。
    • 綿や糸のふわふわした床材は非常に危険です。このタイプの床材はパッケージに「安全」と表示されているにもかかわらず、多くのペットを死に至らしめています。[要出典] 繊維質の床材はハムスターの脚に絡みついて血流を阻害する危険があります。また、絡みついた繊維をほどこうとハムスターが暴れて骨折する可能性もあります。脚が壊疽を起こすと、ハムスターは弱って手術に耐えられません。場合によっては、人道的な見地からハムスターを安楽死させなくてはなりません。[1]
    • 巣材としてはトイレットペーパーが最適です。[2] 香り付きのものは与えないようにしましょう。細かく切ったりちぎったりしてケージや巣箱の中に入れます。ただしこれは巣材であり、床材に使うことはできません。
    • 杉、セコイア、松はそれに含まれる樹脂がハムスターの呼吸器系に刺激を与えるため、使用を避けましょう。アスペンや紙製の床材がハムスターには安心で快適だと言えます。
  3. 3
    ハムスターが安心で心地良い空間を作れるようにハムスター用の巣箱を購入し、巣材を入れる 巣箱には消毒や掃除が楽なプラスチック製のものから小枝で編んだおしゃれなものまで、様々なタイプがあります。小枝の巣箱はハムスターに自然に近い環境を与えることができますが、掃除が大変なのが欠点です。ハムスターが中を汚してしまった場合は巣箱を捨てるしかありません。ハムスターの巣箱は必須アイテムであり、これを見過ごしてはいけません。ハムスターは、野生では巣穴や隠れ穴で暮らします。一日のほとんどをその中で寝て過ごし、安全で、あらゆる脅威から守られていると感じます。また、ハムスターには食べ物を巣穴の中にため込む習性があります。回し車の下で眠るのが好きなハムスターもいますが、それでも巣箱は必要です。
    • モルモットやウサギ用の小屋は、十分な場所が必要であまりケージの金網を上りたがらない妊娠中のメスには良いでしょう。
  4. 4
    キャリーケースを購入する 大抵のペットショップではハムスターを段ボールの箱に入れてくれますが、ハムスターは段ボールをかじって穴を開けてしまいます。そのため、ゴールデンハムスター用のキャリーケースを購入しましょう。安いものはふたが外れやすく、ハムスターが脱走する可能性があります。きちんとしたケースをペットショップで購入しましょう。値段は張りますが、きちんとしたケースは必要な時にいつでも再利用できて脱走の心配もありません。ハムスターをケージに入れて家に連れ帰ることは避けましょう。
    • 信頼のおけるキャリーケースが家にあると、ハムスターを動物病院に連れて行く時などに便利です。
  5. 5
    回し車や小物をそろえる ドワーフハムスターやマウス用の回し車や隠れ小屋などの小物は、ゴールデンハムスターには小さすぎます。ゴールデンハムスターが十分に動き回れるスペースがある、直径20cmから30cmの回し車を用意しましょう。
    • 回し車を購入するときは成体サイズのゴールデンハムスターを思い浮かべてみましょう。ハムスターの背中がまっすぐな状態で走れる大きさでなくてはなりません。回し車が小さすぎると、中央の軸のせいでハムスターの背が反り返り、Uの字になります。よくわからない場合はラット用などのケージに入る最も大きな回し車を選びます。また、趾瘤症の原因になることがあるため、回し車は金網やメッシュ素材でないものを選びましょう。[要出典]
  6. 6
    ハムスターのケージを静かな場所に設置する 突然大きな音がするとハムスターにはストレスになるため、静かな場所が必要です。ケージに直射日光が当たらないように気を付けましょう。また、食事の支度をする部屋にはケージを置かないようにします。
  7. 7
    ハムスターの寿命は2‐3年であることを覚悟しておく 平均寿命は約2年です。年を取ると寝ている時間が長くなり、病気をしがちなため、いつでも動物病院に行ける準備をしておきましょう。家庭に小さな子供がいて高齢のハムスターが病気になった場合は、下手に期待をさせるよりも、ハムスターはとても年を取ってしまってもう治らないということを正直に伝えましょう。

パート 2
ハムスターを新しい環境に慣れさせる

  1. 1
    ハムスターを購入したら、寄り道をせずに店からまっすぐ家に帰る キャリーケースから前もって設置してあるケージにハムスターを移します。ケージに入れたら、ハムスターが新しい住まいを探検し、慣れることができるように、しばらくそっとしておきます。
  2. 2
    ハムスターとの触れ合いを始める 約48時間 (2日間) が過ぎたら、少しずつハムスターの様子を見ながら慣らしていきましょう。始めはケージのそばに座り、優しく、穏やかな声で語りかけて人の存在に慣らします。ハムスターが起きていて活発な時間帯 (夕方が最適です) に、ケージに手を入れて優しくなでてみましょう。
    • ハムスターはもともと攻撃的な動物ではなく、基本的に攻撃されなければ攻撃しません。しかし、ハムスターは視力が悪く、人の手から食べ物のにおいがすると食べるものだと思って噛みつくことがあります。そのため、まず手をよく洗いましょう。ハムスターにえさを手渡しするとえさの匂いがどこからしているのかがわからず、思わず指を噛んでしまうことがあるため良くありません。
    • 方法としては、おやつをケージの中に置くかスプーンに乗せて与え、ハムスターがそれを食べている間に優しくなでます。ゆっくりと時間をかけ、ハムスターを飼い主に慣らしましょう。
  3. 3
    手に乗せるまでには時間をかけてゆっくりと慣らしましょう。飼い主を怖がらなくなるまで、短く和やかなふれあいを一日に数回行います。ハムスターが撫でられることを嫌がらなくなったら、優しく掌にすくい上げてみましょう。攻撃的なメスでは長い時間がかかるかもしれませんが、人懐っこいオスならばわずか数日で手に乗せることができるでしょう。
    • ハムスターを手に乗せ、ケージから出して遊べるようになるまでは、2‐3週間かけるのが理想的です。
    • ハムスターを手に乗せるには、体の下に片方の手を滑り込ませ、もう片方の手を丸めて体の前に添えます。くれぐれも優しく行いましょう。
    • いきなりハムスターを手に乗せてはいけません。まずはおやつを与えましょう。ハムスターが怖がって手からおやつを取らない場合は、おやつを下に置き、ハムスターがそれを拾うのを待ちます。

パート 3
ハムスターの食事

  1. 1
    ゴールデンハムスターに適したえさとおやつを選ぶ ハムスターには様々な種類のえさと、時々はおやつも必要です。ハムスターはえさを隠す習性があるため、ハムスターがすぐに完食してこっそり隠さない程度の量を与えます。
    • 栄養価がタンパク質17-22%、脂肪分4-6%、繊維質8-10%のものを選びましょう。
    • 市販のハムスターフードは、平均的なゴールデンハムスターが必要とする栄養バランスにはタンパク質がやや足りないものが多いという専門家の指摘があります。[要出典] そのため、時々おやつとして固ゆで卵やチーズ、キャットフード、ミルワームなどを与えると良いでしょう。ゆでた鶏肉やスクランブルエッグも良いたんぱく源で、ごく少量を毎日与えても構いません。
    • ハムスターが余ったおやつを24時間以内に食べない場合は取り除きましょう。[3]
  2. 2
    ハムスターのエサに適さないものは与えない 例えば殻付きの種を与えてはいけません。固くとがった外殻がほほ袋の内側を傷つけてしまいます。[4]
    • また含有水分量の多い食品 (キュウリやレタスなど) はハムスターの消化器系に緩下作用をもたらすため避けましょう。[5]
  3. 3
    清潔で新鮮な飲み水を与える 水は常時飲めるようにしておきます。器に水を入れると床材やえさで水が汚れるため、給水ボトルが理想的です。ハムスターが脱水状態にならないように水量を毎日チェックしましょう。
    • 給水ボトルの中は瓶ブラシで洗います。見た目はきれいでも、いずれ内部に有害な細菌が繁殖します。
    • ハムスター用の給水ボトルを使いましょう。
    • フィルターを通した水が一番ですが、水道水でも構いません。
  4. 4
    ハムスターの歯を削るためにかじり木を与える ケージの金網をかじって歯を傷めることがないようにかじり木を与え、歯の伸び過ぎを防ぎます。かじり木以外には犬用ビスケット、全粒粉のマカロニ (乾燥)、リンゴ、なし、プラムやさくらんぼなどの果樹の枝を与えます。[6][7]
    • ミネラルブロックを与えましょう。

パート 4
ハムスターの世話をする

  1. 1
    ハムスターのケージを清潔に保つ ハムスターとケージの状態によって、週に1度から2‐3週間に1度はケージ全体の掃除をします。[8]ケージの大きさとタイプにもよりますが、基本的に毎日「部分掃除」としてえさを取り替え、トイレを掃除します。ケージを掃除するには、ふたを外し、古い床材やおがくず、古いえさなどをすべて捨てます。汚れが残っていればこすり落とします。ペット用の消毒剤でケージ全体を掃除し、ティッシュやキッチンペーパーでふき取ります。
    • ケージの掃除時にえさの器や給水ボトルも洗います。ケージの中のものも汚れを落とし、よく洗い流します。しっかりと乾かしたら、ケージにおがくず、床材、えさ、水を入れます。すべてのものをケージの中に戻し、ふたをして留め金をしめます。ケージを清潔に保てば、ゴールデンハムスターは健康で幸せに過ごせます。
    • ハムスターのトイレを入れてみましょう。トイレは蓋付きのプラスチック製で、ケージの角にぴったりとはまるように作られています。ペットショップで購入できるハムスター専用のトイレを使い、毎日掃除しましょう。ハムスターは本能的に一か所の角でトイレをする習性があり、トイレの場所が決まっていると安心して使うことができるため、基本的にすぐにトイレの意味を理解します。
  2. 2
    ケージの掃除をする時はハムスターを移動させる ケージの全体を消毒し、床材を交換してからハムスターを戻します。ケージを掃除する間はハムスターを運動用ボールに入れ、誰かに監視してもらいましょう。
    • ハムスターボールは体に合った大きさでなければなりません。直径15cm程度のボールがよく売られていますが、それではゴールデンハムスターには小さすぎます。25cm以上のものを選びましょう。
    • もしくはハムスターを遊び場に移し、逃げないように監視します。あまり頻繁にケージの掃除をしすぎるとストレスになりますが、だからと言って掃除をしないのはいけません。2週間ごとに全体掃除をし、部分掃除は毎日行いましょう。
  3. 3
    ハムスターに愛情を与える ハムスターの中でもゴールデンは一番懐きやすく、社交的な性質を持ちます。毎日構ってあげましょう。しかし構いすぎはハムスターにとってストレスになり、体の不調を招きます。ふれあいは1回10分程度、一日2‐3回にして、それ以外はケージの掃除をしたり、ハムスターが走る、掘る、巣に隠れるなどするのを温かく見守りましょう。
    • ハムスターは日中は眠く、夜間に活発になります。そのため、コミュニケーションは夕方にするのが最適です。
    • 楽しく遊べるおもちゃを入れてあげましょう。おもちゃはペットショップで購入したり、手作りすることもできます。ハムスターが細かく噛みちぎって飲み込むと腸閉塞を起こす危険があるため、ゴムや消化されない素材のおもちゃは避けましょう。
  4. 4
    ハムスターが起きているときに世話をする 大抵のハムスターは薄暮活動性で、主に明け方と夕暮れ時に活動します。驚かさないようにゆっくりとハムスターを起こします。手荒に起こすと噛みつくことがあります。目覚めるまでに30分ほど待ち、ハムスターが飲食とトイレを済ませたらケージから出しましょう。
  5. 5
    必要な時は動物病院に連れていく しっぽの下部の毛がいつも濡れている、風邪のような症状がある、体にしこりや腫れ物がある、えさや水を全く取らない、遊びに全く興味を示さないといった場合は直ちに動物病院に連れて行く必要があります。さらに、目が潤んでいる、液体状のふんをする (下痢)、歯が折れた、爪を切る必要があるといった場合も獣医師の診察を仰ぎましょう。
    • 獣医師はハムスター用の爪切りを持っていて、どこまで切るべきかを熟知しています。家庭で自分で試みるよりも、専門家に任せた方が安全で確実でしょう。爪が長すぎると回し車で走る時に痛みを感じるため、上手に走れなくなります。

ポイント

  • どの種類のハムスターを飼うかということは大きな問題ではありません。大切なのはハムスターが小さいうちにどう扱うかということです。このことは生涯を通じてハムスターの性格に影響を与えます。
  • ハムスターが人の手に乗るのをあまり好まない場合は、手に少しおがくずを乗せて登らせてみましょう。
  • ハムスターは一緒に遊んでもらうのが大好きです。一緒に遊ぶときは、ハムスターが飽きないように新しい遊びを考えましょう。
  • ハムスターの歯は伸び続けるため、適正な長さにしておくためにかじるおもちゃが必要です。おもちゃとしては、ハムスターが中を通れる限り、ペーパータオルやトイレットペーパーの芯が最適です。安全な木のブロックなども良いでしょう。
  • 犬や猫を飼っている場合は、ケージのドアにしっかりとロックができるようにします。ハムスターは夜行性で夜に活動するため、犬や猫の興味を引き付けます。人が起きている間はハムスターを守ることができますが、眠っている間はそうもいきません。
  • ハムスターを家に連れてきたらすぐに一緒に遊んだりかわいがったりしたいかもしれませんが、新しい環境に慣れるまでには時間がかかります。ハムスターに噛まれたとしても、責めるべきは人間の行動であり、ハムスターが意地悪なわけではありません。
  • ハムスターが持ち上げられるのを嫌がるとしたら、それはおそらく飼い主を信頼していないためでしょう。ハムスターともっと触れ合い、楽しい時間を一緒に過ごすと信頼関係を築くことができます。ハムスターのことを知れば知るほど、もっと好きになるでしょう。

注意事項

  • ゴールデンハムスターを別のハムスターと同じケージに入れてはいけません。ゴールデンハムスターは単独行動をし、縄張りを持つ動物であるため、一緒にするとおそらくけんかになります。一緒に入れると必ず死ぬまで戦うわけではありませんが、ストレスになり、免疫力が弱まります。怪我をしたハムスターは飲食をしなくなることがあります。
  • えさをきちんと与えないと、攻撃的になり人を噛むことがあります。
  • 病気には注意しましょう。ハムスターがいつもと違う、行動に元気がない、毛並みが脂っぽい、毛が抜けている部分があるといった場合は動物病院に連れていき、診察してもらうのが一番良いでしょう。
  • 病気を防ぐために、新しいえさはまず少量 (小さじ半分程度) を与えるにとどめます。そして、ハムスターの反応を見ます。
  • ハムスターにとって有害な野菜もあります。生のレタス、インゲン豆、玉ねぎ、生のジャガイモ、ダイオウなどを与えてはいけません。よくわからないものは基本的に避けた方が良いでしょう。


出典

  1. Small Animal Nutrition. Sandie Agar. publisher: Butterworth Heinemann.
  2. Best Bedding and Litter for your Hamster. The Celia Haddon Trust
  3. Small Animal Nutrition. Sandie Agar. publisher: Butterworth Heinemann.
  4. Rodent and Rabbit Medicine. Laird & Flecknell. Butterworth-Heinemann.
  5. Small Animal Nutrition. Sandie Agar. publisher: Butterworth Heinemann.
  6. Small Animal Nutrition. Sandie Agar. publisher: Butterworth Heinemann.
  7. Rodent and Rabbit Medicine. Laird & Flecknell. Butterworth-Heinemann.
  8. http://www.chahamsters.org/hamsterhealth.html


記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ: ペット

他言語版:

English: Care for Syrian Hamsters, Español: cuidar hámsteres sirios, Italiano: Prendersi Cura di un Criceto Dorato, Português: Cuidar de Hamsters Sírios, Русский: ухаживать за сирийскими хомячками, Deutsch: Syrische Goldhamster pflegen, Bahasa Indonesia: Merawat Hamster Suriah, Français: prendre soin d'un hamster doré, Nederlands: Voor Syrische hamsters zorgen

このページは 4,252 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?