シナモンの健康効果を得る方法

共同執筆者 Zora Degrandpre, ND

この記事には:風邪やインフルエンザ時にシナモンを摂取するシナモンで消化器系の健康を保つリスクを理解する22 出典

シナモン(学名: Cinnamomum velumまたはC. cassia)は、古くから様々な文化で「不思議な食材」と考えられてきました。科学でも桂皮アルデヒド、酢酸シンナミル、桂皮アルコールのような有効油成分が健康に効果があることが示されています。シナモンの健康効果は医学研究によって異なりますが、シナモンが実際に病気を治し、消化不良、軽い細菌感染症、風邪などに対して治療的役割があるかどうかは明らかにされていません。

1
風邪やインフルエンザ時にシナモンを摂取する

  1. 1
    セイロンシナモンを選ぶ シナモンにはセイロンシナモンとカシアシナモンの2つがあります。セイロンシナモンは「本物のシナモン」や「品のあるシナモン」などして知られており、カシアシナモンのように一般的なスーパーマーケットでは販売されていないこともあります。クマリンの含有量が少ないセイロンシナモンを選びましょう。[1]
    • 継続的にクマリンを摂取すると肝機能障害を起こす可能性があります。糖尿病の治療の妨げとなる場合があるため、シナモンを使用しても問題がないかどうかを主治医に確認してから摂取しましょう。
  2. 2
    自分の目的に合わせてシナモンを選ぶ 粉状、スティック状、サプリメントのシナモンが入手可能です。どの形態のシナモンを使うか考えてからシナモンを購入しましょう。通常の食事にシナモンを利用する場合は、薬理的に摂取する場合とは異なり、様々なタイプのシナモンを準備するとよいでしょう。スティックタイプのシナモンやパウダー状のシナモンを様々な食事や飲み物に加えると、飽きずに続けられます。[2]
    • 風味づけに使用する場合は、シナモンパウダーが適しています。
    • お米を炊く時にシナモンスティックを使ってみましょう。
    • 主治医の許可のもと、血糖管理の一環としてシナモンを摂取する場合は、クマリンが全く含まれていないシナモンエキスを選びましょう。健康食品売場で入手可能です。[3]
  3. 3
    風邪やインフルエンザの症状がある時は、温かい飲み物にシナモン小さじ1杯を加える シナモンには、抗菌作用があると考えられており、風邪やインフルエンザに対する抵抗力が高まります。また、雑菌や細菌の増殖を防ぐ働きがあります。[4]お湯にシナモン小さじ1杯を混ぜて飲むと、風邪を治すことはできませんが症状が少し和らぎます。
  4. 4
    シナモンを加えた温かい飲み物で鼻水の症状を抑える シナモン入りの温かい飲み物を飲むと、風邪やインフルエンザの症状、特に煩わしい鼻水の症状を抑えます。[5]しょうがと組み合わせると風味にアクセントが加わります。
  5. 5
    スープにシナモン小さじ1を加える 温かい飲み物のように、スープにもシナモンを加えると、香りを楽しみながら体の不調を解消することもできます。
    • シナモンの抗菌作用は天然の保存料として用いられてきました。[6]

2
シナモンで消化器系の健康を保つ

  1. 1
    セイロンシナモンで消化器系の健康を保つ 消化器の調子を改善させたい時は、セイロンシナモンを食事に使いましょう。シナモンの形状はどんなものでもかまいませんが、シナモンパウダーはスプーンで軽量するだけなので、風味付けに使う時は簡単で実用的です。
    • シナモンスティックは飲み物を作るときには便利ですが、どのくらい摂取したか把握しにくくなります。
  2. 2
    糖質を多く含む食事にシナモンを加える 糖質の多い食事にシナモン小さじ1杯を加えると、食事による血糖値の影響を抑えることができます。空腹状態で食物を摂取すると血糖値が上昇しますが、シナモンを一緒に摂取すると、血糖値の上昇が緩やかになるため、血糖値の上昇を低く抑えることができます。[7]科学実験では、デザートにシナモンを数グラム加えると胃内容排出速度に影響が出ることがわかっています。[8]
    • シナモンの多量摂取は危険なため、1日の摂取量は小さじ1杯(約4~5g)までにしましょう。[9]
    • 糖尿病の人は、シナモンの血糖値への影響について主治医と話し合ってから使いましょう。シナモンをインスリンの代わりにしてはいけません。
  3. 3
    シナモンで消化を促す シナモンで風味をつけることによって、食後の消化を助けます。シナモンには弱った胃腸の働きを活発にする働きがあるため、胸焼けや消化不良の症状があるときは、シナモンが役立ちます。また、シナモンに含まれる油分によって食物の分解が促され、消化が良くなります。[10]
    • 食後にシナモンティー(お湯にシナモン小さじ1杯を溶かす)を飲みましょう。
    • または、食後のコーヒーにシナモン小さじ半分を溶かして飲んでもよいでしょう。
  4. 4
    シナモンで大腸の調子を整える シナモンにはカルシウムと食物繊維が含まれます。この2つの成分は、大腸の健康を保つための重要な成分です。胆汁塩の濃度が高いと大腸に悪影響を及ぼし、大腸がんになる可能性が高くなります。[11]カルシウムと食物繊維はどちらも胆汁塩と結合して体内から排泄され、大腸がんのリスクを低減する働きがあります。[12].
    • また、食物繊維は過敏性大腸の症状に良い効果があるほか、便秘、下痢の症状を緩和する効果もあります。[13]
  5. 5
    健康的な食事の一環としてシナモンを取り入れ、コレステロールを低下させる シナモンがコレステロールを低下させる作用は明らかにされていません。理論的には、シナモンは脂肪と糖分の代謝に影響しているため、コレステロールを低下させると考えられています。あくまで推測ですが、1日に2~3g以下に限ってシナモンを摂取することで、健康的で活動的に過ごすことが出来ると考えられています。[14]
    • シナモンは焼き菓子との相性が非常に良いのですが、あぶらの多い食事にシナモンを加えてもコレステロールは低下しません。

3
リスクを理解する

  1. 1
    まず、主治医に相談する 薬用量のシナモンを摂取してはいけない理由はいくつもあります。必ず主治医に最初に相談し、アドバイスを求めましょう。処方薬でも漢方薬でも、飲み薬で副作用などが起きる可能性がある人は、主治医に相談してからシナモンを摂取しましょう。[15]
    • シナモンは2型糖尿病の人の血糖値を調整するという研究もありますが、インスリンの代わりにシナモンを摂取してはいけません。[16]
  2. 2
    シナモンの摂取量と摂取期間を把握する シナモンの摂取は承認されていない治療法のため、このくらい摂取すれば健康効果を実感できるという鉄則はありません。推奨量は1日に小さじ1/2から最大で小さじ6杯です。[17] 不安がある人は摂取量を減らしましょう。シナモンは摂りすぎると毒性が現れるため、1日に小さじ6杯以上摂取してはいけません。[18]
    • 健康のためにシナモンを定期的に摂取する際は、医師に相談しましょう。
  3. 3
    薬用量の摂取を控える シナモンをサプリメントとして定期的に摂取する効果についてまだ十分にわかっていないことを考慮すると、シナモンを摂取しないほうがよい場合もあります。小児と妊娠女性は摂取してはいけません。また、授乳中の女性も摂取を避けましょう。[19]
  4. 4
    抗凝血剤を服用している人は摂りすぎを避ける 抗凝血剤を服用中の人は、シナモンを多量に摂取してはいけません。シナモンは少量ですがクマリンを含むため、抗凝固作用が亢進することがあります。クマリンはセイロンシナモンよりもカシアシナモンの方に多く含まれています。[20]シナモンを摂りすぎると肝機能障害が起きることもあります。[21]
  5. 5
    シナモンの鮮度を保って保存する シナモンを入れたガラス瓶の蓋をきつく閉め、乾燥した冷暗所に保存します。粉末にしたシナモンは最大6カ月まで鮮度を保つことができます。シナモンスティックなら1年程度保存できます。密封容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、保存可能期間が長くなります。
    • シナモンの香りで鮮度をチェックしましょう。新鮮なシナモンは、甘い香りがします。
    • 食品照射(食品の殺虫・殺菌などを目的とした食品への放射線照射)をされていない有機栽培のシナモンを選びましょう。食品照射すると、シナモン中のビタミンCとカロテノイドの含有量が低下することがあります。

ポイント

  • 学名: Cinnamomum velumはスリランカ、セーシェル、マダガスカル、南インドで栽培されており、本物のシナモンとしても知られています。学名: C. Cassiaはカシアシナモンまたはチャイニーズシナモンとして知られています。南中国が原産地で、インド、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアでも栽培されています。現在、約250種類のシナモン属が確認されています。様々な香辛料にブレンドされたシナモンや様々な等級のシナモンが販売されています。他の食品同様、お金をかければ、さらに質の高いシナモンを入手できます。[22]

注意事項

  • 手術を受ける際は、どのような手術であっても抗凝血作用を避けるため、手術の1週間以上前からシナモンの薬用量の摂取を中止しなければいけません。通常、香辛料の使用は少量であれば問題ありませんが、主治医に相談し摂取について話し合いましょう。
  • 授乳中または妊娠中の女性は薬用量での摂取を避けましょう。
  • カシアシナモンにはクマリンが含まれているため、摂りすぎると毒性が現れます。一方、セイロンシナモンではこうしたことはみられません。

必要なもの

  • 鮮度と質の高いシナモン

出典

  1. https://www.drfuhrman.com/library/choosing_the_right_cinnamon.aspx
  2. http://cinnamonvogue.com/cinnamon_for_diabetes.html
  3. http://www.peoplespharmacy.com/2013/12/30/cinnamon-offers-health-benefits-but-also-carries-serious-risks/
  4. http://www.greenmedinfo.com/blog/6-healthy-reasons-eat-more-real-cinnamon-not-its-cousin?page=2
  5. http://www.besthealthmag.ca/best-you/home-remedies/7-spices-that-heal?slide=1
  6. http://www.whfoods.com/genpage.php?tname=foodspice&dbid=68
  7. http://www.whfoods.com/genpage.php?tname=foodspice&dbid=68
  8. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?Db=pubmed&Cmd=ShowDetailView&TermToSearch=17556692&ordinalpos=1&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum
  9. http://homeremediesforlife.com/cinnamon-weight-loss/
続きを 表示する… (13)

記事の情報

この記事はZora Degrandpre, NDが共著しています。 デグランプリ医師はワシントン州在住の自然療法医です。2007年に自然療法医科大学、「National College of Natural Medicine」にてND(自然療法医師学位)を取得しています。

カテゴリ: ハーブ、スパイス、薬草

他言語版:

English: Get the Health Benefits of Cinnamon, Español: aprovechar al máximo los beneficios de la canela, Italiano: Ottenere i Benefici per la Salute della Cannella, Português: Aproveitar os Benefícios da Canela, Русский: из корицы извлечь пользу для здоровья, Deutsch: Die gesundheitlichen Vorteile von Zimt nutzen, 中文: 用肉桂促进健康, Français: tirer parti des bienfaits de la cannelle pour la santé, Bahasa Indonesia: Memanfaatkan Kayu Manis untuk Kesehatan, ไทย: ใช้อบเชยให้ได้ประโยชน์ต่อสุขภาพ, العربية: الحصول على الفوائد الصحية للقرفة, Tiếng Việt: Sử dụng Quế Phục vụ Lợi ích Sức khỏe, 한국어: 계피(시나몬)로 건강 챙기기, Nederlands: De gezondheidsvoordelen van kaneel krijgen

このページは 3,594 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?