サロングを巻く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:短いスカートとして着用するホルターネックのワンピースとして着用するロングスカートとして着用するその他の方法も試す5 出典

サロングはビーチの必需品です。ビーチでの装いに色や優雅さを加えるだけでなく、機能性が高く多目的なので、ビーチタオルの代わりとして使うことも可能です。サロングにはスカートからホルターネックのワンピースに至るまで様々な巻き方があります。[1]その中のいくつかの方法を覚えてサロングの実用性の高さを充分に活かしましょう。

1
短いスカートとして着用する

  1. 1
    サロングを対角線で折りたたむ 対角線で折りたたみ、三角形を作ります。
  2. 2
    腰の周りに巻く
  3. 3
    2か所の端を腰の側面で結ぶ 二重に結び目を作り、端の部分を整えてふんわりと膨らませましょう。[2]この結び方は水着の上から体を覆いたいという時に便利です。

2
ホルターネックのワンピースとして着用する

  1. 1
    サロングを横向きに持つ タオルのように背中から手前に向かって胴体に巻きましょう。
  2. 2
    上部の2つの角を体の前に持ってくる 
  3. 3
    角を合わせて2回ねじる 首のうしろで結び、輪を作りましょう。[3]
    • ホルターネックでなくベアトップのワンピースにする場合は、首の後ろの代わりに胸元で結び目を作りましょう。
  4. 4
    完成 

3
ロングスカートとして着用する

  1. 1
    サロングを横向きに持つ タオルのように背後から腰に巻きましょう。
    • サロングの丈が長すぎる場合は、横長に2つに折りたたんでから巻きましょう。
  2. 2
    角をを手に取る 結び目を作る長さを充分に残しましょう。
  3. 3
    結ぶ 自分の体の正面の位置で二つの角を合わせて結びましょう。結び目を二重にして固定しましょう。
  4. 4
    結び目を側面にずらす お好みで結び目を側面にずらしても良いでしょう。この場合、歩く際に片脚が露出します。
  5. 5
    結び目の端を膨らませる 結び目の端をふんわりと膨らませ、布の柄が表になっていることを確認しましょう。
  6. 6
    足が露出しないように結ぶ 側面のスリットによって脚が露出してしまうのが気になる人は、他の方法で結ぶことも可能です。[4]
    • サロングを横向きに持ち、タオルの様に腰に巻きましょう。この時、左右が重なり合うように端まで完全に体に巻きつけ、腰のくびれの位置で結びましょう。
    • 正しく巻けていればスリットは生じないはずです。また、前からは通常のロングスカートのように見えるでしょう。

4
その他の方法も試す

  1. 1
    ワンショルダーワンピースとして着用する
    • サロングを縦向きに持ち、布を一方の脇で挟むように巻きつけましょう。
    • 反対側で2つの角を手に取ります。角の1つは手前、もう1つは背後にあるはずです。肩の上で結び目を作りましょう。二重結びにして固定しましょう。[5]
    • 結び目を作ったのと同じ側の腰の位置で布のふちを2か所つまみ結びましょう。二重結びにしてしっかりと固定しましょう。
  2. 2
    横にスリットが入ったワンピースとして着用する
    • サロングを縦向きに持ち、タオルの様に背中から巻きましょう。上部の2か所の角を合わせて胸の上の位置で二重結びにします。
    • 同じく正面で、腰の高さで布のふちを2か所つまみ二重結びにしましょう。
    • 腰の結び目を体の側面にずらします。脚の横側にスリットが出来上がるでしょう。
  3. 3
    ドレープドレスとして着用する
    • サロングを縦向きに持ち、前から体に巻きつけます。2つの角を首の後ろでゆったり目に結びます。布は体の前で流れるように垂れている状態になっているはずです。
    • 布のふちを1か所つまんで背後を通してぐるりと巻き体を覆いましょう。反対側のふちもつまみ、腰の高さで先端に10センチ以上のゆとりを残して結びましょう。二重結びにしましょう。
  4. 4
    カスケードドレスとして着用する
    • サロングを横向きに持ち、タオルの様に背中から前に向かって巻きつけます。
    • 角を手に取り、ふちに沿って手を動かし、胸元から30センチ程の位置で手を止めましょう。
    • ふちを寄せ集めて胸の上の高さで二重結びにします。余っている布が前身ごろで滝(カスケード)のように流れているはずです。
  5. 5
    古代ローマ風(トガ)ドレスとして着用する
    • サロングを横向きに持ち、タオルの様に背中から前に巻きましょう。
    • 一方の側からを体の前を通すようにして布をぐるりと巻きつけ、反対側のわきの下で挟みましょう。
    • 脇で挟んであった角を背後から肩の上まで引き出します。
    • もう一方の上部の角と合わせて肩の上で結び目を作りましょう。
  6. 6
    ラップドレスとして着用する
    • サロングを横向きに持ち、背中から前に向かってタオルの様に巻きましょう。
    • 一方の側の上の角を手に取り、体の前を覆うようにして布を引き、そのまま反対側の肩にかけます。
    • 反対側の上の角も手に取り、胸の下の位置で布を前からぐるりと巻き、背中を通って肩で双方の角が合わさるようにしましょう。
    • 角を結び固定しましょう。
  7. 7
    ジャンプスーツとして着用する 
    • サロングを縦長に持ち、脇下の位置で体に巻きましょう。
    • 2つの角を背後で二重結びにします。(誰かに手伝ってもらうと良いかもしれません。)
    • 足元の布の端を手に取り、両脚の間をくぐらせましょう。
    • 足元の2つの角を手に取って持ち上げ、腰に巻きつけ、手前で二重結びにします。

ポイント

  • 外出先でサロングを使う前に、お好みの巻き方を家で練習しておくと良いでしょう。
  • ショール代わりにサロングを使用する場合は、単純に肩から布をかけましょう。
  • 結び目をしっかりと固定し、するりと布が落ちてしまうことがないようにしましょう。
  • クリップやブローチがあると、しっかりと固定できるので安心です。また、お洒落のアクセントにもなります。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 衣服

他言語版:

English: Tie a Sarong, Español: atar un pareo, Italiano: Annodare un Pareo, Deutsch: Sarong Bindetechniken, Français: nouer un paréo, Nederlands: Een sarong aandoen, 中文: 穿纱笼, Bahasa Indonesia: Mengikat Kain Sarung, Русский: завязать саронг, ไทย: นุ่งโสร่ง

このページは 160 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?