サボテンを室内で育てる方法

共同執筆者 Lauren Kurtz

この記事には:新しい株を増やすサボテンの世話一般的な問題の解決法19 出典

サボテン類は一般的に砂漠に生息し、暑く乾燥した場所を好みますが、室内でも十分に楽しめます。世話が簡単なサボテンは、園芸の初心者でも育てやすく、引っ越し祝いの贈り物にも最適です。サボテンを室内で健康的に育てるコツは、日当たりの良い場所に置き、水のやりすぎに注意して適切な培養土を使うことです。

パート 1
新しい株を増やす

  1. 1
    健康なサボテンから子株を切り取る 健康な親株の脇から生える子株を切り取り、新しい株として育てることができます。ふっくらとして傷のない、健康な子株を選びましょう。親株から子株全体を慎重に切り取るか、もぎ取ります。[1]
    • お近くの園芸店、ホームセンター、ガーデンセンターでサボテンを購入してもよいでしょう。
  2. 2
    切り口を乾燥させる 切り取った子株を日当たりの良い窓辺に置きます。子株を寝かせて2日間ほどおきます。こうすると、切り口にカルス(保護膜)が形成されます。カルスができる前に子株を植えると、切り口が腐ってしまうことがあります。[2]
  3. 3
    サボテン用の鉢を選ぶ サボテンの鉢選びで最も重要なポイントは、水はけの良さを考慮することです。鉢底に余分な水を排出するための水抜き穴がついた鉢を選びましょう。サボテンは小さめの鉢を好むため、株の2倍ほどの大きさの鉢を使いましょう。
    • サボテンには素焼きまたはプラスチックの鉢を使うとよいでしょう。プラスチックの鉢は軽くて安価ですが、大きなサボテンや上部が重いサボテンには、重量がある素焼きの鉢が適しています。[3]
  4. 4
    鉢にサボテン専用の培養土を入れる サボテンには、素早く水がはける土を使う必要があります。そのため、水はけの良い培養土を選びましょう。さらに水はけを改善するには、サボテン用培養土と小粒の溶岩石またはパーライトを2対1の割合で混ぜて使います。
    • サボテンの土が常に湿っていると、真菌や細菌が繁殖しやすくなります。[4]
  5. 5
    子株を土に植える 茎や葉から切り取った子株の切り口を下にして、土に挿し込みます。子株が自力で立つ深さまで押し込みましょう。周囲の土を手でやさしく押し固め、子株を固定します。[5]
  6. 6
    土に霧をかける 霧吹きで土を湿らせますが、水浸しにしないように注意しましょう。新根と新芽が出始めるまで、土が乾燥した時に子株に軽く霧をかけます。水をやりすぎると、子株が腐ることがあります。[6]
  7. 7
    鉢を明るい場所に置く 十分な間接光が当たる窓辺などに鉢を置きます。過剰な直射日光は新しい子株を傷めます。新芽が出始めるまで、鉢をその場所に1~2か月置いておきます。[7]

パート 2
サボテンの世話

  1. 1
    日当たりの良い場所を選ぶ サボテンがしっかりと根を張ったら、大抵のサボテンは毎日数時間、直射日光に当てる必要があります。南または東向きの窓辺が、ほとんどの品種に理想的な場所です。それでも、サボテンが黄、白、またはオレンジ色に変色してきたら、過剰な日射が原因かもしれません。その場合は、西向きの窓辺に鉢を移しましょう。[8]
    • 適度な湿気があるキッチンや浴室の窓辺もサボテンに適した場所です。[9]
  2. 2
    生長期には毎週水やりをする 水のやりすぎはサボテンを枯らす原因になりますが、生長期には毎週の水やりが必要です。春から秋にかけての時期が一般的な生長期です。土を触って乾いていたら、土が全体的に湿るまで水を与えましょう。[10]
    • 土がまだ湿っていたら水をあげてはいけません。根腐れを起こしてサボテンが枯れることがあります。[11]
  3. 3
    生長期に毎週肥料を与える 春、夏、秋の定期的な施肥は、サボテンの生長を促します。毎週の水やり時に、窒素、リン酸、カリウムが10-10-10の割合で配合された肥料を水に溶かして与えましょう。肥料の説明書で推奨されている濃度の1/4の濃度に希釈します。[12]
  4. 4
    鉢を風通しの良い場所に置く サボテンは通常すき間風や強い風が苦手ですが、新鮮な空気が循環する場所で健やかに生育します。[13]暖かい季節には、シーリングファンを回したり、通気口や窓を開けたりすると、室内の風通しを改善できます。
  5. 5
    毎月鉢を回転させる 他の多くの植物と同様に、サボテンは日光に向かって伸びる性質があり、生長するにつれ変形することがあります。バランスのとれた形を保つために、毎月鉢を1/4回転して日光を均等に当てましょう。[14]
  6. 6
    毎年サボテンを植え替える 今の鉢より一回り大きな水はけの良い鉢を選び、サボテン用の培養土を入れます。サボテンの根元を持ち、鉢を回して引き抜きます。根を軽く叩いて土を払い落し、枯れた根や乾いた根を切り取ります。サボテンを新しい鉢に入れ、根元の土を手で押し固めます。
    • 植え替え後2週間は水やりをせず、直射日光が当たらない明るい場所に鉢を置きます。[15]
  7. 7
    冬期間にサボテンの休眠を促す 秋と冬は、一般的にサボテンの休眠期です。休眠期は活力を取り戻すため、また後の開花を促進するために必要な期間です。以下の作業をすると、サボテンの休眠を促すことができます。[16]
    • 水やりを月に1度に減らす
    • 定期的な施肥を中止する
    • 鉢を涼しい窓辺(7~13℃が理想的)に移動する

パート 3
一般的な問題の解決法

  1. 1
    サボテンが白く変色したら、日照が少ない場所に鉢を移す サボテンのなかには間接光を好む品種もあります。サボテンが白や黄色に変色したり、斑点がオレンジ色になったら、過度な日照が原因と考えられます。直射日光があまり当たらない場所に鉢を移しましょう。[17]
  2. 2
    サボテンが徒長したり細くなったりしたら、日照が多い場所に鉢を移す 十分な日光に当たっていないサボテンは、光に向かって伸び始め、変形したり傾いたまま生長したりします。また、サボテンの上部が細くなることもあります。直射日光がより多く当たる窓辺に、鉢を移しましょう。[18]
    • 日焼けを防ぐために、数日かけて鉢を徐々に明るい場所に移動しましょう。
  3. 3
    サボテンに発生しやすい害虫に対処する サボテンを栽培する際、コナカイガラムシ、カイガラムシ、ハダニなどの害虫に悩まされることがあります。これらの害虫を駆除するには、サボテンに水をかけたり、霧を吹きかけたりして害虫を洗い流します。この問題には、殺虫剤は効果的ではない場合があります。[19]
    • コナカイガラムシが寄生すると、サボテンに白い粉状の斑点を残します。カイガラムシは盛りあがった茶色の斑点のような容姿をしており、ハダニは白っぽいクモの巣状の糸を張ります。

注意事項

  • サボテンを扱う際、手袋を着用して棘から手を守りましょう。

出典

記事の情報

この記事はLauren Kurtzが共著しています。 ローレン・カーツはコロラド州のオーロラ市に住む園芸の専門家、そして自然主義者です。現在はオーロラ市の水保全課からの依頼を受け、市民センターにある庭園、「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング

他言語版:

English: Grow Cactus Indoors, Español: cuidar un cactus de interior, Русский: вырастить кактус в помещении, Português: Cultivar Cactos Dentro de Casa, Italiano: Coltivare il Cactus negli Ambienti Interni, Deutsch: Einen Kaktus im Haus ziehen, Français: faire pousser un cactus en intérieur, ไทย: ปลูกกระบองเพชรในที่ร่ม, Bahasa Indonesia: Menanam Kaktus di dalam Rumah, Nederlands: Een cactus in huis kweken, 한국어: 실내에서 선인장 기르는 방법, Tiếng Việt: Trồng xương rồng trong nhà, العربية: زراعة الصبار داخل المنزل, 中文: 在室内种植仙人掌

このページは 212 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?