サーモンをオーブンで焼く方法はたくさんありますが、最適な方法は、季節、個人的な好み、旬の食材などによって異なります。ここでは、サーモンをオーブンで焼く一般的な方法を紹介します。

  • 下ごしらえ(基本的な焼き方) 15分
  • オーブンで焼く時間 40~60分
  • 全体の所要時間 55~75分

材料

  • サーモンフィレ(半身)

方法 1
方法 1 の 3:
基本的な焼き方

  1. 1
    サーモンフィレを購入する 身の色はサーモンの種類によって異なり、淡いピンクから濃い赤まで様々です。サーモンフィレは、3枚におろしたサーモンの半身です。片面はピンク色の身で反対の面には皮が付いており、一般的にうろこは処理されていません。
    • 販売されているサーモンの種類は、住んでいる地域や季節によって異なります。アトランティックサーモン、コーホーサーモン(ギンザケ)、キングサーモン(マスノスケ)、ベニザケのほか、養殖、天然、冷凍のサーモンなどがあり、味や触感、見た目がわずかに異なります。
  2. 2
    皮を付けたまま、皮を下にして焼く 魚をオーブンで焼く際は、皮を下にすると水分が逃げにくいでしょう。サーモンは乾燥しやすいので、皮を下にして焼くことが特に重要なポイントです。
  3. 3
    オーブンの温度を175~190度に設定する 適切な温度は、レシピやサーモンの大きさによって異なります。サーモンが小さければ175度、大きければ190度に設定しましょう。オーブンの温度が高すぎたり低すぎたりすると、身がパサパサになってしまいます。
  4. 4
    オーブン対応の皿や天板にサーモンを載せ、上を覆って焼く サーモンを覆って焼くと水分が逃げにくく、火も通りやすいでしょう。
  5. 5
    焼きあがるまでの時間は、使用するオーブンの種類やサーモンのサイズによって大きく異なるので、焼け具合をこまめに確認する サーモンフィレが小さければ25~30分で火が通るかもしれませんが、大きいと40~60分焼く必要があるかもしれません。
  6. 6
    できればクッキング温度計を使う クッキング温度計はキッチン用品を扱う店やスーパーなどで販売されており、これを使うと中まで火が通ったかどうかが一目でわかります。サーモンフィレの最も厚い部分にクッキング温度計を挿入し、温度が60度に達していたらオーブンから取り出しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
サーモンのパピヨット(紙包み焼き)

  1. 1
    オーブンを180度で予熱する サーモンをクッキングシートで包んで焼きますが、オーブンの温度をそれほど高く設定する必要はありません。サーモンをはじめとした魚をクッキングシートで包んで焼くと非常に効率が良く、失敗することはないでしょう。焼いた後は紙を捨てるだけなので、後片付けも簡単です。
  2. 2
    サーモンの下ごしらえをする サーモンのパピヨットを作るには、次の方法で下ごしらえをしましょう。
    • 皮を付けたまま、皮を下にして焼きましょう。
    • サーモンを水で洗い、ペーパータオルで水気を切るかそのまま置いて乾かします。
    • 塩コショウで下味を付けましょう。
  3. 3
    クッキングシートを横半分に折りたたむ 天板にクッキングシートを敷き、クッキングシートの片側の中央にサーモンを載せましょう。
  4. 4
    ハーブや香味野菜、野菜を加える サーモンのパピヨットを作る際は、サーモンと一緒に香味野菜やハーブなどをクッキングシートで包んで焼くと良いでしょう。サーモンと相性が良い組み合わせは、次の通りです。
    • レモン、ケッパー、ローズマリー。レモンとサーモンという定番の組み合わせに、塩味と酸味があるケッパーを加えましょう。生のローズマリーも加えて風味を増します。
    • アスパラガス、レモン、玉ねぎ。アスパラガスを切ってサーモンに添え、レモンと赤玉ねぎを加えましょう。火が通ると玉ねぎは甘くなり、レモンのおかげでサーモンがパサつかず、さっぱりとした味わいになります。
    • ディルとレモン。乾燥ディルにはアニスに似たまろやかな風味があるので、サーモン本来の味を楽しみたい場合に最適です。レモン果汁を忘れずに振りかけましょう。
    • トマト、ズッキーニ、マッシュルーム。これらの夏野菜を一緒に焼き、ボリュームのある一品を作りましょう。 野菜を下茹でする必要はありません。レモン果汁を振りかけたり、くし形に切ったレモンを添えたりしても良いでしょう。
  5. 5
    オリーブオイルと白ワインを振りかける 香味野菜やハーブなどを加えたら、少量のオリーブオイルをサーモンに振りかけます。白ワイン大さじ1杯を振りかけると、サーモンと野菜がおいしくしっとりと焼きあがるでしょう。
    • オリーブオイルの代わりにバターを使ってもかまいません。コクを出すために、オリーブオイルの代わりにバター大さじ1杯をサーモンに載せても良いでしょう。
  6. 6
    クッキングシートを折りたたみ、サーモンと野菜を包む 三角形を作るようにクッキングシートを折りたたみ、サーモンを覆いましょう。初めにクッキングシートの下を折り、次に数か所が重なるように端を折り返します。クッキングシートで包むと水分が逃げにくく、サーモンと野菜に含まれる水分で蒸し焼きにすることができます。
    • クッキングシートをテープで留めるのはやめましょう。サーモンをきちんと包みますが、完全に密封する必要はありません。蒸気が多少漏れても問題ないでしょう。
    • あまりきつく包まないようにしましょう。サーモンと野菜のために十分なスペースを残します。あまりきつくならない程度に、ぴったりと包みましょう。
  7. 7
    180度で20~25分焼く サーモンが不透明になり、身がほぐれるようになるまで焼きましょう。身が半透明で赤みがかっている場合は、まだ十分に火が通っていません。
  8. 8
    オーブンから取り出して盛り付ける クッキングシートからサーモンと野菜を取り出して皿に盛り付けるか、そのまま皿に載せてクッキングシートを開きましょう。
  9. 9
    完成 
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
オレンジの果汁を振りかけて焼く

  1. 1
    オーブンを175度で予熱する 
  2. 2
    サーモンをオーブン対応の皿に載せる サーモン全体に行き渡るように、十分な量のオレンジ果汁を振りかけましょう。
  3. 3
    アルミホイルで覆う 
  4. 4
    火が通るまで焼く 20~30分焼きましょう。
  5. 5
    盛り付ける ご飯によく合う一品です。
    広告

ポイント

  • スーパーや鮮魚店でサーモンフィレを購入する際は、サーモンが適切に扱われていることを確認しましょう。うろこが剥がれにくく、指先でつついた時に身が締まって硬く感じるものを選びます。また、生臭いサーモンではなく、きれいな海の香りがするものを選びましょう。
  • おいしく食べるために、新鮮なサーモンフィレを購入しましょう。新鮮なサーモンフィレがなければ冷凍のサーモンフィレを購入し、冷蔵庫で1晩かけてゆっくりと解凍します。
広告

注意事項

  • サーモンフィレとサーモンステーキ用の切り身は異なるので、購入時には注意が必要です。 サーモンステーキ用の切り身はサーモンフィレを分厚く切ったもので、サーモンフィレよりもかなり早く火が通ります。一般的にサーモンステーキ用の切り身は皮と骨が取り除いてあり、サーモンフィレよりも低温で調理する必要があります。
広告

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
生卵とゆで卵を見分ける
たくさん食べるたくさん食べる
生アーモンドをローストする
シチューにとろみをつける
スパゲティーソースにとろみをつける
ベーキングパウダーの代用品を作る
牛乳からバターミルクを作る
ローズマリーオイルを作るローズマリーオイルを作る
ロックキャンディを作る
バーベキューでピザを焼く
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
電気圧力鍋でフライドチキンを作る
広告

出典

  1. http://www.thecitycook.com/cooking/advice/essential_kitchen/000017
  2. http://www.bigoven.com/recipe/159960/spicy-baked-salmon
  3. http://allrecipes.com/recipe/carlys-salmon-en-papillote-in-paper/
  4. Larousse Gastronomique, compiled by Robert J. Courtine, edited by Jennifer Harvey Lang, published by The Hamlin Publishing Group, 1995.

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: レシピ | 魚介類・海鮮
このページは 905 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告