シダは室内の観葉植物、または庭を彩る緑のアクセントとして人気の植物です。有史以前の時代から、1万種以上ものシダ類が生息しています。羽のように軽やかなものから、葉が肉厚で密集したものまで様々な品種がありますが、世話の仕方はほとんど同じです。シダ類は一般的に、手間がかからず丈夫な植物ですが、大きく元気に育てるには多少の手入れが必要です。

方法 1 の 2:
室内のシダの管理

  1. 1
    適切な場所を選びましょう。シダは日陰や間接的なやわらかい光を好みます。鉢を北向きの窓辺に置きましょう。東向きや西向きの窓は直射日光が当たります。北向きの窓がない場合は、南向きの窓の横に置きます。やわらかい光が当たるように、窓から少し離して置きましょう。
  2. 2
    シダの付近の湿度を高く保ちましょう。シダは湿気を好む植物のため、湿度の高い場所が適しています。室内の湿度を上げるには、鉢を二重にする、水を張ったトレイに鉢を置く、または加湿器を使うなどの3つの方法があります。
    • 鉢を二重にするには、外側の鉢用に、シダが植えてある鉢より少し大きめの鉢を選びます。外側の鉢の中に水浸しにした苔を敷いて、シダの鉢をその中に入れます。土の表面と内側の鉢の縁を水に浸した苔で覆います。数日おきに苔に水を掛け、湿った状態を保ちましょう。
    • 小石をトレイやお皿に敷いて、水を小石の表面まで張り、その上に鉢を置く方法もあります。こうすると、水が蒸発して鉢の周りの湿度が高くなります。
    • 加湿器があれば鉢の側に置きましょう。シダの生育に最適な環境になります。
    • 毎日、ぬるめの蒸留水を霧吹きでかけて、湿り気を与えましょう。水は直接葉に吹きかけずに、葉の上の空中に向けて吹きかけると、霧が葉の表面を覆う状態になります。
  3. 3
    室内の温度を一定に保ちましょう。室内栽培のシダ類の大部分は熱帯性ですが、熱帯性の気温や湿度は必ずしも必要ありません。家の中(少なくともシダを置いている部屋)の温度を21度ほどに保ちましょう。シダは16度程度の温度にも耐えられますが、低温の環境では元気よく生育しません。育ちが悪いようなら、室内の温度を上げてみましょう。
    • 浴室の窓辺にシダを置いても良いでしょう。シャワーやお風呂のお湯で、他の部屋より湿度や温度が高くなることが多いためです。[1]
  4. 4
    定期的に水やりをしましょう。シダは湿った環境を好みますが、土にも湿り気が必要です。鉢の培養土がいつも湿った(水浸しではない)状態であることを確認しましょう。不定期に多量の水をやる代わりに、毎日少量の水をやるほうが良いかもしれません。水やりの前に、土の湿り具合をチェックしましょう。
  5. 5
    月に1度、肥料をやりましょう。ガーデンセンターで、シダ類など観葉植物用の肥料を購入しましょう。見つからない場合は、スタッフに尋ねましょう。毎月、シダに肥料を霧吹きでかけ、培養土に欠けている栄養分を補います。肥料は、シダを鉢に植えて6カ月経ったら与えます。
  6. 6
    枯れた葉や病気の葉は取り除きましょう。室内観賞用のシダは、まれに病気に罹ることはありますが、一般的に丈夫で病気に強い植物です。シダが病気に罹っているようなら、痛んだ部分を切り取りましょう。世話が不十分でシダが枯れ始めたら、同様に痛んだり、枯れた部分を園芸バサミで切り取ります。シダ全体が病気のようなら、他の植物に感染する前に鉢をどけましょう。
  7. 7
    1年ほど経ったらシダを植え替えます。植えてしばらくすると、シダは鉢より大きく生長します。植え替え時期はシダの生育状態によって異なりますが、初めに植えたときから6カ月ほどで、植え替えが必要な場合もあります。[2]
    広告

方法 2 の 2:
屋外のシダの管理

  1. 1
    シダを適切な場所に植えましょう。すでに庭にシダを植えてあり、問題なく育っているなら、植え替える必要はないでしょう。シダ類は日陰と湿気を好み、他の大きな樹木や植物の下でよく生育します。庭の北向きの区画や、直射日光の当たらない区画に植え(または植え替え)ましょう。直射日光が当たる場所では、シダの葉が日光で焼けてしまいます。
  2. 2
    土の湿度を保ちましょう。雨が定期的に降らない地域では、毎日水やりをして土の湿気を保つ必要があります。5~8 cmの厚さの松葉や広葉樹の葉のマルチでシダの周りを覆いましょう。こうすると、土の湿度が保たれて水分の蒸発量も減り、シダの周りの湿気も増します。
  3. 3
    月に1度、肥料を与えましょう。シダを植えて6カ月経ったら、肥料を与えて生長を促します。肥料は吹きかけるタイプの有機肥料を選び、説明書に従って与えましょう。さらに生長を助けるために、土にコンポストを加えてマルチで覆います。ただし、シダは他の一般的な室内の植物より肥料を必要としません。
  4. 4
    傷んだ葉を切り戻しましょう。屋外のシダ類には、ナメクジやごく稀な病気以外に天敵はいません。それでも傷んだ葉や病気の葉を見つけたときは、園芸バサミで切り戻しましょう。こうすることで、シダの健康が保たれ、病気の場合は他の植物への感染も防げます。
  5. 5
    必要に応じて植え替えましょう。シダは植えてしばらくすると大きく生長して、株分けや植え替えが必要になります。大きな株を数個の小さな株に分けるには、慎重に根から掘り出して、注意深く株分けします。シダは通常、塊を成して生育するため、株分けが容易にできます。株分けしたら、それぞれの株を植え替えて十分に水やりをします。[3]
    広告

ポイント

  • シダの葉の裏に黒い斑点を見つけても心配はいりません。これは胞子嚢と呼ばれるシダの芽胞で、シダはこの胞子で繁殖します。
  • 健康なシダは2~3年ごとに株分けできます。

広告

注意事項

  • シダの葉は直射日光を浴びたり、常に日が当たっていると、しなびたり、茶色く変色してしまいます。
  • シダを空調の吹き出し口や、葉を乾燥させる恐れがある物から離れた場所に置きましょう。
  • カイガラムシ、コナカイガラムシ、ハダニはシダにつく害虫です。殺虫剤は使わず、シダをゆすって虫を落とすか、または手で摘み取りましょう。
広告

必要なもの

  • シダ
  • 鉢植え用または地植え用培養土
  • じょうろ
  • 霧吹き
  • 鉢(室内で栽培する場合)
  • 肥料
  • 温度計
  • 苔、マルチや小石
  • ショベル

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

カタツムリを駆除する

How to

マンゴーを熟成させる

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

トマトの剪定

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

ラベンダーオイルを作る

How to

池の藻を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ツタを取り除く

How to

家庭でのノミ駆除

How to

ヒューズをチェックする

How to

コーラでトイレを掃除する
広告

このwikiHow記事について

Katie Gohmann
共著者
園芸家
この記事の共著者 Katie Gohmann. キャサリン・ゴーマンはテキサス州に住む園芸家です。2008年より家庭菜園を始め、プロの園芸家としても活躍しています。 この記事は6,299回アクセスされました。
このページは 6,299 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告