サンドイッチを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:肉のサンドイッチを作る基本のサンドイッチを作るベジタリアンサンドイッチを作る記事のサマリー

サンドイッチは、家にある様々な材料を使って手早く準備できる簡単な食事です。通常は、肉、チーズ、野菜、調味料をパン2枚の間に挟んで作ります。レシピに従って定番のサンドイッチを作ることもできますが、様々な材料でオリジナルのサンドイッチを作ることも可能です。できあがったサンドイッチを冷やしたり温めたりして、好みの付け合わせと一緒にいただきましょう!

1
肉のサンドイッチを作る

  1. 1
    デリミート(加工肉)とチーズを挟んだ、典型的な昼食サンドイッチを作りましょう。簡単に作ることができる冷たいデリミートとチーズのサンドイッチは、シンプルなサンドイッチの定番です。ハム、ターキーハム、ローストビーフなど様々なデリミートを試して、好みに合うものをパンの上に数枚重ねます。その上に好みのチーズを載せ、マヨネーズやマスタードを塗ったパンで挟めばできあがりです。[1]
    • ハムやターキーハムとスイスチーズ、ローストビーフとチェダーチーズという組み合わせが人気です。
    • できあがったサンドイッチを焼くと、デリミートが温まりチーズがとろけます。
    • デリミート、チーズ、トースト、野菜を重ねてクラブサンドイッチを作りましょう。
  2. 2
    トーストしたパンで作るおいしいサンドイッチ、BLT(ベーコン、レタス、トマト)サンドイッチを作ります。ベーコン3~4枚をフライパンかオーブンでカリカリに焼き、キッチンペーパーに載せて油を落とします。パンはカリッときつね色になるように軽くトーストしておきましょう。パン1枚の上にベーコン、トマト、レタスを載せて、マヨネーズを塗ったもう1枚のパンで挟めばBLTサンドイッチのできあがりです。[2]
    • ベーコンを七面鳥のベーコンに置き換えたりアボカドの薄切りを足したりして、BLTサンドイッチをヘルシーにアレンジしましょう。
    • メープルシロップに浸けたベーコンやヒッコリーの木でいぶしたベーコンなど、種類の異なるベーコンを使うと一味違うBLTサンドイッチになります。
  3. 3
    卵とベーコンのサンドイッチを朝食に作りましょう。まず、フライパンかオーブンでベーコンをカリカリに焼きます。卵をフライパンで焼くかスクランブルエッグにすると、パンに挟みやすいでしょう。焼いたパンにベーコン、卵、チーズをのせ、マヨネーズを塗ったもう1枚のパンで挟めば朝食のできあがりです。[3]
    • トマト、玉ねぎ、ピーマンなどの野菜を混ぜた卵をサンドイッチに入れて、新鮮な野菜を味わいましょう。
    • パンの代わりにビスケット(スコーン)やイングリッシュマフィンを使うと、より朝食にふさわしいサンドイッチになります。

    ポイント:さらにヘルシーな朝食用のサンドイッチを作るには、七面鳥のベーコンや卵白だけを使いましょう。

  4. 4
    塩味と酸味の効いたルーベンサンドイッチを作りましょう。ライ麦パンかプンパーニッケルを2枚用意して表面にバターを塗ります。そのうちの1枚をバターを塗った面を下にしてフライパンに載せ、コーンビーフとスイスチーズを重ねましょう。さらに、ザワークラウトとロシア風ドレッシングを載せてもう1枚のパンで挟みます。弱めの中火で加熱し、片面がこんがり焼けたら裏返しましょう。[4]
    • サンドイッチを焼くときに別のフライパンを上に載せて重しにすると、サンドイッチが薄くなるので食べやすいでしょう。
    • ローストビーフや鶏肉を使って、ルーベンサンドイッチをアレンジすることができます。
    • ルーベンサンドイッチにザワークラウトと相性の良いピクルスを入れると、ピリッとした酸味がさらに増します。
  5. 5
    魚を使ったツナメルトサンドイッチを作りましょう。ツナ缶の水けをしっかり切り、マヨネーズ、塩、コショウで和えてからパンの上に広げます。好みのチーズと野菜を載せてもう1枚のパンで挟み、フライパンで焼きましょう。弱めの中火で熱し、片面がこんがりきつね色になったら裏返します。[5]
    • ツナにホットソースを加えると、スパイシーなサンドイッチになります。
    • ツナに玉ねぎとピーマンを混ぜると、シャキシャキした食感を楽しめます。

2
基本のサンドイッチを作る

  1. 1
    サンドイッチに使う好みのパンを選びます。どんなパンを使ってもサンドイッチを作ることができるので、一番好きなパンを選びましょう。ヘルシーなサンドイッチとして、全粒粉パンや雑穀粉を混ぜたパンを使うと、必要な食物繊維と栄養素を摂ることができます。カット済みのパンを購入するか、1斤丸ごとのパンを購入して自分で切ることもできます。お皿の上にパン2枚を平らに並べると、具材を重ねるのが簡単です。
    • サワードウブレッド、プンパーニッケル、ライ麦パンなど様々な種類のパンを使って、サンドイッチ全体の味がどのように変化するのか試してみましょう。
    • 大きなサブマリンサンドイッチを作るには、バゲットの横を切り上下を2枚として使います。
    • 小さな丸いパンやロールパンを使うと、小さめのサンドイッチを作ることができます。
    • ラップサンドを作るにはピタパンやトルティーヤを使います。
  2. 2
    調味料をパンに直接塗ります。マヨネーズ、マスタード、ケチャップ、ドレッシングといった調味料をパンに塗ると、サンドイッチがさらにおいしくなります。パン全面を覆うように、調味料をナイフで薄く塗り広げます。食べるときにはみ出したり垂れたりするので、塗り過ぎないように気を付けましょう。好みに応じて、パン1枚だけまたは2枚両方に調味料を塗ります。[6]
    • パンに塗る調味料を変えて、新しい味のサンドイッチを作りましょう。定番の調味料ではなく、ペストソースやフムスまたはギリシャヨーグルトを塗ってみましょう。
    • 具材の上に調味料を塗って味を引き立てることもできます。たとえば、デリミートの上にホットソースを塗って辛さを加えます。

    ポイント:食べるまでに時間がある場合は、調味料を塗るとパンが少しふやけてしまいます。パンが水っぽくなるのを防ぐには、作ってすぐに食べるかあらかじめパンを焼いておきましょう。

  3. 3
    デリミートとチーズをパンに載せます。下になるパン1枚を選び、その上に具材を載せていきましょう。最初に薄く切ったデリミートやチーズをパンの上に載せると、食べたときにこぼれにくいでしょう。減塩または低カロリーのものを使うと、ヘルシーなサンドイッチになります。パンの味だけが際立つことがないように、少なくともデリミート2~4枚とチーズ1枚を使いましょう。[7]
    • サンドイッチによく使われるデリミートは、ターキーハム、ハム、ローストビーフ、ボローニャソーセージです。
    • サンドイッチに様々な種類のチーズを使ってみましょう。よく使われるチーズは、スイス、アメリカン、チェダー、マンステール、プロヴォローネです。
    • デリミートではなく、鶏胸肉や薄く切ったステーキなどの未加工肉を使うとよりヘルシーです。
    • 肉やデリミートを入れない場合は、キュウリやトマトなど重量のある野菜を最初にパンの上に載せましょう。
  4. 4
    サンドイッチに野菜を入れると歯ごたえが良くなります。サンドイッチによく使われる野菜は、レタス、トマト、玉ねぎですが、自分のサンドイッチを作る場合は、好きな野菜を何でも使うことができます。デリミートやチーズの上に野菜を重ねる際は、重量のある野菜を下にして軽い野菜は上に重ねましょう。少なくとも1~2種類の野菜を使うとヘルシーで、食べたときに様々な食感を楽しめます。[8]
    • 葉野菜は、レタス、ほうれん草、ルッコラ、バジルを使いましょう。
    • トマト、玉ねぎ、ピーマンをサンドイッチに入れると、野菜の新鮮な味を楽しめます。生のままでも炒めてからでもかまいません。
    • 薄く切ったアボカドやアルファルファもやしをサンドイッチに入れて、味と食感を楽しみましょう。
  5. 5
    サンドイッチに香辛料を足して風味を引き立てます。サンドイッチに塩コショウ少々を振ると、さらにおいしくなります。バジル、オレガノ、カイエンヌペッパーなど様々なスパイスやハーブで、サンドイッチにアクセントをつけましょう。その味だけが際立つことがないように、使うスパイスは少量に抑えます。[9]

    ハーブの味を効かせるには、レタスの代わりにハーブを使うことができます

  6. 6
    温かいまたはカリっとしたサンドイッチが好みなら焼きましょう。サンドイッチを焼くと、パンがカリッとしてさらにおいしく食べられます。天板にサンドイッチを載せ、200℃で予熱したオーブンでチーズが溶けてパンがきつね色になるまで焼きましょう。オーブンからサンドイッチを取り出して、パンを上に重ねます。[10]
    • サンドイッチをフライパンで焼くこともできます。パンが焦げないように、フライパンにスプレークッキングオイルを吹き付け、弱めの中火で焼きましょう。
    • パンを焼いた後でトマトやレタスなどの野菜を挟むと、野菜の新鮮な味を保てます。
  7. 7
    食べやすくなるようにサンドイッチを切りましょう。できあがったサンドイッチの一番上のパンを押すと切りやすくなります。形が崩れないようにパン切り包丁で切りましょう。好みに応じて、斜めや長方形に切ることができます。切ったサンドイッチをおいしく食べましょう![11]
    • サンドイッチを切らずに、そのまま食べてもかまいません。
    • 残ったサンドイッチはアルミホイルで包むか、ジッパー付きビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。

3
ベジタリアンサンドイッチを作る

  1. 1
    ピーナツバターとジャムのサンドイッチを作ります。粒入りまたはクリーミータイプのピーナッバターを好みに応じて選び、パンに薄く塗り広げます。好みのジャムをもう1枚のパンに塗り、2枚のパンを重ねて食べましょう。[12]
    • 果肉入りのジャムを使うと、本物のフルーツの味わいを楽しめます。

    ポイント:ヘーゼルナッツスプレッドや切ったバナナなど他の材料を加えると、より風味豊かなサンドイッチになります。

  2. 2
    伝統的なグリルドチーズサンドイッチを作りましょう。好みのチーズを選び、パン2枚で挟みます。外側にバターを塗り、フライパンに載せて弱めの中火で焼きましょう。片面がきつね色に焼けたら裏返してチーズを完全に溶かします。[13]
    • グリルドチーズサンドイッチにトマトースープを添えると、サンドイッチを浸しながら食べられます。
    • トマトとモッツァレラチーズを使えば、イタリア風グリルドチーズサンドイッチになります。
    • 玉ねぎやトマトまたはピーマンを加えるとヘルシーです。
    • グリルドチーズサンドイッチにリンゴを加えると、塩気と甘さを同時に味わえます。
  3. 3
    ヘルシーで盛りだくさんな、カリフォルニア風野菜サンドイッチを作りましょう。最初に、パン1枚に潰したアボカドを薄く塗ります。薄切りにしたキュウリ、レタス、トマト、玉ねぎ、千切り人参などの野菜を好きなだけ重ねましょう。野菜とは異なる風味のギリシャヨーグルトやゴートチーズをその上に載せていただきます。[14]
    • 野菜のピクルスを入れると、酸味と歯ごたえのあるサンドイッチになります。
    • クリーミーで自然な味わいのサンドイッチを作るには、パン1枚にゴートチーズを塗りましょう。
  4. 4
    風味豊かな卵サラダのサンドイッチを作ります。固ゆで卵を小さな角切りにして、マヨネーズ、レモン汁、マスタード、青ネギ、セロリを混ぜます。塩、コショウ、好みのスパイスで味付けして冷蔵庫で1時間冷やしましょう。冷やした卵サラダをパンに載せ、レタスを重ねたらできあがりです。[15]
    • 卵サラダをレタスで包むと低糖質の食事になります。
    • 卵サラダにカイエンヌペッパーとパプリカを加えると、ピリッとした味になります。
  5. 5
    フムスとピタパンで地中海風サンドイッチを作ります。千切りした人参、ラディッシュ、赤玉ねぎをボウルに入れ、パセリ、レモン汁、オリーブオイルを加えて軽く混ぜます。開いたピタパンの内側にフムスを塗って、混ぜた野菜を詰めていきます。切ったトマトとアボカドの薄切り、さらにハーブを入れてできあがりです。[16]
    • 市販のピタポケットを使うと簡単に作れます。
    • 様々な味のフムスを試して、サンドイッチの味を変えましょう。

ポイント

  • 様々な味を組み合わせてサンドイッチを作りましょう。好みにピッタリ合うものが見つかるかもしれません。
  • サンドイッチに楊枝を刺しておくと形が崩れません。ただし、口の中を傷つけないように食べる前に忘れずに外しましょう。

記事のサマリーX

サンドイッチを作るには、まず、好みのパンを2枚用意します。フランスパン、普通の白いパン、小麦のパンなどがよいでしょう。次に、好みの調味料をそれぞれのパンの表面に塗ります。定番のサンドイッチにはマスタードとマヨネーズがよいでしょう。先に調味料をパンにまんべんなく塗ることで、食べるときにソースが垂れるのを予防できます。そして、ハムやロースト肉、ツナサラダ、卵サラダ、ハマス、焼き野菜など、メインとなる具を選び、パンに乗せます。ハムやロースト肉は1枚ずつ重ねずに、折りたたんでのせると、より良い食感と厚みを出すことができます。次にお好みでチーズをのせます。チェダー、プロヴォローネ、スイスなどのスライスがよいでしょう。そして、トマト、赤玉ねぎ、レタスなどのトッピングをのせます。レタスを最後に乗せると、トマトなどの野菜から出た水分をパンが吸ってべたべたになるのを防げます。最後にもう一枚のパンを一番上に乗せ、半分に切ると食べやすくなります。おいしくいただきましょう! 記事では、これ以外にもおいしいサンドイッチ作りのアイデアが紹介されています。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Make a Sandwich, Italiano: Fare un Panino, Español: preparar un sándwich, Deutsch: Ein Sandwich zubereiten, Português: Fazer um Sanduíche, Français: faire un sandwich, Nederlands: Een broodje beleggen, Русский: сделать сэндвич, 中文: 做三明治, Bahasa Indonesia: Membuat Sandwich, Čeština: Jak připravit sendvič, हिन्दी: सैंडविच बनाएं, ไทย: ทำแซนวิช, العربية: إعداد سندويتش, Tiếng Việt: Làm bánh mì sandwich, 한국어: 샌드위치 만드는 방법

このページは 2,633 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?