すでにサスケのコスプレはした、完璧なウィッグも持っている、あとはキャラクターになりきれば完成です。 でもどこから始めればよいのでしょうか。うちはサスケはうちは一族のたった一人の生き残りでナルトで最も人気のあるキャラクターの一人です。[1] サスケになりきりたい人のために、この記事ではその方法をご紹介します。

方法 1 の 3:
サスケのような態度をとる

  1. 1
    クールによそよそしくふるまう サスケは冷静、冷淡、無関心、非情でひねくれていて、少し皮肉っぽく多少傲慢です。[2]言い換えると、自分に自信も才能もあるために冷めた優越感を持っています。サスケのようにふるまいたいのであれば、その優越感を漂わせることが必要です。[3]
    • 人が近づいてきたら、たとえそれが親友や恋愛感情を持つ相手だったとしても、総じてあいさつなどしてはいけません。スキルや知識において全く自分の相手にならないので、彼らの存在がつまらないものであるかのようにふるまいましょう。
  2. 2
    挑発的な態度をとる サスケは何かにむきになっていて、常に劣等感でうじうじ考えているように見えます。誰かが自分より強いと認めることを拒否し、それが明らかになるとその事実に執着してくよくよと考え込みます。[4]
    • 厳格で厳粛な態度を練習しはじめましょう。サスケがするような、瞑想にふけった長いウォーキングに出かけましょう。しかめっ面で歩くのです。
    • ジョークや些細なことで笑うのをやめましょう。サスケはどんな時も極端に真剣で、人生の重大さやもっとも大切な物事だけに集中することが重要かのようにふるまいます。 ジョークに使っている時間はありません!
  3. 3
    賢くなる  あなたは利口で、それを自分でもわかっていなければなりません。自分は周りよりも頭が良いのだということを見せつけましょう。サスケは、戦術に優れたうちは一族の基準に照らしても天才と認められていて、何をするにも人より秀でていて、困難なタスクでもいとも簡単にこなします。どんなことでも難なく習得しようと試み、クラスで一番になりましょう。
    • 一生懸命勉強し、堅い教科である歴史や文学などに特に力を入れましょう。名作に学び、僧兵になれるほど尽力します。長々と詩を詠むことも戦うことも同等にできるように全力を尽くします。
  4. 4
    寡黙になる サスケはめったに喋りませんが、話すときは短く要点を押さえて話します。 多少黙るようにするとサスケのような存在になっていることに気づくでしょう。 めったに発言せず、ただし話すときは厳粛な態度で要点を押さえると、耳を傾けるべき人だという印象をすぐにつくることができます。
    • 話すときははっきりと自信をもって発言し、文と文の間に効果的な間を取りましょう。 自信がない様子で話してはいけません。自分が本気で思っていることだけを言いましょう。 途中で止まったり、声が徐々に小さくなるのを避けます。自信を持って話すことは、どんな内容であれそれが本気であることを示します。
  5. 5
    自立する 困難な課題や簡単なタスク、大きな目標、それがなんであれ、他人の助けを求めず自分でやり切ってみましょう。サスケは助けを求めることは弱さの現れとみなしていて、リーダー、つまり信頼できる有能な人として見られることを強く望んでいます。 サスケは命令に快く従いませんが、それは彼の独立心の現れです。
    • プライドや自信を持つために他人を当てにしてはいけません。 サスケの好きな言葉は「力(ちから)」です。巡り合ったもの全てにおいて力を得られるように挑戦しましょう。 他人の意見ではなく、心の中に光や内面の強さを見つけそれを自信の源にしましょう。 自分の好きなようにしてみるのです。
    • セクシーになりましょう。自信がみなぎっている様を見せつけます。 常に自分らしくいて、決して馬鹿な女といちゃつくなどしてはいけません。
    広告

方法 2 の 3:
サスケのような見た目になる

  1. 1
    サスケの有名なにらみを自分のものにする サスケのしかめっ面が平常時なら、にらみはとても張り詰めたときの表情です。基本的には同じしかめっ面ですが、にらみはそれを何百万倍も強烈にしたものです。上手なにらみ方を身に付けることは[5] サスケの物まね、サスケのふりをするには必須です。
    • 眉間にしわを寄せ、眉毛を大げさにつり上げしかめっ面を作り、まるで見えない意思の力で壁に穴を開けるかのように目を見開き、非常に張り詰めた表情でにらみます。
  2. 2
    青色や黒色を身に着ける サスケは通常、紺や黒のゆるく快適な服を着て最大限に動けるような格好をしています。つまり忍者の服装です。サスケのような衣装を揃えたい場合、トップスはVネックのゆるめの青いチュニックであれば完璧で、パジャマのような紺のバギーパンツを合わせるとよいでしょう。これにロープベルトとヘアバンドを加えれば完成です。
  3. 3
    「アヒル」ヘアにする サスケは エモファンのような長い前髪にツンツンした後ろ髪という、典型的な漫画の髪型をしています。短髪の場合はヘアアレンジできるように少し髪を伸ばし、ムースやヘアスプレーを使って髪をスパイクする練習をしましょう。サスケのような髪型を作るには、かなりの量のスタイリング剤を使います。
    • もう少し大人しい髪型にしたい場合は、 後ろ髪は短髪のままで前髪を伸ばし、前髪を顔の横側に流します。「斜めバング」や「エモヘアー」 と呼ばれる髪型は、漫画のような髪型にとても近い見た目です。
  4. 4
    肌を手入れする 色白で透き通ったサスケの顔は象牙の塊のようです。太陽光をできるだけ避け、保湿剤や、必要に応じて薬用ニキビ用洗顔で肌を整えシミを抑えましょう。
  5. 5
    身体を鍛える 有酸素運動で忍耐力、持久力、スタミナを高めましょう。ダンゾウとの戦いからほとんど目も見えず、ぼろぼろで疲れ果てた状態であっても、サスケはカカシと戦い、サクラを拘束・武装解除して、その後ナルトの螺旋丸に千鳥で立ち向かうだけのスタミナがありました。戦闘に適した体づくりは、サスケに近づくのに欠かせない必須事項です。
    • ヨガ、エアロビクス、筋力トレーニングはサスケのような雰囲気を出すための体づくりに最適な方法です。週に数回全身運動になるクロスフィットトレーニングを取り入れて、健康的な体重にしてスタミナを向上しましょう。クロスフィットトレーニングは筋力トレーニングと有酸素運動を統合した運動で、筋力を増強し、脂肪を燃焼し、循環器の健康状態を向上します。
    広告

方法 3 の 3:
次の段階に進む

  1. 1
    サスケの必殺技を調べる サスケが使う忍術を勉強して、彼の必殺技や得意技に詳しくなりましょう。
  2. 2
    武道を習う 武道での護身術を学べば、自制心や集中力を養うことができ、自分の身体への意識を高めることができます。 武道は戦闘とはあまり関係がなく、動的運動や動作、滑らかさを学ぶものです。空手、忍術、テコンドーなど何を習うかにかかわらず、武道の基礎的な修練を積み修得することは、サスケのようになるのに役立ちます。
    • 武道の真剣さや瞑想性は集中力を高め、立ち居振る舞いという観点からもサスケの印象をつくるのに役立ちます。
  3. 3
    剣術を習う サスケは迅速かつ正確な力強い突きを繰り出す剣のエキスパートで、彼の剣術は致命的で万能です。剣の使い方や刃を持っての動作の作法を学ぶことは、強力な経験にも勉強にもなります。
    • 剣術は一生かけての修練や専念を必要とするスキルです。半日で修得できるものではありませんし、ふざけて真剣で遊ぶと重傷を負いかねません。剣術は専門的な環境で習い、修得しないうちに決して真剣を使ってはいけません。
  4. 4
    両利きになるように練習する 完全に両利きになるのは難しいですが、生まれつきそうではない場合でも、たくさん練習すれば両手両足を使う能力を高めることは可能です。 利き手・利き足だけでなく、そうではない方も自然にそして万能に使えるよう練習しましょう。サスケは右利きですが、千鳥は左手で使い予測しにくくなっています。 両手で書くことを練習し、利き手でない方も利き手と同程度にうまく使えるようになるか試しましょう。
  5. 5
    健康的で低カロリーな食事をとる サスケは健康的な食事をとっていることが伺えます。 サスケの好きな食べ物はおにぎりやカツオ、トマトで、嫌いな食べ物は大豆と甘いものです。甘党の人は、低カロリーなものを意識して食べることで甘いものを控えましょう。あめやキャラメル、チョコレートなどの代わりににんじんスティックをつまみ、夕食はハンバーガーの代わりに寿司を食べてみましょう。低カロリーを意識します。
  6. 6
    サスケのように話す サスケのかっこいいセリフや気の利いた言い回しを覚えて、周りにサスケのようだと思わせましょう。声を低くしてにらみをきかせ、以下のセリフのうち好きなものを実際に言ってみましょう。
    • 「名はうちはサスケ。嫌いなものならたくさんあるが好きなものは別にない。夢なんて言葉で終わらす気はないが野望はある。一族の復興とある男を必ず殺すことだ」
    • 「オレを感情に支配されたバカなガキだと思うならそれでいい。イタチの後を追って大人気ないとほざくのは、憎しみを知らないバカな奴らだ。オレの生き方をあざ笑う奴らがいたら、そいつらの大切な人を皆殺しにしてやる。そうすればオレの憎しみがどんなものかほんのちょっとわかるだろう」
    • 「お前は特別だ……だがな、オレはお前以上に特別だ!」
    • 「このオレの憎しみで……幻は現実になる!」
    • 「オレはお前らが辿ることができない道に立っている」
    • 「オレはとっくに目を閉じた。オレの目的は闇の中にしかない」
    広告

ポイント

  • 実際に兄弟を嫌うかどうかは任意ですが、周りの人がそう思うようにふるまいましょう。
  • ミステリアスで辛辣な態度をとり、周りの人をうろたえさせましょう。
  • サスケは寡黙ですが、つまらない人ではありません。どんな人が周りにいようと、注目の的になるのはお手のものです。
  • サスケはよく「ライバル」と戦いますが、だからといって理由もなくけんかをふっかけてもよいという意味ではありません。
  • 同じレベルのライバルを見つけましょう。そのライバルを追い越すために鍛錬を極めるのです。ただし、一生懸命努力している様子を見せてはいけません。何事も簡単なふりをしましょう。
  • 彼の行動をできる限り真似しましょう。 態度や姿勢、表情を練習します。
  • どこにでも一人で行き、人が見ていない隙にこっそり去りましょう。サスケは寡黙な一匹おおかみなので、そのように行動しなければいけません。
  • サスケは熟練した戦略家で、戦いの最中でもたやすく敵を観察し、敵の能力を冷静にそして正確に見抜きます。
  • 何かするとき熱心になってはいけません。 激しく熱望している様子を決して見せないようにしましょう。

広告

注意事項

  • 男女問わず人にモテるようになる可能性があります。もしかしたらけんかになるかもしれません!あたかもそれが日常茶飯事という感じで、全く気にしていないふりをしましょう。
  • ただちにサスケのようにふるまうのは避け、数ヶ月かけて実行しましょう。 そうしないと、ただの目立ちたがり屋だと思われるかもしれません。
  • サスケは架空のキャラクターで、自分にとって有害なことをすることもあります。彼のようにふるまうのは構いませんが、水の上を歩くなど、バカなことはしないようにしましょう。
  • 友人は持っても問題ありませんが、サスケのようにふるまうと嫌われる可能性があります。我慢しましょう。
  • 文字通り友人、家族、地元を捨ててはいけません。後悔します。加えて、付き合うべきではない人たち(サスケが大蛇丸としたように)とつるむのは避けましょう。逮捕されたり、怪我したり、殺されたりするかもしれません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む111人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: アート・エンタメ
このページは 208 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告