かつてハワイの王族のスポーツだったサーフィンは、今や世界中で楽しまれるマリンスポーツに変貌しました。波に乗り、水面を駆る経験は、人生観を変えると評する人もいます。サーフィンを学びたいならば、自分に合った用具で、サーフィンに必要なスキルを習得して、最初の波に乗れるようになりましょう。

パート 1 の 3:
自分に合った用具を揃える

  1. 1
    初心者はソフトボードを借りる サーフィンをしたことがない人は、いきなりサーフボードを購入しないようにしましょう。サーフィンができるビーチにはレンタルショップがあることが多く、時間単位や日単位で、それほど高くない金額でボードをレンタルできます。
    • 多くのショップでは、ファイバーグラスボードとソフトボード(ソフトトップ、フォーミーとも呼ばれます)を取り揃えています。[1] ソフトボードは、エポキシボードやファイバーグラスボードよりも軽量で低価格です。しかも、ソフトボードは浮力があり耐久性が高いので、初心者にとって良い選択になります。[2]
    • 自分の体型と体重に合わせてサーフボードを選びましょう。[3] 体重が多い人は、大きなボードを選ぶようにしましょう。自分のサイズに対して小さなボードを選んでしまうと、初心者はうまくサーフィンを学べないかもしれません。
    • 何を借りればよいか分からない時は、自分は初心者で何が必要かを知りたいと、正直にサーフショップの店員に聞いてみましょう。
  2. 2
    初心者はロングボードから始める[4] ロングボードは最古のスタイルのサーフボードで、レングス(ボードの長さ)が他のタイプよりも長いボードです。レングスは2.4m~3.7 m 以下です。ロングボードは他の種類のボードに比べて、動きがあるサーフィンを行いづらいのですが、乗りやすいので初心者に推奨されることが多いボードです。[5]
    • ロングボードが厚いほど、バランスを取りやすくパドリングしやすくなります。扱いやすいボードを使えば、初心者は楽しんでサーフィンを始められるはずです。
    • ロングボードで経験を積み、もっと動きのあるサーフィンをしたくなったら、ファンボードを試しましょう。[6] ファンボードはロングボードよりも少し短く、2.1~2.6 m程度のレングスのボードです。ファンボードは、ロングボードの乗りやすさと安定性と、ショートボードの機動性を併せ持つボードです。
  3. 3
    ショートボードを目指す [7]ショートボードは、レングスが7フィート以下のボードで、ノーズが尖っていて、複数のフィンが付いています。レングスが長いタイプに比べてマスターするのが困難ですが、プロが好むハイ・パフォーマンスボードはショートボードだと言われています。(ロングボードを使うプロサーファーもいます)
    • ショートボードよりもレングスが短く、ワイズ(幅)が広いのがフィッシュボードです。[8] 平たく小さいフィッシュボードは、他の種類のボードに比べて、小さな波に乗るのに適しています。フィッシュボードは、中上級サーファー向けのボードです。
    • ガンと呼ばれるサーフボードも上級サーファー向けです。[9] ガンはノーズが鋭くワイズが短いボードで、大きな波に乗る熟練者向けにデザインされたボードです。傾斜がきつい波や高速のサーフィンに適していますが、初心者には難しいボードです。
  4. 4
    ウェットスーツを用意する [10] 多くの場所で、ウェットスーツはサーフボードと同じくらいサーフィンを楽しむのに欠かせない用具です。[11] ウェットスーツは冷たい海水の中で体温を保ち、悪寒や低体温症を防ぎます。地元のサーフショップにウェットスーツを勧められたら、海に出る前に試着してレンタルするか購入しましょう。
  5. 5
    サーフボードワックスを用意する [12] サーフボードワックスは安くて大切なアイテムです。ワックスをサーフボードのデッキ面(上面)に塗ると、足のすべり止めになり、バランスを取りやすくなります。ワックスには何タイプかあるので、海水温に合ったタイプのワックスをショップの店員に聞きましょう。
  6. 6
    リーシュを用意する [13] リーシュは、足とボードをつなぐロープです。ワイプアウト(ボードから落ちること)しても、ボードがどこかへ行ってしまわないようにきちんとリーシュを使いましょう。リーシュがないと、ボードが周りのサーファーの迷惑になったり、岩にぶつかって壊れてしまったりするかもしれません。リーシュをつなぐ時は、ボードのテールにあるリーシュプラグにきちんと取り付けられていることを確認しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
サーフィンを始める

  1. 1
    まずは陸上で練習する リーシュを足とボードのテールに結びます。この時、コードが足首の後ろになるように付けましょう。ボードの中央に沿って真っすぐにうつ伏せに乗ります。このポジションでパドリングの練習をして、両腕のどの辺りの筋肉を使っているかを確認しましょう。
    • 初めてサーフィンをする人がいきなり海に入ってしまうと、失敗ばかりでイライラが募るかもしれません。砂浜、または人目を避けた自宅の裏庭でしばらく練習してから、他のサーファーたちがいる海へ向かいましょう。
  2. 2
    立ち上がる練習をする 波に乗り、立ち上がることをテイクオフ(もしくはポップアップ)と言います。テイクオフできるようになるには、練習が必要です。まずボードの上にうつ伏せになります。手をパドリングの位置から胸の下部あたりに移し、手のひらをデッキの上に置いて指をボードの端にかけます。[14]
    • 腕の力で上半身を持ち上げ、前足を手のあった場所辺りに、後ろ足を前足から肩幅分以上テール側になる位置に置きます。この動作を一気に同時に行いましょう。
    • 初心者の場合は、ひざまずいてから片足ずつスタンディングポジションに入るようにしてもよいかもしれません。一気に立ち上がるよりも時間がかかりますが、一気に立ち上がれない人には有効な方法です。[15]
    • 手が滑って顔を怪我してしまうかもしれないので、テイクオフの動作ではレール(ボードの側面)やエッジ(ボトム側のレールの角)を握らないようにしましょう。
    • 立ち上がるときに手や足が滑るようならば、ボードにワックスを塗る必要があるかもしれません。
    • サーフボードがなくても、立ち上がる練習はできます。一気に立ち上がれるようになるまでは、少し空いたスペースがあったら練習しましょう。
  3. 3
    ボードの上に正しく立つ テイクオフしたら、ひざを曲げて、腕はリラックスして伸ばし、足をボードに付け、前傾姿勢で体を落として、重心を下げます。
    • 立つときに左右どちらの足をボードの前に置くかにより、レギュラーフットもしくはグーフィーフットのどちらかの立ち位置になります。前足を左足にすることをレギュラーフット、右足にすることをグーフィーフットと言います。[16]
    • 初心者は、右足と左足を大きく開いたずんぐりしたスタンスになってしまいがちです。このスタンスは楽な姿勢かもしれませんが、ボードのコントロールが難しくなります。ボードに対して、前後ではなく左右にバランスを取りやすいようにしましょう。上手なサーファーを見ると、足をあまり開いていないことに気付くはずです。
    • 進行方向を見ることも正しい姿勢の一部です。
  4. 4
    パドリングしながら、海でくつろぐ [17] ボードの中心点は、海に入ってパドリングしないと分かりません。[18] ボードは海面に対して水平で、ノーズが少し水面から上に出るようにします。つまさきがリーシュストリングに触れるところが、ちょうどよい待機ポジションです。
    • ノーズが上がりすぎる場合は、ポジションがボードの後ろすぎます。逆に、ノーズが水に潜っているときは、ポジションが前すぎます。効率よくパドリングするにはボードの中心点を見つけることが不可欠です。
    • パドリングのストロークは、無理のない範囲で出来るだけ背面から大きく行いましょう。[19]
  5. 5
    経験のあるサーファーやインストラクターと話す 効率よく練習するには、サーフィンに詳しい人と一緒にサーフィンしてアドバイスをもらいましょう。
    • サーファーの友人に手伝ってもらいましょう。友達ならばお金を取られない上、他の人が周りにいるビーチでなく、プライバシーが保たれる自宅などでも練習できます。
    • インストラクターを雇いましょう。これが、サーフィンの基本を学ぶ最も信頼できる方法です。お金を払っていれば、必要なことは全て学べるので、サーフィンを手早く始めて、早々に楽しめるようになります。
  6. 6
    サーフィンスポットを見つける  [20] サーフィンを始める前に、いくつかの候補地を挙げて、実際に泳いでみましょう。自分で自信を持って泳げる場所でなければ、そこでサーフィンをするのはやめましょう。
    • 初心者はどの辺りでサーフィンをすればよいか、地元のサーフショップやサーファーに聞きましょう。ちょうどいいスポットを教えてもらえるはずです。
    • インターネットで調べましょう。信頼できるアドバイスが得られなければ、インターネットを活用しましょう。有益な情報が掲載されている地元サーファー向けの掲示板が見つかるかもしれません。
    • 安全を心がけましょう。ライフガードタワーがある場所ならば、ライフガードがいるときにサーフィンをしましょう。ビーチにいるサーファーからアドバイスや注意事項を聞いてみましょう。
  7. 7
    始める前にサーフィンのエチケットを学ぶ[21]楽しく安全にサーフィンを始めるには、サーフィンの基本ルールを知ることが大切です。以下に基本的な安全のためのルールを紹介します。
    • 先行権を尊重しましょう。二人以上のサーファーがパドリングして波に近づいた時は、波のピークにもっとも近い人が先行権を持ちます。
    • ドロップイン(前乗り)はやめましょう。既にテイクオフしている人がいる波に、パドリングして乗ろうとするのは、失礼で危険な行為です。[22]波に乗る前に、他のサーファーがいるかどうかを確認しましょう。
    • 人気がある初心者向けのサーフィンスポットでは、きちんとしたルールがないことが多く、複数の人が同じ波に乗ること(パーティウェーブと言います)があります。同じ波に二人で待っていた場合、最初に波に乗りピークに近づいた人が先行権を持ちます。
    広告

パート 3 の 3:
波に乗る

  1. 1
    ターゲットになる場所を見つける 波がくずれて腰まで海水に浸かる場所が、初心者にはベストスポットです。上級サーファーがいる沖には行かないようにしましょう。ボードから落ちた時に頭を海底にぶつけないように浅すぎる場所も避けましょう。
    • 目印を決めておきましょう。岸にある建物などの目印を決めて、定期的に自分の場所を確認しましょう。岸との距離を測ることができて、気づかないうちに潮に流されているかをチェックできます。
  2. 2
    スポットに向かってパドルする 水面が腰か胸の高さになるまでは、ボードを持って歩いていき、そこからはボードに乗りパドリングで波に近づいていきましょう。
    • パドルアウト(パドリングで沖に出ること)は真っすぐに進みましょう。斜めに波にぶつかっていくと、前に向かう推進力を失ってしまいます。波に垂直のポジションを取り、波を切っていきましょう。
    • 波を切る時は、腕を立てて上半身を上げましょう。[23] こうすると、岸に押し戻されづらくなります。
  3. 3
    ボードを反転させて、ちょうどよい波を待つ[24] 波を待っている時は、ノーズが水面より上になるようにボードに座ります。膝から下の足をくるくる回して水をかき、ボードのノーズが岸の方を向くようにします。波に乗り始めるスポットで待ち、波が来たら、大きく滑らかなストロークでパドリングしましょう。
    • 波が近づいてきたら、図々しくならない程度に波のピーク近くでポジションを取りましょう。自分でベストポジションだと思うところに着いたら、全力でパドリングをしましょう。
  4. 4
    パドリングして波に乗る 波の動きやスピードに慣れてきて、波の勢いを捕らえたと感じたら、今まで練習してきた技術を使ってテイクオフしましょう。[25]
    • パドリングしている時は前を見ましょう。後ろを振り向くと、推進力が落ちてしまいます。
    • 素早く動きましょう。波がくずれてしまう前に乗らなければならないので、ボードの上で立ち上がる時間は限られます。初心者はホワイトウォーター(波がくずれて、泡などで白くなっている状態)に乗ることがよくありますが、問題はありません。[26]
    • 我慢強く待ちましょう。波を見逃したら、パドルアウトして元のスポットに戻り、良い波を待ちましょう。
  5. 5
    波に乗る [27] 足をボードの上にしっかり付けて、ひざを曲げ、腕はリラックスし、視線は進行方向に向けます。これが初めて乗る波です!集中して、波に逆らわず岸へ連れていかれるようにしましょう。サーフィンをしている間は、海にいる人に注意しましょう。
    • シンプルに始めましょう。最初は、真っすぐ波に乗りましょう。斜めに波に乗るよりも短くてスピードが出ませんが、感覚をつかみやすい利点があります。
  6. 6
    上達したら、ターンにチャレンジする サーフィンの感覚になれてくると、波に対して斜めに乗りたくなってきます。重心をボードに保ちながら、体を傾けてターンしていきます。体を使ってゆっくりと、片側のレールを波に向けて水に浸るようにします。これにより、ボードをターンさせる摩擦が発生します。ちょうどよい角度になったら、バランスを保ちながら、波のカール(波が巻き上がった部分)に乗ります。
    • 右へ進むか左へ進むかを早く決めましょう。小さい波ならば、波が来る前に、進みたい方向にパドリングを始めましょう。大きな波ならば、波に引っ張られるまで待ちましょう。
  7. 7
    いつワイプアウトしてもいいように準備する 倒れてしまいそうだとか、波がなくなりそうだと感じたら、進行方向ではない方向に向かって、ボードからジャンプします。[28] ボードの横か後ろに向かって落ちるのがよいでしょう。落ちる時は腕で頭をかばいましょう。[29] 波の力に逆らわらず、流れに身を任せましょう。ボードに当たらないように注意しながら、ゆっくりと水面に戻ります。
    • 浅瀬やサンゴ礁では、怪我をしないように、平らに着水しましょう。
    • 安全に水面にたどり着いたら、リーシュを引き、ボードを手元に戻して乗り、ボードが制御不能になったり、水中でバタバタ動いたりしないようにします。ボードが体から離れている状態は、自分や周りの人にとって、とても危険です。ボードに乗り、うつ伏せになり、もう一度ボードをコントロールしましょう。
    • ボードがサーファーにぶつかって怪我をすることが、ワイプアウトで一番多い事故です。ボードよりも沖の方に逃げることを覚えておきましょう。ボードが波にのまれている状態で、ボードと岸の間にいないようにします。
    • フォームボードはファイバーグラスボードよりも柔らかく怪我することが少ないので、初心者はフォームボードをレンタルするとよいでしょう。
  8. 8
    チャンネル(岸から沖に向って潮が流れる場所)を使って、人の邪魔にならないようにする ワイプアウトしたら、他のサーファーの邪魔にならない場所に移動しなければなりません。他のサーファーが来るような波がくずれるスポットにパドリングして行かないようにしましょう。先ずはパドリングしながら横にずれて、波乗りの場所を空けましょう。
  9. 9
    何回も挑戦する 最初は、滑ったり転んだりするでしょう。そこでやめてはいけません。一日でできる人もいれば、数週間かかる人もいますが、努力を続ければ最後には出来るようになります。
    • ひざまずいて終わりにしないようにしましょう。やると決めたら、立ちあがりましょう。ひざまずいて終わってしまうのは、乗馬で言えば、馬に蔵を付けたけれど乗馬しないのと同じです。
    • 海を楽しみましょう。
    広告

ポイント

  • ワイプアウトした時のために、水中で長く息を止める練習をしましょう。波によっては長い時間、海中に潜っていることになります。新しい波にも気を付けましょう。
  • 安全標識の指示を守り、経験者のアドバイスを聞きましょう。
  • 下手だから恥ずかしいと思わないようにしましょう。単に初心者だというだけです。
  • サーフィンスポットの地域社会を尊重しましょう。ルールに従い、仲良くしましょう。
  • 恐れず助けを求めましょう。丁寧に接すれば、上級サーファーの多くは、喜んで初心者の助けになります。
  • 落ち着いて行動しましょう。ワイプアウトは危険ですが、通常は冷静であれば恐れることはありません。リスクを最小限にとどめるには、明確に考え、決断力を持って行動しましょう。
  • 周囲に注意を払いましょう。他のサーファーや海洋動物に気を付けましょう。
  • 初心者は筋力がないので、波に乗る時に、誰かに押してもらうとよいかもしれません。水に入る前にストレッチしましょう。
  • 先ずブギーボードから始めても良いかもしれません。波に乗る感覚を養えます。
  • 腹筋運動と腕立て伏せはサーフィン上達に有効です。サーフィンでよく使う筋肉は、これらの運動で鍛えられる筋肉です。
  • 本当の初心者ならば、インストラクターに習うことを検討しましょう。
  • 波の上で飽きてきたら、ビーチで運動しましょう。例えば、ビーチランなどは、有酸素運動で体を鍛えられる上、日焼けもできます。[30]
  • 常に仲間とサーフィンをしましょう。その方が安全性が高く、ワイプアウトして助けが必要な時に助かります。波に押してくれるかもしれません。[31]

広告

注意事項

  • 離岸流に捕まったら、潮の流れに逆らって泳ぐのではなく、流れがなくなるまで岸に対して平行に泳ぎましょう。それが難しい場合は、立ち泳ぎする、浮いている、助けを呼ぶなどの対処をしましょう。
  • 離岸流は避けましょう。激しい離岸流では、海面に砂があるように見えます。茶色や赤っぽく見えることもあります。通常、岩の防波堤、サンゴ礁、桟橋などの近くで形成されます。
  • 上級サーファーのいる場所は避け、初心者向けのスポットで練習しましょう。
  • 初心者は、慣れるまでは沖に行かず、岸の近くでサーフィンをしましょう。
  • 一人でサーフィンをしないようにしましょう。特に初心者は、誰かと一緒にサーフィンをしましょう。岸に誰かがいるだけでも、一人で行くより安全性は高まります。[32]
広告

関連記事

How to

スケボーでオーリーを習得する

How to

バーピーをする

How to

逆立ちする

How to

ボウリングのスコアを上げる

How to

ドライバーショットを真っ直ぐ飛ばす

How to

バキュームエクササイズで腹筋を鍛える

How to

F1ドライバーになる

How to

ランニングを始める

How to

菱形筋を伸ばす

How to

コントーショニストになる

How to

インラインスケートをする

How to

陸上競技大会のために準備する

How to

サッカーのオフサイドを理解する

How to

卓球を始める
広告

このwikiHow記事について

Bethany Hamilton
共著者
プロサーファー
この記事の共著者 Bethany Hamilton. べサニー・ハミルトンはプロサーファー、そして作家として活動しています。2003年に鮫に襲われて左腕を失いながらもサーフィンを続け、2007年より世界中で開かれる数々のサーフィンコンテストに出場しています。2011年には自身の経験を題材にした映画「ソウル・サーファー」が公開されました。 この記事は2,060回アクセスされました。
カテゴリ: スポーツ
他言語版
このページは 2,060 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告