シェービングクリームを使わずに剃る方法

剃刀を使う際、必ずしもシェービングクリームが必要とは限りません。ヘアコンディショナーやボディソープを代わりに使うこともできます。あるいは、単に水で濡らして剃ってもかまいません。剃った後に保湿して肌荒れや肌の乾燥を防ぐのが一番重要です。

方法 1 の 2:
石けん類を使う

  1. 1
    剃る部分を水で濡らします。あらかじめ水で濡らしておくと石けんがよく泡立ちます。水または保湿剤を塗らないと剃刀が滑らかに動かず剃刀負けや切り傷の原因になります。[1]
    • 入浴中でなければ、タオルやコットンで剃る場所を濡らします。
    • 入浴またはシャワーに入り、10~15分経過してから剃りましょう。水分と熱で肌が柔らかくなり毛穴が開くのできれいに剃ることができます。[2]
    • スクラブ剤、タオル、へちまたわしなどで角質を除去してから毛を剃ることもできます。
  2. 2
    シェービングクリームの代わりに使う石けん製品を選びます。肌を泡で完全に覆うことができる製品を使いましょう。また、保湿成分配合の製品を使うと剃刀と肌の摩擦を抑え、切り傷や剃刀負けの心配がありません。

    次の石けん製品を使いましょう
    ヘアコンディショナー:ヘアコンディショナーは毛を柔らかく滑らかに整え保湿効果があります。
    シャンプー: シャンプーは泡立ちが良く、肌の汚れやべたつきを落とすことができます。
    ボディソープ:ボディソープはシャンプーと同様に作用し、コンディショナーより泡立ちます。身体用保湿クリーム配合のボディソープを使うと保湿効果を得られます。
    食器用洗剤:ボディソープ、シャンプー、コンディショナーがなければ、食器用洗剤を使ってもかまいません。泡立ちが良く肌への刺激も少ないのですが、使用後肌が非常に乾燥します。

  3. 3
    肌で石けんを泡立てます。石けんをよく泡立てて肌を厚く覆いましょう。こうすると剃刀を滑らかに動かせるばかりでなく、剃り残した部分がわかります。[3]
    • グリセリンを数滴加えると泡立ちが増し、肌を保湿する効果があります。グリセリンは透明無臭の液体で、ドラッグストアや薬局で扱っています。通常、肌の乾燥やかゆみの予防さらに軽い肌荒れを手当てするのに使われます。[4]
  4. 4
    剃り始めます。剃刀を時々すすいで石けんや毛を取り除きながら剃りましょう。[5]
    • 必ず毛の流れに沿って剃りましょう。逆剃りすると、毛を無理に引っ張ったり剃刀の刃に毛が絡んだりする恐れがあります。
    • 首、鼻の下、脇の下、陰部など肌が敏感な部分や、足首とひざ後ろの曲がった部分はゆっくり剃りましょう。
    • 複数の刃がついた剃刀を使うとより深剃りできます。肌質に合う剃刀を選びましょう。
  5. 5
    肌を保湿します。剃り終わったら残った石けんを洗い流し、肌を乾かしてから保湿剤を塗りましょう。保湿すると肌が柔らかくなるうえ、内方発育毛(埋没毛)の予防や肌のかゆみと炎症を抑える効果があります。[6]
    広告

方法 2 の 2:
オイルを使う

  1. 1
    肌を濡らすか考えます。オイルは乾いた肌に塗りやすい液体なので、必ずしも肌を濡らす必要がありません。また油は水をはじくため、濡らすと油がつきにくくなる可能性もあります。濡らす代わりに、蒸しタオルをあてて毛穴を開き肌を柔らかく整えましょう。[7]
    • 入浴またはシャワーに入り、10~15分経過してから剃りましょう。水分と熱で肌が柔らかくなり毛穴が開くのできれいに剃ることができます。
    • スクラブ剤、タオル、へちまたわしなどで角質を除去してから毛を剃ることもできます。
  2. 2
    長い毛は切ります。あらかじめ長い毛を切っておくと剃るのが簡単です。剃刀の刃に毛が詰まる心配がなく、何度も剃る必要もありません。[8]
  3. 3
    肌にオイルを塗ります。オイルをたっぷりまんべんなく肌にすり込みましょう。毛を剃るために様々なオイルを使うことができます。オイルが潤滑剤の働きをして剃刀を滑らかに動かせるだけでなく保湿効果もあります。使用するオイルの例は次の通りです。
    • ココナッツオイル:液体および固形があります。固形のココナッツオイルは指や手の間でこすって溶かし、肌に塗りましょう。ココナッツオイルは保湿作用が高く、肌に安全に使用できます。また、抗真菌および抗菌作用があるので敏感肌の保護に役立ちます。[9]
    • オリーブオイル:オリーブオイルは様々な健康上の利点があることで知られています。肌に関しては、皮膚がんの増殖を予防する効果があるとする研究もあります。[10]
    • ベビーオイル:ベビーオイルは無香料で、皮膚の炎症緩和効果があるアロエベラを配合した製品もあります。[11]
  4. 4
    剃り始めます。時々剃刀をすすいで余分な油や毛を取り除きながら剃りましょう。
    • 必ず毛の流れに沿って剃りましょう。逆剃りすると、毛を無理に引っ張ったり剃刀の刃に毛が絡んだりする恐れがあります。[12]
    • 首、鼻の下、脇の下、陰部など肌が敏感な部分や、足首とひざ後ろの曲がった部分はゆっくり剃りましょう。
    • 複数の刃がついた剃刀を使うとより深剃りできます。肌質に合う剃刀を選びましょう。
  5. 5
    肌に残った油を拭き取ります。極度な敏感肌や陰部など肌が弱い部分を剃った場合は、残った油を取り除いたほうが無難ですが、通常残った油分は保湿剤として作用するのでそのまま肌に塗り込むこともできます。
    広告

ポイント

  • 剃った後はローションで必ず保湿しましょう。内方発育毛の予防や肌荒れと炎症緩和に効果があります。
  • ここで紹介した方法は、シェービングクリームやジェルを使う場合と同じように安全で効果的とは限りません。
  • あらかじめ肌を保湿し柔らかく整えておくと、剃刀負けや肌の炎症を予防できます。

広告

注意事項

  • 眉毛をはじめ目の周りを剃るのはやめましょう。眉の周りに毛が生え始めると見た目が良くないうえ、目の近くに剃刀を使うのは危険です。代わりにワックス剤を使用するか毛抜きで眉を整えましょう。
  • ドライシェービング(肌が乾いた状態で剃ること)はやめましょう。水などで濡らさずに剃ると剃刀負けを起こします。[13]
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む36人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 128 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告