シャイな男性が女性にアプローチする方法

3 方法:見知らぬ人に話しかけてみる好きな女性にアプローチする恥ずかしさを克服する

シャイな性格であることは珍しくありませんが、片思いしている女性がいる場合、どうアプローチすればよいか分からないと感じる男性も多いのではないでしょうか。拒絶されることを恐れてアプローチするのを諦めるのではなく、不安要素を取り除き、自信を持って話すことができるよう努力しましょう。片思いの相手にどうアプローチすればよいか分からないのなら、その問題も他の問題と同じように対処すればよいのです。あなたの不安は簡単に取り除くことができるのだと気付くでしょう。

1
見知らぬ人に話しかけてみる

  1. 1
    店で色々な人に話しかける 恥ずかしさの壁を乗り越えるには、他の人と話す練習をして会話に慣れることが大切です。プレッシャーを感じることなく見知らぬ人と関わることができる環境はたくさんあります。それらを利用して社会的な自信をつけるとよいでしょう。[1]
    • デパートのカスタマーサービス担当の人に、商品を探すのを手伝ってもらったり、商品に関する意見を聞くために、話しかけてみましょう。
    • スーパーで支払いをする時に、レジの人に挨拶をしてみましょう。
    • 礼儀正しく、かつ手短に話しましょう。だらだらと長い会話を始めるのではなく、自分が知らない人と関わる経験をすることが目的なのです。
  2. 2
    ちょっとした交流をしてみる 見知らぬ人との簡単な会話で社会的なスキルを身につけたら、あなたの好きな女性でなくてよいので、誰かと交流してみましょう。好きな女性ではなく他の人と会話を始めることで、もしかしたら拒絶されるかもしれないという不安から感じるプレッシャーを和らげることができるでしょう。[2]
    • 職場や社会的な集まりなどの場で、自分の好きな女性ではない人たちに話しかけて練習してみましょう。
    • 会話を始めるために、何かについてコメントをしてみるとよいでしょう。パーティーで「この歌、誰の歌か分かりますか?すごく好きなんです。」などと言ってみましょう。
    • 職場や学校の誰かに最近出た課題について話しかけてみましょう。そこからより個人的な話題に持っていくとよいでしょう。「昨日その課題に手を付けるつもりでいたのに、面白いイルカの番組に夢中になってしまったんです。」などと言ってみるとよいでしょう。
    • あまりプレッシャーを感じることのない環境で会話の練習をすれば、拒絶を恐れないようになり、人々に話しかけることに抵抗がなくなるでしょう。
  3. 3
    微笑んでアイコンタクトを取る 話している相手が誰であろうと、笑顔でいると、より親しみやすく、愛想のよい人に見られます。しかし、あまり長い間アイコンタクトを取り続けるのは避けましょう。相手がびっくりしてしまうかもしれません。[3]
    • 自己紹介をするときは笑顔で、人の目を見てするように練習しましょう。最初は緊張するかもしれませんが、そのほうがフレンドリーで自信があるように見えるでしょう。女性はそのようなところに惹かれるものです。
    • 笑顔でいると、今自分が置かれている状況に対しても良い気分になるでしょう。笑顔は脳の化学物質を変化させて、より幸福感と自信を感じさせることが研究から分かっています。[4]

2
好きな女性にアプローチする

  1. 1
    明らかに忙しそうだったら接近しない あなたと会話をしたい気になるか、ならないかは彼女のいる環境によって変わります。何か重要な作業の途中であったり、明らかに今は邪魔されたくなさそうな雰囲気のときに自己紹介をしても、彼女からあまりよい反応は得られないでしょう。[5]
    • 他の人と会話していたり、何かにものすごく集中していたり、ヘッドフォンをつけている時は邪魔されたくないかもしれません。また後でアプローチしてみるとよいでしょう。
    • バーやコーヒーショップ、本屋、ジムなどは会話を始めるのに良い場所かもしれません。多くの人がそのような場所に訪れるので、彼女も人と会話することを期待しているかもしれません。
  2. 2
    アイコンタクトを取ったらすぐにアプローチする 部屋の反対側で彼女と目が合ったら、すぐさま彼女に接近しましょう。彼女に近づく前に長い間見続けていると、彼女は居心地が悪くなってしまうでしょう。[6]
    • 離れた場所から、近づかずに長い間ずっと見続けていると、フレンドリーというよりも、不気味だと思われてしまう可能性があります。
    • 会話をする時は、前もって計画していたのではなく、その場で思いついたものだと見せかけるため、部屋の反対側からアイコンタクトを取り、それが会話をはじめるきっかけになったことにするとよいでしょう。
    • 彼女に近づき、挨拶をしたら、練習したのと同じように自己紹介をしてみましょう。
  3. 3
    会話に目的を持たせる ただ自己紹介をして、その後は会話の勢いが無くなってしまうなんてことは避けましょう。彼女にも会話を続けたいと思ってもらえるように、親しみやすい雰囲気を出すことを心がけましょう。
    • 会話するときは率直に話してみるとよいでしょう。「部屋で君を見た時、自己紹介しないと後で絶対に後悔すると思ったんだ。」などと言って会話を始めるとよいでしょう。
    • 「やあ。この場所は初めてで、誰も知らないんです。少しお話してもよいですか?」などとお願いしてみましょう。
    • お互いに顔見知り程度の関係なら、一緒だった授業や二人とも参加したパーティーなどの話題を持ちかけてみるとよいでしょう。
  4. 4
    シャイであることを受け入れる どれだけ練習しても、片思いの相手に話しかけるのはいつだって緊張するでしょう。緊張しているのを気付かれませんように、などと願わないほうがよいでしょう。たいていの場合は気付かれてしまいます。あえて会話の中でシャイであることを話題にしてみるとよいでしょう。[7]
    • 「新しい人に会うといつも緊張してしまうんです!」などと言ってみましょう。
    • 彼女のことを褒めたいのなら、「こんなに可愛い人と話していると緊張してしまいますね。」などと言ってみるとよいでしょう。
  5. 5
    会話を続けるために質問をする 好きな女性と会話をスタートさせたら、すぐに会話が途切れてしまうのを感じるかもしれません。だからといって必ずしも彼女は興味がないというわけではありませんので、何か質問したり周りで起きていることなどを話題にして、気まずい雰囲気から抜け出しましょう。[8]
    • 彼女が言ったことについて詳しく聞いてみましょう。例えば、最近新しい場所に引っ越してきたと言ったのなら「前住んでいた町は夜遊びするには楽しいところだった?」など、前はどういうところに住んでいたのか聞いてみましょう。そのような質問をすることで、彼女が出かける時はどういうことを楽しむのか知ることができるでしょう。
    • 自分の周りで起きている興味深いことを話してみましょう。学校に通っているのなら、誰か先生を話題にして、その先生の授業は受けたことがあるか聞いたり、その先生に対する意見などを言ってもよいでしょう。「トンプソン先生の授業は受けたことある?良い先生なんだけど、宿題がたくさん出るんだよね。」などと言ってみましょう。
  6. 6
    自分自身になる 片思いの相手を前に、何か嘘をついたり、カッコつけたいがために別人のように振舞ったりしてしまうかもしれませんが、もし彼女と付き合うような関係になるとすれば、誠実に振舞うことは大切でしょう。
    • 彼女があなたに興味を示してくれないと辛いかもしれませんが、少なくとも偽った自分を拒絶されたわけではないのだということを覚えておきましょう。
    • 興味を示してくれたら、彼女の前では自分自身でいられるということですから、付き合いを始めるにあたって、最高のスタートを切ることができるでしょう。
  7. 7
    連絡手段を聞く 彼女があなたに興味を示してくれたら、会話は上手く進むでしょう。その際には、電話をしてもよいか、またはソーシャルメディアで友達にならないか聞いてみましょう。[9]
    • 電話番号を聞くと、相手の気を引きたいのがもろに伝わってしまいます。彼女がどれくらいあなたに興味を持ってくれているか分からない場合はソーシャルメディアで友達になってもよいか聞くほうがよいかもしれません。
    • 「今度、電話してもいい?」などと聞いてみましょう。
    • ソーシャルメディアがよければ、「フェイスブック使ってる?」などと聞いてみて、もし使っていると答えたら、「友達申請してもいい?」などと聞いてみましょう。

3
恥ずかしさを克服する

  1. 1
    他の問題に対処するように恥ずかしさを乗り越える 恥ずかしがり屋の性格は努力と練習で克服することができます。もし体重を減らしたければ、食生活と運動に関する計画を立てるでしょう。シャイな性格を克服するにも計画を立てればよいのです。[10]
    • 好きな女性に話しかけるときに感じる不安に打ち勝つための計画を立てましょう。
    • 彼女にアプローチすることに抵抗がなくなることを目標にしましょう。
  2. 2
    家で練習する 家で人に話しかける練習をすることを計画の最初のステップにするとよいでしょう。自己紹介をしたり、気持ちの良い挨拶を大きな声でできるよう練習しましょう。[11]
    • 挨拶や自己紹介は練習して筋肉に覚えこませるとよいでしょう。そうすれば、新しい人に会ってもいちいち何を言うか考える必要はありません。
    • 人に話しかけるとき自分はどのような顔をしているのかをチェックするため、また、どうしたら自信ある振る舞い方ができるようになるかを知るために、鏡の前で練習するとよいでしょう。
  3. 3
    拒絶に対する考え方を変える 恥ずかしいという感覚は拒絶されることへの恐怖心から生まれます。拒絶されたことを個人的に受け取るのは自然なことですが、そうしなければならない理由はありません。拒絶されたのは自分個人の問題であると捉えるのではなくて、一つの経験として受け入れるとよいでしょう。[12]
    • たいていの場合、拒絶される理由があなたにあるということはありません。問題は相手側にあり、嫌な一日を過ごしているから、気分が乗らないから、自分自身の問題で苦労しているから、などという理由で他人を拒絶することも考えられます。
    • 拒絶されたからといって人生が終わるわけではありません。正しい観点から見れば、傷つくことさえしないかもしれません。失敗として受け入れるのではなく、この経験は他人とどのように接すればよいかを学ぶ良いきっかけになったと考えるとよいでしょう。
  4. 4
    先に起こることを想像しない まだ起きてもいないことを、どんな結末になるか想像する癖がついてしまっているために、拒絶される恐怖心が生まれるのです。人間は生き残るためのスキルとして、「最悪の事態に備える」ことを考える能力を発達させてきましたが、これは危険が要因ではないときには使えない能力です。[13]
    • 好きな女性にアプローチしてもどうせ失敗する、と考え続けるのはやめましょう。
    • どうしても考えることをやめられないのなら、上手くいくことを考えましょう。そうすることで自信がつき、物怖じしなくなるでしょう。

記事の情報

カテゴリ: 人間関係 | 社交 | 独身生活

他言語版:

English: Approach a Girl if You're Shy and Don't Know What to Say, Русский: заговорить с девушкой, если вы стеснительный и не знаете, что сказать, Español: acercarse a una muchacha si eres tímido y no sabes qué decir, Italiano: Avvicinare una Ragazza se Sei Timido e non Sai Cosa Dire, Português: Se Aproximar de uma Garota Se Você For Tímido e Não Souber o que Dizer, Deutsch: Trotz Schüchternheit auf ein Mädchen zu gehen, Français: aborder une fille lorsque l'on est timide et que l'on ne sait pas quoi dire, Bahasa Indonesia: Mendekati Wanita jika Anda Pemalu, Nederlands: Een meisje benaderen als je verlegen bent en niet weet wat je moet zeggen, العربية: التحدث مع فتاة إذا كنت خجولا ولا تدري كيف تبدأ الكلام, ไทย: เข้าหาสาวหากคุณเป็นคนขี้อายและไม่รู้ว่าต้องพูดอะไร, Tiếng Việt: Tiếp cận một cô gái khi bạn nhút nhát và không biết nói gì, 中文: 克服面对女生的害羞情绪, 한국어: 쑥스럽고 뭐라고 해야할 지 모르겠을 때 여자에게 다가가는 방법

このページは 269 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?